Product Team Management

Product Team Management

2016/10/24 プロダクトマネージャーカンファレンスでの発表資料です
http://pmconf.jp/

0807a4d6c0319198f4e0abe639ee2703?s=128

Hiroshige Umino

October 24, 2016
Tweet

Transcript

  1. Product Team Management Increments株式会社 CEO, Qiita:Team PM 海野 弘成 @yaotti

    2016/10/24 #pmconfjp
  2. 知見を共有しスキルを高めることができる プログラミングに特化したオープンな情報共有コミュニティ かんたんにわかりやすく 書ける タグやストックで 見たい記事がみつかる 編集リクエストで 知恵を分けあえる シンプルで使いやすい 専用エディタ

  3. かんたん・気軽に書ける、 チームを強くする為の社内向け情報共有サービス 導入企業一覧

  4. この発表の前提 - チーム=(主に)プロダクト開発チーム - PM、エンジニア、デザイナー、… - 具体的なHow-to集 - プロダクトの種類、チームの構成、メンバー -

    マネジメント指針 - PMとしてチームマネジメントするための考えの軸
  5. 目次 - 良いチームとは - 自律的なチーム - 自律的であるために - Incrementsでの取り組み

  6. 良いチームとは

  7. =成果が出せるチーム

  8. →自律的なチーム

  9. 業務の種類とマネジメント方針 ルーチンの業務 複雑な業務 イノベーションの業務 不確実性 低 高 マイクロマネジメント 効率化 深く掘り下げる

    自律的 探索 試行錯誤を繰り返す
  10. 業務の種類とマネジメント方針 ルーチンの業務 複雑な業務 イノベーションの業務 不確実性 低 高 マイクロマネジメント 効率化 深く掘り下げる

    自律的 探索 試行錯誤を繰り返す 製品開発 製品開発は不確実性が高く、自律的であることを求められるタイプの業務
  11. 自律的なチームには何が必要か

  12. 自律的なチームとなるために必要な要素 1. メンバーの裁量 ◦ 各メンバーに十分な裁量がある 2. チームの空気 ◦ 自律的に動ける雰囲気である 3.

    情報共有 ◦ 自律的に判断し動くために必要な情報を持っている
  13. 自律的なチームとなるために必要な要素 1. メンバーの裁量 ◦ 各メンバーに十分な裁量がある 2. チームの空気 ◦ 自律的に動ける雰囲気である 3.

    情報共有 ◦ 自律的に判断し動くために必要な情報を持っている
  14. チームの空気:心理的安全性

  15. 心理的安全とは - 関連のある話題や感情について気兼ねなく話せ る雰囲気 - 失敗によりマイナス評価を受けるリスクがない - 心理的安全な場:試行錯誤しやすい - 個人ではなくチームとしての性質

  16. 良いチームの基礎となる心理的安全 1. 心理的安全 2. 信頼性 3. ゴールや役割の明確さ 4. 仕事の意義 5.

    仕事の影響の大きさ Identify dynamics of effective teams - re:Work
  17. 心理的安全なチームとなるには - 考えの表明ではなく、具体的な行動が必要 - 「問題があればいつでも話に来なさい」 - ラップトップを閉じ、会話に集中する - 行動例:Manager Actions

    for Psychological Safety - PMの影響力は大きい - メンバーとの接触回数が多い。“glue” role - Qiita:Teamを活用するチーム - 情報共有や議論に対するマネージャーの理解&行動
  18. (代表が)「なぜFringe81はこういう文化であり続けようとするのか」という話を Qiita:Teamに 書いたら、それ見て新卒がコメントしたり、自分の思ったとらえかたをポエムにしたりとか、 そういう事が起きています。 “

  19. 自律的なチームとなるために必要な要素 1. メンバーの裁量 ◦ 各メンバーに十分な裁量がある 2. チームの空気 ◦ 自律的に動ける雰囲気である 3.

    情報共有 ◦ 自律的に判断し動くために必要な情報を持っている
  20. 情報共有:How < What, Why

  21. 不確実性の高い/変化の多い業務での情報共有 - チームやプロジェクトとしてのゴールが何か - 他のメンバーはどういう状況なのか - これらを前提としたフィードバックや議論 →手順書などのHowよりもWhatやWhyが重要

  22. How or What/Why What / Why How

  23. 自律的なチームとなるために必要な要素 1. メンバーの裁量 ◦ 各メンバーに十分な裁量がある 2. チームの空気 ◦ 自律的に動ける雰囲気である 3.

    情報共有 ◦ 自律的に判断し動くために必要な情報を持っている
  24. 自律的なチームになるための 取り組み @ Increments

  25. 成功例:抽象度の適度に高いゴール設定 - OKR(Objectives & Key Results) - 目標(定性的)と主要な結果(定量的) - OKR:組織内のコミュニケーション効率化と重要なゴール

    への集中を促すシステム - 目標と達成条件は明確だが、手段は柔軟性があ る - 本来の目的に立ち戻りやすい
  26. 失敗例:問い合わせ対応 - 問い合わせ対応が特定の人に集中しがち - 対応への積極性に差 - フレックスタイム、詳しい領域 - 週ごとのサポート担当制 -

    特定の人しか知らない、を減らす
  27. 取り組み中:リモートワーク - コミュニケーションコストが上がる - そもそも自律的に動けないと難しい - どこまでを自分で判断し、どこまでは相談議論するか

  28. リモートワークのガイドライン

  29. まとめ

  30. 目次 - 良いチームとは - 自律的なチーム - 自律的であるために - Incrementsでの取り組み

  31. Qiita:TeamのPM募集中 - 自律的なチームとなることをサービスでどれだけ 支援できるか - 自分たちが自律的なチームとなることを通して得 た経験、ベストプラクティスをサービスとして表現 していく

  32. Qiita:TeamのPM募集中 https://bit.ly/i-jobs