aws-sdk-go-v2入門 MediaDo.go

208eaad444edf8029cba3bbd1c0cc864?s=47 TakumiOgawa
September 25, 2020

aws-sdk-go-v2入門 MediaDo.go

208eaad444edf8029cba3bbd1c0cc864?s=128

TakumiOgawa

September 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. aws-sdk-go-v2入門 MediaDo.go#2 2020.09.25

  2. 株式会社メディアドゥ所属 - バックエンド、インフラエンジニア Name : Takumi Ogawa Twitter: @_ogady_

  3. 1. aws-sdk-goとは 2. aws-sdk-go-v2とは 3. aws-sdk-goとの違い 4. aws-sdk-go-v2を使ってみる 5. 最後に

  4. aws-sdk-go、 使ってますか? Q

  5. 1 aws-sdk-goとは

  6. aws-sdk-goとは • おなじみGo言語用のAWS SDK • 認証・リクエストの再試行・エラー処理など、低レイ ヤーの処理をよしなにラッピングしてくれる • goroutineを使用したS3との大容量ファイル受け渡しな どのAWS連携が簡単にできる

  7. 2 aws-sdk-go-v2とは

  8. aws-sdk-go-v2とは • 現行提供されているaws-sdk-goの後継 • パフォーマンス・一貫性・使いやすさなどを改善 • 2017年12月22日より開発者プレビュー版がリリース →2020年9月25日現在も開発者プレビュー版のみの提供

  9. 3 aws-sdk-goとの違い

  10. • sessionではなくexternalパッケージを使用する • 現行のsessionパッケージとcredentialパッケージの機能 がv2ではexternalパッケージに集約され、わかりやすく なっている • クライアントはaws.Configのみを使用して生成する。 →従来のaws.Configを生成してsession.New()する手順か ら、よりシンプルになった

    ・サービスクライアント生成方法の違い aws-sdk-goとの違い
  11. aws-sdk-go sess := session.Must( session.NewSession() ) // S3クライアントを作成 svc :=

    s3.New(sess) aws-sdk-go-v2 aws-sdk-goとの違い ・サービスクライアント生成方法の違い cfg, err := external.LoadDefaultAWSConfig() if err != nil { panic( err) } // S3クライアントを作成 svc := s3.New(cfg) ※上記はおおむね同じ挙動
  12. • Send()メソッドを使用し、リクエストを送信する • APIインプット構造体をRequest()に渡すのは現行と同じ • APIコール形式が各サービスで統一されているため、わ かりやすくなった →各API要求メソッドはサフィックスに”Request”がつ いている、Send()メソッドでAPIコールする、など ・APIリクエスト発行の違い

    aws-sdk-goとの違い
  13. aws-sdk-go svc := s3.New(sess) res, err := svc.GetObjectWithContext( context.TODO(), &s3.GetObjectInput{

    Bucket: aws.String(bucket), Key: aws.String(key)} ) } aws-sdk-go-v2 aws-sdk-goとの違い ・APIリクエスト発行の違い svc := s3.New(cfg) req := svc.GetObjectRequest( &s3.GetObjectInput{ Bucket: aws.String(bucketName), Key: aws.String(key)} ) res, err := req.Send(context.TODO())
  14. • APIインプット構造体のフィールドに型指定された列挙 値を使用する →この変更により、文字列を直接使用することがなくな り、より型安全に使用できる • 列挙値を使用する際に、APIインプットのフィールドを ポインタ型にする必要がなくなった aws-sdk-goとの違い ・APIインプット構造体に型指定された列挙値を提供

  15. const ( ObjectCannedACLPrivate = "private" // 一部省略 } aws-sdk-go type

    PutObjectInput struct { // 一部省略 ACL *string } aws-sdk-go-v2 aws-sdk-goとの違い type PutObjectInput struct { // 一部省略 ACL ObjectCannedACL } type ObjectCannedACL string const ( ObjectCannedACLPrivate ObjectCannedACL = "private" // 一部省略 } ・APIインプット構造体に型指定された列挙値を提供(内部実装比較)
  16. aws-sdk-go input := &s3.PutObjectInput{ Bucket: aws.String("myBucket"), Key: aws.String("myKey"), ACL: aws.String(

    s3.ObjectCannedACLPrivate ), Body: file, } aws-sdk-go-v2 aws-sdk-goとの違い ・APIインプット構造体に型指定された列挙値を提供 input := &s3.PutObjectInput{ Bucket: aws.String("myBucket"), Key: aws.String("myKey"), ACL: s3.ObjectCannedACLPrivate, Body: file, }
  17. • APIインプット構造体のフィールドでスライス要素と マップ要素を値型からポインタ型に変換する必要がなく なった ・APIスライス、マップ要素指定の違い aws-sdk-goとの違い

  18. aws-sdk-go type AddPermissionInput struct { _ struct{} AWSAccountIds []*string //

    一部省略 } aws-sdk-go-v2 aws-sdk-goとの違い ・APIスライス、マップ要素指定の違い(内部実装比較) type AddPermissionInput struct { _ struct{} AWSAccountIds []string // 一部省略 }
  19. input := &sqs.AddPermissionInput{ AWSAccountIds: []string{ "123456789", }, Actions: []string{ "SendMessage",

    }, // 一部省略 } aws-sdk-go input := &sqs.AddPermissionInput{ AWSAccountIds: []*string{ aws.String("123456789"), }, Actions: []*string{ aws.String("SendMessage"), }, // 一部省略 } aws-sdk-go-v2 aws-sdk-goとの違い ・APIスライス、マップ要素指定の違い
  20. 4 aws-sdk-go-v2を 使ってみる

  21. cfg, err = external.LoadDefaultAWSConfig() cfg, err = external.LoadDefaultAWSConfig( external.WithSharedConfigProfile("example-profile-name"), )

    cfg, err := external.LoadDefaultAWSConfig( external.WithCredentialsProvider{ CredentialsProvider: aws.StaticCredentialsProvider{ Value: aws.Credentials{ AccessKeyID: "AKID", SecretAccessKey: "SECRET", SessionToken: "SESSION", Source: "example hard coded credentials" }}}) aws-sdk-go-v2を使ってみる ・Config情報取得 defaultの認証情報を 使用するパターン 認証設定ファイルの 任意の認証情報を使 用するパターン 認証情報を直接指定 するパターン
  22. ・S3へファイルアップロード aws-sdk-go-v2を使ってみる svc := s3.New(cfg) input := &s3.PutObjectInput{ Body: bytes.NewReader(file),

    Bucket: aws.String(“bucketName”), Key: aws.String(“key”), ACL: s3.ObjectCannedACLPublicRead, } req := svc.PutObjectRequest(input) _, err := req.Send(context.TODO()) if err != nil { return fmt.Errorf("failed to put s3 object with key '%s' %w", key, err) } 前のスライドで生成した aws.Configを渡す リクエストを送信する
  23. ・SQSへメッセージ送信 aws-sdk-go-v2を使ってみる svc := sqs.New(cfg) input := &sqs.SendMessageInput{ MessageBody: aws.String(“Message”),

    QueueUrl: aws.String(“exampleURL”), } req := svc.SendMessageRequest(input) _, err := req.Send(context.TODO()) if err != nil { return fmt.Errorf("failed to send sqs %w", err) } 前のスライドで生成した aws.Configを渡す リクエストを送信する
  24. 5 最後に

  25. • 確実にわかりやすくなってる(と思う) • 内部実装も綺麗になったので、困った時に調査しやすい • とはいえ開発者プレビュー版なので計画的にご利用くだ さい… 最後に

  26. 良きaws with goライフを! contact me at @_ogady_ Thanks ! !