コロナ禍のチーム構成変更をイネーブルメントで乗り越える / DevLOVE 2020-08-08

コロナ禍のチーム構成変更をイネーブルメントで乗り越える / DevLOVE 2020-08-08

6/21はDevLOVEの日!DevLOVE13年目突入記念イベント
〜わたしの現場、あなたの現場〜

実施内容の詳細記事
https://note.com/suwash/n/n44f74bd1deed

イネーブルメントのアプローチを体系化した記事
https://note.com/suwash/n/n02fa7e60d409

質問や相談は、こちらからお気軽にどうぞ
twitter
https://twitter.com/suwa_sh

問い合わせフォーム
https://note.com/suwash/n/nea63141dda29

198574fb692f896ff5c28fa9c23accce?s=128

Shinichi Suwa

August 08, 2020
Tweet

Transcript

  1. コロナ禍のチーム構成変更を
 イネーブルメントで乗り越える
 2020-08-08 DevLOVEの日
 諏訪真一
 #devlove


  2. 自己紹介
 suwa_sh
 
 Shinichi Suwa
 プロセスのデザイナー兼エンジニア
 株式会社プレーサ 取締役
 Red Alliance


    The Agile Guild
 xOps / プロセスマイニング / イネーブルメント
 個人事業主

  3. 今日のテーマ
 
 
  請負契約の現場
 
  COVID-19
  人員削減
  一人を残して他の全メンバーを入れ替え
 
  どう引き継ぐ?


     どうオンボーディングする?
 
 
 

  4. 
 
 詳細はnoteにまとめてあります


  5. チームの支援先
 
  料金計算する部署内の、業務システムを開発する部署すべて
    5システム、150名くらい
    社員、業務委託オンサイト、ニアショア、オフショア 様々 


  6. チームの役割
 
  DevOpsな思想に進んでいけるように支援・伴走
    支援プロダクトの開発・運用、PR、カスタマーサクセス、サポート 
    開発駆け込み寺、支援・伴走から見えた改善案の仮説検証 
  


  7. チームが提供している支援プロダクト
 
 
  ・CI/CDテンプレート
 
  ・シナリオテストの実行、検証を全自動化するフレームワーク
 
  ・複数リポジトリから1モノリスをつくるCI/CDユーティリティ
 
  ・DevOps

    Criteria
     LeanとDevOpsの科学で紹介されているケイパビリティのアセスメント 
 
  など
 

  8. チームの構成 3月時点
 
 
  中堅社員
 
 (中堅社員)
 
  私
 


     ベテラン
 
  若手
 
 
 PO、PR窓口、社内政治
 
 社内独自技術の支援 ※体制上いるがほぼ関わらない 
 
 PO代行、仮説検証、支援窓口、エンジニア
 
 支援窓口、エンジニア
 
 エンジニア ※4月に新人と入れ替わる予定 
 

  9. 3月下旬のできごと
 
  
 ごめんなさい
 部署の予算削減で、6月から一人減らしてください


  10. 3月下旬のできごと
 
  
 ごめんなさい
 部署の予算削減で、6月から一人減らしてください
 ほんとごめんなさい
 僕は6月から出向することになりました
 代わりに有望な若手が入ります!


  11. 3月下旬のできごと
 
  
 6月から全社向けに新しい取り組みを始めるので
 手伝ってもらえますか?
 別部署


  12. つまり
 
 
  中堅社員
 
 (中堅社員)
 
  私
 
  ベテラン 

    
 
  若手
 
 
 → 若手社員
 
 → ×
 
 → × 別部署の支援へ
 
 
 
 → 新人
 

  13. チームの構成 6月時点
 
 
  若手社員
 
 
 
 
 


     ベテラン
 
  新人
 
 
 PO、PR窓口、社内政治
 
 
 
 
 
 PO代行、仮説検証、支援窓口、エンジニア  
 
 エンジニア
 

  14. チームの構成 6月時点
 
 
  若手社員
 
 
 
 
 


     ベテラン
 
  新人
 
 
 PO、PR窓口、社内政治
 
 
 
 
 
 PO代行、仮説検証、支援窓口、エンジニア  
 
 エンジニア
 

  15. 目指す状態
 
 
  ・チームとして、支援の幅が変わっていないこと
 
  ・チームとして、支援の質が変わっていないこと
 
  ・チームとして、支援のスピードが落ちることは許容
    ※人が減るので、ここは合意をもらっておいた 


  16. 問題
 
 
  ・期間が2ヶ月しかない
 
  ・人によってスタート地点が違う
 
  ・人によって目指すゴールが違う
 
  ・何ができたらゴールに達したのかがあいまい


  17. やったこと
 
 セールスイネーブルメント
 をチームに適用してみた
 


  18. セールスイネーブルメントとは
 
 
  組織としての成果 を出す営業社員を 輩出し続ける
  人材育成の仕組み
 
 
  欧米では主流なアプローチ


    
  日本は近年流行りはじめた
 

  19. セールスイネーブルメントの特徴
 
  「求める成果」「成果に必要な行動」「行動に必要な知識/スキル」
   に一貫性を持たせる
 
 


  20. セールスイネーブルメントのカイゼンサイクル
 
  成果、行動、知識/スキルに一貫性を持たせる
  顧客の意思決定プロセスに行動(営業プロセス)を合わせる
  行動と成果を計測、データドリブンにカイゼン
 


  21. セールスイネーブルメントの構成要素
 
  学習を支えるトレーニングコンテンツ
  実践を支えるコーチング
  すぐに使えるツール/ナレッジの共有
  
 データドリブンな活動を支え るシステム
 +


  22. このチームに適用するには
 
 
  支援先部署 を顧客と捉える
 
  顧客体験全体 の意思決定プロセスに
 
 価値提供プロセスを合わせる


    
 

  23. 適用する方針
 
 
  はじめから 全部はやらない
    イネーブルメントがやりたいのではなく 
    チーム構成の変更後も継続して価値を提供できるようにしたい 
    それぞれのゴールを明確にして、それぞれのゴールに向かって進みたい

    
 
  すでにあるもの を活かす
    プロダクトの情報や進め方は最低限のドキュメントが残してある 
    足りないのは既存メンバーの暗黙知とノウハウ 

  24. 適用結果:求める成果
 
 チームのインセプションデッキ / われわれ から仮置き
   業務システムの価値提供を、より楽で安全に、より早く多くする 
   → 支援先のデリバリーパフォーマンス

    
   → 支援先のDevOpsCriteria
 

  25. 適用結果:成果に必要な行動
 
 時間がないので以前に分析、整理したものを利用
 支援先の開発プロセス、チームの役割、チームの開発プロセス
 


  26. 適用結果:行動に必要な知識/スキル
 
 役割と開発プロセスから洗い出し
 星取表の項目を、行動でグルーピング
 


  27. 適用結果:学習を支えるトレーニングコンテンツ
 
 ありものの資料、ネット記事や書籍を行動に紐付けて星取表に整理
 ◎ / ◦ / △ ではなく、習熟度で記載、可視化
 理解度の確認に、学びをLTで発表


  28. 適用結果:実践を支えるコーチング
 
 時間が取れないのでコーチングではなく、モブワーク + 1on1
 モブワーク中は「なぜこうしたのか」の判断基準を共有
 Google Meet × code-server

    で実施
 
 

  29. 適用結果:すぐに使えるツール/ナレッジ
 
 ソースや資料などに点在したツール/ナレッジを「再利用した」か、
 暗黙知をモブワークで「言語化できた」ら、行動に紐づけて整理
 markdownで作成、git管理で開発と同じプロセスに載せた
 


  30. 適用結果:データドリブンな活動を支えるシステム
 
 今回はスキップ
 
 git、タスク管理、CI/CDのデータから手動で計測はできる
 


  31. 適用結果の全体像
 
  


  32. トレーニングの実施結果
 
  知識/スキルの習熟度 before / after
 
 
 
 


    
 
 
  必要な行動は、モブワークで1回以上は実施
  ツール/ノウハウは、期間中に見つけたものは整理済み
 

  33. トレーニングの実施結果
 
 
 
  みんなの頑張りのおかげで
  支援活動を回せるようになった
 
 
 
  ここからカイゼンサイクルを回していく段階


  34. まとめ
 
 
  イネーブルメント
    成果、行動、知識/スキルをつなげて整理
    人材育成を成果につなげるアプローチ
    どこの組織/チームでも適用できる
 
 
  できることから

    段階的に 適用していきましょう!
 

  35. すぐに使えるように、アプローチを体系化しました
 
 
 
 


  36. 
 
  質問や相談はこちらへどうぞ 
 
 suwa_sh
 noteの問い合わせフォーム