Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

リーン・アジャイル・キックオフ

6def1e952e24f8b6e793c5043273b12f?s=47 Takahiro Ito
January 07, 2020

 リーン・アジャイル・キックオフ

リーン・アジャイルなマインドセットを持った上でスクラム開発をすすめるための資料

6def1e952e24f8b6e793c5043273b12f?s=128

Takahiro Ito

January 07, 2020
Tweet

Transcript

  1. 2020/01/07 伊藤 貴洋 TDCソフト 1 リーン・アジャイル キックオフ Photo by Braden

    Collum on Unsplash
  2. 自己紹介 会社名、名前、趣味、希望があれば呼び名 2

  3. 最初の ワーキング アグリーメントを作る チームで作る働き方のルール 3

  4. 4 https://fintan.jp/?p=280

  5. 勤務時間を決めましょう • 7.5時間 + 1時間休憩 • 開始時間は8:30~9:30ぐらいから • フレックス?コアタイム? 5

    3分
  6. ワーキング アグリーメントは 追加・変更OK なにか思いついたらチームに相談してみましょう 6

  7. 私たちのゴール チームとして何を目標にするか 7

  8. 個人のゴールは? 1分で考えて、付箋に書いてみてください 8 1分

  9. リーン・アジャイルな マインドセットを持った チームにすること 私のゴールです 9

  10. チームのゴールは? 自分のゴールと結び付けられますか? 10

  11. なぜ、 リーン・アジャイルが 必要なのか? ウォーターフォールじゃ駄目なの? 11

  12. ソフトウェアの時代 人類は5番目の変革期にいます 12

  13. 13 https://projecttoproduct.org/

  14. 14 http://www.torbenrick.eu/blog/technology/tiny-fish-eats-big-fish/

  15. 15 https://www.scaledagileframework.com/

  16. リーンとは? アジャイルとは? スクラムはどこいった? 16

  17. リーン Lean: 贅肉のない、 無駄を省いた 17

  18. ムダなく価値を届けるための考え方 • プロセスにおける余計な時間はムダ • 価値を生み出していない努力はムダ • メンバーにメリットを提供していないことはムダ 18

  19. 無駄無駄無駄…… 19 http://leanentrepreneur.co/illustrations

  20. ハウス・オブ・リーン(リーンの家) 20 ゴール:価値を提供すること 人と文化への リスペクト フロー イノベーション 絶え間ない 改善 基礎:リーン・アジャイル・リーダーシップ

  21. アジャイル Agile: 素早い、機敏な 21

  22. より良いソフトウェア開発のための考え方 22

  23. ウォーターフォール vs アジャイル 23 http://leanentrepreneur.co/illustrations

  24. スクラムプロセスだけで 開発体験が 良くなるわけではない 私の3年間の経験をもって断言します 24

  25. 自己組織化 Self-organization 25

  26. 自己組織化 • 非中央集権的な意思決定 • 変化への継続的な対応 • 肯定的/否定的なフィードバック • 復元力 •

    インタラクションによる創発的構造 26
  27. アクティビティ:自己組織化 • 頭の中で部屋の中から2名選んでください。 • その両名との距離がちょうど同じになる位置に移動してください。 • 何秒でできるでしょうか? 27

  28. なぜスクラム? アジャイル開発で最も使われているフレームワーク 28

  29. スクラムガイドの存在 スクラムは分かりやすい 29

  30. でもマスターするのは むずかしい Easy to learn, hard to master 30

  31. 31 https://www.scrum.org/resources/what-is-scrum

  32. スクラム3本の柱 • 透明性 • 検査と適応 32

  33. 透明性 スクラムの基盤 33

  34. 34 https://www.scrum.org/resources/what-is-scrum

  35. 検査と適応 変化への対応 35

  36. 36 https://www.scrum.org/resources/what-is-scrum

  37. 37 https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/ONB/19/5G_IMPACT/summit06_2/

  38. 5つの価値基準 38

  39. 39 https://www.scrum.org/resources/what-is-scrum 勇気 スクラムチームのメンバーは正しいこ とをし、難しい問題に取り組む勇気を 持つ 集中 みんながスプリントの作業とスクラム チームのゴールに集中する 確約

    各個人がスクラムチームのゴール達成 を確約する 尊敬 スクラムチームメンバーはお互いを能 力のある独立した個人として尊敬する 公開 スクラムチームとステークホルダーは 仕事や課題と、そのための作業の様子 を公開することに合意する
  40. よろしくお願いします リーン・アジャイルなマインドセットを一緒に育てていきましょう! 40