Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Dev Sumi 2023

CUEBiC Inc.
February 13, 2023

Dev Sumi 2023

CUEBiC Inc.

February 13, 2023
Tweet

More Decks by CUEBiC Inc.

Other Decks in Business

Transcript

  1. データウェアハウス構築時の
    アンチパターンを克服した
    サクセスストーリー
    株式会社キュービック
    テクノロジーエキスパートセンター
    CTO 加藤彰宏
    テックリード 尾﨑勇太 2023.2.10
    ։ࣔൣғެ։υΩϡϝϯτ
    1

    View full-size slide

  2. 商号 株式会社キュービック
    設立 2006年10月24日
    所在地 本社
    〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー16階
    福岡支社
    〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル3階
    代表 世一 英仁
    資本金 31,000,000円
    従業員数 社員: 178人
    インターン: 137人
    業務委託・派遣:76人
    (2022年6月末現在)
    事業内容 デジタルメディア事業
    SNSアニメ事業
    通販事業者向け集客支援事業
    プラットフォーム事業
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可番号 13-ユ-311579)
    גࣜձࣾΩϡʔϏοΫͱ͸
    ࣾһ

    2

    View full-size slide

  3. $6J$"OBMZUJDT
    ϝσΟΞʢ޿ࠂʣ
    ϝσΟΞʢ4&0ʣ
    広告媒体
    サーチエンジン
    "41
    ސ٬
    αΠτ
    ૹ٬਺
    ޿ࠂ੒Ռ
    σʔλ
    $7਺
    ച্
    σʔλ
    #*πʔϧ
    ϝσΟΞ
    ΦϖϨʔλ
    ϝσΟΞ੒Ռ
    ޿ࠂ੒Ռ
    ച্؅ཧ
    ޿ࠂඅ؅ཧ
    ૹ٬
    ૹ٬
    $7
    $7
    σʔλ
    ෼ੳ
    %8)
    ϓϥοτϑΥʔϜ
    ޿ࠂ੒Ռ؅ཧ $7੒Ռ؅ཧ
    ച্؅ཧ
    ޿ࠂඅ؅ཧ
    Ϛελσʔλ
    &31
    メディア事業基幹システム
    3
    Ϣʔβʔ
    Ϣʔβʔ

    View full-size slide

  4. ηογϣϯ಺༰
    4
    1.本日お伝えしたいこと
    2.概要
    3.実際の取り組み内容のご紹介
    4.Q&A

    View full-size slide

  5. ຊ೔͓఻͍͑ͨ͜͠ͱ
    5
    データウェアハウス構築時のアンチパターンと解決策
    今後の取りくみ

    View full-size slide

  6. ຊ೔͓࿩͢Δൣғ
    6
    本日は③の開発フェーズを「検討/導入/改善」の
    3つの工程に分けて説明します
    ニーズ/課題分析・定
    義及びデジタル技術
    把握
    コンセプト構築
    (初期仮説)
    要求定義とPoc 開発・実装・試験 保守・運用・評価
    解決すべき課題の定義
    課題の解決方法検討
    ①構想策定フェーズ
    課題解決時の価値創出の検

    技術的解決策の検証
    ②PoCフェーズ
    コンセプト実現に向けた
    システム/サービス開発
    ③開発フェーズ
    コンセプト実現に向けたシス
    テム/サービス開発
    ④運用フェーズ
    1. 業務でデータを使って改善でき
    そうなところを探す
    2. 改善のための仮説を立てて提案
    を作る
    3. 社内で整理してプロジェクト化する
    4. データを収集する・データを受け取る
    5. データをクリーニングする
    6. データを可視化する
    7. データを集計する
    8. データマイニングや機械学習を用い

    9. 結果を元に再調整や再実験を繰り返

    10.結果を可視化してレポートにまとめ

    11.レポートを関係者を共有する
    12.結果を元に有効と思われるビジネスアク
    ションを取る
    13.ビジネスアクションの効果を測定して検
    証する
    14.PDCAサイクルをまわす
    自社データ分析基盤
    データウェアハウス化
    データ利活用ステップ

    View full-size slide

  7. データウェアハウス構築時の
    アンチパターンを克服した
    サクセスストーリー
    株式会社キュービック
    テクノロジーエキスパートセンター
    CTO 加藤彰宏
    テックリード 尾﨑勇太 2023.2.10
    ։ࣔൣғެ։υΩϡϝϯτ
    7

    View full-size slide

  8. σʔλ΢ΣΞϋ΢εΛߏங͢Δ໨త
    8
    4BB4ʢΫϥ΢υαʔϏεʣ SaaS>CUEBiC Analytics/ERP>DWH>Tableauの一気通

    1. 現在利用しているSaaS(クラウドサービス)のデータ
    をCUEBiC Analytics/ERPに統合しバックオフィス系
    業務の集中的に管理する。
    2. CUEBiC Analytics/ERPのデータをBIツールで解析可
    能なようにデータ抽出・加工しDWHに書き出し継続的
    にデータの蓄積を行う。BI(Tableau)ツールにて経営
    企画・事業企画・各事業部担当・バックオフィス部門
    がそれぞれ必要な情報を解析し、各部門のファクトの
    確認、戦略戦術策定を行う。
    ユースケースと期待される効果
    ● 経営ダッシュボード
    重要施策・KPI・進捗の把握と打ち手
    ● ビジネスダッシュボード
    事業本部KPI/KGI/FCTの把握と打ち手
    ● バックオフィス業務の合理化/効率化/ミスの低減
    ૊৫Ϛελ
    ैۀһ
    Ϛελ ސ٬Ϛελ
    ࡒ຿σʔλ
    ʢࡒ຿؅
    ཧձܭʣ
    ࢢ৔σʔλ
    4&0Ξυ
    σʔλ
    ࣗࣾڝ߹
    ച্ૈར
    σʔλ
    $#"
    Ξυίϯ
    ੒Ռσʔλ
    %8)
    σʔλͷநग़ɾՃ޻ɾॻ͖ग़͠
    CUEBiC Analytics
    ʢ޿ࠂ4&0੒Ռσʔλॲཧʣ
    &31ʢਓࣄɾ࿑຿ɾܦཧɾڅ༩ɾ੥ٻ؅ཧʣ
    -JHIUIPVTF
    είΞ
    ("
    4FBSDI$PO
    ޿ࠂ؅ཧ (PPHMF'#ͳͲ

    ֤੒Ռ
    σʔλ )3.04ΧΦφϏ૊৫αʔϕ
    ΠϖΞΤϯήϢχϙε೔ใ
    #*πʔϧ 5BCMFBV

    CJH
    2VFSZ
    ച্ɾ੥ٻσʔλ
    &5- USPDDP
    &5- 5#%

    View full-size slide

  9. ߏங͢Δ্ͰͷΤϯδχΞϦϯά՝୊
    9
    CUEBiC Analytics
    キュービックのCVメディア事業の広告費/成果情報を集計し、売上をモニタリングするための社内ETL
    ASP
    広告媒体
    CUEBiC Analytics
    外部ツール
    成果
    マスタ
    実績
    売上
    広告

    技術負債によりビジネス要求に耐えられなくなった
    ・ビジネス理解を必要としイニシャルコストが高い
    ・組織情報などドメインに持つべきでない責務の保持
    ・初期開発メンバーの離脱
    ・数値誤差などの品質の低下
    ・コードの老朽化

    View full-size slide

  10. σʔλ΢ΣΞϋ΢εಋೖલ
    10
    広告
    ASP
    クライアント別売上データ
    組織別売上データ
    メディア別売上データ
    媒体別広告費データ
    メディア別広告費/成果デー

    組織別広告費/成果データ
    運用者
    CUEBiC Analytics
    ޿ࠂ੒Ռ؅ཧ
    $7੒Ռ؅ཧ
    ޿ࠂඅ؅ཧ
    Ϛελ৘ใ
    ੜσʔλ
    Ճ޻σʔλ
    ूܭσʔλ
    ͦͷଞϚελ

    View full-size slide

  11. 2022年2月〜2022年4月
    事例1:検討フェーズ
    構築時に目指していたものは?
    11

    View full-size slide

  12. データウェアハウス
    ?
    ?
    ΞʔΩςΫνϟʔ
    12
    広告
    媒体別広告費データ
    %BUB$BUBMPH
    (VMF4UVEJP
    生データ
    加工データ
    集計データ
    (VMF+PC

    View full-size slide

  13. ӡ༻՝୊͕ϦΞʔΩςΫτޙʹղফ͞ΕΔ͔ʁ
    13
    2.ブラックボックス化
    ・データカタログと取得データの紐付けが煩雑
    →人員交代時にアーキテクト崩壊のリスクが高い
    1.必要スキルセットの難化
    ・設定/更新にインフラの知見が必要
    →エンジニアリング工数が増加
    Glue Studio
    ログとかバックアップ
    ぐらいしか使わないよ
    連携時にテーブルを
    自動生成できない
    取得したのに結果はGlue
    単独で見れないの?
    データフォーマット
    違い過ぎ

    View full-size slide

  14. ৽ͨͳӡ༻՝୊ΛੜΈग़͍ͯ͠ͳ͍͔ʁ
    14
    DWH本稼働時の問題
    現在はCUEBiC Analyticsの代替として、データレイクに特化
    →S3やAWS Glueを介さないデータが増えると調査/改善工数が増加
    %8)
    その他
    データレイク(整形済み)
    データマート(生データ)
    広告
    成果
    その他
    設定されてないなぁ・・・
    数字ずれてる??

    View full-size slide

  15. ൓লϙΠϯτͱղܾࡦ
    15
    反省ポイント
    原因:AWS様、Primnumber様の解像度が低い状態で進んでしまった
    結果:社内スキルセットとの乖離や新たな運用課題ができてしまった
    解決策
    💡関係者で共通認識を持つ
    事例:進捗レポートを両社にもFBし、目指したい姿や課題感を明確に伝えた
    結果:サービス間競争がなくなり、合理的なアーキテクチャが協議できた

    View full-size slide

  16. 2022年5月〜2022年10月
    事例2:導入フェーズ
    歴史は繰り返される
    16

    View full-size slide

  17. ݕ౼࣌ͷ՝୊Λߟྀͯ͠ΞʔΩςΫνϟΛߋ৽
    17
    広告
    ASP 生データ
    加工データ
    集計データ
    同期データ
    ・除外条件
    ・不明成果
    ・名寄せ
    マスタ情報
    ・広告アカウント
    ・広告媒体
    ・メディア
    ・成果収集元
    ・組織
    クライアント別売上データ
    組織別売上データ
    メディア別売上データ
    媒体別広告費データ
    メディア別広告費/成果デー

    組織別広告費/成果データ
    運用者
    CUEBiC Analytics
    ޿ࠂ੒Ռ؅ཧ
    $7੒Ռ؅ཧ
    ޿ࠂඅ؅ཧ
    Ϛελ৘ใ

    View full-size slide

  18. しかし、ここで思わぬ落とし穴が
    18
    ワークフロー機能
    取得データを後続処理に渡せない
    【回避策】
    さっき送った広告のデ
    ータ頂戴
    どぞ〜
    OK〜
    広告の関連データ頂戴
    ごめん無理やった
    二人ともありがとう
    合わせてRedshiftに送
    る!!
    広告関連の情報もらっ
    て良い?
    OK〜
    どぞ〜
    さっき送った広告のデー
    タ情報と、RDSからもら
    った広告関連のデータ貸
    して
    ありがとう!
    集計結果送る!!
    ありがとう!
    Redshiftに事前に同期しておく

    View full-size slide

  19. さらに・・・
    19
    どうぞ〜
    DB1のA広告の生デー
    タ一つください
    異なるDBのデータの加工は
    無理やわ。
    統合してもらって良い?
    【回避策】
    統合してくれたから、
    整形したデータを送れる!
    DB2のA成果の生デー
    タ一つください
    えっ・・・
    データマート機能
    複数のDBを跨いだデータ取得/転送ができない
    A広告主データ
    B広告主データ
    C広告主データ
    D広告主データ
    RedshiftのDBはドメインごとに統合し
    DBを跨いだ整形はtroccoの責務としない

    View full-size slide

  20. Ξϯνύλʔϯ͸͜͜ʹ
    20
    困ったポイント
    場当たり的なアーキテクチャの更新
    要件とサービスのトレードオフ
    解決策
    ・2年先までのアーキテクチャーの変遷を仮置きで引く
    事例:16期下期の段階で19期までのアーキテクチャーを設計した
    結果:運用から逆算した全体計画/社内調整が可能に
    ・やらないことを決める
    事例:アーキテクチャをFIXさせる上で「やらないこと」を決めた
    結果:事業成長とデータの不確実性の切り分けができた

    View full-size slide

  21. やらないことを決めたこと
    21
    1.今後収集するデータが増えた場合
    ・データ整形は同一DB内で完結し、DB間でデータの依存関係ができないようにする
    2.分析対象の情報はRedshiftに集約する
    ・関連会社/プロダクトの成長フェーズに合わせて連携方法をパターン化
    3.troccoでデータ加工を行なわない
    ・データ設定用のインターフェースを実装
    ・加工処理に関してはエンジニア責務(Redshiftのプロシージャー)とする
    4.独自のスクリプティングを追加しない
    ・trocco API経由でインターフェースから集計ができるようにする

    View full-size slide

  22. 2022年11月〜2022年1月
    事例3:改善フェーズ
    エンジニアリングだけじゃダメ
    22

    View full-size slide

  23. ΤϯδχΞϦϯάͷ՝୊͸ղܾͨ͠ʹݟ͕͑ͨɾɾɾ
    23
    既存システムの停止を運用者に理解してもらう必要があった
    開発チーム 運用者
    元の方に機能追加
    できませんか?
    移行後のメリットは〇〇
    デメリットとして〇〇に
    なります
    行ったこと
    要求の分類と
    アーキテクチャの更新
    対応できそうなもの
    ・業務フローの再設計
    ・不要なデータの整理
    ・優先度説明・調整
    対応できないもの
    ・削れない機能の停止
    ・部分最適となる諸課題
    この機能が使えなくなるなら
    ダメ!!使いません

    View full-size slide

  24. ΤϯδχΞϦϯάͷ՝୊͸ղܾͨ͠ʹݟ͕͑ͨɾɾɾ
    24
    業務フローも一緒に再設計することで部分最適を最小限に
    開発チーム 運用者
    OK!!期限までに
    移行しますね
    並行稼働期間を設けつ
    つ既存運用は◯月に停
    止します
    この機能は要らない
    ですね
    分かったこと
    過去に応えらなかった要求
    ・既存の業務フローの不足
    ・既存の集計情報の不足
    BIツールのその先
    ・スプシ地獄
    ・チームごとの独自集計

    View full-size slide

  25. 運用՝୊Λߟྀͯ͠ɺΞʔΩςΫνϟʔΛߋ৽
    25
    広告
    ASP 生データ
    加工データ
    集計データ
    同期データ
    ・除外条件
    ・不明成果
    ・名寄せ
    マスタ情報
    ・広告アカウント
    ・広告媒体
    ・メディア
    ・成果収集元
    ・組織
    ユーザーインターフェース(Oasis)
    広告集計設定
    成果集計設定
    その他マスタ
    クライアント別売上データ
    組織別売上データ
    メディア別売上データ
    媒体別広告費データ
    メディア別広告費/成果デー

    組織別広告費/成果データ
    運用者

    View full-size slide

  26. վળޙͷۀ຿ͷ෼ྨ
    26
    データ設定/収集 データ整形/集計/アウトプット
    D
    X







    データ活用
    Oasis


    部 Oasis
    加工/分析
    整形データ登録
    EXインポート除外設定
    運用管理
    ・アカウント管理
    ・転送設定/エラー解消
    成果/広告レポートを格納
    概念検証
    ・検証/実装
    ・トラブルシュート
    運用保守開発
    ・機能追加
    ・trocco API実装
    運用保守
    ・データ再取り込み
    ダッシュボード設計
    ・ワークブック/クエリ設定
    運用保守
    ・カスタムクエリ実装
    運用保守開発
    ・エンティティ設計
    ・データ疎通

    View full-size slide

  27. վળϑΣʔζͰ௧ײͨ͜͠ͱ
    27
    泥臭い作業も時には必要
    💡業務フローの再設計>既存運用
    ・無理に自動化をしない
    ⇨手動で最適化できないかも検討する
    💡運用ミス>データ品質
    ・無理にデータ品質を上げない
    ⇨運用ミスをいかに救済するかを考える

    View full-size slide

  28. ΞϯνύλʔϯΛࠀ෰͢ΔͨΊͷ޻ఔผϙΠϯτ
    29
    検討
    導入
    改善
    要件とサービスで
    トレードオフは発生する
    本当に運用者視点?
    ・泥臭いことも必要
    自動化が目的ではない
    ・運用改善も一緒に
    ・2年先を考える
    ・やらないことを決める
    ・共通認識を持つ
    得たい成果を明確に
    ・課題は何だったか?
    ポイント
    ポイント 解決策

    View full-size slide

  29. 今後の展開
    30

    View full-size slide

  30. ࢒՝୊
    31
    現状
    既存のCUEBIC Analyticsがまだ停止していない
    あるべき姿
    成果集計を全てデータウェアハウスに移行し、Cubic Analyticsを停止する
    問題
    運用課題に関して並行開発が必要なタスクや救済措置が残っている
    課題
    2023年4月までに問題をクリアし、
    2023年7月をターゲットに成果集計基盤の停止を行う。

    View full-size slide

  31. ࠓޙͷ՝୊
    32
    現状
    Cubic Analyticsのデータ収集/整形業務の移行がメイン
    あるべき姿
    サイトの動向や売上といったモノの分析ではなく、
    カスタマーを分析し最適なユーザ体験を提供できる
    問題
    広告と成果に関するデータに特化している
    ユーザーの一次情報などは蓄積/分析できていない
    課題
    中長期計画としてCubic Analyticsではリーチできていない
    情報収集+機械学習などの分析基盤構築を検討する

    View full-size slide

  32. ࠓޙ͸ຊ֨తͳσʔλར׆༻ϑΣʔζ΁
    33
    ΧελϚʔ෼ੳ
    ޿ࠂ੒Ռूܭ
    ಉظσʔλ
    ɾআ֎৚݅
    ɾෆ໌੒Ռ
    ɾ໊دͤϚελ৘ใ
    #*πʔϧ
    ੜσʔλ
    Ճ޻σʔλ
    ूܭσʔλ
    είʔϓ
    &5-
    広告媒体
    ASP
    0BTJT
    ޿ࠂूܭઃఆ
    ੒Ռूܭઃఆ
    ͦͷଞϚελ
    ࣍৘ใ
    Ϣʔβʔߦಈ
    ɾભҠݩ
    ɾࢀরܦ࿏
    ɾӾཡ৘ใ
    ɾૹ٬ޙΞΫγϣϯ
    Z
    Redshit ML
    ػցֶश
    Ϟσϧ
    ਪ࿦݁Ռ
    ࢪࡦ౷ܭ
    %8)

    View full-size slide

  33. 34
    ご清聴、ありがとうございました

    View full-size slide

  34. Copyright © 2022 CUEBiC All Rights Reserved. 36
    &01

    View full-size slide