[potatotips #70] license-list-pluginを使ってOSSライセンス画面を自動生成する / license-list-plugin

Da5a59469ce3ebb55619ce34f85f8c4f?s=47 syarihu
July 10, 2020

[potatotips #70] license-list-pluginを使ってOSSライセンス画面を自動生成する / license-list-plugin

オンライン開催されたpotatotips #70で発表した資料です。
https://potatotips.connpass.com/event/178565/

Da5a59469ce3ebb55619ce34f85f8c4f?s=128

syarihu

July 10, 2020
Tweet

Transcript

  1. license-list-pluginを使って OSSライセンス画面を自動生成する 2020/07/10 (Fri) potatotips #70 @syarihu

  2. Taichi Sato (@syarihu) • Money Forward, Inc. ◦ Android Engineer

    • TechBooster
  3. None
  4. OSSライセンス画面を手軽に作るためのツール • oss-licenses-plugin ◦ Google Play Services • LicenseToolsPlugin ◦

    cookpad • license-list-plugin ◦ jmatsu
  5. OSSライセンス画面を作るためのツール • oss-licenses-plugin ◦ Google Play Services • LicenseToolsPlugin ◦

    cookpad • license-list-plugin ◦ jmatsu
  6. oss-licenses-plugin • Googleが公式で提供している • ライセンスリストを自動生成、特定のActivityを呼び出す だけ ◦ カスタマイズはできない ◦ UIはちょっと微妙

    • 一部ライセンスが表示されないなどの問題があった ◦ 依存関係が多い場合に問題に気づきにくい
  7. None
  8. jmatsu/license-list-plugin • ライセンスリストを自動生成し、yamlに定義ファイルを出 力 ◦ 人が読みやすい形なので、ライセンスの追加/変更/削 除も簡単にできる ◦ oss-license-pluginと違いライセンスリストが隠蔽され ていないため、差分も分かりやすい

  9. license-list-plugin • 定義ファイルを元に表示用のhtmlを自動生成したり、カス タマイズした画面を提供するために利用可能なjsonの出 力も可能 • ローカルライブラリにも対応

  10. license-list-plugin • ライセンスリストから除外したいライブラリがある場合 は.artifactignoreに記述することで簡単に除外可能 • cookpad/LicenseToolsPluginを使っている場合は cookpadのプラグインで利用するlicenses.ymlからの移 行も可能

  11. RecyclerView HTML

  12. license-list-pluginへの移行 • oss-licenses-pluginは便利だが、UIが微妙だったり、一 部ライセンスが表示されないなどの問題があったことか ら、ライセンス定義ファイルを自分で管理できたり、機能 が充実しているlicense-list-pluginへ移行することにした

  13. license-list-pluginをどうやって使っているか • 定義ファイルからjsonに吐き出して、jsonを元に RecyclerViewで画面を構築 ◦ 最初作るのは手間だが、アプリのテーマカラーに合わ せられるし、1回作ってしまえばその後は定義ファイル を更新するだけでOK

  14. license-list-pluginをどうやって使っているか • 依存関係の更新時にライセンスリストを更新するのを忘 れてしまう可能性がある ◦ 依存関係を更新したら自動でライセンス定義ファイル を更新するPRを作成

  15. ライセンス定義ファイルを自動で更新するPRを作成 • 依存関係をまとめたファイルDep.ktが変更されたかを Dangerを使って検知 ◦ 検知したらPRに特定のラベルをつける • GitHub Actionsで特定のラベルがついたときに発火する ワークフローを作成

    ◦ ライセンスリストを更新して自動でPRを立てるジョブを 作る
  16. Dangerfile - 依存関係が更新されている場合はラベルをつける begin target_branch = github.branch_for_base.match(/release|develop/) is_dependencies_updated = git.modified_files.grep(/.*Dep.kt/).empty?

    if target_branch && !is_dependencies_updated pr_number = github.pr_json["number"] auto_label.set(pr_number, "Update licenses", "#1d76db") end end
  17. Dangerfile - 依存関係が更新されている場合はラベルをつける begin target_branch = github.branch_for_base.match(/release|develop/) is_dependencies_updated = git.modified_files.grep(/.*Dep.kt/).empty?

    if target_branch && !is_dependencies_updated pr_number = github.pr_json["number"] auto_label.set(pr_number, "Update licenses", "#1d76db") end end
  18. Dangerfile - 依存関係が更新されている場合はラベルをつける begin target_branch = github.branch_for_base.match(/release|develop/) is_dependencies_updated = git.modified_files.grep(/.*Dep.kt/).empty?

    if target_branch && !is_dependencies_updated pr_number = github.pr_json["number"] auto_label.set(pr_number, "Update licenses", "#1d76db") end end
  19. Dangerfile - 依存関係が更新されている場合はラベルをつける begin target_branch = github.branch_for_base.match(/release|develop/) is_dependencies_updated = git.modified_files.grep(/.*Dep.kt/).empty?

    if target_branch && !is_dependencies_updated pr_number = github.pr_json["number"] auto_label.set(pr_number, "Update licenses", "#1d76db") end end
  20. .github/workflow.yml - ラベルがついたら発火する name: Update license list on: pull_request: types:

    - labeled
  21. .github/workflow.yml - 特定のラベルのみジョブを実行する jobs: build: runs-on: ubuntu-latest if: github.event.label.name ==

    'Update licenses' steps: - uses: actions/checkout@v2 with: ref: ${{ github.head_ref }} - name: set up JDK 1.8 uses: actions/setup-java@v1 with: java-version: 1.8
  22. .github/workflow.yml - 特定のラベルのみジョブを実行する jobs: build: runs-on: ubuntu-latest if: github.event.label.name ==

    'Update licenses' steps: - uses: actions/checkout@v2 with: ref: ${{ github.head_ref }} - name: set up JDK 1.8 uses: actions/setup-java@v1 with: java-version: 1.8
  23. .github/workflow.yml - ライセンス定義ファイルを更新する - name: Update license list run: |

    # ライセンス定義ファイルの差分を更新 ./gradlew mergeReleaseLicenseList # 定義ファイルを元にjsonを更新 ./gradlew visualizeReleaseLicenseList
  24. .github/workflow.yml - ライセンス定義ファイルを更新する - name: Update license list run: |

    # ライセンス定義ファイルの差分を更新 ./gradlew mergeReleaseLicenseList # 定義ファイルを元にjsonを更新 ./gradlew visualizeReleaseLicenseList
  25. .github/workflow.yml - ライセンス定義ファイルを更新する - name: Update license list run: |

    # ライセンス定義ファイルの差分を更新 ./gradlew mergeReleaseLicenseList # 定義ファイルを元にjsonを更新 ./gradlew visualizeReleaseLicenseList
  26. .github/workflow.yml - 自動でPRを作成する - name: Create Pull Request uses: peter-evans/create-pull-request@v2

    with: token: ${{ secrets.REPO_ACCESS_TOKEN }} commit-message: Updated license by license-list-plugin committer: syarihu <info@syarihu.net> author: syarihu <info@syarihu.net> title: Update license body: | This PR has been auto-generated branch: update-license-list branch-suffix: short-commit-hash
  27. .github/workflow.yml - 自動でPRを作成する - name: Create Pull Request uses: peter-evans/create-pull-request@v2

    with: token: ${{ secrets.REPO_ACCESS_TOKEN }} commit-message: Updated license by license-list-plugin committer: syarihu <info@syarihu.net> author: syarihu <info@syarihu.net> title: Update license body: | This PR has been auto-generated branch: update-license-list branch-suffix: short-commit-hash
  28. .github/workflow.yml - 自動でPRを作成する - name: Create Pull Request uses: peter-evans/create-pull-request@v2

    with: token: ${{ secrets.REPO_ACCESS_TOKEN }} commit-message: Updated license by license-list-plugin committer: syarihu <info@syarihu.net> author: syarihu <info@syarihu.net> title: Update license body: | This PR has been auto-generated branch: update-license-list branch-suffix: short-commit-hash
  29. None
  30. None
  31. ライセンス定義ファイルを自動で更新するPRを作成 • これで依存関係を更新したときに自動でPRが作成される ようになったので、ライセンスの更新忘れも無くなり人間 の手間もほとんど無くなった • コミット時に自動でDeployGateにアップロードしてPRに QRコードがコメントされるようにしているので、差分に問題 がない場合はこれで動作確認をするだけでよくなった。最 高!

  32. まとめ • license-list-pluginを使うと定義ファイルの管理が簡単に なる • json出力すればアプリに合ったテーマのOSSライセンス 画面を構築可能 • ライセンス定義ファイルを自動更新、自動PRすれば手間 も更新忘れも無くなる

  33. 参考資料 • jmatsu/license-list-plugin: Gradle plugin to manage licenses of your

    Android app's dependencies. ◦ https://github.com/jmatsu/license-list-plugin • Including Open Source Notices ◦ https://developers.google.com/android/guides/opensource • cookpad/LicenseToolsPlugin: Gradle plugin to check library licenses and generate license pages for Android ◦ https://github.com/cookpad/LicenseToolsPlugin
  34. ありがとうございました