azure入門(Azure Resource Manager)

azure入門(Azure Resource Manager)

74ff7f7a1a9a39552162f29d6b88de1e?s=128

Yuta Kujirai

January 17, 2019
Tweet

Transcript

  1. Azure入門 ・Azure Resource Manager

  2. Azure Resource Manager Azure Resource Manager を使用 すると、ソリューション内の複数 のリソースを 1

    つのグループとし て作業できます。 ソリューション のこれらすべてのリソースを、1 回の連携した操作でデプロイ、更 新、または削除できます。 デプロ イにはテンプレートを使用します が、このテンプレートは、テスト、 ステージング、運用環境などのさ まざまな環境に使用できま す。 Resource Manager には、デ プロイ後のリソースの管理に役立 つ、セキュリティ、監査、タグ付 けの機能が用意されています。
  3. AzurePortalで のテンプレー ト作成 ・Microsoftチュートリアル https://docs.microsoft.com/ja- jp/azure/azure-resource- manager/resource-manager- quickstart-create-templates-use-the- portal ・リソース

    グループへのデプロイ 対象となるリソースを定義する JavaScript Object Notation (JSON) ファイルです。 デプロイ 対象リソース間の依存関係も、こ のテンプレートによって定義され ます。 このテンプレートを使えば、 リソースを一貫性のある形で繰り 返しデプロイできます。
  4. チュートリアルの説明 ・ストレージ作成のテンプレートを作成 ・ストレージの名前を自動で割り振られ るユニークIDを付与することで使いまわ せるようにする

  5. 流れ ① テンプレートのサンプルを取得し、ダウンロード ② テンプレートの編集 ③ テンプレートのアップロード ④ 必要に応じてparametersファイルをアップロー ド

    ⑤ テンプレートによるデプロイ ※②と③は前後できる
  6. テンプレートとは ・デプロイを自動 化するためのパラ メータセット

  7. パラメータをテキストエディタ等に控えておく

  8. Windows仮想 マシンを作る

  9. Windows仮想マシンのテンプレート

  10. Parametersファイル

  11. Powershellで 実行

  12. PowershellでAzureへ接続 Connect-AzureRmAccount

  13. デプロイコマンドを実行 New-AzureRmResourceGroupDeployment -ResourceGroupName cloud-shell-storage-westus - TemplateFile .¥template.json -TemplateParameterFile .¥parameters.json

  14. Azure上でチェック

  15. Azure上のPowershellからも実行可能(事前にファイルアップロード)

  16. テンプレートの書き方 ▪公式サイト https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-resource-manager/resource- group-authoring-templates ▪キータ https://qiita.com/j-tsurumi/items/cc86e9412349da80a323