Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ベクトルタイルとボクセルタイルによるシンプルで自由な可視化について

 ベクトルタイルとボクセルタイルによるシンプルで自由な可視化について

2021-12-30T14:00/15:00
Data Visualization Japan Meetup 2021

Hidenori FUJIMURA

December 30, 2021
Tweet

More Decks by Hidenori FUJIMURA

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ベクトルタイルと
    ボクセルタイルによる
    シンプルで自由な可視化について
    国連ベクトルタイルツールキット主任
    藤村 英範(ふじむら ひでのり)
    2021-12-30T16:00/17:00 (45 min)
    Data Visualization Japan Meetup 2021

    View full-size slide

  2. 藤村 英範(ふじむら ひでのり)
    情報工学採用で国土地理院に勤務し、次世代の標準的ウェブ 地図
    フォーマットであるベクトルタイルを推進しています。2019年までの国
    連出向の際に国連ベクトルタイルツールキットを創設し、2020年以降
    はSDGsアクションプランにも掲載された、地理空間情報によるパート
    ナーシップの推進を行なっています。

    View full-size slide

  3. つたえる
    つなぐ

    View full-size slide

  4. 国土地理院地理空間情報部の文化的背景
    https://www.gsi.go.jp/REPORT/TECHNICAL/gsiryogijutsu5.htm

    View full-size slide

  5. 印刷地図の
    素直な展開としての
    ウェブ地図

    View full-size slide

  6. 全国一律シームレス重要
    スケールと持続性を重視
    →やはり、タイルだ。

    View full-size slide

  7. トーク内容
    国連事務局や国土地理院の地図をウェブ地図化する技術を、様々な
    オープンジオデータに適用して、多様な可視化の可能性を参加型で
    試しています。シンプルで自由な方法を用いて、 三次元点群データ
    からボクセルタイルを生産し、干渉色を適用してオリジナルの可視化
    を行った例などを紹介します。

    View full-size slide

  8. UNVT
    地図に自由を
    Adopt Geodata
    データに愛着を
    EV
    地球観測は難解じゃない
    FTS Kit
    現場を目指して
    PtGI
    地理空間情報の専門性で統治に貢献する

    View full-size slide

  9. UNVT
    国連ベクトルタイルツールキット
    地図に自由を

    View full-size slide

  10. UNVT: 開発の経緯
    1. 地理院の本業はコンテンツ
    2. コンテンツをウェブ地図にする技術を自由で開かれたものにする
    3. 国連事務局での能力構築の機会にツールキット化
    4. 既存の OSS を組み合わせ、内製でもスケーラブルなウェブ地図を作る
    ことができるノウハウをツールキットにした
    5. ソフトウェアプロジェクトとしては空であることを本質とする
    6. オープンで空でノウハウであることから、能力構築に適する
    7. 自由で開かれたものであることから、現場展開の可能性を持つ

    View full-size slide

  11. https://unvt.github.io

    View full-size slide

  12. https://github.com/unvt

    View full-size slide

  13. UNVT の位置付け
    1. UNVT は国連オープン GIS イニシアティブの一部
    2. 国連オープン GIS イニシアティブは参加型
    産学官の多様なプレイヤーが参加

    View full-size slide

  14. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php

    View full-size slide

  15. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php

    View full-size slide

  16. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php

    View full-size slide

  17. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php

    View full-size slide

  18. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php

    View full-size slide

  19. UNVT
    地理院の
    データ
    GSI data
    地理院地図 Vector
    GSI Maps Vector
    UNVT
    あなたの
    データ
    Your data
    あなたのウェブ地図
    Your Web Maps
    Code sharing

    View full-size slide

  20. Code sharing - lightweight open source
    Heavy-weight (‘“true”) open source:
    80,000 lines of code, project-managed
    Code sharing:
    80 lines of script, casual sharing

    View full-size slide

  21. ウェブ地図(地図)の領域
    8万行のコードと800MBのデータ
    80行のスクリプトと800GBのデータ

    View full-size slide

  22. Adopt Geodata
    里親ジオデータ
    データに愛着を

    View full-size slide

  23. 未だベクトルタイルになっていない
    オープンジオデータを UNVT で
    ベクトルタイルにする

    View full-size slide

  24. https://github.com/optgeo

    View full-size slide

  25. https://optgeo.github.io/antarctica-style/#16.45/-69.004866/39.582607

    View full-size slide

  26. https://github.com/optgeo/antarctica-style

    View full-size slide

  27. https://github.com/optgeo/63ants/discussions

    View full-size slide

  28. https://github.com/optgeo/63ants/discussions/1

    View full-size slide

  29. https://optgeo.github.io/sh2/#15.73/41.31273/19.448128/-0.3/60 w/ OSM

    View full-size slide

  30. https://optgeo.github.io/tokyo-story w/ 基盤地図情報

    View full-size slide

  31. EV
    地球観測 × ベクトルタイル
    地球観測は難解じゃない

    View full-size slide

  32. ラスタデータをベクトルタイルに

    View full-size slide

  33. https://optgeo.github.io/hrlulc3d512/#16.78/36.648965/139.037549/44.1/74

    View full-size slide

  34. https://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/jp/dataset/lulc_j.htm

    View full-size slide

  35. https://github.com/optgeo/hrlulc/blob/main/Rakefile

    View full-size slide

  36. https://github.com/unvt/equinox/projects/1

    View full-size slide

  37. https://github.com/optgeo/hrlulc3d512/blob/main/docs/module.js
    deciduous
    broad-leaved
    forest, or DBF

    View full-size slide

  38. 全国シームレス。
    速くて、ぼやけない。
    地形に張り付く。
    ピクセルから音声合成。

    View full-size slide

  39. 地形表現は
    Mapbox GL JS 2
    の機能を使用
    https://github.com/optgeo/10b512/blob/main/merge.rb
    国土地理院の標高タイル(256px PNG)を、 Mapbox の標
    高タイル(512px WEBP)に素直に変換
    それを Mapbox GL JS 2 から参照するようにした
    → より地形がキレる

    View full-size slide

  40. FTS Kit / UNVT Portable
    FTS キット/ UNVT ポータブル
    現場を目指して

    View full-size slide

  41. https://github.com/un-vector-tile-toolkit/tsukuba
    2020年の国連 GGIM  防
    災会議での能力構築のた
    めに UNVT を超小型 PC
    に詰め込んでみたのがは
    じまり

    View full-size slide

  42. https://github.com/unvt/portable

    View full-size slide

  43. FTS Kit でできるようになったこと
    超小型 PC に USB HDD 等を接続すれば簡単かつ安価に容量を増やせるので、ホス
    トできるベクトルタイルの容量制約がなくなった。
    → 静岡県のポイントクラウドデータをボクセルタイルにしてみよう!

    View full-size slide

  44. https://en.wikipedia.org/wiki/Voxel#/media/File:Voxels.svg

    View full-size slide

  45. https://www.digital.go.jp/posts/M2NB81eg

    View full-size slide

  46. https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/shijokibanseibi/pdf/002_04_00.pdf

    View full-size slide

  47. https://www.nedo.go.jp/content/100937636.pdf

    View full-size slide

  48. 実際にやってみせるのが
    国土地理院かな

    View full-size slide

  49. https://github.com/optgeo/kid-c

    View full-size slide

  50. https://github.com/optgeo/kid-c/blob/main/Rakefile

    View full-size slide

  51. https://docs.google.com/presentation/d/1EbGwKdS4TfS8LX6eUKRKDk1cRbSl1FYexOqez_Ot
    OpA/edit?usp=sharing

    View full-size slide

  52. optgeo/kid-c
    静岡県ポイントクラウドデータから 
    ボクセルタイルを生産するスクリプ
    トのリポジトリ
    KID = Kukan ID

    View full-size slide

  53. 4m GSD voxels

    View full-size slide

  54. 事実の構造→データの構造→標準化
    「地理空間」は「ほとんど2次元に縮退する5次元」
    lng: 一周 40,000 km かつ高精度・高分解能まで攻めたい
    lat: 一周 40,000 km かつ高精度・高分解能まで攻めたい
    h: ざっくり+- 10km だが、人は土を離れては生きられず、精度要求も限定的
    t: 随意移動は不可で「戻ることはない」ため、コスト制約を考えると「薄い」
    z: 縮尺。ズームレベルが増えるとデータ量・要求精度・要求粒度が苛烈に増加
    lng, lat に比べて h は非常に薄く、t や z は変数というよりはパラメータ

    View full-size slide

  55. データフリーフローの枠と
    して、やはりタイルは大事
    だ。

    View full-size slide

  56. もう一つ

    View full-size slide

  57. https://ymd5022002.github.io/map-art-jp/

    View full-size slide

  58. https://tinyurl.com/y32z48lo

    View full-size slide

  59. https://github.com/optgeo/cudi

    View full-size slide

  60. optgeo/cudi
    optgeo/kid-c に Charites で地図
    アートの干渉色を設定。

    View full-size slide

  61. https://optgeo.github.io/cudi/#17.22/35.146441/138.804893/89.6/60

    View full-size slide

  62. Raspberry Pi に SSD を追加接続
    したら、HDD がクラッシュ!
    ❖ x.optgeo.org 修復中
    ❖ ご迷惑をおかけしております
    ❖ 改善チャンス!
    1. Apple M1 でのタイル生産
    2. タイルを SQLite からホスト

    View full-size slide

  63. kid-c tile production on MacBook Air (M1, 2020)

    View full-size slide

  64. PtGI Partnership through Geospatial Information
    地理空間情報によるパートナーシップ
    地理空間情報の専門性で
    統治に貢献する

    View full-size slide

  65. ベクトルタイルと
    ボクセルタイルによる
    シンプルで自由な可視化について
    国連ベクトルタイルツールキット主任
    藤村 英範(ふじむら ひでのり)
    2021-12-30T16:00/17:00 (45 min)
    Data Visualization Japan Meetup 2021

    View full-size slide

  66. https://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/r02/hakusho/r03/html/n2a13c01.html

    View full-size slide