Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

そんなことまで!?Nutanix CEを使い倒そう!

そんなことまで!?Nutanix CEを使い倒そう!

Nutanix Meetup Online 21.04の講演資料です。
イベントページはコチラ。
https://nutanix.connpass.com/event/207665/

[概要]
Nutanix CEで提供されるのは、HCIだけでなありません。Filesによるファイルサーバー、Flowによるマイクロセグメンテーション、Prism Proによる機械学習を活用した運用自動化、Objectsによるオブジェクトストレージ、KarbonによるKubernetesなど、非常に幅広い機能が利用可能となっていますので、必要なHWスペックや、知っておくべき情報ソースなどについて解説します。

A4d5b3aae2e67f31b513c88c726514c2?s=128

Satoshi Shimazaki

April 22, 2021
Tweet

Transcript

  1. そんなことまで!? を使い倒そう!

  2. はじめに • 文字や図が細かいため、 や の 上では読みづらい部分が多々があります。 また、 では資料内のリンクをクリックできません。 をダウンロード可能な設定としておりますので、詳細の閲覧やリンクの利用はダウンロードしてご覧ください。 •

    に関して、何か困ったときにはフォーラムもぜひご活用ください 要ログイン 日本語フォーラム よろず相談所 • – 本資料は、 年 月時点における弊社の一般的な製品機能の概要を説明を主目的とするものです。 – 本資料は情報提供を唯一の目的とするものであり、法律的またはその他の指導や助言を意図したものではなく、 いかなる契約にも用いることはできません。 – 本資料に含まれている情報については、完全性と正確性を期するよう努力しましたが、「現状」で提供され、 明示的または暗示的に関わらず、いかなる保証も伴わないものとします。 – 本資料またはその他の資料の使用によって、あるいはその他の関連によって、いかなる損害か生した場合も、 及びニュータニックス・ジャパン合同会社は責任を負わないものとします。 – 本資料で提供する情報やマテリアル、機能を確実に提供することを確約するものではありません。 弊社製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 – 本資料で解説する は一切のサポートが提供されず、 ライセンス使用許諾におきましても本番環境での利用が許可されていないことが明示されたプロダクトです。 そのため、あらゆる内容のお問い合わせにつきましても回答をお約束できない点を、あらかじめご了承ください。
  3. 島崎 聡史 し ま ざ き さ と し テクニカルエバンジェリスト

    • 年 として入社 ※現在も 部門内 • イベント・セミナーでの登壇 • コミュニティ運営 • コンテンツ執筆・制作・管理 • ヤギ飼い
  4. 私の自宅ラボ環境 • ✓ × ✓ ✓ • ✓ • 年前の

    のため も も だったので • その他の機材 ✓ 簡易型 インチラック ほぼ単なる棚扱い ✓ の ✓ ポート ✓ フラットなネットワーク
  5. の対応範囲

  6. ポートフォリオの全体像 データセンターサービス サービス デスクトップサービス ハイパーコンバージドインフラストラクチャ デジタルワークスペース

  7. で利用可能な範囲 データセンターサービス サービス デスクトップサービス ハイパーコンバージドインフラストラクチャ デジタルワークスペース

  8. で利用可能なオプション機能 プロダクト一覧 概要 管理 利用方法 最小メモリ 備考 キャッシュ重複排除 で有効化 容量重複排除

    で有効化 ストレージ機能 標準で利用可 追加リソース不要 ファイルサーバー機能 で を 監査 アノマリー検知等 で を 自動化 、機械学習と分析、 レポーティングなど ダウンロードページ で入手し で展開 用マイクロセグメンテーション等 で有効化 で有効化 アプリケーションライフサイクル管理と 各種運用タスクの自動化 で有効化 オブジェクトストレージ機能 で有効化 オーケストレーション で有効化 性能ベンチマークテスト 独立 で入手 し、イメージサービス にアップロード シナリオに依存
  9. には提供されていないソリューション 概要 提供形態 で利用できない理由 移行ツール 仮想アプライアンス なユーザーの権限では からダウンロード不可 仮想アプライアンス なユーザーの権限では

    からダウンロード不可 統合バックアップアプライアンス 物理アプライアンス 物理アプライアンス製品のため 、仮想アプライアンス クラウドサービスのため 、仮想アプライアンス、 エージェント、クライアント クラウドサービスのため コストガバナンス 、仮想アプライアンス クラウドサービスのため クラウドサービスのため パブリッククラウド のパブリッククラウド用イメージは 未提供のため など
  10. 要するに の範囲は 上で コンポーネントのダウンロードや 有効化が完結可能な全プロダクト ノード以上のクラスター構成 対応 メールアラート ハードウェアの 表示

    性能
  11. 情報や各種リソースへのアクセス

  12. へのアクセス • は閲覧できるが、 は? – 自体のダウンロードも から – にアクセス使用すると を要求される!?

  13. 実はログイン不要の公開エリアが存在する • ログインせずに下記 にアクセス – ドキュメント ▪ 幅広く閲覧可能 ▪ –

    ダウンロード ▪ と のみ ▪
  14. 閲覧したいバージョンのドキュメントがない? が無い ? 旧バージョンのドキュメントはコチラ! は なので既に旧バージョン扱い

  15. 複数プロダクト利用時の

  16. メモリ節約のため一部のサービスを止めたい • すべてのプロダクト同時稼働させると、シングルノードクラスター だとメモリ 構成でも足りない • 使用中ではないプロダクトを停止することで対処 – 内でサービスとして起動するものは、 自体の

    メモリサイズ自体を変更するため、停止によるメモリ節約には向かない ▪ – 仮想マシンベースで起動されるサービスは停止対象として扱いやすい ▪
  17. サービスの止めかた • – で コマンドを実行 ▪ – 詳細 ▪ •

    – → の順でシャットダウン – 詳細: ▪ • – をシャットダウン ▪ ドキュメントに記載なし🤔 • – のお作法に則って ▪ → → → の順でシャットダウン ▪ ドキュメントに記載なし🤔 • – テストが実行されていない状態で を シャットダウン ▪ ドキュメントに記載なし🤔 サービス固有の停止コマンドがない場合、基本的にゲスト シャットダウンで対応 で または
  18. 安全性に配慮した全体シャットダウン順序の例 アプリケーション とゲスト 一部サービス クラスター • : → → →

    • :アプリケーション • :ゲスト 内のアプリケーション→ゲスト ✓ ※アプリケーションレベルの依存関係を考慮すること • : → • : コマンド で、 コマンドでサービスを停止 をシャットダウン で、 コマンドでクラスターを停止 をシャットダウン ハイパーバイザーをシャットダウン それぞれの 具体的な操作は ドキュメントを参照
  19. で試す 連携

  20. に最適な バックアップ製品 • – 注意事項 バックアップ対象が 個まで 仮想 物理 –

    ブログより ▪ – 参考情報 ▪ で 上の仮想マシンを バックアップ • – ユーザーガイド より ▪ – 参考情報 真砂さんのブログ ▪ の仮想マシンを でバック アップ(インストール編)
  21. 本体と 以外で ユーザーがダウンロード可能なもの • ゲスト 用ドライバ – – • –

  22. ライセンスに関する挙動

  23. で利用可能な範囲 • – 全ての機能が利用可能 – 相当 • – 元々エディションに関係なくすべての機能が利用可能 •

    【祝】 で復活! – の初期以来、久しぶりの復活!! ▪ 過去数バージョンに渡り、 の からの のダウンロードができなくなっていた ▪ 過去のバージョンでは、商用版ユーザーやパートナーは から商用版の をダウンロードし、 ファイルを 用に書き換えてアップロードすれば動作した (→ のユーザーは でのダウンロード不可)
  24. <ncli> license get-license Category : Community Sub Category : Cluster

    Expiry Date : No Expiry Use non-compliant feat... : true Model : CommunityEdition Category : Community License Class : appliance Node Expiry Date : No Expiry Num days remaining : Perpetual Used : true 専用のライセンスが自動的に適用されている
  25. <ncli> license get-allowances Feature : dr_multiple_remote_sites Feature Display Name :

    Data Protection Multiple Remote Sites Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : pulse Feature Display Name : Pulse Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : lock_down Feature Display Name : Cluster Lockdown Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : vdisk_pinning_enabled Feature Display Name : Vdisk Pinning Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : self_service_portal Feature Display Name : Self Service Portal Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : software_encryption_enabled Feature Display Name : Software Data at Rest Encryption Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : perf_tier_inline_dedup Feature Display Name : Inline Performance Deduplication Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : snmp Feature Display Name : SNMP Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : abs_internal Feature Display Name : Nutanix Volumes (Internal) Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : cloud_connect Feature Display Name : Cloud Connect Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : abs_external Feature Display Name : Nutanix Volumes (External) Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : file_server Feature Display Name : Acropolis File Services Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : max_replication_factor Feature Display Name : Maximum Redundancy Factor Allowance Type : INTEGER_LIST Allowance : 3 Feature : offline_disk_dedup Feature Display Name : Capacity Disk Dedup Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : self_encrypting_drives_password_enabled Feature Display Name : Self Encrypting Drives Password Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : dr_compression Feature Display Name : Remote Site Compression Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : erasure_code Feature Display Name : Erasure Coding Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : inline_compression Feature Display Name : Inline Compression Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : offline_compression Feature Display Name : Post-process Compression Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : near_sync_enabled Feature Display Name : Near Sync Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : time_stream Feature Display Name : Time Stream Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : dr_application_consistent_snapshot Feature Display Name : Application Consistent Snapshot Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : mixed_node_cluster Feature Display Name : Heterogeneous Clusters Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : rest_api Feature Display Name : REST API Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : prism_central Feature Display Name : Prism Central Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : common_access_card Feature Display Name : Common Access Card (CAC) Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : metro_availability Feature Display Name : Metro Availability Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : max_nodes Feature Display Name : Maximum Node Limit (within cluster) Allowance Type : INTEGER_LIST Allowance : 1024 Feature : file_level_restore Feature Display Name : File Level Restore Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true すべて に相当!
  26. で利用可能な範囲 • 専用バージョンの が提供されている – – 商用版との組み合わせは不可 • に組み込まれているプロダクトはいずれも利用可能 –

    ▪ は 相当 ▪ は期限付きトライアルと表示が出るが 期限修了後もした後も利用可能な模様
  27. <ncli> license get-license Category : ULTIMATE Sub Category : Cluster

    Expiry Date : Tue Mar 16 12:26:56 PDT 2021 Use non-compliant feat... : true Category : Ultimate_Trial Sub Category : License Class : prism_central Node Expiry Date : Tue Mar 16 12:26:56 PDT 2021 Num days remaining : 89 Used : true <ncli> 日 という表示
  28. <ncli> license get-allowances Feature : max_trial_period_days Feature Display Name :

    Trial period duration in days Allowance Type : INTEGER_LIST Allowance : 90 Feature : custom_dashboard Feature Display Name : Customizable Dashboard Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : capacity_forecast Feature Display Name : Capacity Forecast Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : analysis_session Feature Display Name : Scenario Focused Troubleshooting Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : monitoring_troubleshooting Feature Display Name : Monitoring and Troubleshooting Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : sql_server_monitoring Feature Display Name : SQL Server Monitoring Content Pack Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : one_click_upgrades_lcm Feature Display Name : 1-click Upgrades via LCM Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : xpilot Feature Display Name : xpilot Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : pc_reporting Feature Display Name : Reporting Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : vulcan Feature Display Name : Low-code/No-code Operations Automation Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true のすべての機能が有効 Feature : budgeting_chargeback Feature Display Name : Budgeting and chargeback Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : cost_metering Feature Display Name : Cost metering for resources Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : infrastructure_mgmt Feature Display Name : Infrastructure Management Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : vcenter_monitoring Feature Display Name : vcenter_monitoring Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : vm_inefficiency_detection Feature Display Name : VM inefficiency detection and right sizing Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : what_if_analysis Feature Display Name : Just-In-Time Planning Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : search Feature Display Name : Comprehensive Search Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : app_monitoring Feature Display Name : Application Monitoring Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : xdiscover Feature Display Name : Application Discovery Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : smart_alerts Feature Display Name : smart_alerts Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : virtual_infra_monitoring Feature Display Name : Virtual Infrastructure(including non-AOS) monitoring Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : anomaly_detection Feature Display Name : Anomaly Detection Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : rich_alert_notification Feature Display Name : Rich Alert Notification Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true <ncli>
  29. 日 トライアルという表示

  30. 日 トライアルという表示

  31. <ncli> license get-license Category : Starter Sub Category : Cluster

    Expiry Date : No Expiry Use non-compliant feat... : true Category : Starter Sub Category : License Class : prism_central Node Expiry Date : No Expiry Num days remaining : Perpetual Used : true <ncli> license get-allowances Feature : monitoring_troubleshooting Feature Display Name : Monitoring and Troubleshooting Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : custom_dashboard Feature Display Name : Customizable Dashboard Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : xdiscover Feature Display Name : Application Discovery Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : vcenter_monitoring Feature Display Name : vcenter_monitoring Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : smart_alerts Feature Display Name : smart_alerts Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : vm_inefficiency_detection Feature Display Name : VM inefficiency detection and right sizing Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : budgeting_chargeback Feature Display Name : Budgeting and chargeback Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : xpilot Feature Display Name : xpilot Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : vulcan Feature Display Name : Low-code/No-code Operations Automation Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : infrastructure_mgmt Feature Display Name : Infrastructure Management Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : capacity_forecast Feature Display Name : Capacity Forecast Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : max_trial_period_days Feature Display Name : Trial period duration in days Allowance Type : INTEGER_LIST Allowance : 0 Feature : search Feature Display Name : Comprehensive Search Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true Feature : analysis_session Feature Display Name : Scenario Focused Troubleshooting Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : pc_reporting Feature Display Name : Reporting Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : sql_server_monitoring Feature Display Name : SQL Server Monitoring Content Pack Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : app_monitoring Feature Display Name : Application Monitoring Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : rich_alert_notification Feature Display Name : Rich Alert Notification Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : virtual_infra_monitoring Feature Display Name : Virtual Infrastructure(including non- AOS) monitoring Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : anomaly_detection Feature Display Name : Anomaly Detection Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : what_if_analysis Feature Display Name : Just-In-Time Planning Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : cost_metering Feature Display Name : Cost metering for resources Allowance Type : BOOLEAN Allowance : false Feature : one_click_upgrades_lcm Feature Display Name : 1-click Upgrades via LCM Allowance Type : BOOLEAN Allowance : true <ncli> 時計を 年進めてみた結果 となった
  32. 時計を 年進めてみた結果 のライセンスエラーも表示されたが 等も含め、各機能は引き続き利用可能 なお ではライセンス設定画面は表示不可

  33. その他 • など、 独立した からの自動ダウンロードが出来ない 仮想アプライアンスを使用するものや、 クラウドサービスとして提供されるものは のスコープ外 – ただしそれらのトライアル版と

    を組み合わせられる可能性はある – の造りは同じなので、基本的には動く
  34. ご自宅ラボがない方には でお手軽トライアル

  35. 気軽に試したいときは もあります! • オンラインで を無償体験 ✓ 申し込んだらすぐデプロイ ✓ 回あたり最大 時間

    ✓ 操作ガイド付き ✓ インフラの近代化 ✓ 運用の自動化 ✓ 事業継続性 ✓ ストレージ統合 ※その他 続々追加中
  36. の対応範囲 データセンターサービス サービス デスクトップサービス ハイパーコンバージドインフラストラクチャ デジタルワークスペース

  37. まとめ

  38. まとめ は だけでなく、 幅広い ソリューションをカバー 商用版と同等の機能が提供されるため、 商用版と同等のリソースが要求される点に注意 商用版と同一の が提供されるため、 以外や

    のプロダクトとの連携も可能 お手軽に試してみたい方は『 』もあり ますのでご活用ください!