Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Redmine 5.1 新機能評価ガイド

MAEDA Go
November 04, 2023

Redmine 5.1 新機能評価ガイド

2023年10月31日にリリースされたRedmine 5.1の新機能の中からお勧めのもの、気が付きにくいものをピックアップして紹介します。

紹介している機能は下記23件です。

* 管理→プロジェクト画⾯でのフィルタとクエリ
* バックグラウンドでのプロジェクト削除
* 管理→ユーザー画⾯でのユーザーのフィルタとクエリ
* WebP画像への対応
* モバイル画⾯でカレンダーをリストレイアウトで表⽰
* 作成したチケットのオートウォッチ
* 「いずれかを含む」フィルタ演算⼦によるOR検索
* 「前⽅⼀致」「後⽅⼀致」フィルタ演算⼦で複数キーワードによるOR検索
* 関連するチケットのフィルタでの複数チケット指定
* 「全検索対象テキスト」フィルタ
* フィルタ演算⼦「現在/過去の値」「過去の値」「⼀度もない」
* Rouge 4.2へのアップデートによるコードハイライト強化
* 検索キーワードの区切り文字として全角スペースにも対応
* 別プロジェクトのチケットに対する作業時間のインポート
* チケットのステータスの説明欄
* 編集済みのコメントに対して「編集済み」と表⽰
* 新たな権限「プロジェクトの公開/⾮公開」
* バージョンをChangelogテキストとしてエクスポート
* 検索スコープに「My bookmarks」を追加
* 「チケットのフィルタを適⽤」ボタンによる検索結果の絞り込み
* テキスト書式のデフォルトが CommonMark Markdownに変更
* 作業時間の「チケットの親チケット」フィルタと項⽬
* 作業時間の「チケットの題名」フィルタ

MAEDA Go

November 04, 2023
Tweet

More Decks by MAEDA Go

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 前⽥ 剛


    ファーエンドテクノロジー株式会社


    2023-11-04
    Redmine 5.1


    新機能評価ガイド

    View full-size slide

  2. ■ Redmine⾮公式情報サイト「Redmine.JP」創⽴者(2007)


    ■ 書籍「⼊⾨Redmine」著者

    (2008, 2010, 2012, 2014, 2016)


    ■ Redmineコミッター(2017-)


    ■ ファーエンドテクノロジー株式会社 代表取締役(2008-)
    http://linktr.ee/maeda.go

    自己紹介
    前⽥剛
    Redmineのクラウドサービスを

    提供している会社です

    View full-size slide


  3. 内容
    ■ Redmine 5.1の新機能をピックアップして紹介


    ■ 特にお勧めのものと、⾔われないと気づかなそうなものを選定


    ■ Redmine 5.1の新機能を確認・評価する際の参考に

    View full-size slide


  4. Redmine 5.1
    ■ 2023年10⽉31⽇リリース


    ■ Redmine 5.0以来、1年7ヶ⽉ぶりのメジャーバージョンアップ


    ■ 148個の改善・修正が含まれる


    ■ フィルタ関係の改善が特に多い


    ■ 5.x の最後のリリースとなる予定。次は6.0

    View full-size slide

  5. 管理

    (Administration)

    View full-size slide


  6. 管理→プロジェクト画⾯でのフィルタとクエリ
    Re-implement admin project list using ProjectQuery system - https://www.redmine.org/issues/33422
    プロジェクト画⾯と同様のフィルタとカスタムクエリが管理→プロジェクト画⾯
    でも使えるようになった。

    View full-size slide


  7. バックグラウンドでのプロジェクト削除
    Background job and dedicated status for project deletion - https://www.redmine.org/issues/36691
    プロジェクトの削除をバックグラウンドで⾏えるようになった(Sidekiq等のキュ
    ーマネージャーが必要)。


    チケットや⼦プロジェクトを多数含むプロジェクトの削除には⾮常に時間がかか
    るが、それをバックグラウンドで⾏えるようになった。
    RedmineからSidekiqを使うには:


    Sidekiq をセットアップした上で con
    fi
    g/additional_environment.rb に以下を追
    加。詳しくは www.redmine.org のWikiを「Sidekiq 」で検索。

    config.active_job.queue_adapter = :sidekiq

    View full-size slide


  8. 管理→ユーザー画⾯でのユーザーのフィルタとクエリ
    Upgrade Admin/Users list to use the query system - https://www.redmine.org/issues/37674
    管理→ユーザー画⾯でフィルタが使えるようになり、細かな条件でユーザーの絞
    り込みができるようになった。カスタムクエリにも対応。旧バージョンと同じ動作
    での検索は「姓名・メールアドレス・ログインID」フィルタを使⽤

    View full-size slide

  9. 添付ファイル

    (Attachments)

    View full-size slide


  10. WebP画像への対応
    WebP images support - https://www.redmine.org/issues/38168
    WebP形式画像もインライン表⽰とサムネイル表⽰が可能になった。

    これまでは画像ではなく単なるファイルとして扱われていた


    5.1でインライン表⽰可能な拡張⼦: bmp, gif, jpg, jpe, jpeg, png, webp

    View full-size slide

  11. カレンダー

    (Calendar)

    View full-size slide


  12. モバイル画⾯でカレンダーをリストレイアウトで表⽰
    モバイル画⾯ではカレンダーが縦型の
    リストレイアウトで表⽰されるように
    なった
    Display calendar in vertical list layout on mobile screens - https://www.redmine.org/issues/33682
    5.0 5.1

    View full-size slide

  13. メール通知

    (Email noti
    fi
    cations)

    View full-size slide


  14. 作成したチケットのオートウォッチ
    Auto watch issues on issue creation - https://www.redmine.org/issues/38238
    「個⼈設定」の「オートウォッチ」に「⾃分が作成したチケット」が追加された。
    チケットを作成すると⾃動的に⾃分がウォッチャーとして追加される。


    新たに作成したユーザーはすべてのオートウォッチがデフォルトでON。

    View full-size slide

  15. オートウォッチ「⾃分が作成したチケット」がONの場合は、メール通知オプション
    を「ウォッチ中または⾃分が関係しているもの」から「ウォッチ中または⾃分が担当
    しているもの」に変更するのがお勧め。


    ・これまで通り⾃分が作成したチケットに関する通知を受け取ることができる

    ・⾃分が作成したチケットであってもウォッチをやめれば通知を⽌めることができる
    管理→設定→ユーザー 個⼈設定

    View full-size slide

  16. フィルタ / チケットのフィルタ

    (Filters / Issues
    fi
    lter)

    View full-size slide


  17. 「いずれかを含む」フィルタ演算⼦によるOR検索
    “contains any of” operator for text
    fi
    lters to perform OR search of multiple terms - https://www.redmine.org/issues/38435
    テキスト形式フィールドで「いずれかを含む」演算⼦を選んでスペースで区切った
    複数のキーワードを指定するとOR検索が⾏われる

    View full-size slide


  18. <関連機能>

    AND検索を⾏うには「含む」演算⼦で複数キーワードをスペースで区切って指定

    する。既にRedmine 5.0で利⽤可能

    View full-size slide


  19. 「前⽅⼀致」「後⽅⼀致」フィルタ演算⼦で複数キーワードによるOR検索
    OR search with multiple terms for “starts with” and “ends with”
    fi
    lter operators - https://www.redmine.org/issues/38456
    「前⽅⼀致」「後⽅⼀致」フィルタ演算⼦で複数キーワードをスペースで区切って
    指定するとOR検索が⾏われる
    拡張⼦が .pptx または .pdf のファイルが添付されているチケットを抽出する例

    View full-size slide


  20. 関連するチケットのフィルタでの複数チケット指定
    関連するチケットのフィルタで複数チケットを指定できるようになった。


    Redmine 5.0では複数チケット指定が可能なのは「親チケット」「⼦チケット」
    「チケット」フィルタのみだった。
    Multiple issue ids in "Related to"
    fi
    lter - https://www.redmine.org/issues/38301


    View full-size slide


  21. 「全検索対象テキスト」フィルタ
    “Any searchable text”
    fi
    lter for issues - https://www.redmine.org/issues/38402
    チケット内の複数のテキスト形式フィールドを横断検索できるフィルタ。

    対象は題名、説明、コメント、「検索対象」と設定されたカスタムフィールド

    View full-size slide


  22. 全検索対象テキストフィルタで抽出されるチケットは検索ボックスでの検索結果と
    同じだが、ほかのフィルタと組み合わせてさらに結果を絞り込むことができる

    View full-size slide


  23. フィルタ演算⼦「現在/過去の値」「過去の値」「⼀度もない」
    New issues
    fi
    lter operators “has been”, “has never been”, and “changed from” - https://www.redmine.org/issues/38527
    チケットの履歴を参照する演算⼦「現在/過去の値」「過去の値」「⼀度もない」
    が追加された。


    例えば現在または過去に⾃分が担当者であるチケットを探すことができる。

    View full-size slide


  24. 演算⼦ 動作
    現在/過去の値
    現在の値または過去の値が⼀致するもの


    既存の「等しい」演算⼦の結果 + 履歴中に⼀致する値があるもの
    ⼀度もない
    現在においても過去においてもその値だったことがないもの


    「現在/過去の値」演算⼦の反対
    過去の値 過去にその値から別の値に変更されたことがあるもの
    「現在/過去の値」「⼀度もない」「過去の値」演算⼦の動作

    View full-size slide


  25. 「現在/過去の値」「⼀度もない」「過去の値」演算⼦の使⽤例
    担当者が⾃分であるか

    過去に⾃分だったことがあるチケット
    担当者は⾃分ではないし

    過去においても⾃分だったことがない

    チケット
    ステータスが過去に Closed から別の値に
    変更されたことがあるチケット

    (現在のステータスは不問。Closed かも

     しれないし異なるかもしれない)

    View full-size slide

  26. Gemライブラリ

    (Gems support)

    View full-size slide

  27. cisco_ios (Cisco IOS con
    fi
    guration)

    Rouge 4.2へのアップデートによるコードハイライト強化
    コードハイライト⽤ライブラリRougeが4.2にアップデートされたことで対応⾔語
    が218に増えた(Redmine 5.0⽐ +11)


    追加された⾔語の⼀例: cisco_ios, plsql
    plsql (Oracle PL/SQL)
    Update Rouge to 4.2 - https://www.redmine.org/issues/37236

    View full-size slide

  28. abap, actionscript, ada, apache, apex, apiblueprint, applescript, armasm, augeas, awk, batch
    fi
    le, bbcbasic,
    bibtex, biml, bpf, brainfuck, brightscript, bsl, c, ceylon, cfscript, cisco_ios, clean, clojure, cmake, cmhg,
    codeowners, coffeescript, common_lisp, conf, console, coq, cpp, crystal, csharp, css, csvs, cuda, cypher,
    cython, d, dafny, dart, datastudio, diff, digdag, docker, dot, ecl, eex, eiffel, elixir, elm, email, epp, erb, erlang,
    escape, factor,
    fl
    uent, fortran, freefem, fsharp, gdscript, ghc-cmm, ghc-core, gherkin, glsl, go, gradle, graphql,
    groovy, hack, haml, handlebars, haskell, haxe, hcl, hlsl, hocon, hql, html, http, hylang, idlang, idris, igorpro, ini,
    io, irb, isabelle, isbl, j, janet, java, javascript, jinja, jsl, json, json-doc, jsonnet, jsp, jsx, julia, kotlin, lasso, lean,
    liquid, literate_coffeescript, literate_haskell, livescript, llvm, lua, lustre, lutin, m68k, magik, make, markdown,
    mason, mathematica, matlab, meson, minizinc, moonscript, mosel, msgtrans, mxml, nasm, nesasm, nginx, nial,
    nim, nix, objective_c, objective_cpp, ocaml, ocl, openedge, opentype_feature_
    fi
    le, pascal, perl, php, plaintext,
    plist, plsql, postscript, powershell, praat, prolog, prometheus, properties, protobuf, puppet, python, q, qml, r,
    racket, reasonml, rego, rescript, rml, robot_framework, ruby, rust, sas, sass, scala, scheme, scss, sed, shell,
    sieve, slice, slim, smalltalk, smarty, sml, sparql, sqf, sql, ssh, stan, stata, supercollider, svelte, swift, systemd,
    syzlang, syzprog, tap, tcl, terraform, tex, toml, tsx, ttcn3, tulip, turtle, twig, typescript, vala, vb, vcl, velocity,
    verilog, vhdl, viml, vue, wollok, xml, xojo, xpath, xquery, yaml, yang, zig
    コードハイライトの対応⾔語⼀覧
    ※太字は IEEE Spectrum “TOP Programming Languages 2023” に掲載のもの。⻘字は新たに対応した⾔語

    View full-size slide

  29. 国際化

    (I18n)

    View full-size slide

  30. 検索キーワードの区切り文字として全角スペースにも対応

    Allow using ideographic space (U+3000) as a separator for search terms - https://www.redmine.org/issues/37878
    フィルタや検索ボックスで複数キーワードをスペースで区切って指定するとき、半
    ⾓スペースだけではなく全⾓スペースも区切り⽂字として使えるようになった

    View full-size slide

  31. インポート

    (Importers)

    View full-size slide


  32. 別プロジェクトのチケットに対する作業時間のインポート
    Allow to import time entries for issues in different projects - https://www.redmine.org/issues/36823
    チケット番号が指定されていれば、選択中のプロジェクトとは別のプロジェクトに
    そのチケットがあったとしても、正しくそのチケットに作業時間が追加されるよう
    になった。

    View full-size slide

  33. チケット

    (Issues)

    View full-size slide


  34. チケットのステータスの説明欄
    Description for issue statuses - https://www.redmine.org/issues/2568
    ステータスに説明欄が追加され、それをチケットの作成・編集画⾯で参照できるよ
    うになった。なおトラッカーに対する同様の機能は既にRedmine 4.1で実装済み

    View full-size slide

  35. 各ステータスに説明を追加
    クリックで表示

    View full-size slide


  36. 編集済みのコメントに対して「編集済み」と表⽰
    Mark edited journal notes as "Edited" - https://www.redmine.org/issues/31505
    作成後に編集が⾏われたコメントに対して「編集済み」と表⽰されるようになっ
    た。「編集済み」の⽂字の上にカーソルを置くと最終編集時刻、最終編集ユーザ
    ーが表⽰される

    View full-size slide

  37. ロールと権限

    (Permissions and roles)

    View full-size slide


  38. 新たな権限「プロジェクトの公開/⾮公開」
    Introduce permission to set a project public - https://www.redmine.org/issues/38048
    プロジェクトの設定画⾯でプロジェクトの「公開」チェックボックスの変更可否
    を制御する権限が追加された。不注意等による不適切な設定を防ぐことができる

    View full-size slide

  39. ロードマップ

    (Roadmap)

    View full-size slide


  40. バージョンをChangelogテキストとしてエクスポート
    Export a version as changelog text - https://www.redmine.org/issues/36679
    バージョンをテキスト形式でエクスポートできるようになった。リリースノートを
    作成するときに活⽤できる

    View full-size slide


  41. # 1
    .
    0


    2
    0
    2
    3
    / 0
    6
    / 0
    5


    S t a
    b l e r
    e l e a
    s
    e

    * F
    e a
    t u r
    e r
    e q
    u e s
    t #
    2
    : A
    d
    d i n g r
    e d
    i e n t s c
    a
    t e g o r
    i e s


    * B
    u g #
    1
    2
    : C l o s
    e d i s
    s
    u e o n a l o c
    k e d v
    e r
    s
    i o n
    エクスポートされるテキストのサンプル
    バージョンの名称
    バージョンの期日
    バージョンの説明欄の内容
    チケット一覧

    View full-size slide

  42. 検索エンジン

    (Search engine)

    View full-size slide


  43. 検索スコープに「My bookmarks」を追加
    Support "My bookmarks" in the search - https://www.redmine.org/issues/38459
    検索スコープに「My bookmarks」が追加され、⾃分がブックマークしているプロ
    ジェクトに限定して検索が⾏えるようになった

    View full-size slide


  44. 「チケットのフィルタを適⽤」ボタンによる検索結果の絞り込み
    Further narrow search results with issues
    fi
    lter - https://www.redmine.org/issues/38481
    検索結果画⾯の「チケットのフィルタを適⽤」ボタンをクリックすると、検索結果
    に表⽰されているチケットがチケット⼀覧として表⽰される。


    チケット⼀覧として表⽰することでフィルタで検索結果をさらに絞り込める
    遷移

    View full-size slide


  45. 「チケットのフィルタを適⽤」デモ

    View full-size slide

  46. テキスト書式

    (Text formatting)

    View full-size slide


  47. テキスト書式のデフォルトが CommonMark Markdownに変更
    Change default text formatter for new installations from textile to common_mark - https://www.redmine.org/issues/34863
    新たにRedmineをインストールした場合のデフォルトのテキスト書式が Textile か
    ら CommonMark Markdownに変更された。

    View full-size slide

  48. 時間管理

    (Time tracking)

    View full-size slide


  49. 作業時間の「チケットの親チケット」フィルタと項⽬
    Add Parent task
    fi
    lter and column to Spent time - https://www.redmine.org/issues/37623
    作業時間において「チケットの親チケット」フィルタが追加された。

    また⼀覧の表⽰項⽬に親チケットを追加できるようになった

    View full-size slide


  50. 作業時間の「チケットの題名」フィルタ
    Add Parent task
    fi
    lter and column to Spent time - https://www.redmine.org/issues/37623
    作業時間において「チケットの題名」フィルタが追加された

    View full-size slide

  51. ■ Redmine⾮公式情報サイト「Redmine.JP」創⽴者(2007)


    ■ 書籍「⼊⾨Redmine」著者

    (2008, 2010, 2012, 2014, 2016)


    ■ Redmineコミッター(2017-)


    ■ ファーエンドテクノロジー株式会社 代表取締役(2008-)
    http://linktr.ee/maeda.go

    ありがとうございました
    前⽥剛
    Redmineのクラウドサービスを

    提供している会社です

    View full-size slide