Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Database のお話

14c35b43867f0995b8052b1a6783c721?s=47 sugitk
March 30, 2018

Oracle Database のお話

#インフラ勉強会 3/30

14c35b43867f0995b8052b1a6783c721?s=128

sugitk

March 30, 2018
Tweet

More Decks by sugitk

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Database のお話 すぎむら @SugiTK #インフラ勉強会 2018/03/30 19:00-20:00 JST

  2. きょうお話すること Oracle Database について、Platinum (OCM) で出てくる技術の話をあっさりと紹介しま す。

  3. Database とは サーバとクライアントがあってSQLでやりとりする データを表として保持する 壊さないようにする仕組みが整っている  トランザクションの保護 読み取り一貫性  バックアップ・リストア・リカバリ  冗長化 (サーバ、ストレージ、ネットワーク) 高速化する仕組み 索引・キャッシュ・実行計画

  4. Oracle Databaseの構成要素 ・インスタンス ・リスナー ・初期化パラメータファイル ・データファイル ・REDOログファイル ・アーカイブREDOログファイル ・パスワードファイル ・リスナー設定ファイル

    ・クラスタ管理情報リポジトリ ・ストレージマネージャ ・データベース ・表 ・索引 ・順序 ・関数 ・手続き ・統計情報 ・ユーザ ・権限 ・表領域 ★ これらをどう効果的に使うか ? 壊さないようにできるか ?
  5. Oracle Databaseの運用 ・バックアップ、リストア /リカバリ ・パフォーマンスチューニング ・リソース監視 (CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク ) ・権限管理(ユーザ、パスワード、権限 )

    ・アクセス制御(DB、スキーマ、表) ・ログ アラートログ トレースログ リスナーログ ・設定変更 初期化パラメータ 表領域 REDOログ バックアップ領域 統計情報の固定
  6. 冗長化したときの考慮事項 サーバ  クライアントから接続するときのホスト名、IPアドレス  セッション ネットワーク  仮想IPアドレスとMACアドレス ストレージ  複数のサーバからの読み書き

  7. RAC (Real Application Clusters)

  8. RACでのサービスとリソースマネージャ RAC上にサービスを2つ定義した例。 Grid Infrastructure で設定することで、リスナーやインスタンスに設定される。 リソースマネージャと併用するとよい。 ★リソースマネージャで管理されるリソースのタイプの例 CPU使用率の上限 並列実行数の上限 実行時間のタイムアウト

    UNDO合計量の最大値(KBytes) などなど ★昼間と夜間のような時間帯の切り替えも可能
  9. Data Guard ★ MySQLやPostgreSQLのレプリケーションによく似てます。 プライマリとスタンバイで構成されるデータ保護の方式 ・フィジカルスタンバイ … REDOを転送 ・ロジカルスタンバイ …

    SQLを転送 ・スナップショットスタンバイ … 更新可能なスタンバイ Data Guard Broker ・監視 ・問題の検出 ・スイッチオーバー ・フェイルオーバー RAC と併用も可能
  10. コンテナDB ★ アップグレードやバックアップは CDB単位でまとめてできる ★ 集約することでサーバのリソースを削減できる

  11. バックアップ

  12. リストア・リカバリ

  13. まとめ データベースには無くしてはいけないデータを保存しています。 求める性能、障害への備えを予算と合わせて検討し、実装方式を決めましょう。 マニュアルをよく読みましょう。 https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/index.html

  14. 終わり