Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

数字で見るatama plusのUXリサーチ

F0a8d07597a19192791bf663504d2a17?s=47 atama plus
April 26, 2021

数字で見るatama plusのUXリサーチ

21年4月26日の【ライトニングトークイベント】UXリサーチ共有会-Online-にて登壇した弊社UXデザイナー白崎の資料です。

atama plusでは、新しい教育を創り、社会を変えていく仲間を募集しています。
ご興味もっていただいた方はぜひご応募ください!

▼募集職種一覧
https://herp.careers/v1/atamaplus

▼その他参考資料
・atama+ culture code
Mission実現に向けて大切にしているカルチャーをまとめています
https://www.atama.plus/wp-content/uploads/2020/07/atama%EF%BC%8B-culture-code.pdf

・3分でわかるatama plusのエンジニア(プロダクト部門の全体像がわかるスライドです)
https://speakerdeck.com/atamaplus/about-atama-plus-engineer

・3分でわかるatama plus
https://speakerdeck.com/atamaplus/about-atama-plus

F0a8d07597a19192791bf663504d2a17?s=128

atama plus

April 26, 2021
Tweet

Transcript

  1. 数字で見る atama plusのUXリサーチ 白崎 寿子 2021.04.26

  2. 自己紹介 制作会社や事業会社でUIデザイン、フロントエン ド開発に従事するかたわら、本当に⼈に役⽴つも のを作るには優れた体験デザインが必要と考えUX リサーチに⾜を突っ込みはや数年。 「⾃分の⼈⽣を⽣きる⼈を増やす」というビジョ ンに共感し、2019年4⽉に atama plus に

    UX/UIデ ザイナーとしてジョイン。 Front-End Foxes Japan Staff。 2 白崎 寿子 しらさき ひさこ (@hisahisa135)
  3. ⓒ 2021 atama plus Inc. アジェンダ 1. atama plus について

    2. UX unitについて 3. 数字で⾒る atama plus のUXリサーチ 4. UXリサーチ事例共有 「教室⻑が⽣徒の学習進度を把握できる」 3
  4. atama plusについて

  5. 教育に、⼈に、社会に、 次の可能性を。 教育を新しくすること。それは、社会のまんなかを新しくする こと。私たちは学びのあり方を進化させます。 学習を一人ひとり最適化し、「基礎学力」を最短で身につける。 そのぶん増える時間で、「社会でいきる力」を伸ばす。 それが私たちの目指すもの。自分の人生を生きる人を増やし、 これからの社会をつくっていきます。 M i

    s s i o n atama plus株式会社
  6. ⓒ 2021 atama plus Inc. 6 従来の勉強だけではない学びを提供する 基礎学力 社会で いきる力

  7. ⓒ 2021 atama plus Inc. 従来の勉強だけではない学びを提供する 7 atama plus株式会社 「基礎学⼒」

    の習得 「基礎学⼒」 の習得 「社会でいきる⼒」の習得
  8. AI先生「atama+」を 全国の塾・予備校にSaaSモデルで提供しています。 atama+は、一人ひとりの得意、苦手、伸び、 つまずき、忘却度などの情報を収集・分析して、 一人ひとりに合った「自分専用カリキュラム」を提供します。 学習をPersonalize「atama+」

  9. ⓒ 2021 atama plus Inc. オンライン模試の開発・提供を開始 9 atama plus株式会社 2020年7⽉より、駿台予備学校と共にオンライン模試をスタートしました。

    弱点にあわせて 学習 いつどこからでも受験可能 受験直後に フィードバック
  10. UX Unit(デザイン組織) について

  11. ⓒ 2021 atama plus Inc. UX Unit(デザイン組織)の構成 11 UX Unitについて

    2021年4月1日時点で11名。 UXリサーチャー・UXデザイナー・UIデザイナー・インストラクショナルデザイナ ーにわけられ、どれか1つ以上にプロフェッショナルであるメンバーで構成され ます。 全 社 員 中 デ ザ イ ナ ー 構 成 ⽐ UXR / UX / UI D 4名 UXR / UX D 2名 UX / UI D 3名 インストラクショナル D 2名 デ ザ イ ナ ー 構 成 ⽐ デザイナー 9% エンジニア QA PO SM 36% 他 55%
  12. ⓒ 2021 atama plus Inc. 開発体制 12 UX unit について

    ※1 プロダクトオーナー ※2 Quality Assurance ※3 スクラムマスター SM(※3) デザイナー エンジニア QA(※2) PO(※1) 7チーム デザイナー 11人
  13. 数字で⾒るatama plusのUXリサーチ

  14. ⓒ 2021 atama plus Inc. 調査内容 2021年1⽉〜3⽉に取り組んだテーマ(施策)のうち、 8件でUXリサーチを実施した。 どのようなリサーチを重ねてきたかを5つの観点で調査した。 14

    数字で見るatama plusのUXリサーチ
  15. ⓒ 2021 atama plus Inc. 調査内容 2021年1⽉〜3⽉に取り組んだテーマ(施策)のうち、 8件でUXリサーチを実施した。 どのようなリサーチを重ねてきたかを5つの観点で調査した。 15

    数字で見るatama plusのUXリサーチ 1. リサーチの⽬的 2. 検証した仮説の種類 3. リサーチの⼿法 4. 対⾯ or リモート 5. リサーチした⼈数
  16. ⓒ 2021 atama plus Inc. 1.リサーチの目的(選択肢) 16 数字で見るatama plusのUXリサーチ

  17. ⓒ 2021 atama plus Inc. 1.リサーチの目的(選択肢) 17 □ 仮説⽣成 □

    仮説検証 □ ユーザビリティ上の課題発⾒ □ その他 数字で見るatama plusのUXリサーチ
  18. ⓒ 2021 atama plus Inc. 1.リサーチの目的(結果) 数字で見るatama plusのUXリサーチ 18 数字で見るatama

    plusのUXリサーチ
  19. ⓒ 2021 atama plus Inc. 2.検証した仮説の種類(選択肢) 19 数字で見るatama plusのUXリサーチ

  20. ⓒ 2021 atama plus Inc. 2.検証した仮説の種類(選択肢) 数字で見るatama plusのUXリサーチ 20 □価値仮説

    ユーザーはどのような⼈で何に価値を感じるのか? □課題仮説 ユーザーが抱えている課題は何か? □ソリューション仮説 課題に対して、どのようなソリューション(機能)が有効か? □その他 数字で見るatama plusのUXリサーチ
  21. ⓒ 2021 atama plus Inc. 2.検証した仮説の種類(結果) 数字で見るatama plusのUXリサーチ 21 数字で見るatama

    plusのUXリサーチ
  22. ⓒ 2021 atama plus Inc. 3.リサーチの手法(選択肢) 22 数字で見るatama plusのUXリサーチ

  23. ⓒ 2021 atama plus Inc. 3.リサーチの手法(選択肢) 数字で見るatama plusのUXリサーチ 23 □

    ⾏動観察 □ アンケート調査 □ ユーザーインタビュー □ ユーザーテスト □ A/Bテスト □ その他 数字で見るatama plusのUXリサーチ
  24. ⓒ 2021 atama plus Inc. 3.リサーチの手法(結果) 数字で見るatama plusのUXリサーチ 24 数字で見るatama

    plusのUXリサーチ
  25. ⓒ 2021 atama plus Inc. 4.対面 or リモート(結果) 数字で見るatama plusのUXリサーチ

    25 数字で見るatama plusのUXリサーチ
  26. ⓒ 2021 atama plus Inc. 5. リサーチした人数(結果) 26 数字で見るatama plusのUXリサーチ

    1. 1⼈(塾) 2. 3⼈(社内) 3. 10⼈(社内7、塾3) 4. 13⼈(社内3 、塾10) 5. 3-5⼈(内訳不明) 6. 7⼈(塾) 7. 4⼈(塾) 8. 17⼈(社内10、模試受験済⽣徒 7)
  27. ⓒ 2021 atama plus Inc. 5. リサーチした人数(結果) 27 数字で見るatama plusのUXリサーチ

    1. 1⼈(塾) 2. 3⼈(社内) 3. 10⼈(社内7、塾3) 4. 13⼈(社内3 、塾10) 5. 3-5⼈(内訳不明) 6. 7⼈(塾) 7. 4⼈(塾) 8. 17⼈(社内10、模試受験済⽣徒 7) 1テーマあたり平均 7.5⼈ 合計 58〜60⼈ 社内メンバーの割合 約4割
  28. ⓒ 2021 atama plus Inc. atama plusのUXリサーチまとめ 1. コンパクトかつスピーディにリサーチしている •

    1スプリントごとに仮説が更新/発⾒されていくのが理想 2. UXリサーチの⼈数(期間)はテーマによりまちまち • スプリントごとにPOとすり合わせながらリサーチを進めています 3. 社内ユーザビリティテストを積極的に⾏なっている • 社外でテストする前に社内のビジネスメンバーにテストをしてもらうだけ でかなり確度が⾼くなる 28 数字で見るatama plusのUXリサーチ
  29. UXリサーチ事例 「教室長が生徒の学習進度を調整できる」

  30. AI先生「atama+」を 全国の塾・予備校にSaaSモデルで提供しています。 atama+は、一人ひとりの得意、苦手、伸び、 つまずき、忘却度などの情報を収集・分析して、 一人ひとりに合った「自分専用カリキュラム」を提供します。 学習をPersonalize「atama+」

  31. ⓒ 2021 atama plus Inc. 課題 教室⻑のペイン 31 UXリサーチ事例 「教室長が生徒の学習進度を調整できる」

    教室長 「各⽣徒の学習の進捗が把握しづらい」
  32. ⓒ 2021 atama plus Inc. UXリサーチの実施 32 UXリサーチ事例 「教室長が生徒の学習進度を調整できる」 ユーザビリティリスクの発⾒

    課題仮説検証 ソリューション仮説検証 進度の把握
  33. ⓒ 2021 atama plus Inc. UXリサーチの実施 33 UXリサーチ事例 「教室長が生徒の学習進度を調整できる」 進度の把握

    ユーザビリティリスクの発⾒ 課題仮説検証 ソリューション仮説検証
  34. ⓒ 2021 atama plus Inc. わかったこと 34 UXリサーチ事例 「教室長が生徒の学習進度を調整できる」 進捗が悪い⽣徒って、

    だいたい⽬星がついてるんです。
  35. ⓒ 2021 atama plus Inc. 仮説のピボット 35 UXリサーチ事例 「教室長が生徒の学習進度を調整できる」 「各⽣徒の学習の進捗が把握しづらい」

    教室⻑のペイン 「⽣徒に適した⽬標の設定が難しい」
  36. ⓒ 2021 atama plus Inc. UXリサーチの実施 36 UXリサーチ事例 「教室長が生徒の学習進度を調整できる」 ユーザビリティリスクの発⾒

    課題仮説検証 ソリューション仮説検証 ⽬標設定
  37. ⓒ 2021 atama plus Inc. 学んだこと 37 UXリサーチ事例 「教室長が生徒の学習進度を調整できる」 1.

    「教室⻑の普段の肌感覚」という顧客理解 2. 作り込みすぎる前の検証の重要さ 3. 仮説が誤っていることがわかったらすぐピボットする勇気が⼤事!!
  38. ⓒ 2021 atama plus Inc. 38 https://www.atama.plus/recruit/

  39. ⓒ 2021 atama plus Inc. Appendix 39 • atama plusのデザイン組織とその取り組み

    • 現場起点のアジャイル開発と組織のカルチャー/about atama plus agile and culture • 3分でわかるatama plusのエンジニア/about atama plus engineer
  40. ご静聴ありがとうございました