3分でわかるatama plus/about atama plus

F0a8d07597a19192791bf663504d2a17?s=47 atama plus
December 23, 2019

3分でわかるatama plus/about atama plus

atama plusの会社紹介資料です。(2020年06月15日更新)

新しい教育を創り、社会を変えていく仲間を募集しています。
ご興味もっていただいた方はぜひご応募ください!

▼募集職種一覧
https://herp.careers/v1/atamaplus

▼3分でわかるatama plusのエンジニア
https://speakerdeck.com/atamaplus/about-atama-plus-engineer

F0a8d07597a19192791bf663504d2a17?s=128

atama plus

December 23, 2019
Tweet

Transcript

  1. 3.

    01 3 会社概要 atama plusとは 社名 atama plus株式会社 (アタマプラス カブシキガイシャ)

    本社 東京都品川区西五反田4-31-18 目黒テクノビル2F 代表者 稲田 大輔 設立 2017年4月3日 社員数 100名(2020年6月現在) 資金調達額 20億円 株主 創業陣、DCMベンチャーズ、ジャフコ 事業内容 AI(人工知能)を活用した 教育プロダクトの開発および提供
  2. 4.

    01 4 創業メンバー atama plusとは 稲田 大輔 Daisuke Inada 代表取締役

    東京大学大学院 情報理工学系研究科修了。 三井物産株式会社に入社後、主に教育事業 を担当し、ベネッセブラジル執行役員、海 外Edtech企業投資責任者等を歴任。 38 歳 中下 真 Makoto Nakashita 取締役 東京大学 教育学部総合教育科学科卒。 リクルートにて、人事、営業、経営企画、 リクルートHD社長秘書、リクルート中国社 長などを歴任。 38 歳 川原 尊徳 Takanori Kawahara 取締役 東京大学大学院 情報理工学系研究科修了。 マイクロソフトにて、Hotmail開発等歴任。 CTO of the year 2018を受賞。 39 歳 2017年4月に、大学の同級生3名で立ち上げました。
  3. 5.

    01 5 沿革 atama plusとは 4月 1月 2019年 創業 6月

    オフィス移転 10月 オフィス移転 DCMベンチャーズより シードラウンドで 5億円の資金調達 オフィス移転 9月 5月 ジャフコ/DCMベンチャーズより シリーズAで 15億円の資金調達 2018年 社員数推移 10月 7月 10名 20名 40名 3月 2020年 12月 3月 3月 60名 オフィス移転 6月 100名 80名
  4. 7.

    01 7 何を目指しているのか atama plusとは 150年間変わらない日本の教育 テクノロジーを活用して、これからの社会で活躍する人材を育てる 明治以来の150年で、人力車が電気自動車になり、ベル電話がスマー トフォンになり、社会が大きく変わりました。 しかし教育の場を見ると、黒板を背にした一人の先生の話を何十人

    もの生徒が黙々と聞く、150年前と同じ風景が今日も広がっています。 150年前の社会で活躍する人材を育てるために作られた「昔の教育」 のままでよいのでしょうか? これからの子供たちが生きていく上で求められる力は、今までのオ トナ世代とは変わってきています。 提供:津島市立図書館
  5. 8.

    「 社 会 で い き る 力 」 の

    習 得 01 8 何を目指しているのか atama plusとは 「基礎学力」の習得にかかる時間を短くし、「社会でいきる力」を養う時間を増やす 私達は「基礎学力」と「社会でいきる力」の両方がとても大切だと考えて いますが、 日本の教育においては、「基礎学力」の習得にほとんどの時間を使ってし まっているのが現状です。 テクノロジーを活用して、「基礎学力」の習得にかかる時間を短くし、 「社会でいきる力」を養う時間を増やす。 それが私たちが目指すもの。 まずは、「基礎学力」にフォーカスして取り組んでおり、 今後「社会でいきる力」も取り組んでいきます。 「 基 礎 学 力 」 の 習 得 「 基 礎 学 力 」 の 習 得 従来の勉強時間を減らし、 成長時間を増やす
  6. 12.

    02 12 atama+の学習方法 事業内容 正弦定理を理解するには、過去の関連する単元をきちんと理解する必要があります。 正 弦 定 理 と

    、 そ れ を 理 解 す る た め に 必 要 な 単 元 数I 数A 三平方の定理 三角形の外心 正弦定理 三角形の相似 三角比の相互関係 三角比の定義 三角形の内角 平方根 中 学 範 囲 高 校 範 囲
  7. 13.

    atama+の学習方法 02 事業内容 13 三角比の相互関係 三角比の定義 数I 数A 問題を数問解くことで関連する単元の理解度を診断し、つまずきの原因を特定。 正弦定理

    診断 三平方の定理 77% 三角形の外心 27% 100% 100% 中 学 範 囲 高 校 範 囲 三角形の内角 100% 平方根 100% 三角形の相似 100%
  8. 14.

    atama+の学習方法 02 事業内容 14 三平方の定理 復習 三角形の相似 100% つまずきの原因に対して、適切な教材(講義、演習など)を適切な順番で学習できるようカリキュラムを作成。 正弦定理

    診断 三角比の相互関係 100% 三角形の外心 三角比の定義 100% 三角形の内角 100% 平方根 100% 演習 講義 講義 数I 数A 中 学 範 囲 高 校 範 囲
  9. 19.

    3つのプロダクトを提供 02 事業内容 19 一人ひとりに100%合わせたカリキュラム。 最短ルートの学びを提供。 学習状況に応じた宿題を配信。 塾外の学びをサポート。 塾 家

    atama+ 全生徒の状況をリアルタイム把握。 最適なコーチングが可能に。 atama+ COACH atama+ HOME 3つのプロダクトの連携により生徒一人ひとりに合わせた学習を提供。
  10. 21.

    「atama+ COACH」で適切なコーチングをサポート 02 事業内容 21 不正解時に解説をきちんと見てい ない可能性があります ジュンジ君 不定詞の問題に標準の2倍以上の 時間がかかっています

    トモコさん 「atama+ COACH」にアラートが出て、生徒へのコーチングを提案。 トモコさん 先生 「2次方程式」 合格しそう! 「不定詞」演習 10分以上経過… ジュンジ君 …… シンイチ君 2次方程式の合格間近です! 褒める準備をしましょう! シンイチ君
  11. 24.

    新型コロナウイルス感染拡大の影響により、 政府からの外出自粛、休校要請が相次ぐ中においても、 なんとかして子どもたちが学びを継続できるようにしたい。 02 事業内容 24 子どもたちが学びを継続するために 新 型 コ

    ロ ナ ウ イ ル ス の 影 響 を 受 け て 今、自分たちにできることをやろう。 そんな想いで、全員でプロダクト・サービス開発に取り組んでいます。
  12. 30.

    30 atama plusは開発チームのみならず、全チームでアジャイルな考え方を採用。 atama plusのプロダクトづくり 03 大切にしていること atama plusのプロダクト開発は 「アジャイル開発」。プロダクトは永遠のβ版。

    早くリリースしてフィードバックを得て改善する。 アジャイルな考え方 ビジネス、コーポレートチームでもアジャイルの考 え方を大事にしています。
  13. 31.

    atama plusのプロダクトづくり 03 大切にしていること 31 「現場」を見ること 生徒が熱狂するプロダクトをつくるためには、 生徒が学習している「現場」を見ることが何よりも大切だと考えています。 入社研修での現場見学 新メンバーの入社研修でも、職種関わらず

    全員が生徒が学習している現場に行って、 プロダクトが使われている様子を見学。 #gemba 現場での気づきを共有するSlackチャンネル 現場で感じたこと、気付き、学びを共有するためのチャンネルがあり、 現場に行っていない人も、現場の状況を把握することができます。 #現場に行こう 皆で現場に誘い合うSlackチャンネル 皆が誘い合って気軽に現場に行けるように、#現場に行こうチャンネル があり、頻繁に誘いあっています。
  14. 32.

    atama plusのプロダクトづくり 03 大切にしていること 32 全員がプロダクトを 理解し続けること atama plusのプロダクトは高速で進化します。 全員が常にプロダクト理解していることがあらゆる議論の大前提になるので、

    職種関わらず全員がプロダクトを理解し続けることをとても大切にしています。 Wow meetingでの プロダクト情報共有 毎週水曜日朝に実施しているWow meetingで、プ ロダクトの改善点や新機能などの情報を共有し、全 員がプロダクトについて理解し続ける状態に。 入社段階からプロダクトを 体験し理解する プロダクト理解のために、入社前からプロダクト体 験の時間を設け、入社後には計10時間程度のプロ ダクト研修を実施。 皆がatama+で勉強する 「atama juku」 生徒の気持ちを少しでも理解するために、皆で atama+を使って勉強する「atama juku」を定期 開催。
  15. 33.

    atama plusのプロダクトづくり 03 大切にしていること 33 ペルソナを 意識し続けること atama plusではユーザーが熱狂するプロダクトをつくるために、 創業時からペルソナを設計。

    ペルソナに基づいた議論と意思決定をとても大切にしています。 高校生の藤井真一くん、中学生の藤井純二くん • ペルソナも現場の声などをもとにアジャイルに更新。 ほかにも保護者や塾の先生等のペルソナも設定しています。 よりペルソナを意識したいなということから、 モデルを起用してリアル化。 写真パネルと、3Dフィギュアを作成! atama+のペルソナ • 学力や部活や趣味、性格などを言語化して、社員全員で共通の認識を持つことを大事にしています。
  16. 35.

    大切にしている3つの行動 03 大切にしていること 35 仲間の多様性を楽しみ、認めあい、刺激しあいます。 いつも遊び心を忘れず、 笑顔とユーモアの力を信じます。 楽しくなくっちゃ。 みんなでオープンな場を築きます。 ひとつの大きなチームとして意見をぶつけあい、

    わかちあいます。 「なぜ?」を突きつめ、「どうやって?」を変え、 今までにない価値を次々と生みます。 常に、当たり前の先へいきます。 購買ルールを考える際、 常識は、さておき。 atama plusの購買ルール 「そもそも一般的にはなんでルールを作るんだろう?」 「購買ルールがないと何が問題なんだろう?」 ということを議論した結果、 5万円以下のものについては、各自が判断して必要 なものを購入する(特定の購買承認者は無し)とい うルールに。 話そう、とことん。
  17. 36.

    大切にしている3つの行動 03 大切にしていること 36 仲間の多様性を楽しみ、認めあい、刺激しあいます。 いつも遊び心を忘れず、 笑顔とユーモアの力を信じます。 楽しくなくっちゃ。 みんなでオープンな場を築きます。 ひとつの大きなチームとして意見をぶつけあい、

    わかちあいます。 「なぜ?」を突きつめ、「どうやって?」を変え、 今までにない価値を次々と生みます。 常に、当たり前の先へいきます。 atama plusでは各チームで、週に一度その週あった 良いこと悪いことを出し合い、改善につなげていこ うというレトロスペクティブ(振り返り)を実施。 常識は、さておき。 レトロスペクティブ(振り返り) 業務のうまくいったことや課題に感じていることか ら、「疲れた」「••がストレスだった」といった ことまで出して、皆で振り返って解決に取り組むと いうことを大事にしています。 話そう、とことん。
  18. 37.

    大切にしている3つの行動 03 大切にしていること 37 仲間の多様性を楽しみ、認めあい、刺激しあいます。 いつも遊び心を忘れず、 笑顔とユーモアの力を信じます。 楽しくなくっちゃ。 みんなでオープンな場を築きます。 ひとつの大きなチームとして意見をぶつけあい、

    わかちあいます。 「なぜ?」を突きつめ、「どうやって?」を変え、 今までにない価値を次々と生みます。 常に、当たり前の先へいきます。 常識は、さておき。 オフィスで筋肉体操 話そう、とことん。 芝生でランチ たこ焼きアワー 遊び心
  19. 40.

    組織構成 04 働く環境 40 男女比 72% 28% 男性 女性 年齢

    30% 58% 12% 20代 30代 40代 平均年齢 33.2歳 プロダクトチーム Engineer 27% UX/UI Designer Quality Assurance Product Owner Scrum Master Contents ビジネス 12% 4% 12% 4% 30% 11% コーポレート 全体100名(2020年5月現在)
  20. 42.

    働き方 04 働く環境 42 できるだけルールは設けず、 ミッション実現のために各自で最適な形を考えて働くというコンセプト フルフレックス制度 (コアタイムなし) 土日祝日休み オフィス内の好きな場所で

    仕事してOK 芝生の上で仕事しているメンバーも 社内コミュニケーションは Slackを活用 できる限り対面でのコミュニケー ションを大切に 月に1回みんなで立食パーティー
  21. 43.

    待遇・制度 04 働く環境 43 社内制度もアジャイルに改善しています 交通費支給 自転車通勤可 給与は年2回見直し ストックオプション付与 PC等のデバイスは

    各自必要なものを購入可 社会保険完備 ウォーターサーバー、 コーヒーマシーン コミュニケーション促進施策 ・チームをまたいだメンバーでの食事代補助 ・部活動費補助 など
  22. 45.

    今後やりたいこと 05 採用について 45 まだまだMission実現に向けてやりたいことがたくさんあります。 Mission実現に向けて 課題がまだまだたくさんあります。 もっとプロダクト・ビジネスを 磨いていく必要がありますが、 人が全然足りていません。

    まずは その先には… 塾マーケットにおいて、 よりよい学びを多くの生徒に届けたい 基礎学力だけでなく、 社会でいきる力の習得に向けた 取り組みもしていきたい 国内だけでなく、 海外の子どもたちにも より良い学びを提供していきたい
  23. 46.

    atama plusを楽しめる仲間 05 採用について 46 ・事業を通して社会をよくしたい ・Missionに向かう中で自分自身も成長したい ・Mission実現に向かうことにわくわくする atama plusを楽しめる仲間と一緒に働きたいと思っています!

    atama plusを 楽しめる仲間 ・atama plusのMission、Valuesに共感 きっと atama plusじゃない人 ・会社を探す主な軸が、「伸びているスタートアップ」 ・キャリアアップのための経験を積みたい ・チームでの成果より個人の評価が気になる
  24. 47.

    © atama plus Inc. We are hiring ! atama plusは、Mission

    driven company. ミッションの実現に向けて、常識にとらわれずに考え、議論し、 仲間を尊重しながら楽しむ人たちの集まりです。 人が全てなので、人にはとてもとてもこだわってきました。 開発チームもビジネスチームもコーポレートチームも、 全員で良いプロダクトを創る。 一つの大きなチームとして意見をぶつけあいながら 生徒が熱狂する学びを創っていく。 そんな想いの船に一緒に乗って、 新しい教育を創り、社会を変えていく仲間を募集しています。