Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

より楽で安全に、より早く多く顧客に価値を届ける NoOps / 2020-12-16 NoOpsJP

より楽で安全に、より早く多く顧客に価値を届ける NoOps / 2020-12-16 NoOpsJP

198574fb692f896ff5c28fa9c23accce?s=128

Shinichi Suwa

December 16, 2020
Tweet

Transcript

  1. より楽で安全に、より早く多く
 顧客に価値を届ける NoOps
 2020-12-16 NoOps Meetup Online #0
 諏訪真一
 #NoOpsJP


  2. 自己紹介
 suwa_sh
 
 Shinichi Suwa
 プロセスのデザイナー兼エンジニア
 株式会社プレーサ 取締役
  → 大企業

    / 開発プロセスカイゼン
 個人事業主
  → 中小企業 / DX伴走、DevOps支援
 Red Alliance、The Agile Guild

  3. 人・組織、プロセス、テクノロジーで
 より楽で安全に、より早く多く
 顧客に価値を届けられるようにする


  4. 
 顧客に価値を届ける
 
 
 


  5. 
 
 バリューチェーン
 企業が顧客に価値を届けるまでの活動をレイヤリング
 レイヤーごとに強み弱みを分析


  6. 
 
 実際のプロセスは泥臭い
 イレギュラーケース、未整備のプロセス、実務と乖離した組織体
 指標の異なる組織間の噛み合わないコミュニケーションなど


  7. 組織内のあらゆる活動をデジタル化
 物理空間をシミュレートして流れを良くしていこうという考え方
 
 
 DTO: Digital Twin of an Organization


  8. 
 
 プロセスをなめらかに流したい


  9. 
 実現するためのテクノロジーはできた
 
 
 


  10. いつ、だれが、何をしたのか のイベントログから、プロセスを可視化
 成果や顧客のデータと合わせて分析し、あらゆるプロセスの改善につなげる
 
 
 Process Mining


  11. 
 各部署の人々の
 活動 (Ops) が つながる
 ことで顧客に価値が届く
 
 


  12. 
 人・組織のつながり にも
 NoOps の考え方が適用できる
 
 


  13. 運用の嬉しくないこと がゼロに近づくように
 あらかじめ設計し、すでにあるtoilを削減
 
 
 Design for NoOps / Less

    Toil

  14. コミュニケーションはなくてはならないもの
 
 図中の矢印 一本一本がコミュニケーション
 人と人の間で価値をつなぐのはコミュニケーション


  15. 認知負荷を下げる
 
 人が効率的に使える労力・脳力は少ない
 余計な労力を減らして、意味のあることに集中
 Two-Pizza Teams: The Science Behind Jeff

    Bezos' Rule

  16. 
 関わり方のパターンは見えてきた
 
 
 


  17. 
 
 Team Topologies
 Team Topologiesにみるモダンな組織編成の理論と実際 
 チームの責任範囲を明確化、コミュニケーションのあり方を定義
 一緒にやるところからはじめ、段階的にセルフサービスに近づけていく


  18. 組織間に適材適所でテクノロジーを活用
 セルフサービスに近づくように
 
 コミュニケーションを あらかじめ設計
 すでにある関わり方から toilを削減
 


  19. 
 どこから手を付ける?
 
 
 


  20. 
 コミュニケーションは見えにくい
 
 
 


  21. 
 プロセスマイニング
 可観測性、予測可能性
 
 


  22. 
 移動するボトルネック
 検知、解消
 
 


  23. 
 解消の先に
 NoOpsを目指して
 
 


  24. 良いNoOpsライフを