Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Unity Cloud Save でプレイヤーデータのクラウド保存しよう / xrdnk-yokohamaunitylt9

270b0c7883545117a9a618dc7ca7cc83?s=47 Denik
November 19, 2021

Unity Cloud Save でプレイヤーデータのクラウド保存しよう / xrdnk-yokohamaunitylt9

yokohama.unity #9 で発表したLT登壇資料です.

https://cluster.mu/e/40338a26-caca-49c2-961c-557f4719d532

270b0c7883545117a9a618dc7ca7cc83?s=128

Denik

November 19, 2021
Tweet

More Decks by Denik

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Unity Cloud Save で プレイヤーデータを クラウド保存しよう yokohama unity #9 Lighting

    Talk Denik (@xrdnk) Unity / XR Developer
  2. 自己紹介 Denik ➢ Twitter: @xrdnk ➢ うにてい園児にゃあ ➢ B2B XR

    サービス開発のおしごと ! ➢ ブログ書いてたりしてる
  3. アジェンダ ➢ はじめに ➢ Unity Gaming Services ➢ Unity Cloud

    Save ➢ 類似の(m)BaaS 比較 ➢ 利用方法・機能紹介 ➢ 前準備 ➢ 保存処理 ➢ 読込処理 ➢ 削除処理 ➢ おわりに
  4. はじめに

  5. Unity Gaming Services Unity 公式 (m)BaaS パッケージ群の Open Beta が

    10 月発表されました
  6. Unity Cloud Save とは PlayerPrefs ローカルにゲームデータを保存する Unity 公式機能 Unity Cloud

    Save クラウドにゲームデータを保存する Unity 公式機能
  7. 主な類似(m)BaaS 比較 (間違ってたらすみません) BaaS 無料枠 Unity Cloud Save ストレージ: 5

    GB/月 書込: 100万回 / 月 読取: 100万回 / 月 NCMB Datastore ストレージ: 5 GB APIリクエスト数: NCMB API/SDK を通じて 100万回 ⁄ 月 PlayFab PlayerData タイトルあたり 10万人まで 無料以降は従量課金 (PlayFab の料金体系難解…) Firebase Realtime Database 保存容量 1GB ダウンロード容量 10GB
  8. 利用方法・機能紹介

  9. サンプルプロジェクト サンプルプロジェクトを公開しています. 興味ある方は覗いてみてください. https://github.com/xrdnk/UnityGamingServicesExample/tr ee/master/Assets/%40UGSExample/Scripts/CloudSave こちらをベースに話を進めようと思います.

  10. 前準備(1/4)| Unity Editor 設定 プロジェクト作成後, Unity Project ID を発行します Project

    Settings > Services > Service General Settings 「Create project ID」押下後に ID 発行されれば OK
  11. 前準備(2/4)| Unity Dashboard 設定 Unity Cloud Save を利用できるようにするために Unity Dashboard

    側で Cloud Save を Enabled にします Unity Gaming Services HP > LiveOps > Cloud Save β > About & Support > 「Enable」 を押下 https://dashboard.unity3d.com/
  12. 前準備(3/4)|インストール UPM Package Manager > Add package by name (Unity

    2020 以前は Add package from git url) 「com.unity.services.cloudsave」 を入力で完了 manifest.json 直打ち
  13. 前準備(4/4)|Unity Authentication で認証処理 ① Unity Gaming Services の Initialization ②

    Unity Authentication で SignIn (今回は匿名認証) ③ SignIn に成功すれば Player ID が取得できる この Player ID に紐づくプレイヤーデータの CRUD を行います
  14. 保存処理 (CREATE・UPDATE)

  15. 保存データ確認 Unity Gaming Services HP > LiveOps > Cloud Save

    β > Find Player > Player ID で検索
  16. プリミティブ型の読込処理 (READ)

  17. シリアライズデータの読込処理(READ)

  18. シリアライズデータに関する保存・読込処理 API の注意点 保存処理の場合 内部で勝手にシリアライズ処理を行ってくれる 読込処理の場合 自分でデシリアライズ処理を行う必要がある

  19. 削除処理

  20. おわりに

  21. おわりに ➢ Unity Cloud Save の基本的な使い方を紹介 ➢ Unity 公式パッケージなので Project

    が嵩張らないのありがたい ➢ 個人的に Dashboard の所の使い勝手を良くしてほしい ➢ 正式リリースに期待 ➢ 簡単に使えるので皆さんも使ってみましょう