Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

世界のコミュニティ話を聞いて学び合うCMXConnect_株式会社コミュカル Mitz

世界のコミュニティ話を聞いて学び合うCMXConnect_株式会社コミュカル Mitz

世界のコミュニティ話を聞いて学び合うCMXConnect_株式会社コミュカル Mitz

comucal

October 10, 2023
Tweet

More Decks by comucal

Other Decks in Marketing & SEO

Transcript

  1. 世界のコミュニティ話を聞いて学び合う
    CMX Connect TOKYO
    株式会社コミュカル
    CEO チャラ電Mitz
    2023.10.10(TUE)
    コミュナイト
    x
    スクショ 投稿

    View full-size slide

  2. 松岡 光隆
    Mitz(みっつ)
    株式会社コミュカル 代表取締役 CEO
    ● 元ITエンジニア(10年以上)
    ● COBOL ➡ Java ➡ JavaScript ➡ Python
    ● IoTやブロックチェーン関連の開発経験
    ● 年間200以上コミュニティイベントに参加
    ● 登壇経験 約150回 ファシリテート 約500回
    ● コミュニティイベント運営 約600回
    ● エンジニア経験&コミュニティ活動きっかけで起業
    数百名から数千名のコミュニティがメイン
    多いものでは1万人以上のコミュニティを推進・サポート中
    2B、2C、趣味コミュ、社内コミュなど多数運営
    これから ドヤァ話をします

    View full-size slide

  3. みなさんに質問
    コアメンバー
    欲しいですよね?

    View full-size slide

  4. みなさんに質問
    コアメンバー
    体験したことありますか?

    View full-size slide

  5. メンバーになる
    コアメンバーになる
    これを実体験せずに
    コアメンバーの想いを
    理解できますか?

    View full-size slide

  6. わたし自身が
    メンバーになってから
    コアメンバーになって
    運営メンバーになった
    自慢のコミュニティ話

    View full-size slide

  7. 自慢のコミュニティ

    View full-size slide

  8. CMX (コミュニティマネージャーのナレッジ共有コミュニティ)
    2014年米国で創設、年1-2回カンファレンス開催。
    Facebookの公式協力グループ(約1万人が参加)
    ・Facebook Groupで月曜恒例の投稿
    ・カンファレンスの名札デコレーション
    ・登壇前にスタンディングオーベーション
    ・N対Nのコミュニケーション促進「Birds of a Feather Lunch」

    View full-size slide

  9. ※virtual支部等もあり
    CMX
    CMX
    Connect
    CMX
    Connect
    CMX
    Connect
    CMX
    Connect
    CMX
    Connect
    CMX
    Connect
    年1 ビッグイベント
    CMX Summit

    View full-size slide

  10. CMX Connect Tokyo Hosts
    小野 晶子
    CMX Connect Tokyo代表
    菊池 亜衣
    株式会社ロコガイド
    コミュニティマネージャー
    鈴木 駿介
    オシロ株式会社
    プロダクトマネージャー
    データサイエンティスト
    山本 典子
    コミュニティマネージャー
    安藤 紗織 チャラ電Mitz
    株式会社コミュカル CEO
    コミュニティプロデューサー

    View full-size slide

  11. 過去の
    CMX Connect から
    学びを少しだけ共有

    View full-size slide

  12. コミュニティエンゲージメントサイクル

    View full-size slide

  13. コミュニティエンゲージメントサイクル

    View full-size slide

  14. コミュニティエンゲージメントサイクル

    View full-size slide

  15. CMX Summit West 2016
    サポート
    プロダクト
    新規獲得
    コンテンツ生成
    組織外の
    エンゲージメント
    組織内の
    エンゲージメント
    ●米国西海岸SaaS企業のひとりコミュマネの集まり
    ●コミュニティの目的別に、それぞれのタイプの実務者による経験共有がメインコンテンツ。
    ●「SupportからAcquisition/Content/Engagementへシフトがみられる」(David Spinks)
    S - Customer Support/Success 顧客サポート/成功
    製品やサービスを使って成功するために、メンバーがお互いの質問
    に答えたり問題を解決するためのスペースを作成します。
    P - Product Ideation, Innovation and Feedback 製品のア
    イディア出し、革新、フィードバック
    イノベーションや製品の改善を進めるために、メンバーがアイデア
    やフィードバックを共有するスペースを作成します。
    A - Acquisition and Advocacy 取得と支持
    事業の成長(主にマーケティング中心の目標)のために、大使や提
    唱者のネットワークを構築します。
    C - Content and Programming コンテンツとプログラミング
    製品内の商品やサービスなど、製品やアセットを構成する情報を提
    供する人々を集めます。
    E - External Engagement 外部エンゲージメント
    あなたのブランドや製品に関連する、またはその上に集中する共通
    の興味を持つ人々のためのスペースを作成します。
    I - Internal Engagement 内部エンゲージメント
    会社の最終製品に寄与するサプライヤーやベンダー、その他のチー
    ム間のエンゲージメントを深めます。

    View full-size slide

  16. コミュニティのビジネス価値を定義するための
    SPACESモデル
    ビジネスやコミュニティの成長と継続的な成功
    におけるキーとなる活動や目標を示している
    扱うジャンルではなく目的によって決まる!
    コミュニティの目的を把握し、それにあわせて
    追うべき指標を決めていくことが大事!
    サポート
    製品
    獲得
    貢献
    エンゲージメント
    成功
    2021年 SPACESモデル登場!

    View full-size slide

  17. CMX Summit 2022 セッションピックアップ
    Community Driven Impact: How To Prove (And Improve) Your Community’s Value
    1.コミュニティ管理のデータ不足
    1. 現在のコミュニティ管理は、効果的な意思決定のための十分なデータを持っていない。
    2. このデータの不足は、情報なしで航空機を操縦するようなもので、方向性や戦略を導
    くための明確なガイダンスが欠けている。
    2.データ収集の目的
    1. データ収集の主要な目的は、コミュニティの健全性や方向性を決定するためのより良
    い意思決定を行うこと。
    2. 適切なデータを収集するためには、最初にどのような決定を下す必要があるかを明確
    にし、その結果として必要なデータを逆算して特定する必要がある。
    3.パフォーマンスとエンゲージメントの分析
    1. コミュニティのパフォーマンスを理解するためには、内部のエンゲージメントメトリ
    クスだけでなく、外部の環境データ(例:顧客数やサポートチケット数)も評価する
    必要がある。
    2. これらの情報を組み合わせることで、コミュニティの健康状態や戦略を策定するため
    の重要な質問に答えることができる。
    4.ベンチマークと価値の測定
    1. コミュニティの活動をベンチマークすること、そして提供される価値を測定すること
    は必須である。
    2. 従来の方法、例えば顧客サポートの問い合わせの潜在的な偏向率を計算する方法は、
    常に正確な結果を提供するわけではないため、新しい「コミュニティ駆動型インパク
    ト」の方法が推奨される。
    5.コミュニティ駆動型インパクト
    1. このアプローチは、コミュニティの影響に基づいてAMI(Average Member
    Impact )スコアを計算するものである。
    2. AMIは柔軟で容易に適応可能なメトリクスであり、時間の経過とともにコミュニティの
    価値を明確に理解するためのもので、コミュニティ専門家にとってゲームチェンジャ
    ーとなる可能性がある。
    コミュニティデータのオタク
    になる準備はできています
    か?

    View full-size slide

  18. https://youtu.be/Ty_57VsuRjU?feature=shared
    Building a Successful Developer Community | Taiji Hagino, Cherish Santoshi, Erin Mikail Staples
    技術者などテクニカル分野の場合は、参加者に
    認めてもらえる土台に上がることが求められる
    場合が多い(製品愛<技術知識)
    単なる情報提供に留まら
    ず、驚きや感動に近い情
    報を提供
    成功する開発者コミュニティの構築
    CMX Summit 2022 セッションピックアップ
    コミュニティの新たなフロンティア

    View full-size slide

  19. CMXにはコミュニティの
    学びと事例がある!
    そして
    朗報

    View full-size slide

  20. 2023年10月11日(水)
    👈👈東京 秋葉原で開催
    2023年10月12日(木)
    名古屋で開催👉👉
    必見イベント

    View full-size slide

  21. https://events.cmxhub.com/events/details/cmx-cmx-hq-presents-cmx-summit-2023-reshine/
    オンライン配信イベント
    必見イベント!CMX Summit 2023:RESHINE
    CMX Summit 2023 がオンラインで見れる!

    View full-size slide

  22. ご清聴ありがとうございました

    View full-size slide