Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

Amazon Spatial Shopping 提案

Amazon Spatial Shopping 提案

COJT2020の授業で提案したサービスです

E123f0d70182268563d4e63e23d8c55c?s=128

にー兄さん

May 15, 2020
Tweet

Transcript

  1. Amazon Spatial Shopping 提案資料 @COJT2020

  2. agenda 動機と背景 サービス概要 システム構成 マネタイズ

  3. 動機と背景 動機: VRとかARが好きなのでWebARをやってみたい(軽率) 背景: 大手家具量販店IKEAがARショッピングアプリを開発 AR Eコマースに注目が集まる

  4. サービス概要 Amazonにある商品を ARで見られるサービス

  5. なぜAmazon?なぜAR? • 外出自粛によってネットショッピングサービスへの需要が高まる ◦ ネットショッピングは実物が見えないので怖い ◦ ARで解決だ! • 新しいECを立ち上げるよりも既存の顧客を取り込みやすい? •

    保持するデータも少なくて済みそう • 基本的にプラットフォームはモバイルWeb(ARなので)
  6. 雑なシステム構成 1. モバイルWebクライアントからサーバーに Amazonの商品情報と紐づいた3Dモデル データを問い合わせる 2. 3DモデルをWebARとして表示する 3. Amazonの購入ページへ遷移

  7. システム構想 • 商品の販売元と任意のユーザが3Dモデルをアップロードできる ◦ なお販売元が認証する必要がある ◦ ユーザから3Dモデルを買い取る制度もあり? • 拡張機能でサービスへ飛べるようにする ◦

    商品に紐づいた3DデータがあればQRコードを発行してサービスへジャンプ • ウィジットとして任意のWebクライアントに3Dモデル埋め込める ◦ iframeで作ればいい? ◦ せっかく3Dモデルがあるなら活用したい ◦ 訴求力が上がる
  8. スマホでリンクを踏むと WebARで表示される

  9. マネタイズ • 3Dモデルのアップロード費用 ◦ 販売元が支払う ◦ 個人がモデルを制作したものを買い取れる→手数料がとれる • ウィジットからジャンプした時に広告料が発生? •

    普通に広告料を取るのもあり