$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

DMM.comデザイン部_プロダクトデザイナービジョン

TakumaS
June 16, 2022

 DMM.comデザイン部_プロダクトデザイナービジョン

多種多様なサービスを展開させていただいているDMM.comにて、全社横断的にデザインソリューションを提供しているデザイン部。

デザイナーの⼈材育成と組織連携
https://speakerdeck.com/takumasaito/dezainafalse-cai-yu-cheng-tozu-zhi-lian-xi

にて実績を重ねた先の次のステージとして、
DMM.comにおけるプロダクトデザイナーとしてのビジョンをご紹介する資料です。

TakumaS

June 16, 2022
Tweet

More Decks by TakumaS

Other Decks in Design

Transcript

  1. DMM.com デザイン部 合同会社DMM.com ⿑藤 卓真 プロダクトデザイナー ビジョン

  2. ⿑藤 卓真 合同会社DMM.com テクノロジー本部 デザイン部 部⻑ 事業会社でデザイン・ディレクション経験を経て2016年にDMM⼊社。 新規事業のデザインリードを務めた後、複数の事業に開発⽀援を⾏うデザイ ン組織を組成し現職。その後も全社横断へ組織を拡⼤。「主体性」と「デザ イン+α」のスキルで事業貢献するデザイナー集団を⽬指す。

  3. 今までと これから

  4. 関連会社 (2015〜) 本社吸収 (2017〜18) 本部横断 (2019〜22) 組織 形態 全社横串 縦割り

    縦+横串 デザイン部 ⽀援 4 本部 横断管轄+プラットフォーム等々、 年間 4 0弱の「事業組織 / 社内部署」に⽀援。 組成!
  5. デザイン部 組成後、 広く横串の機能 を担ってきました。

  6. これから 組織 形態 新・全社横串 デ ザ イ ン 部 が

    新 た に 全 社 横 串 組 織 に な る 上 で 事業専属のデザイナーとの 共創を前提に、どう様に変わるのか? デザイン部
  7. 【1】 DMMサービスをデザインで繋げる 【2】 新しいデザイナーのスタイルを    作り続ける

  8. DMMサービスを デザインで つなげる

  9. 【1】 DMMサービスをデザインで繋げる 【2】 新しいデザイナーのスタイルを    作り続ける

  10. 事業 理解 プロダクトデザイナーとして、 共創してくれています。 事業と同じ⽬線で 貢献意識を持ち

  11. 事業と同じ⽬線では、 いけないのか?

  12. 事業と同じ⽬線 も とても⼤事。 だけど、さらに ステージアップを⽬指そう。

  13. 事業 A 事業 B 事業 C エンドユーザーα にとってのDMM エンドユーザーβ にとってのDMM

    現在、エンドユーザーからみたDMM像は様々。
  14. 事業 A 事業 B 事業 C エンドユーザーα にとってのDMM エンドユーザーβ にとってのDMM

    ⼀つのサービス群として、もっと深い体験を提供したい。
  15. 「DMM事業をデザインでつなげる」為に、 やるべき事は何だろう?

  16. None
  17. ユーザー⽬線で、 ⼀つのDMMサービス群 として形作る「設計者/開発者」であり、 「全体を俯瞰しつつ各プロダクトを牽引」 していく。 事業 A 事業 B 事業

    C
  18. 個々の事業プロダクトで精⼀杯?

  19. だからこそ 「デザイン組織」の意味があり 我々が 「ワンチームだから牽引」できる。

  20. 新しいデザイナーの スタイルを 作り続ける

  21. 【1】 DMMサービスをデザインで繋げる 【2】 新しいデザイナーのスタイルを    作り続ける

  22. 3年前… DMMデザイナーに必要と考えた 【技術⼒】のコンセプトは、 このような形でした。

  23. 基礎スキル 価値創造⼒ 課題解決⼒ 表現⼒

  24. 実態の可視化 分析・仮説⽴案 改善プロセス 表現したい事の整理 (例:事業⽬的の明⽂化 / 体験設計) 理想と現実の差分可視化 (例:KPI設定と計測⼿段の整理) 競合と差別化できるかの整理 (例:SWOT /リーンキャンバス )

    定量調査 (例:ユーザー⾏動解析・A/Bテスト・アンケート) 定性調査 (例:ユーザーテスト・⾏動観察・アンケート) 開発フロー整備・効率化 価値創造⼒
  25. 課題の可視化 コンテンツ設計 情報設計 施策⽴案 (例:課題整理・対策案出し・効果算出) 機能要件整理 (例:サイト設計・優先度付け・影響調査) 画⾯上のルール制定 課題解決⼒ (例:導線設計・共通UI設計・

       基本レイアウト定義)
  26. 媒体知識 具現化 効果活⽤ 新旧技術考慮・再現性担保 (例:推奨環境策定・技術仕様の調査) ⽬的からのビジュアル変換 (例:ロゴ・キービジュアル・ライティング) 表現を複数合わせた効果 (例:視覚効果・インタラクションの併⽤) 表現⼒

  27. このような スキルが⾝につくのか? 当初、声が挙がりました。しかし...

  28. 業務で実践できています。 そして、より⾼めていくフェーズへ… 今⽇、

  29. 常に時代の状況や中⼼は変わっていく。 昨⽇、現場で合議した「戦術」が 今⽇、「正しい戦術」であるかは分からない。 昨年、あると思った前提で作った「戦略」が 今年、前提が維持され「継続すべき戦略」である補償はどこにもない。 常に「現在地・実態」を正し把握し、 常にその時期に実⾏⼒のある「戦術を多く提案/実⾏」し、 常にその時代に最適な「戦略を牽引」していこう。

  30. 新しいデザイナーの スタイルを 作り続ける

  31. None
  32. ⽬的地 (価値) 各デザイナーのスタイルを例えるなら 【技術⼒】 ・⼿法 / 修練度 ・課題発⾒ / 解決

    ・分析 / 調整⼒ 【持続⼒】 【判断⼒ / 実現性】 ・プランニング ・ロジスティック 「フライトプラン (戦術) 」
  33. None
  34. デザイナー全員のフライトプラン(戦術)が増えて繋がることで 「 ⽬指せる世界 (戦略の選択肢) が広がる 」

  35. まとめ

  36. 事業 A 事業 B 事業 C エンドユーザーα にとってのDMM エンドユーザーβ にとってのDMM

    DMMの各サービスを⼀つのサービス群として捉え もっと深い体験を提供する為に…
  37. 事業 理解 プロダクトデザイナーとして、 共創しながらも… 事業と同じ⽬線で 貢献意識を持ち

  38. 本部横断 ( リソース/技術⽀援 メイン) ユーザー⽬線で形作る 「設計者/開発者」であり、 「全体を俯瞰した、各プロダクトを牽引」 する役割を⽬指そう。その為にも… 事業 A

    事業 B 事業 C さらに、
  39. ⽬的地 (価値) フライトプラン (戦術)を意識し 【技術⼒】 ・⼿法 / 修練度 ・課題発⾒ /

    解決 ・分析 / 調整⼒ 【持続⼒】 【判断⼒ / 実現性】 ・プランニング ・ロジスティック 各デザイナーが 成⻑し続け
  40. ⽬指せる世界を広げ続けよう ( 戦略の選択肢 )