最近やってること.pdf

 最近やってること.pdf

1a679952cdf455ecd6a15cbde7ae80d5?s=128

Tomohiko Himura

September 15, 2018
Tweet

Transcript

  1. 最近やったこととか 2018-09-16

  2. Րଜ ஐ඙ Twitter eielh GitHub eiel Facebook ద౰ʹ͕ͯ͞͠

  3. None
  4. 広島リモート

  5. 広島リモート Scalaえんじにあ (?)

  6. 吹田市 在中

  7. 心臓移植の待機をしています

  8. None
  9. 参考価格 1860万円

  10. 人工心臓が扱える病院 救急車で2時間以内 に住まないといけない

  11. None
  12. 救急車が200km/h で走れば帰れそう

  13. ଞͷ଴ػऀʹ͘Β΂ͯ (ͨͿΜ)͍ͨ΁Μͳͱ͜Ζ

  14. 0歳児がいる 家に帰れない 車がない

  15. 0歳児がいる 介助者が機能してない疑惑 迫りくる怪獣

  16. 子育てはたいへん 母親だけに任せるのはダメ

  17. 家に帰れない 鹿児島、北陸、東北などにも 人工心臓装着者はいるらしい 実は広島にもいる (病院によっては新幹線で2時間も許可されている)

  18. 家に帰れないと 住宅ローン + 家賃 頼りやすい親戚が近くにいない 住宅ローン控除が対象外

  19. 車がない お金ないし タクシーのほうが コスパが良さそう

  20. ところで 移植の待機期間

  21. 実績上 平均3年

  22. IUUQTEBUBTUVEJPHPPHMFDPNVSFQPSUJOH G'VNW$VUQ88VGTQ/U/,&E:FQ44BQBHFXNL9

  23. IUUQTEBUBTUVEJPHPPHMFDPNVSFQPSUJOH G'VNW$VUQ88VGTQ/U/,&E:FQ44BQBHFXNL9 累計が放物線

  24. 毎年、移植数の2倍増えてる

  25. 今から移植希望する人は もっとたいへん

  26. 最近やってること

  27. グリーンリボンを応援する会

  28. None
  29. 広島弁が得意な人が 作ってくれた (@NeXTSTEP2OSX)

  30. 移植医療のために頑張る人 たちをこっそり応援する

  31. せっかく協賛するし なにか宣伝しよう

  32. 1日でも早く移植ができるなら できることやろうぜ

  33. やったことたか Reactで静的サイトジェネレート でサイトつくる Google Data Studioで可視化

  34. https://datastudio.google.com/u/1/reporting/ 1YCQdi28HyJGmZwJPQtNzZnwKsNJdlDeX/page/sPeX Google Data Studio

  35. Reactで静的サイトジェネレート

  36. Reactのための 静的サイトジェネレート ではない

  37. react-static Gatsby Next.js

  38. クライアントサイド処理は しない

  39. メリット Reactコンポーネントが再利用できる 軽量・高速

  40. デメリット Reactが活きてない やってる人が見当たらない

  41. 仕組み

  42. サーバーサイドレンダリング するだけ

  43. const writeFilePage = async ({ filename, Page }: { filename:

    string, Page: Component }): Promise<{ path: string, html: string }> => { const content = ReactDOMServer.renderToStaticMarkup(<Page />); const html = `<!DOCTYPE html>${content}`; const path = `public/${filename}`; await fs.mkdirp(dirname(path)); await fs.writeFile(path, html); return { path, html }; };
  44. 簡単

  45. つらいこと

  46. CSS Module 採用したらつらかった

  47. CSS Module 雑に言うと • CSSセレクタ用のクラス名が被らない • JS上でimportできる

  48. 雑に仕組み

  49. .article { font-size: 16px; } goro.css

  50. CSS Moduleとして処理すると

  51. ._article_xkpkl_10 { font-size: 16px; } goro.css

  52. { "article": "_article_xkpkl_10", } 一緒にこんなjsonができる感じ

  53. 使うとき

  54. import { article } from ‘./goro.css' # 実質生成された.jsonを読み込む感じ () =>

    <div className={article} >Goro</div> Javascript
  55. <div class="_article_xkpkl_10">Goro</div> 出力

  56. Import するのは css であって jsonではない CSSとJSを事前処理しないといけない 困る点

  57. 解決策 Webpackのloaderが対応している

  58. • nodejs向けのコードを生成するようにする • target: 'node' (webpack.config.js) • 生成されたコードを実行する • node

    main.js Webpackの導入
  59. { "scripts": { "build": "webpack && node dist/main.js" } }

    package.json
  60. ·ͱΊ

  61. 可視化楽しいで

  62. 可視化楽しいで 可視化は楽しい

  63. Reactで静的サイト まあまあ楽しい

  64. できること 臓器移植意思表示 する人を増やす by 臓器移植ネットワーク

  65. できること 臓器移植意思表示 する人を増やす by 臓器移植ネットワーク YES か NO かは関係ない

  66. 移植医療の普及してないため 病院側の環境が整ってないから

  67. まずは 移植医療を たくさんの人が理解すること

  68. 意思表示している登録数が 公開されるインターネットで 意思表示を IUUQTXXXKPUOXPSKQ