Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

SPA・SSGでSSRのようなOGP対応!

Simo
January 24, 2023

 SPA・SSGでSSRのようなOGP対応!

Cloudflare WorkersでSPA・SSGでもSSRのようなOGP対応が出来るようになる!SPA・SSGがSEOに弱いというのは間違いです!

Simo

January 24, 2023
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. SPA・SSGでSSRのようなOGP対応! Serverless Frontend Meetup #1 2023.01.24

  2. 名前︓シモ 所属︓九州⼯業⼤学 B3 プログラミング歴︓もうすぐ2年半ぐらい 分野︓フロントエンド、バックエンド、インフラ、SEO、(デザイン) よく使う⾔語︓Python、JavaScript、TypeScript、Java、HTML、CSS、etc よく使う技術・フレームワーク︓ Nuxt(Vue)、FastAPI、Docker、Nginx、etc 自己紹介 アイコン

  3. アルバイト︓株式会社オプティム インターン歴︓株式会社ヤフー、株式会社エキサイト 最近の⼿を出しているもの︓機械学習(絶賛勉強中)、React、Go、Flatter 最近やってること︓部内の作品投稿サイトの制作・運⽤・保守 自己紹介

  4. ToyBox 様々なデジタル作品に対応した投稿ウェブアプリ 対応形式:画像、動画、3Dモデル、⾳源、圧縮ファイル 公開範囲:全体、部内、個⼈ リリース状況:β版 リンク

  5. サービスアーキテクチャー SSG

  6. 前提 • サークルのサービス • 予算がほぼない 条件 • 可能な限り無料枠 • 有料でも可能な限り低コスト

    • 既存のインフラと共存 サービス選定と理由 サービス 理由 Cloudflare 既にDNSに利⽤していた Wasabi ストレージの保存容量に対してのみ料⾦が発⽣。 通信等でコストが掛からないため低コストで定 額である。 Conoha VPS 既に別サービスの運⽤に使⽤していたため相乗 りの形で使⽤することで追加のコストが掛から ない フロントは今後Github Pagesに移管予定 リポジトリをOrganizationアカウントで管理しているためVercelなどではコストが発⽣する
  7. • エッジサーバーでのスクリプト実⾏を提供してくれているサービス • オリジンサーバーに到達する前に処理を⾏う • コールドスタートがない • JavaScript、Rust、C、C++が実⾏可能 • CDN上で動作

    Cloudflare Workers 「CDNとは何か?| CDNの仕組みは?」cloudflare https://www.cloudflare.com/ja-jp/learning/cdn/what-is-a-cdn/
  8. SPA (Single Page Application) 1. 初回アクセス時にJSファイルと最⼩限のHTMLファイルを返却 2. クライアントからAPIにリクエストを⾏いデータ取得・表⽰ 特徴 •

    クライアントのみでJSを実⾏ • 返却時点ではHTML内にコンテンツデータは存在しない • ページ遷移が⾼速、デプロイが⼿軽、UXが強い、静的ホスティングが可能、などの利点がある • 初回読み込みに時間が掛かる、SEOに不利、などの⽋点がある SPA・SSG・SSR 「SPA, SSR, SSGって結局なんなんだっけ?| CDNの仕組みは?」Zenn https://zenn.dev/rinda_1994/articles/e6d8e3150b312d
  9. SSR (Server Side Rendering) 1. ページ遷移毎にウェブサーバー側でAPIでのデータ取得と レンダリングを⾏い、⽣成されたHTMLを返却 2. 2回⽬以降のアクセス時はクライアントからデータ取得を⾏い、差分をレンダリング 特徴

    • ページ遷移毎にウェブサーバーでJSを実⾏ • 返却時点でHTML内にコンテンツデータが存在 • 初回表⽰がSPAに⽐べて早い、SEOに強い、などの利点がある • デプロイ環境の⾼コスト、ウェブサーバーの⾼負荷、静的ホスティングできない、などの⽋ 点がある SPA・SSG・SSR 「SPA, SSR, SSGって結局なんなんだっけ?| CDNの仕組みは?」Zenn https://zenn.dev/rinda_1994/articles/e6d8e3150b312d
  10. SSG (Static Site Generator) 1. ビルド時にAPIからデータを取得し、レンダリングを⾏う 2. リクエストに対してビルド時に⽣成したHTMLを返却 3. 2回⽬以降のアクセス時はクライアントからデータ取得を⾏い、差分をレンダリング

    特徴 • クライアントでJSを実⾏(ビルド時のみウェブサーバー側で実⾏) • 返却時点でHTML内にコンテンツデータ(最新とは限らない)が存在 • SPAとSSGの特徴を併せ持つ • 初回表⽰が早い、SPAよりはSEOに強い、静的ホスティングが可能、などの利点がある • ページ数に応じてビルド時間が増える、更新頻度が多いサイトは不向き、などの⽋点がある SPA・SSG・SSR 「SPA, SSR, SSGって結局なんなんだっけ?| CDNの仕組みは?」Zenn https://zenn.dev/rinda_1994/articles/e6d8e3150b312d
  11. • TwitterやFacebookなどでウェブページのタイトルや概要、 イメージ画像、などを表⽰するためのHTML要素 • SEOで重要 • TwitterやFacebookなどのOGPクライアントはJSを実⾏してく れない • SPAやSSGは最新の情報はクライアントのJS実⾏時に取得する

    ため正しい表⽰ができない OGP (Open Graph Protcol)
  12. パス︓/about ページの更新頻度︓ない データ︓HTML内に記述 静的ページでの比較 SPA SSG SSR 返却時に情報があるため、 正しい表⽰ができる。 返却時に情報があるため、

    正しく表⽰される。 返却時に情報があるため、 正しく表⽰される。
  13. パス︓/blog/_id ページの更新頻度︓少なめ データ︓APIから取得 動的ページでの比較 SPA SSG SSR 返却時には情報がないため、 正しい表⽰はできない。 ビルド時にデータ取得を⾏い、

    返却時に情報があるが、デー タが最新でない場合は正しく 表⽰されない。 例えば、新規投稿されたコン テンツや更新されたコンテン ツは正しく表⽰できない。 新規投稿、更新があるたびに ビルドすることで解決可能。 リクエスト時にウェブサー バー側でデータ取得を⾏い、 返却時に情報があるため、正 しく表⽰される。
  14. パス︓/work/_id ページの更新頻度︓多め データ︓APIから取得 動的ページでの比較 SPA SSG SSR 返却時には情報がないため、 正しい表⽰はできない。 ビルド時にデータ取得を⾏い、

    返却時に情報があるが、デー タが最新でない場合は正しく 表⽰されない。 例えば、新規投稿されたコン テンツや更新されたコンテン ツは正しく表⽰できない。 更新頻度が多いため、都度ビ ルドすることは難しい。 リクエスト時にウェブサー バー側でデータ取得を⾏い、 返却時に情報があるため、正 しく表⽰される。
  15. 流れ 1. クライアントからリクエスト 2. Workersがオリジンサーバーにアクセスしデータを取得 3. URLのパスが条件に⼀致すれば処理Ⅰへ、それ以外は処理4へ I. WorkersがAPIからデータを取得する II.

    WorkersがHTMLファイルのOGP情報を書き換え処理4へ 4. クライアントに返却 SPA・SSGの動的ページのOGP対応
  16. 流れ 1. クライアントからリクエスト 2. Workersがオリジンサーバーにアクセスしデータを取得 3. URLのパスが条件に⼀致すれば処理Ⅰへ、それ以外は処理4へ I. WorkersがAPIからデータを取得する II.

    WorkersがHTMLファイルのOGP情報を書き換え処理4へ 4. クライアントに返却 SPA・SSGの動的ページのOGP対応
  17. 1. オリジンサーバーからデータ取得 ← オリジンサーバーからデータ取得

  18. 1. オリジンサーバーからデータ取得 ← オリジンサーバーからデータ取得 ← パスに応じて処理を⾏う

  19. 2. パス検証 ← パス検証

  20. 2. パス検証 ← パス検証 ← 書き換え処理関数の呼び出し

  21. 2. パス検証 ← パス検証 ← 書き換え処理関数の呼び出し ← パスが条件にヒットしない場合はnullを返す

  22. 流れ 1. クライアントからリクエスト 2. Workersがオリジンサーバーにアクセスしデータを取得 3. URLのパスが条件に⼀致すれば処理Ⅰへ、それ以外は処理4へ I. WorkersがAPIからデータを取得する II.

    WorkersがHTMLファイルのOGP情報を書き換え処理4へ 4. クライアントに返却 SPA・SSGの動的ページのOGP対応
  23. Ⅰ. APIからデータ取得 ← APIへリクエスト (クラスは別途定義)

  24. 流れ 1. クライアントからリクエスト 2. Workersがオリジンサーバーにアクセスしデータを取得 3. URLのパスが条件に⼀致すれば処理Ⅰへ、それ以外は処理4へ I. WorkersがAPIからデータを取得する II.

    WorkersがHTMLファイルのOGP情報を書き換え処理4へ 4. クライアントに返却 SPA・SSGの動的ページのOGP対応
  25. Ⅱ. HTML書き換え処理 ← HTML書き換えelement作成

  26. ogRewriteHandlerFactory ← element作成

  27. Ⅱ. HTML書き換え処理 ↑ elementを元にHTML要素の書き換え ← HTML書き換えelement作成

  28. 流れ 1. クライアントからリクエスト 2. Workersがオリジンサーバーにアクセスしデータを取得 3. URLのパスが条件に⼀致すれば処理Ⅰへ、それ以外は処理4へ I. WorkersがAPIからデータを取得する II.

    WorkersがHTMLファイルのOGP情報を書き換え処理4へ 4. クライアントに返却 SPA・SSGの動的ページのOGP対応
  29. 4. クライアントへデータを返却 ← オリジンサーバーからデータ取得 ← パスに応じて処理を⾏う ← 書き換えたデータを返す

  30. 詳細 C3ブログ

  31. • Vercelやprerendor.io、Netlifyなどのプレレンダリングサービスの導⼊を検討する選択肢 • SPA・SSG・SSRのどれを⽤いるのかも慎重に検討 • Cloudflare Workers以外にもAWS Lambdaなどでも可能 まとめ

  32. ご清聴ありがとうございました C3 (Composite Computer Club) HP Twitter シモ Twitter