Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

Jenkinsによるパフォーマンステストの自動化

 Jenkinsによるパフォーマンステストの自動化

9054e8c93ca920a18b9822237c09f0a4?s=128

Hidetake Iwata

October 19, 2012
Tweet

Transcript

  1. 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 1 @int128 Jenkinsによる パフォーマンステストの自動化

  2. 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 2

  3. 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 3 パフォーマンステスト?

  4. なぜパフォーマンステストが必要か? 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 4 • キャパシティプランニング • 品質保証 • 性能

    • ユーザビリティ • 信頼性(→ストレステスト)
  5. キャパシティプランニング 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 5 想定需要に耐えうるシステム構成を見積もり、 新規や拡張の計画に活用する。 負荷 or データ件数 リソース使用量

    or 所要時間
  6. なぜ自動化が必要なのか? 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 6 • テスト可能な要件や設計を考える動機付け • 実行コストを下げる • 作業ミスを排除する

    • 夜間や休日を有効活用する
  7. パフォーマンステストの実行 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 7 1. 事前条件 • データセットの投入 • アプリケーションの設定

    2. 負荷生成 or アプリケーション実行 3. ログ収集 4. 分析 • スループット、時間、リソース • 事後条件
  8. パフォーマンステストのワークフロー 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 8 成果物 リポジトリ デプロイ スモーク テスト テスト実行

    テスト結果 テストデータ (入力) テストスクリプト (シナリオ) 分析レポート 評価 テスト設計
  9. パフォーマンステストのワークフロー 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 9 成果物 リポジトリ デプロイ スモーク テスト テスト実行

    テスト結果 テストデータ (入力) テストスクリプト (シナリオ) 分析レポート 評価 テスト設計
  10. 継続的パフォーマンステスト 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 10 継続的インテグレーションにおいてパフォーマンステストも実 施することで、 • 早い段階からパフォーマンスの問題に対処できるのでは ないか? •

    テスト可能な要件や設計を決める動機付けになるのでは ないか?
  11. 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 11 設計 実装 テスト コミット ソースコード リポジトリ ビルド

    ユニット テスト 統合 テスト ドキュメント コードチェック テストレポート 成果物 リポジトリ コード レビュー フィードバック テスト設計 テスト計画 継続的インテグレーション のワークフロー
  12. 12 設計 実装 テスト コミット ソースコード リポジトリ ビルド ユニット テスト

    統合 テスト ドキュメント コードチェック テストレポート 成果物 リポジトリ デプロイ スモーク テスト パフォーマンス テスト テスト結果 コード レビュー テストデータ テストスクリプト 分析レポート 評価 フィードバック テスト設計 テスト設計 テスト計画 継続的パフォーマンステスト のワークフロー 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会
  13. 13 設計 実装 テスト コミット ソースコード リポジトリ ビルド ユニット テスト

    統合 テスト ドキュメント コードチェック テストレポート 成果物 リポジトリ デプロイ スモーク テスト パフォーマンス テスト テスト結果 コード レビュー テストデータ テストスクリプト 分析レポート 評価 フィードバック テスト設計 テスト設計 テスト計画 継続的パフォーマンステスト のワークフロー 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会
  14. 必要なもの 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 14 プロセス リテラシー ツール

  15. 2012.10.19 第6回Jenkins勉強会 15 ありがとうございました