Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CTOが語る、テックカンパニーに向けた未来の話。by アスクル

CTOが語る、テックカンパニーに向けた未来の話。by アスクル

CTOが語る、テックカンパニーに向けた未来の話。【アスクル×リンクアンドモチベーション】
https://lmi.connpass.com/event/215713/
登壇資料 by CTO

Db5e4eb410acdc06c5cee181bbd07d8a?s=128

ASKUL Engineer

July 14, 2021
Tweet

More Decks by ASKUL Engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. アスクルの未来

  2. None
  3. None
  4. None
  5. None
  6. None
  7. テキストを⼊⼒

  8. None
  9. None
  10. None
  11. None
  12. アスクルエンジニアの未来

  13. CTOビジョン アスクルをディスラプションし、 世の中をあっと言わせるサービスを テクノロジーのチカラでつくりあげる 圧倒的な仮説検証速度 サービスの高速進化 ディスラプションによる 圧倒的なサービス

  14. 圧倒的な仮説検証速度を手に入れる 圧倒的な仮説検証速度のための基盤つくり 自動テスト&自動リリース 高回転な開発基盤 クラウドネイティブ

  15. サービスの高速進化 サプライチェーン全体のシステムとデータで高速進化 高速進化 倉庫や配送と 組み合わせた サービスの提供 お客様に サービスを高速提供 サプライチェーンの 横断的なビックデータ

    を用いたAI
  16. アスクルテクノロジーの現在

  17. システムのモダン化 いままで 環境 これから java サーバサイド⾔語 Kotlin Seaser2 フレームワーク Spring

    JavaScript フロントエンド⾔語 TypeScript DB直 API gRPC / REST 適当 アーキテクチャ クリーンアーキテクチャ svn 構成管理 GitHub ⼿動 ビルド CodePipeline オンプレ サーバ AWS ECS なし 静的解析 APM ⼿動 テスト ⾃動 必要な技術を皆で選定し、進化中
  18. 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度 アプリケーション アーキテクチャ オペレーション 技術のモダン化 モダン化を着実に実施中 CI

    クラウド移行統合 Infra as a Code QAチーム組成 コンテナ SOA CD SREチーム組成 クラウドネイティブ
  19. アスクルの具体的な取り組み