Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

EventStorming SoftwareDesign as a Cooperative Game

6395e3c01eccba987502884a2e40b381?s=47 98lerr
August 02, 2020

EventStorming SoftwareDesign as a Cooperative Game

2020.8.2 にモデリング会で EventStorming のうちの ProcessModeling を行った際、参考にした資料です。

6395e3c01eccba987502884a2e40b381?s=128

98lerr

August 02, 2020
Tweet

Transcript

  1. Event Storming software design as a cooperative game Modeling-Kai 2020.08.02

  2. 現状と今日進めること • 前回やったこと ◦ Big Picture で全体を視覚化した。 ◦ どんな Command

    から どんな Event が発生していくかを書き出した。 • 今回やること ◦ Cooperative Game で間のプロセスのモデリングを行う。
  3. Vision から詳細化、そして戻る https://www.slideshare.net/ziobrando/software-design-as-a-cooperative-game-with-eventstorming/83 今日は ここ

  4. 今日の進め方 • Big Picture の Events をもとに、Cooperative Game を進める。 •

    プロセスの開始から、順に付箋を並べていく。 ◦ Command → Event の 間を埋めていく。 ◦ カラーベースの文法にしたがって、順番に並べる。 • Rush to the Goal. ◦ まずは 1つのHappy Path を通す。複数Pathを並行して進めない。 ◦ 疑問点、分岐は一旦 HotSpot の付箋を置いて進める。
  5. Cooperative Game を使いたくなる状況 • Process Modeling の実施方法 • Big Picture

    を書いてみて ◦ そこで見つかる複雑な問題に、明確な答えはない。 ◦ 背景の違うメンバー全員で合意を取るのは難しい。 • 共通のゴールを持ちたい。
  6. Cooperative Game: Model Sessionのやり方 進め方は 3通り (組み合わせOK) • 頭から :

    ユーザからのコマンド、または外部ソースのイベントから ◦ わかりやすい、自然なストーリー ◦ 分岐が一番起きやすい。 Rash to the Goal が大事かも。 • 後ろから : Event + People + Value から戻る ◦ 無駄がない ◦ 経験がいる、結果が明確である必要がある。 • ごちゃごちゃに : イベント周りのブレストから。 ◦ 現状の矛盾を出しやすい、議論がなければスケルトンを作りやすい。 ◦ 議論が暴走しやすい。散らかる。
  7. Rush to the Goal 1. まずは最短ルートのゴールへの道筋を声に出していう。 2. 異論をキャプチャして、ホットスポットとして挙げる。 a. 代替パスをホットスポットとして全て挙げる。

    b. とにかく一つゴールに向かう。 c. 終わったら、ホットスポットを一つ 選んで再度行う。 https://www.slideshare.net/ziobrando/software-design-as- a-cooperative-game-with-eventstorming/53 https://www.slideshare.net/ziobrando/software-design-as- a-cooperative-game-with-eventstorming/56
  8. Game Rules: Cooperative Game ルールは4つ。(Software Design まで入ると、5つ目が増える) 1. 全てのプロセスパスが完了する 2.

    カラーベースの文法に則っている 3. 全てのステークホルダーが合理的に満足している 4. 全てのホットスポットに対処できている。 5. アグリゲートが一貫している。
  9. プロセスパスが完了するとは? • ビジネスプロセスは、一連ステップだけでは終わらない ◦ 最終的にメインストリームに戻るものもある。 ◦ 異なる終了条件で終了するものもある。 • プロセスのあるべき姿 ◦

    開始: 与えられたトリガー(Command あるいは 外部Event) ◦ 終了: Eventと Model の組み合わせ ▪ Event: System Happy (これ以上やることない) ▪ Model: User Happy (終わったと認識できてる) • People + Value で表現 ◦ 「可能な限り幸せ」な状態で終わる。 ▪ 例: キャンセルは全員にとっての完全な幸せでないが、可能な限りの幸せ。
  10. カラーベースの文法 1:やること • 大きくは以下を実施していく。 ◦ 青色(Command)とオレンジ(Event)の間に、ピンク(System) を置く ◦ オレンジ(Event) と

    青色 (Command) の間に、薄紫色(Policy) を置く https://www.slideshare.net/ziobrando/software-design-as-a-cooper ative-game-with-eventstorming/40 https://www.slideshare.net/ziobrando/software-design-as-a-cooper ative-game-with-eventstorming/67
  11. カラーベースの文法 2:色見本 https://www.slideshare.net/ziobrando/software-design-as-a-cooperative-game-wit h-eventstorming/40 青: Command オレンジ: Event ピンク: System

    薄紫色: Policy 緑色: Read Model 黄色: People 蛍光ピンク: Hot Spot (紫) (45°傾ける) ----------------- 赤/緑の小さい付箋: Values 薄黄色: Aggregate https://baasie.com/2020/07/16/eventstormin g-core-concepts-glossary-and-legend/
  12. カラーベースの文法 3:付箋の補足(Event) [Event] 常に以下4つの状況の結果 トリガー ユーザインタラクション ユーザ起点。Command, System が手前にくる。 複数イベントがトリガーされることもある。

    外部システム センサーとか。一定間隔サンプルとかなら、時間トリガー。 時間 分周期のタイマーとか、1日の終わりにとかタイムアウトとか。 特殊ケースがあるなら、ポリシーでカバーする。 カスケード あるイベントが起きると、このイベントもというようなもの。 間にポリシーなどが挟めるかもしれない。
  13. カラーベースの文法 4:付箋の補足(Command, People) [Command] • システムで起こっているアクション。ユーザの意思決定。 • 呼び方はチームで。Action でも Intention

    でも。 • コマンドは完了を意味しない。 [People] • まずは何かをする人を表す。利用者も、内部ユーザも。 • 異なるタイプの人、異なるステップで分けるのが有効なこともある。 ◦ 通勤目的の切符購入、休暇目的の切符購入。 ◦ モデルに欠陥が出てきたとき、差別化する対応はよくある。
  14. カラーベースの文法 5:付箋の補足(System, ReadModel) [System] • 一般化して書くのはよくない。明示的にする。 ◦ Social Media <

    Twitter, Facebook (代表的なものを書く) • 対話型システムの場合、横に長くなって行きがち。 ◦ Systemの後ろにEventを並べることがおすすめ。対話結果を重視する。 [ReadModel] • 与えられた決定を行うために必要な情報。 Event 1 System Event 2 Event 3
  15. カラーベースの文法 6:付箋の補足(Policy) [Policy] • イベントに対するリアクション。 ◦ 暗黙的に行われるもの ◦ 明示的に行われるもの ◦

    自動対応 • イベントとコマンドの間にはなくてはならないもの。 ◦ 明白すぎて気付きにくいこともあるが、2つの間には常にビジネス上の意思決定がある。 • 名前に時間をかけすぎないつけなくてもいい。 ◦ 何をするか、まずは実施することを声に出す。それでも名前が決まらないこともある。 • 嘘が多く混ざる場所。 ◦ ポリシー通りの実態があるとは限らない。 ◦ 議論の余地のあるトピックが多くある。 • 「いつも」「すぐ」と合わせて読む。 ◦ コーナーケースが見えてくる。
  16. カラーベースの文法 7:付箋の補足(Value, Hotspots) [Value] • それぞれのStep で作られる、または削除される。 ◦ わかりやすいのはお金 ◦

    なんらかの機会、不一致状況。時間、ストレス、満足。 • 原書だと2020.8.2時点では記述なし。 [HotSpots] • 矛盾、おかしいところ、質問を書く。 • Rush to the Goal を使って一つずつ解決していく。(次のステップ) People :( People :)
  17. Model Session 中盤の対処 • 目に見えないものは口にしない。 • Rush to the Goal.

  18. 参考 • Introducing EventStorming ◦ https://leanpub.com/introducing_eventstorming • Software design as

    a cooperative game with EventStorming ◦ スライド: https://www.slideshare.net/ziobrando/software-design-as-a-cooperative-game-with-eventstorming ◦ 動画: https://www.youtube.com/watch?v=awyMC9PZNfc (AgileByExample 2019) • 新しいモデリング手法: EventStorming (イベントストーミング) をはじめるための準備 ◦ https://yoskhdia.hatenablog.com/entry/2018/11/09/200556 • EventStorming; Core concepts, glossary and legend ◦ https://baasie.com/2020/07/16/eventstorming-core-concepts-glossary-and-legend/