Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Wonderfy Company introduction

Wonderfy_recruit
November 09, 2022

Wonderfy Company introduction

Wonderfy_recruit

November 09, 2022
Tweet

More Decks by Wonderfy_recruit

Other Decks in Business

Transcript

  1. 会社紹介 Company Introduction 2022 Dec.

  2. • 会社概要 • ミッション • 代表プロフィール • 経営チーム • 教育市場の変化

    • サービス概要 • トピック • 組織・メンバー • 選考フロー 目次
  3. 会社概要 会社名 ワンダーファイ株式会社(英語表記 wonderfy Inc.) 設立 2014年10月 従業員 57名(2022年12月1日現在) 代表取締役

    川島 慶 所在地 東京都文京区本郷1-33-13春日町ビル7F 働き方・制度 フルフレックス勤務        リモートワーク可能        時短勤務・副業可        産前産後休暇、育児休暇、慶弔休暇         昇給・賞与年2回        各種社会保険完備
  4. 代表プロフィール 栄光学園中学・高等学校 出身 東京大学大学院 修了 東京大学大学院修了。2007年より花まる学習会で、ベストセラー問題集 「なぞぺ〜」制作に携わる。 開発した思考力育成アプリ「シンクシンク」は世界150カ国200万ユーザー、 「Google Play

    Awards」など受賞多数。 毎年「算数オリンピック」の問題制作に携わり、2017年より三重県数学的 思考力育成アドバイザー。過去に東京大学非常勤講師。 著書に「マンガでわかる!10才までに遊んできたえるプログラミング脳」 および、同シリーズ。 花まる学習会高濱との共著は「なぞぺ〜」シリーズなど多数。 ワンダーファイ 代表 川島 慶
  5. 経営チーム 神崎 共哉 取締役 コンテンツ統括責任者 中村 友香 取締役 COO 北畑

    建 執行役員 CTO 東京大学大学院工学研究科修了。2010年特許庁入庁。2015年にワンダーファイに参画。 東京大学法学部卒業。コンサルティング会社のコーポレートディレクション、ベインアンドカンパニーを 経て、2014年花まるラボ(現:ワンダーファイ)設立時に参画。 SIer、Web系ベンチャー開発責任者を経て、兼ねてより希望していた教育サービスに関わるべく、 2016年にワンダーファイに参画。
  6. ミッション 世界中の子どもが本来持っている 知的なわくわくを引き出す 私たちは「これからの時代には、きっとこういう力が求められる」という逆算の発想ではなく、 「子どもたちから"知的なわくわく"を引き出す」ことそのものに貢献したいと考えています。 そうやって育った子どもたちは、きっと自分たちの力で、 予想もつかないようなイノベーションを生み、望む未来を切り拓いていくでしょう。 そんな未来を楽しみに、私たち自身もわくわくしながらサービスを生み出し、 社会に影響を与えていく。それが私たちの果たすべき使命です。

  7. 教育市場の変化 目的 重視する力 象徴的な コンセプト 19世紀〜 2000s〜 2020s〜 工業化時代に対応する 産業人材の育成

    VUCA時代に対応する 産業人材の育成 【教育市場のマクロトレンド(ワンダーファイ作成)】 分野別の体系的な知識(国算理社の4教科の学習など) z思考力・創造力・コラボレーション力などの統合的なスキル 意欲・自己効力感・粘り強さなどの非認知能力 個人と集団のwell-beingに向けた 学びのオーナーシップ 旧来の学校教育 ・体系的に学んだ教科の知識を確実に習 得し、再現できる力が求められる “21st Century Skills” ・2009年にロンドンで立ち上がったプロ ジェクトATC21sが最初に定義 ・その後、世界経済フォーラムなど多数 の団体や研究者が提唱 ・米国カリキュラム”Common Core”など に反映、日本の新学習指導要領にも共通 部分が多い “OECD Learning Compass 2030” ・OECDが2019年に提唱した新たな学びの 枠組み ・SDGsの考え方を反映し、well-beingを キーワードに子ども自身が学びの主体と なることを強調している点が特徴的 新たなスキル “New Skills” “Traditional Skills” VUCA時代に対応しつつ 個人・社会のwell-beingを 追求する人材の育成 変化の時代に、思考力・創造力、非認知能力などの新たなスキル(”New Skills”)が世界的に求められている。
  8. サービス概要 150ヶ国・累計200万ユーザーの使う知育アプリ 学力・IQ・非認知能力のエビデンス 書籍・雑誌 TV放送 学校・塾 店舗・商業施設 動画サービス シンクシンクを 活用しながら

    新サービスへ展開 新領域のわくわくコンテンツ開発 ・アート、プログラミング、サイエンスなど ・キット×アプリ連携 STEAM領域の教育プログラム ゲームソフト コンテンツの派生展開
  9. Think!Think!(シンクシンク) 空間認識・平面認識など、思考力を育む5分野の問題(パズル・めいろ等)を120種以上収録。対象年齢4-10歳。 <思考力の5分野> <コンテンツ例>

  10. Think!Think!(シンクシンク) 日本eラーニングアワード EdTech特別賞 Parents’ Choice Awards 銀賞 KOKOA Standard Certified

    GESA 日本予選 優勝 (Global EdTech Startup Awards) キッズデザイン賞 受賞 日本 日本 日本 アメリカ フィンランド Google Play Awards(グローバル) グーグルが世界でベスト5のアプリに、2017年Kids部門、2019年 Social Impact部門でダブル選出。 【その他の賞】 受賞歴 各ストアとの連携 アプリストアでの記事掲載 アプリストアでのフィーチャー GooglePlay10周年のコラボ広告
  11. Think!Think!(シンクシンク) アプリストアの売上ランキング (iPhone × 子ども向け) ユーザーの声(SNS) Source: APPLIONアプリストアランキング

  12. WonderBox(ワンダーボックス) アプリ キット アプリとキット、毎月家庭に届く10種類の教材で子どもの思考力・創造力・意欲を引き出すSTEAM* 領域の教育プログラム。対象年齢4-10歳。 Science(科学)・Technology(技術) ・Engineering(工学)・Art(芸術)・ Mathematics(数学)の頭文字を つなげた造語で、これら5つの領域を 重視する教育方針のこと。

    *参考:STEAM教育とは
  13. WonderBox(ワンダーボックス) キッズデザイン賞 すべての製品・空間・ サービスが対象の顕彰 ベビーテックアワード ベビーテック商品を表彰 グッドデザイン賞 私たちを取りまく さまざまなものごとの 質を評価して贈られる賞

    ペアレンティングアワード 子育てにまつわるトレンド(ヒト ・モノ・コト)を表彰 受賞歴 ユーザーの声 Source: ワンダーボックスのロイヤルユーザーアンケート(13ヶ月以上継続者)より、満足度9-10の方の回答 <満足度の理由> “毎月届くのを楽しみにしていて、待ち切れなくて、25日になると毎日ポストを 何度も確認する”(年長) “こどもの好奇心や探求心がとても刺激されていると感じています。 答えが1つではない、その過程が全て学びとなっていることも魅力です。”(小1) “楽しんで取り組んでいます。勉強で応用問題を解く際に、ワンダーボックスで やっていることが、つながってくると感じました。”(小2) “他にはないオンリーワンの教材だと思います。学校の勉強とは違うので成績には 直結しませんが、本人が楽しんで取り組んでいること、学校の勉強では得られない 力が溜まっているとおもっています。”(小3)
  14. Topic:研究授業 ワンダーファイでは、子どもたちのリアルな反応を得られる場として、2015年から研究授業を主催しており、子どもたちの知的躍動を引き出す ことにこだわって教材を開発しています。 ディレクター、エンジニア、デザイナーなど、職種を問わず授業に参加し、常に教育の現場でブラッシュアップされた教材を届けています。 約10,000人の子どもたちの反応を見ながら開発 研究授業 高速で改善

  15. Think !Think!(シンクシンク)を用いてカンボジアで実証実験を行いました。シンクシンクを毎日実施した集団は、そうでない集団と比べて、I 学力・IQ・非認知能力の向上が顕著に表れました。この調査は、慶應義塾大学の中室牧子研究室、JICA(国際協力機構)との合同で実施され、 論文としても公表されています。 Topic:カンボジアでの実証事業 学力・IQ・非認知能力への効果が実証された 慶應義塾大学 教育経済学者 中室牧子教授による外部評価 独立行政法人国際協力機構(JICA)

    とカンボジア政府との共同研究
  16. Think !Think!(シンクシンク)を用いてカンボジアで実証実験を行いました。シンクシンクを毎日実施した集団は、そうでない集団と比べて、 学力・IQ・非認知能力の向上が顕著に表れました。この調査は、慶應義塾大学の中室牧子研究室、JICA(国際協力機構)との合同で実施され、 論文としても公表されています。 Topic:カンボジアでの実証事業 非認知能力
 自信・意欲 にポジティブな効果 
 性別

    学年 保護者の 学歴 その子の属性によらず、効果がみられた 学力・IQ・非認知能力への効果を実証
  17. Topic:資金調達の実績 2020年7月-2021年2月 3社から計3.1億円を調達 参考:PR TIMES(抜粋)

  18. 組織のデータ 年齢 男女比 職種 子育て中 職歴 国 52:48 男性   女性

    43% 20代 24% 30代前半 31% 30代前半 35% 40代:7% 50代:3% Content 28% Engineer 22% Designer 17% Business 24% Corporate 9% ・総合商社 ・外資コンサル ・ゲーム開発 ・システム開発 ・メーカー ・学習塾・学校・幼稚園 ・ベンチャー など 多彩なメンバーが活躍中
  19. Wonderfyで働くメンバー 金 成東 Song-dong Kim Think!Think! Service Manager 大窪 宏昌

    Hiromasa Okubo ContentDirector Sophia Qin Global Business 教育によって平和な世界をつくりたい シンクシンクはいま、150カ国で累計200万人以 上のユーザーが使ってくれています。さらに ユーザー数を伸ばしたいですし、このサービス を世界にあまねく届けていきたいと思っていま す。そしてシンクシンクを世界に広めていくこ とで、自分がやりたいことに一歩近づけるん じゃないかと思っています。 エンドユーザーに近い子ども向けコン テンツを手がけたかった ソニー・インタラクティブエンタテイメントで は様々な職種でゲーム開発に携わりました。 もっと子ども向けコンテンツ制作をやりたいと 思い探していたところ、知人の紹介でワンダー ラボに出会いました。ワンダーラボのコンテン ツ制作では、これまで携わってきたゲーム開発 の経験が活かせると感じています。 ワンダーファイを教育コンテンツの 世界トップ企業に 私はワンダーファイのミッションやビジョン、 プロダクトを、とても素敵だと思っています。 だから日本だけではなく、海外にもワンダーラ ボを広めて、この素晴らしさを伝えていきたい です。世界中でもっとワンダーファイの教育コ ンテンツが使われて、子どもたちの様々な成長 のきっかけとなってくれたら嬉しいです。
  20. 選考フロー Step1 Step2 Step3 Step4 Step5 Step6 Step7 カジュアル面談 書類選考

    一次面談 二次面談 授業見学 代表面談 内定・オファー面談 *選考フローは職種や候補者のスキル・経歴によって異なる場合があります。 *カジュアル面談・一次面談はオンラインです。二次面談以降は、オフィスに お越しいただきますが難しい場合は、ご相談ください。
  21. Wonderfyでは 世界ににわくわくを届ける仲間を募集中です!