Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

FARM スタックに触れてみる

takf
February 09, 2022

FARM スタックに触れてみる

2022.02.08 Saitama.js #2 LT

takf

February 09, 2022
Tweet

More Decks by takf

Other Decks in Technology

Transcript

  1. FARM スタックに触れてみる 2022.02.08 Saitama.js vol.2 @takfjp

  2. 自己紹介 Takeru Furuichi (@takfjp) 川越市出身です ( オススメのお店:寿製麺よしかわ) https://www.kotobukiseimen.com/ コネヒト株式会社 所属

    「ママリ」という出産・育児領域のサービスを開発・運営してい ます フロント: React バックエンド: CakePHP
  3. None
  4. FARM スタックとは? 以下の技術スタックを使ったSPA の開発手法 FastAPI React Mongo DB

  5. MERN スタック Mongo DB Express React Node.js サーバサイドもJS で完結しているのが特徴

  6. 今回話さないこと FastAPI の詳細な仕様 Python の文法, 各種ライブラリの説明 デプロイ手順 実戦への導入( 触れてみた、という軽い紹介) React

    アプリの実装( 時間の都合上)
  7. FastAPI とは Python 製のAPI フレームワーク (v3.6 以上) https://fastapi.tiangolo.com/ja/ 名前の通り高速 Request,

    Response 共に型定義が可能 SwaggerUI でAPI のドキュメントを自動生成できる <- !!
  8. Swagger UI locahost:port/docs で表示できる リクエストを作成して投げるのを試せる

  9. Mongo DB のセットアップ Mongo DB Cloud を利用 無料プラン(shared) を使用可能

  10. GCP / AWS / Azure からクラウドプロバイダを選択可能 Tokyo リージョンを選択できる (!!)

  11. FastAPI 側で用意するもの router REST API のエンドポイントを記載 schema エンドポイント向けに Request, Response

    の型定義 DB に格納するModel の型定義 controller アクセス時の DB への操作 router に読み込ませる
  12. schema from pydantic import BaseModel from typing import Optional from

    decouple import config # BaseModel = FastAPI のスキーマモデル class Todo(BaseModel): id: str title: str description: str class TodoBody(BaseModel): title: str description: str
  13. controller (database) from decouple import config ~~~ 中略 ~~~ #

    async / await で手軽に非同期通信処理を記述できる async def db_create_todo(data: dict) -> Union[dict, bool]: todo = await collection_todo.insert_one(data) new_todo = await collection_todo.find_one({"_id": todo.inserted_id}) if new_todo: return todo_serializer(new_todo) return False
  14. router from fastapi import APIRouter, Response, Request, HTTPException from schemas

    import Todo, TodoBody from database import db_create_todo from starlette.status import HTTP_201_CREATED router = APIRouter() @router.post("/api/todo", response_model=Todo) async def create_todo(request: Request, response: Response, data: TodoBody): todo = jsonable_encoder(data) res = await db_create_todo(todo) response.status_code = HTTP_201_CREATED if res: return res raise HTTPException( status_code=404, detail="Create task failed")
  15. deploy できたバックエンドAPI は Vercel Heroku などにデプロイして使用 Docker にpython のコンテナを作ってローカルで開発しても良さそ う

  16. フロントエンドアプリ React, React-Query, Axios( 非同期通信用) などを使用して実装 単純なTodo アプリで動かしてみました React-Query はキャッシュが使えたりデータの取得状態を返し

    てくれて便利ですね
  17. Todo List

  18. Todo List 2 Todo 作成成功と同時にDB に格納された Todo を fetch

  19. 雑感 API も独力で実装したい時にとても協力 フロントエンドエンジニアだって API を作りたい Mongo DB + FastAPI

    は GraphQL とも親和性が高そう SwaggerUI を自動生成してくれるのはとても嬉しい API 側で型定義できるので TypeScript との親和性も高い Todo List 以外でも活用したくなる
  20. We're Hiring! カジュアル面談やってます! https://connehito.com/recruit/

  21. Thank you!

  22. None