$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

テクニカルサポートに影響があったアップデート

Uechi Shingo
November 21, 2022

 テクニカルサポートに影響があったアップデート

Uechi Shingo

November 21, 2022
Tweet

More Decks by Uechi Shingo

Other Decks in Technology

Transcript

  1. テクニカルサポートに 影響があったアップデート

  2. AWS 業務歴 8 ヵ月の初心者 ・上地 しんご ・沖縄県那覇市在住 ・アノテーション株式会社 ・新卒 ~

    2022 年 2 月 メインフレーム運用管理 → メインフレーム運用保守 → オープン系運用保守 ・2022 年 3 月 ~ テクニカルサポート業務 https://dev.classmethod.jp/author/uechi-shingo/ ・2022 年 4 月 ~ 初心者支部運営に参加 私と同じ 「おじさん初心者を増やしたい!!」 との思いで ・CLF, SOA, SCS, DBS, SAA, DVA, ANS, SAP, DOP (9冠) @uechi405
  3. お話ししたいこと ・影響があったアップデート 1 ・影響があったアップデート 2 ・今後、影響がありそうなアップデート ・その他のアップデート ・早期解決のために

  4. 影響があったアップデート 1 ・これまでは、 お客様からお問い合わせいただいた際の調査として、 お問い合わせのチケットに記載された障害の時刻と、 AWS Health Dashboard などのログを突合する必要があります。 協定世界時

    (UTC) と日本時刻 (JST) どちらの時刻を表示 しているかで迷うことが多々ありました。 ・現在は、 「ローカル (ブラウザのタイムゾーンを使用)」を選択していると 「2022年11月9日 午前 5:28:00 UTC+9」の様に表示され、 状況を把握しやすくなりました。 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/09/aws- health-dashboard-displays-localized-dates-times-service-health- events/
  5. 影響があったアップデート 2 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/09/amazon- aurora-supports-in-place-upgrades-mysql-5-7-8-0/ ・これまでは、 例えば、Aurora MySQL 5.6 から 8.0

    へのアップグレードの 手順連携の依頼、もしくは手順確認をされるお客様には 手順 1: 5.6 から 5.7 へのインプレースでのアップグレード 手順 2: 5.7 から 8.0 へのスナップショットからの復元 とそれぞれ異なる手順をご案内していました。 ・現在は、 手順 1 or 2 のいずれでもインプレースアップグレード の手順を案内しています。 ※お客様の状況に応じて、これまで通りスナップショット からの復元などもご案内しています。
  6. 今後、影響がありそうなアップデート https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/10/amazon- rds-events-operating-system-updates/ ・これまでは、 Amazon RDS において、オペレーティングシステムの更新が スケジュールされているかを確認するには下記を実施して いただく様、ご案内していました。 ・「保留中のメンテナンス」を定期的に確認

    ・AWS CLI コマンドにて、下記コマンドを定期的に実行して確認 “aws rds describe-pending-maintenance-actions” ・これからは、 「当該イベント RDS-EVENT-0230 を RDS イベント通知 サブスクリプションの作成をご検討ください。」 と案内できそうです。
  7. その他のアップデート https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/ec2-classic-is-retiring-heres- how-to-prepare/ ・お問い合わせの例 ・Classic 環境を使用しているかを知りたい ・Classic 環境廃止による影響を知りたい ・Classic 環境を延長して使用したい

    ・以下のご案内をしました。※あくまで一例です ・自分のアカウントに EC2-Classic が存在するかチェックする AWS 公式ツール https://dev.classmethod.jp/articles/awsec2-classic-resource-check/ ・Classic から Amazon VPC に移行する方法 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/vpc-migrate.html ・リザーブドインスタンスを Classic 環境からVPC 環境へ変換する方法
  8. 早期解決のために、その1 弊社メンバーのブログ https://dev.classmethod.jp/articles/technical-support-how-to-inquire/ https://dev.classmethod.jp/articles/devio2022-troubleshooting-tips-from-aws-technical-support/

  9. 早期解決のために、その2 AWS の「技術的なお問い合わせに関するガイドライン」 https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/tech-support-guidelines/

  10. まとめ ・影響があったアップデート 1 ・影響があったアップデート 2 ・今後、影響がありそうなアップデート ・その他のアップデート ・早期解決のために

  11. テクニカルサポートに興味がある方へ 弊社メンバーのブログ https://dev.classmethod.jp/articles/technical-support-how-to-inquire/