Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

オンラインLTとオフラインLTを運営してみて

Cb88f765dd38cd942c39aacb5abbea06?s=47 ufoo68
January 25, 2021

 オンラインLTとオフラインLTを運営してみて

Cb88f765dd38cd942c39aacb5abbea06?s=128

ufoo68

January 25, 2021
Tweet

More Decks by ufoo68

Other Decks in Technology

Transcript

  1. オンラインLTと オフラインLT @オンラインLT

  2. LTの前にこのQRコードを読んでみて

  3. 自己紹介 • SNSでの名前 ◦ ufoo68(@ufoo_yuta) • 出身地 ◦ 滋賀県 •

    やってること ◦ スポーツIoTLT主催 • 最近のできごと ◦ LINE API Expertに認定されました
  4. わたしとLT運営(オフライン) 梅キャン勉強会(2017~2018) • 学生時に通っていた大阪工業大学の梅田キャンパスで毎 月開催 • 研究室の先輩と主催 • テーマは自由 •

    社会人と学生両方が参加可能な勉強会を目指した • 参加人数は基本10人前後(多いときは30人)
  5. わたしとLT運営(オフライン) スポーツIoTLT(2019~2020) • IoTLTのスピンオフ企画 • 第一回と第二回は秋葉原の granicaで開催 • 参加人数は30~40人 •

    第三回以降はオンライン開催
  6. オフラインLT運営の良し悪し • 良いところ ◦ 臨場感がある ◦ 懇親会で詳しい話が聞ける ◦ 二次会 •

    悪いところ ◦ 参加人数が増えるとストレスも増える ◦ ドタキャンに翻弄される ◦ 場所の確保が大変 ◦ 遠方の人が呼べない
  7. わたしとLT運営(オンライン) スポーツIoTLT(2020~) • 第三回以降からZoomを使って開催 • 第四回は直接Zoom、それ以外はYouTube配信(IoTLT放 送部さんの協力により)

  8. わたしとLT運営(オンライン) きままにオンライン勉強会(2020~) • 不定期開催(勝手気ままにやってます) • Zoomのみで開催(配信なし) • テーマによって参加者人数に違いがすごい( AWSのときは 50人くらいで、それ以外のテーマでは1~5人とか)

  9. オンラインLT運営の良し悪し • 良いところ ◦ 主催が楽(Zoomさえあればいい) ◦ ドタキャンが気にならない ◦ 遠方の人も発表参加してくれる ◦

    参加者人数を気にすることがなくなる • 悪いところ ◦ 盛り上げがむずかしい ◦ 懇親会ができない ◦ ネット環境に影響される
  10. つまり何が言いたいか 1. 結局オンラインもオフラインも良し悪しがある 2. 運営目線だとオンラインLTにはいいところがたくさんある 3. 理想はオンラインとオフラインのハイブリット 4. 今の御時世だとオンライン開催をせざるを得ない 5.

    なるべくオンラインLTの課題を解決したい
  11. オンラインLTの課題 結局一番は、 盛り上がり

  12. 導入してみたもの CommentScreen

  13. CommentScreenについて • 筑波大生エンジニアがつくったオンライン授業アプリ • ニコニコ動画風なコメント表示ができる • windowsとmacに対応 • コメント表示のためにはアプリインストールが必要だが、コメント送信に関してはア プリインストール不要

    • 基本無料で使えるので嬉しいね
  14. 他導入しようとしたもの cluster • 魅力に感じたところ ◦ リアクションができる ◦ VRで臨場感を出せる • やめた理由

    ◦ 回線が重いとまともに参加できない ◦ スライド発表がやりにくい(一度 PDFへの変換 が必要) ◦ IoT系だとデモが難しそう
  15. (話がまとまってないけど)まとめ オンラインLTの運営は楽で気軽にできるのでみんなもやってみると良いです しかし課題としてあるのは、盛り上がりに欠けることだと思います オンラインだからこそ、TwitterやCommentScreenなどのサービスをどんどん活用して 参加者みんなでLTを盛り上げていきましょう!