Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS Systems ManagerとAWS Configのちょっといい話

C8b3d5eaa8c8a490a1530b9b5256a2a9?s=47 kaojiri
July 05, 2018

AWS Systems ManagerとAWS Configのちょっといい話

2018/07/05 OpsSecJAWS#1 登壇資料です。

C8b3d5eaa8c8a490a1530b9b5256a2a9?s=128

kaojiri

July 05, 2018
Tweet

Transcript

  1. Systems ManagerとAWS Configの ちょっといい話 2018/07/05 OpsSecJAWS #1

  2. AWS Systems Manager 使ってますか?

  3. Run Command コマンドのリモート実行 ステートマネージャー OS設定の一貫性を維持 インベントリ インベントリ情報を収集 メンテナンスウィンドウ 管理・保守タスクを 定期的に実行

    パッチマネージャー パッチ適用を管理 オートメーション 一般的な保守・デプロイ タスクを自動化 パラメータストア 機密データを一元管理 AWS Systems Manager
  4. Run Command コマンドのリモート実行 ステートマネージャー OS設定の一貫性を維持 インベントリ インベントリ情報を収集 メンテナンスウィンドウ 管理・保守タスクを 定期的に実行

    パッチマネージャー パッチ適用を管理 オートメーション 一般的な保守・デプロイ タスクを自動化 パラメータストア 機密データを一元管理 AWS Systems Manager 本日はここ
  5. インベントリ  • AWSの基本(責任共有モデル) • OSより下位レイヤーの部分はAWSで管理、それ以上は利用者責任 • インベントリのすごいところ • OS以上の管理ができる(ログインなしで) •

    責任範囲は利用者だけど、AWSの機能を使って管理できるように 責任共有モデル:https://aws.amazon.com/jp/compliance/shared-responsibility-model/
  6. お見合い AP ミドル・各種SW OS周り AWSインフラ Dev Ops 誰??? 初期導入時はインフラ側 に任せて構築してもらっ

    たので、その後のメンテ もOpsでお願いできると 思いがち。 こういうところの状態管 理って、EXCELで手で更 新とかそういう文化が残 ってる 初期開発が終わり Opsフェーズに入ると、 Opsは、OS以下の安定 稼働に注力しがち…
  7. Systems managerで解決 AP ミドル・各種SW OS周り AWSインフラ Dev Ops Systems managerで、

    EC2内の各種コンポー ネント情報を管理可能
  8. コンポーネントの一覧を確認可能

  9. 変更を追跡可能(AWS Config)

  10. みます?

  11. None
  12. 確認 顧客 顧客環境 AWS Config Excel 生成 AWS構成 パラメーターシート Lambda

    発火 本番環境 複製環境 + Ops 複製 検知
  13. None
  14. Tips • イベントドリブンでやるにはCloudWatchEventsだが… • Inventory Resource State Changeだとインベントリ変更に反応しない • これはカスタムインベントリのステータス変更に関するトリガー

    • 英語版のドキュメントにだけ記載あり https://docs.aws.amazon.com/systems-manager/latest/userguide/sysman-inventory-delete.html#sysman-inventory-delete-cwe • Config RulesのSSM:ManagedInstanceInventoryで対応する こっち こっちじゃなく て
  15. Tips • 変更時以外も発火する • 新規インベントリ関連付け時や、起動・停止時など • 厳密に「変更された時だけ」をトリガーしようとすると地味に条件は多い • ユースケースによってはスケジュール実行が無難なケースも… ◦停止時

    "invokingEvent":{ "configurationItemSummary":{   "changeType\":"DELETE", <…中略…> "messageType":"OversizedConfigurationItemChangeNotification", "recordVersion":"1.0" }, ◦起動時、新規インベントリ関連付け時など "invokingEvent":{ "configurationItemDiff":{ "changedProperties":{}, "changeType":"CREATE“ }, <…中略…> "messageType":"ConfigurationItemChangeNotification", "recordVersion":"1.3“ },
  16. まとめ • 宙ぶらりんな部分を無くす努力を • AWSの機能で実現できるならガンガン使おう (今回はSystems Manager ) • AWS

    Nativeが難しければ、既存ソフトとの併用を (今回はSystems Manager +Excel ) • ツール化で煩雑な作業を減らそう • 現場と管理者は良き関係を維持しよう
  17. Thank you