Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

第7回 EdTechZineオンラインセミナー「探究×ICTで実現! 子どもたちが『共に学び合う』場づくり」

49a0a06b7b9ae67f879388c314245160?s=47 EdTechZine
October 14, 2021

第7回 EdTechZineオンラインセミナー「探究×ICTで実現! 子どもたちが『共に学び合う』場づくり」

五木田洋平氏による講演資料

49a0a06b7b9ae67f879388c314245160?s=128

EdTechZine

October 14, 2021
Tweet

Transcript

  1. None
  2. 本日お話しすること ICTを活用した、子どもも教員も探究的に学び合う環境づくり 1.前提のお話〜学びと学校、実際の子どもの成長〜 2.学習者と 3.教員と 4.保護者と 休校だからICTを使う (で終わったら) 学びにとって意味がある からICTを使う、探究を行う

    学び合う 環境作り やらなきゃいけないから 探究をやる Q&A Q&A
  3. 本日お話しすること ICTを活用した、子どもも教員も探究的に学び合う環境づくり 1.前提のお話〜学びと学校、実際の子どもの成長〜 2.学習者と 3.教員と 4.保護者と 休校だからICTを使う (で終わったら) 学びにとって意味がある からICTを使う、探究を行う

    学び合う 環境作り やらなきゃいけないから 探究をやる Q&A Q&A
  4. None
  5. “ みなさんにとって 「学校」とは? チャットに書いてみてください。

  6. お互いが学びに 取って大切な存 在である、とい う環境 知的で 広い世界を 知って欲しい 自分らしくある 自信 自己理解

    学びが学習者自身のものであるという 学びのオーナーシップ があること前提
  7. 社会的な機能の一つとしては わかるけど... ✖子どもを押し込む場、問題を起こさせない場 ◯育ちの場

  8. 前提のお話 ICTと探究 学びと学校

  9. 9 学習する内容が全員同じ それ自体に問題があるわけではないが… 学びやすくなった 教科書の外の知識や考え方にも触れる 社会とつながった学び 休校中も課題と 動画でしのぐ          NHK for

    school 交通事故を防ぐ より引用
  10. 授業者主体 学習者主体

  11. 「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(中間まとめ) (令和2年10月 初等中等教育分科会)

  12. 大学教育 ー 生涯教育 高等教育 中等教育 初等教育 ・世界の広さを  知っていくこと ・自分と他人の理解 社会と

    つながった 学びの機会 自己/社会理解を基にして ・専門的な知識 ・社会参画 ・自分の人生を謳歌する
  13. None
  14. None
  15. None
  16. 前提のお話 実際の子どもの成長

  17. 学校って... どうクレームを避けるか どうトラブルなく一年を終える か どう学年団のやり方を統一す るか どう伸ばすか どう学びの価値を 伝えるか 「この論点だけ話が終わって現

    場が回ること」に危機意識 こっちの論点のほうが教 育が楽しくなる! (けれど主語が「教員」で終わってはいけない)
  18. 子どもの姿(変化)を 見せられれば!

  19. 学習者と

  20. 今回の キーワード

  21. 立ち戻るものを決める。 こまったら、立ち戻る。 その時の「最適」を探す。

  22. 22 児童名 児童名 児童名

  23. 23

  24. 24

  25. 25

  26. 小学3年生 ミックスエイジの授業を行いました。 3年生が2年生に教える授業です。 児童名 児童名 児童名 児童名 児童名 児童名 児童名

  27. 小学3年生

  28. 児童名 児童名 児童名 児童名

  29. 「教えることで自分たちも学 ぼう」 はじめて やる「2年生」 にむけてつくろう。 絵・図と文の 両方を使うことを意 識しよう。 やり方の核のみを 意識する様に

    様々な表現を使って理 解できる様に
  30. 立ち戻るものを決める。 こまったら、立ち戻る。 その時の「最適」を探す。

  31. 学びにとって 意味がある からICTを使う、 探究を行う

  32. 小学3年生 児童名 児童名 児童名

  33. 小学3年生

  34. 本日お話しすること ICTを活用した、子どもも教員も探究的に学び合う環境づくり 1.前提のお話〜学びと学校、実際の子どもの成長〜 2.学習者と 3.教員と 4.保護者と 休校だからICTを使う (で終わったら) 学びにとって意味がある からICTを使う、探究を行う

    学び合う 環境作り やらなきゃいけないから 探究をやる Q&A Q&A
  35. 本日お話しすること ICTを活用した、子どもも教員も探究的に学び合う環境づくり 1.前提のお話〜学びと学校、実際の子どもの成長〜 2.学習者と 3.教員と 4.保護者と 休校だからICTを使う (で終わったら) 学びにとって意味がある からICTを使う、探究を行う

    学び合う 環境作り やらなきゃいけないから 探究をやる Q&A Q&A
  36. 立ち戻るものを決める。 こまったら、立ち戻る。 その時の「最適」を探す。

  37. 教員と

  38. 立ち戻るものがない世界 クラスの管理が悪い んだ!ちゃんと指導 しろ! 子どもに与えたら悪 いことするに決まっ てるだろ! 友達も youtube見 てたし...

    家ではOKな のに学校と ルールが違 う!なんで だめなの? 学校と家の役割と目的 が不明瞭 立ち戻るものがないので責任が 「人」と「能力」にでてしまう。 ・うまくいくはずないのにね〜 (陰口) ・できるのはもともとできる人 だけだもんね〜(特別解)
  39. 導入のスタートとゴール、ロードマップ 全職員 ・絶対にやってはいけ ないこと(人を大きく傷 つけること)をポリシー やルールから学ぶ。 ・基本的な操作はやり ながら覚える。 【ICT担当と管理職】 ・ポリシーとルール

    第一稿を作成 ・人が重大なミスを 起こしにくい「仕組 み」をつくる。 →誰かが大きく困るミス(金 銭、復帰できない破損)以外 はグレーゾーンにする。 【ICT担当】 全職員向けの研修を 実施。 内容 ・ポリシーとルール ・ワークショップの 開催 ネットワークと デバイスがある 全職員 ・使いながらポリシー とルールが使いやすい ものか検証する。 ・新しい使い方を共有 する。 【ICT担当】 ・起きたトラブルが ポリシー内で対応で きるものかを確認し つつ、ポリシーと ルール、あるある集 を更新していく。 【ICT担当、管理 職含む全職員】 ・日々の業務の 中に自然にICTが 入っている環境 が出来上がる。 →各々のやりた いことと状況に 合わせた使い方 を試行錯誤する ことが始まれば 最高です。 準備期間 導入期間 試行錯誤期間 安定期間 担 当 側 学 校 全 体 今この辺?
  40. 立ち戻るものがある世界 ポリシーとルールに照 らし合わせて考えよ う。成長を促すことが 大切。 こういったトラブルが あった時どうするん だっけ? まずはみんなできるこ とから始めよう!(高

    度なことはなれてから やる予定) もともとみんなできる から失敗もなし!安 心! 学校では学びの 道具。その目的 がわかっている。 学校でのICTの役割と 目的を理解する段階 立ち戻るものがあるので、責任が「仕組み」にいく →故意にはある程度の罰則があっていい。過失・事故には次回対策をともに考える必要があ る。両者の境目は難しい場合が多いので、あくまでも成長の機会である、ということが大 切。 →「仕組み」があるので保護者にも統一した説明ができる。
  41. 立ち戻るものを意識しなくても水道や電気、道路のように 当たり前にICTがある世界 面白い!先生も知ら なかったから調べて みるね! ICTを使って学 んだら〇〇なこ とが学べまし た! 双方向の対話的な学び

    の素地 深い学びの素地 一緒にやって みよう! このサイトってどうやって 使うの?授業の参考にし たいだけど... トラブルがなくなるわけではない が、少なくなる。その代わり、 ICT によって効率的に進む側面が増 える。
  42. それぞれがやりたいことのためにICTを使うようになる世界 専門的な学び 子どもたちが データを扱う お互いの学び合い プログラミング、 音楽・動画制作など 学びの 個性化

  43. 立ち戻るものを決める。 こまったら、立ち戻る。 その時の「最適」を探す。

  44. 保護者と

  45. 45

  46. None
  47. None
  48. None
  49. 49 教科学習に関して +

  50. 50 ただ、基本は記録(文字、映像)によるやり取り

  51. 立ち戻るものを決める。 こまったら、立ち戻る。 その時の「最適」を探す。 教員としての、学校としての 教育観・教育哲学に立ち戻る 「なぜ、それをするのか」

  52. 大学教育 ー 生涯教育 高等教育 中等教育 初等教育 ・世界の広さを  知っていくこと ・自分と他人の理解 自己/社会理解を基にして

    ・専門的な知識 ・社会参画 ・自分の人生を謳歌する 社会と つながった 学びの機会