Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

IoT Business Transformation WG#1_share

F32e12e786420bb13a00c767cf03d452?s=47 hiromitsu jin
September 23, 2020

IoT Business Transformation WG#1_share

IoT Business Transformation WG#1_share

F32e12e786420bb13a00c767cf03d452?s=128

hiromitsu jin

September 23, 2020
Tweet

Transcript

  1. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. IoT Business Transformation

    WG 陣 宏充
  2. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 1 Contents 1.

    IceBreak 2. IoT Business Transformation WGのご紹介 3. IoT検定の概要 4. ミニセミナー 「IoT概要」の説明 5. アンケートのお願い 6. 最後に 7. SpecialThanks
  3. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 2 1. IceBreak

  4. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 3 1. self

    introduction 陣 宏充(Hiromitsu Jin) 外資系総合コンサルティング会社 所属 【略歴】 ⿅児島⼤学 卒 SI経験・DX(IoT/AI/xR/RPA)・新規事業開発経験を 活かし、先端的なDigital技術活用によるBPR支援に従事。 IoT検定 Professional Coordinator、JDLA Deep Learning for GENERAL。福岡市在住。 【肩書き】 ・日本ITストラテジスト協会 理事(JISTA) ・IoT検定・IoTリテラシー WG 主催者(福岡市IoTコンソーシアム) ・IoT Business Transformation WG 主催者(福岡市IoTコンソーシアム) ・IoT検定ユーザー試験開発 ワーキンググループ(IoT検定制度委員会) ・IoT検定ユーザー教育推進 ワーキンググループ(技術評論社) ・IoTプロ・コミュニティ福岡 リーダー(IoT検定制度委員会) ・Community Manager(DX(IoT/AI/xR/RPA)関連の企画運営) ・会社の新入社員向けのRPA講師 その他、セミナー開催や書籍執筆活動、試験対策本、試験問題提供などを社外で⾏っています。 xRアプリ開発、合成音声や、ObjectiveDetectionなども研究した実績があり、DX全般にかなり幅広い経験があります。 珍しい名前やキャラもあり、⼀度覚えてもらうのにはありがたい存在感を売りに、あちことで活動させていただいています。。キン グダム、銀英伝、Strategyものの漫画など好きです。 【著書】IoTのしくみと技術がこれ1冊で しっかりわかる教科書
  5. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 4 2. IoT

    Business Transformation WGのご紹介
  6. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 5 2-1. 前身のIoT検定・IoTリテラシーWGのコンセプト

    ・人と人とのマッチング ・新しいビジネスモデル構築 ・有識者のセミナー開催 ・IoT検定試験合格を目指した勉強会 ・人と人とのマッチング ・新しいビジネスモデル構築に繋げたい ・有識者のセミナー開催 2018年11月~2020年6月
  7. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 2-2. IoT検定・IoTリテラシーWGの実績① ・第⼀回

    戦略とマネジメント 2018年11月29日(木)18:30〜20:00 18名 ・第二回 産業システム 2018年12月13日(木)18:30〜20:00 9名 ~転職活動など業務多忙~ ・第三回 法律 2019年03月12日(火)18:30〜20:00 9名 ~フリーランサーからの転職~ ・第四回 ネットワーク 2019年04月24日(水)18:30〜20:00 7名 ・特別講演 IoT検定・IoTリテラシーWG【特別講演】 〜IoTの今後の展開と⼈材育成の重要性〜 2019年07月10日(水)18:30〜20:00 16名 ・第五回 データ分析 2019年10月23日 (水)18:30〜20:00 8名 ~業務多忙~ ・第六回 セキュリティー 2020年1月16日 (木)18:30〜20:00 12名 ~業務多忙~ ・第七回 プラットフォーム 2020年4月22日 (水)18:30〜20:00(Web研修)8名 ・第八回 デバイス 2020年5月20日 (水)18:30〜20:00(Web研修)13名 ・番外編 JDLA G検定対策 2020年6月24日 (水)18:30〜20:00(Web研修)40名 延べ140名 の方にご参加 いただきました。
  8. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 2-2. IoT検定・IoTリテラシーWGの実績② ↓AipCafe

    ↓EngineerCafe ↓SRP その他、コロナ禍では オンラインで開催中 ↓QBS-lab
  9. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 2-3. IoT Business

    Transformation WG のコンセプト IoT検定・IoTリテラシーWGとしては2020年6月で終了 ただ、以下の点によりWGを新たに開始することとしました。 ①DigitalTransformationに関連するKnowledgeとしての、IoTに関する期待の高さ。 ②私を含めたWG参加の皆様のインプット/アウトプットとしての場の提供。 ③コミュニティ啓蒙活動。 ★IoT BusinessTransformation WG★ ・IoT検定試験合格を目指した勉強会 ・有識者のセミナー開催 ・人と人とのマッチング ・新しいビジネスモデル構築に繋げたい
  10. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 9 3. IoT試験の概要

  11. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 10 3-1.IoT検定について 現在、IoT検定試験と呼ばれるものは2つあります。

    IoTシステム技術検定試験 モバイルコンピューティング推進コンソーシアム http://www.mcpc-jp.org/iotkentei/index.html IoT検定 IoT検定制度委員会 http://www.iotcert.org/ (法律やビジネス⾯の知識も問われており、 IoTを活⽤して企業を成⻑させていく⼒が 醸成されます) (技術に特化している)
  12. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 11 3-2.IoT検定の体系 今回はここ︕

  13. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 12 3-3.IoT検定の出題範囲

  14. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 13 3-4.IoTプロフェッショナル・コーディネータの合格者 福岡県はたったの3人、受験者数も少ないですが、実際にIoTプロ・コミュニティ

    でご活躍されている⽅が増加しています︕︕ 2020年1月 1002名の合格者︕
  15. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 14 4. ミニセミナー

    第一章 「IoTの概要」
  16. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 15 4-1. IoTの概要

  17. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 16

  18. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 17 4-1-1. IoTの概要

    IoT とは、さまざまなモノがインターネットにつながる仕組みのことで、 「Internet of Things」の略称になります。パソコンやスマートフォンだけでな く、テレビや⾞、エアコンなどのモノがインターネットにつながることにより、 我々の⽣活がどんどん便利になってきています。 ・すべてが繋がり、すべてが⾒える化 ・蓄積されたデータは宝 https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd112 120.html
  19. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 18 4-2. 産業分野のIoT

  20. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 19 4-2-1. 産業革命の遷移

    電⼒ 電⼒ 蒸気機関 蒸気機関 ⼈⼒・⾃然⼒ ⼈⼒・⾃然⼒ ⼤量⽣産 ⼤量⽣産 注文⽣産 注文⽣産 多品種化 多品種化 カスタマイズ⽣産 カスタマイズ⽣産 個⼈⽣産 個⼈⽣産 機械⽣産 機械⽣産 手作り 手作り コンピューターによる⾃動化 コンピューターによる⾃動化 標準化・規格化 標準化・規格化 個別仕様 個別仕様 個別仕様 個別仕様 コンピューターによる⾃律制御 コンピューターによる⾃律制御 ⼯場・機器・⼈間の⾃律連携 ⼯場・機器・⼈間の⾃律連携 産業革命以前 第1次産業革命 第2次産業革命 第4次産業革命 第3次産業革命  ⽔⼒  ⾺⼒  蒸気機関  鉄道  化学産業  科学的管理  コンピューター  インターネット  IoT/ビッグデータ  ⼈⼯知能/クラウド 第1次産業革命 第2次産業革命 第3次産業革命 ⽶国での⼀般的理解 ドイツでの⼀般的理解 産業革命以前 18世紀中〜 20世紀初〜 2010年代〜 1970年代〜 デジタル・ファブリケーション時代  農業社会から⼯業社会への転換  労働⼒の⽥園地帯から都市部への移動  資本家や企業の台頭と労働者との役割分離  農業社会から⼯業社会への転換  労働⼒の⽥園地帯から都市部への移動  資本家や企業の台頭と労働者との役割分離 内燃機関 内燃機関
  21. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 20 4-3. 身近なIoT

  22. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 21 4-3-1. ⾒守りサービスの例

    https://www.qottaby.jp/
  23. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 22 4-3-2. お寿司チェーンの例

    https://www.kurasushi.co.jp/smart_kura/
  24. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 23 4-3-3. 無人店舗の例

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/03/news120.html https://robotstart.info/2020/07/03/trial-naganuma-store-ai.html
  25. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 24 4-4. IoTの未来

  26. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 25 4-4-1. シェアリングエコノミー

    https://www.businessinsider.jp/post-217390 今後社会を⼤きく変えていくと考えられている「シェアリングエコノミー (シェアリング社会)」とは、個⼈などが保有している場所や乗り物などの遊 休資産を、インターネット上で賃借や売買、提供をするという新しい経済の動 きになります。 ↓Withコロナでどう変わっていくか︖
  27. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 4-4-2. 5Gの適⽤領域 データ量超増⼤

    × 即時性向上 1通信あたりのデータの嵩が増える  リッチ化する︓⾼精細や⾼⾳質になり臨場感、没⼊感 が増す  多角化する︓同時に取り扱える情報の選択肢が増える 1通信あたりのデータの種類が増える  制御用の情報(センサーやカメラからの情報)が増え る︓⾃動◦◦が実現する  参考可能な情報(ログ情報)が増える︓パーソナライ ズのパターンが増える、レコメンドの精度が向上する、 対象への理解が深まる タイムラグがほぼ無くなる  距離の制約が消える︓各地に散らばる⼈たち同⼠で同 時に何かやる、今やった/起きたことをすぐに取り込 んですぐ活かす 社会(利便性)向上系 医療分野  超⾼信頼低遅延通信の実現で移動中や遠隔地の⾼度診療が可能になり、 医療格差が解消される 農林⽔産分野  超⼤量端末同時接続の実現で作物や家畜などの状況を把握するセン サーと散⽔・薬剤散布や給餌を実施するロボットやドローンの制御が 可能になり、減少する従事⼈口を補える 土木建築分野  超⼤量端末同時接続と超⾼信頼低遅延通信の実現によって遠隔制御が 可能になり、危険度が⾼い⾼所・鉱⼭・災害地などの現場での安全な 作業が確保でき、またドローンの活用による⾼精度測量などの精度が 向上する 生活分野  ⾃動運転と遠隔制御によって、細分化された公共交通が実現する  センサー情報を駆使して状況を把握する店舗運営が可能になる  遠隔授業や家庭教師の実現によって、学習格差が解消される  ⼤量センサーと⾃動判定AIによって、防災・防犯・減災⼒が向上  VRオフィスとテレワークが実現する コンテンツ向上系 スポーツの場合⇒体験が深くなる  ⾃動制御が可能になってカメラ台数を⼀気に増やせることで、多地 点・ドローンなどによる多角度撮影ができるようになる  取得データの種類が増え分析できる情報が増えることで、選手のバイ タルデータ・顧客のバイタルデータ・環境データが取得できるように なる  AIが発達することでデータの有効活用レベルが上がり、多角的な分析 結果を提示できるようになる エンタメの場合⇒現実を超える仮想実現へ  即時性が向上することで出演者の居場所を問わない制作環境を実現さ せることや、同時多⼈数対応の参加型体験の提供ができるようになる スポーツ&エンタメに共通  1通信あたりの送信データの嵩が増え、⾼画質・⾼⾳質・8K360°リ アルタイムな⾼臨場感映像が提供できるようになり、また視聴者に合 わせた多種多様な映像・情報を提供できるようになる ⽣活者データ・ドリブン・マーケテイィング通信より https://seikatsusha-ddm.com/article/10129/
  28. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 27 4-4-3. MaaS(Mobility

    as a Service) 電⾞ タクシー バス レンタカー ⾃家用⾞ 配⾞サービス カーシェア ⾃転⾞シェア 電⾞ タクシー バス レンタカー ⾃家用⾞ 配⾞サービス カーシェア ⾃転⾞シェア MaaS 経路検索 支払 予約 配⾞手配 現 在 MaaS あなたのポケットに全ての交通を 個⼈で所有・個別に手配 手段の提供︓マイカーの所有や個別の手配・予約ではできない最適化された「移動体験」提供 価値の実現︓マイカー利用を減らし環境負荷の低減や移動の利便性・効率化を実現
  29. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 28 4-4-4.XaaSについて a

    a S s ervice サービス としての 〜 効用や満足などを提供する 形のない労働や役務のこと 〜 物理的実態/形あるモノの提供を伴わなわずに 機能や性能を提供して対価を受け取るビジネス IaaS PaaS SaaS Software(アプリケーションのこと) の機能や性能を提供するサービス Platform(OSやミドルウェアのこと) の機能や性能を提供するサービス Infrastructure(ハードウェアや設備のこと) の機能や性能を提供するサービス DaaS Desktop(PC画⾯/PCでできること) を提供するサービス MaaS Mobility(移動する) ための手段を提供するサービス CaaS Communication(会議やチャットのこと) の機能を提供するサービス サブスクリプション または従量課⾦など サービス設備や機材は サービス事業者の資産 オンライン・サービス /クラウド・サービス
  30. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 29 4-5. IoTと生活

  31. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 30 4-5-1. スマートスピーカーの例

    https://www.businessinsider.jp/post-212750
  32. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 31 4-6. IoTと⾦融

  33. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 32 4-6-1. キャッシュレス化もIoT①

    https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/cashless/image_pdf_m ovie/about_cashless.pdf
  34. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 33 4-6-2. キャッシュレス化もIoT②

    https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/cashless/image_pdf_m ovie/about_cashless.pdf
  35. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 34 4-7. IoTと働き⽅改革

  36. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 35 4-7-1. 働き⽅改革①

    https://www.it-tusin.com/it-tusin-teleworksupport.html
  37. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 36 4-7-2. 働き⽅改革②

    https://www.it-tusin.com/it-tusin-teleworksupport.html
  38. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 37 4-7-3. 働き⽅改革③

    https://www.it-tusin.com/it-tusin-teleworksupport.html
  39. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 38 5. アンケート

  40. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 39 6. 最後に

  41. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 40 6-1. ダイジェスト版

    プレゼントのご案内 https://gihyo.jp/news/nr/2020/05/1501 『図解でしっかりわかるIoTの教科書 IoT検定パワーユーザー試験対策対応』のダイジェスト版(電子版),無料公開
  42. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 41 6-2. IoT検定パワー・ユーザー試験

    公式本について https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4297111799/jinsight-22/
  43. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 42 6-3. 割引プロモーションコードのご案内

    IoT検定パワー・ユーザー試験に対応した「図解即戦力 IoTのしくみと技術がこれ 1冊でしっかりわかる教科書IoT検定パワーユーザー対応版」を、公式教科書とし て認定しました。 認定教材となった記念としてキャンペーンを実施します。本書籍(紙または電子 版)を購入した方限定に、IoT検定から受験割引用の10%OFFとなるプロモー ションコードを提供致します。 http://www.iotcert.org/info/skillup2020/
  44. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 43 7. SpecialThanks

  45. © 2020 Hiromitsu Jin All Right Reserved. 44 IoTの教科書 IoTのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

    https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN /4297111799/jinsight-22/ ネットコマース社 Libra https://www.netcommerce.co.jp/ 総務省 https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/wh itepaper/ja/r01/html/nd112120.html 7-1. 参考文献