Introduction to the Corporate Solutions Engineering at MTC2018

Introduction to the Corporate Solutions Engineering at MTC2018

Mercari has a Corporate Solutions Engineering Team for solving the challenges faced in managing the company. In this session, Karasawa will introduce the activities of his team, the kinds of challenges they are trying to resolve, how they go about developing products to overcome these challenges, and the fundamental philosophy behind what they do.
https://techconf.mercari.com/2018/session/12

4564d3601f6230782300dff8499b2d5a?s=128

Sotaro Karasawa

October 04, 2018
Tweet

Transcript

  1. 6.

    CSEの成り立ち 1人 / 1領域 • 組織課題へのアプロー チとして Corporate Engineering の立ち上

    げ • 1月に+2名迎え3週間後 にReviewsのMVPを ローンチ 2017/11 8人 / 1領域 • Reviews を正式ローン チ • 同時にその基礎部分と して Teams をローン チ。運用開始。 2018/04 20人 / 4領域 • CSE と名前を変え、メ ンバーと領域も拡大 • ミッションは「経営課題 をエンジニアリングで解 決する」 2018/09
  2. 10.

    Teams、Reviews そして People Products Teams Talent Pool ATS Review Cycle

    Career Development Offer Wait for Join/ Onboarding Resign • Teams にデータを集約。内製システムの認証・データ基盤 • 既存 SaaS との API 連携
  3. 15.

    事業会社におけるCSEの位置付け • 事業を発展させるプロダクトそのもの の開発・運営に責任をもつ • 要するに、お客さまの目にふれるプ ロダクト開発 • 最も重要でこれがないと成り立たな い

    プロダクト開発組織 • 事業そのもの以外の領域で発生す る課題に対する本質的な問題解決 に責任をもつ • お客さまの目に触れないプロダクト 開発 • ある程度の規模にならなければ必 要とならないことも CSE
  4. 20.

    メルカリの事例 ~CSEの始まり • 評価管理ツールの SaaS は過去に利用していた... • 人事評価 ◦ 「人をどう評価したいか」

    ◦ 経営陣の想いの強い部分 評価制度の変化にクイックに対応し、 ツールを制約にしないため内製化を決意
  5. 23.

    CSE アンチパターン (2) “ただ作りたいだけ” • SaaS でその領域たくさんあるのでは … ? •

    まずはツールを使いこなす、あるいは、本来やりたかったことに集 中して始めることが重要 ◦ 例: 評価管理ツール、ATS、etc. → リソース(時間、人、お金)は有限
  6. 24.

    MVP から次のフェーズへ • 0→1 プロダクトの立ち上げから改善フェーズへ • チーム体制の構築 • プロダクト改善 ◦

    各ポジションへのヒアリング ◦ 振り返りアンケート ◦ カスタマージャーニーマップ ワークショップ
  7. 27.

    Teams, Reviews の構成 User Cloud SQL (MySQL) React + Redux

    API (Go) Frontend (SPA) Backend (Microservices Platform) REST Sentry DataDog PagerDuty
  8. 28.

    Go - Backend Go API サーバーとして RESTのためのフレームワーク(公開予定) • 型 •

    社内の Backend の潮流として 運用でカバーするためのツール群 (一時的なもの) PHP
  9. 29.

    JavaScript - Frontend React/Redux フロントエンド SPA • 充実したエコシステム、情報量 • メンバーのナレッジ

    UIフレームワーク • Reviews: Bootstrap 4 + reactstrap • Teams: Ant Design redux-actions Flow
  10. 30.

    センシティブなデータの扱い方 • 給与や評価の情報 … • 開発チームや SRE でも権限のない情報を含む開発 当初 •

    最小の権限管理 • 操作ログの保存 • 権限保持者へのツー ル提供 • 運用時のクエリレ ビュー 今後 • データの暗号化 • オペレーション上のミス や悪意からデータを守 る
  11. 31.

    センシティブなデータの暗号化処理 Cloud SQL (MySQL) API (Go) サーバーサイドで 暗号化/復号 Cloud KMS

    暗号化された データ Browser RAW/復号された データ 秘密鍵の保管 SELECT しても ***
  12. 34.

    CSEの今後 • CSE という取り組みの認知 • ベストプラクティスの共有 • 共通の悩み事 • 課題抽象化

    • ... • 業界における「新し いエンジニアリング 組織」の定義 • ツールそのものを共 有することも …
  13. 35.
  14. 37.