Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Power Apps/Power Automate for Office 365 でできる SharePoint リストを使ったアプリの構築 / Building apps with SharePoint lists via Power Apps and Power Automate for Office 365

Power Apps/Power Automate for Office 365 でできる SharePoint リストを使ったアプリの構築 / Building apps with SharePoint lists via Power Apps and Power Automate for Office 365

第 2 回 Japan M365 Dev User Group 勉強会 (https://jpm365dev.connpass.com/event/189229) に登壇したときのスライドです。

Takashi Shinohara

December 08, 2020
Tweet

More Decks by Takashi Shinohara

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Power Apps/Power Automate for Office 365 で
    できる SharePoint リストを使ったアプリの構築
    2020/12/8
    篠原 敬志 (@karamem0)

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    Name 篠原 敬志 (Takashi Shinohara)
    Company アバナード株式会社 シニアコンサルタント
    Award Microsoft MVP for Office Development (2018-)
    Twitter @karamem0
    Facebook t.shinohara.56
    LinkedIn tshino56
    Blog https://blog.karamem0.jp
    Community Japan M365 Dev User Group

    View full-size slide

  3. 本日のゴール
    システム開発として Power Platform を採用するときに、Power Apps/Power
    Automate for Office 365 を使うこと「何ができるのか」「何ができないのか」
    を理解し、アーキテクチャを決定するときの見極めの一助となればと思います。

    View full-size slide

  4. 最近よく言われること
    Microsoft 365 と Power Platform を使ってお客
    様にシステムを導入したい!ノーコード・ローコー
    ドで工数を削減したい!
    やりましょう!
    じゃあまず Power Platform のライセンスを買って
    もらってください!
    いや、ライセンス買ってもらうのはちょっと…
    タダでできないの?

    View full-size slide

  5. 最近とても言いたいこと
    Power Platform のライセンスを買え。
    話はそれからだ。

    View full-size slide

  6. とはいえ
    お客様にライセンスを買ってもらうのってハードルが高い
    契約外のところになるので提案しづらい
    固定費で費用が発生するということに対する不安がある
    システム開発を依頼する部署とライセンスを管理する部署が異なる
    お金の出どころが違うと調整が面倒
    システム開発費用に対してライセンス費用が高い (ように見える)
    100 ユーザーに 5 人月のシステムを使ってもらうとして (耐用年数 5 年)
    システム開発: ¥1,000,000 x 5 (人) = ¥5,000,000
    ライセンス: ¥5,980 x 100 (人) x 12 (ヶ月) x 5 (年) = ¥35,880,000
    Power Apps/Power Automate for Office 365 の範囲でもある程度はなんと
    かできてしまう

    View full-size slide

  7. 結局のところ
    タダでやりましょう! (血涙)

    View full-size slide

  8. Power Apps/Power Automate for Office 365
    Power Apps/Power Automate は単体としてライセンス販売されている製品です。
    ただし、Microsoft 365/Office 365 のライセンスがあるユーザーに対しては、
    Office 365 製品に接続するアプリ/フローを作成または実行することが可能になり
    ます。

    View full-size slide

  9. Power Apps/Power Automate のプラン比較
    Power Apps Power Automate
    プラン名 for Office 365 per apps plan per user plan for Office 365 per flow plan per user plan
    価格 ¥0 ¥1,090 /ユーザー/月
    ¥4,350 /ユーザー/月
    ¥0 ¥54,350 /月
    ¥1,630 /ユーザー/月
    アプリ/フロー数 無制限 2 無制限 無制限 5 無制限
    Dataverse ○ ○ ○ ○
    標準コネクタ ○ ○ ○ ○ ○ ○
    プレミアム コネクタ ○ ○ ○ ○
    カスタム コネクタ ○ ○ ○ ○
    環境の作成 ○ ○ ○ ○
    API コール回数 2,000 回 /ユーザー
    1,000 回 /ユーザーパス
    5,000 回 /ユーザー
    2,000 回 /ユーザー
    15,000 回 /フロー
    5,000 回 /ユーザー
    2020/12/8 時点の情報です。最新の情報は公式の URL を確認してください。
    https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/pricing/
    https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/pricing/

    View full-size slide

  10. Power Apps/Power Automate のアーキテクチャ
    プレゼンテーション ビジネス ロジック データ ストア

    View full-size slide

  11. Power Apps + SharePoint における 2 つの問題
    500 件問題 5,000 件問題
    Power Apps から SharePoint への操作には "委任"
    できない関数があり、そのような関数を使った場合に
    500 件までしか取得することができません。
    しきい値は 2,000 件まで上げることができるので、
    リスト アイテムがその範囲で収まることが予想される
    場合には有効な対応方法となります。それ以外の場合
    は "委任" できない関数を使用しないことでしか回避
    できません。
    SharePoint のリスト アイテムが 5,000 件を超える
    場合に並べ替えやフィルターをするとエラーが発生し
    ます。
    並べ替えやフィルターをする列に対してインデックス
    を貼ることが有効な対応方法となります。リスト アイ
    テムが 20,000 件までの場合はインデックスの自動管
    理によってインデックスが作成されるため対応が不要
    な場合があります。

    View full-size slide

  12. Power Apps の委任について
    委任できる場合 委任できない場合
    委任できる操作の場合、データ ソース
    側で実行され、クライアントにはその結
    果が返却されます。
    委任できない操作の場合、データ ソー
    スはすべてのデータを返却し、クライア
    ントで実行されます。

    View full-size slide

  13. SharePoint で委任可能な関数と演算子
    関数/演算子 数値 テキスト 真偽値 日付 複合型
    Filter ○ ○ ○ ○ ○
    Sort ○ ○ ○ ○
    SortByColumns ○ ○ ○ ○
    Lookup ○ ○ ○ ○ ○
    = ○ ○ ○ ○ ○
    <, <=, <>, >, >= ○ ○ ○
    StartsWith ○ ○
    以下の関数が委任 "できません"
    Search 関数
    in 句/EndsWith 関数
    Sum/Average/Min/Max などの集計関数

    View full-size slide

  14. 複合型での委任の制約
    参照列は Value のみ委任できます。ID では委任できません。
    ユーザーまたはグループ列は Email または DisplayName のみ委任できます。
    複数選択可能な選択肢列/参照列/ユーザーまたはグループ列を委任することはでき
    ません。

    View full-size slide

  15. 参照列を使った他リストの参照
    1:N (単一の参照列) N:N (複数選択可能な参照列)
    子から親への参照

    ID から LookUp で参照可能

    ID から LookUp で参照可能
    親から子への参照

    Value でフィルターが可能

    委任なしでのフィルターは不可能

    View full-size slide

  16. 参照列は使ったほうがいい?
    参照列の Value は一意であるべきですが一意であることは保証されません。ID が
    委任できない以上、Value をキーにするのはリスクがあります。Power Apps を
    UI として使うのであれば、参照列を使わないことをお勧めします。
    ただし、ID を数値で格納してしまうと、参照関係を追うのが難しくなってしまう
    ため、SharePoint の標準の UI も合わせて使うときなど、参照列にしたほうがい
    い場合もあります。また、データ移行をする必要がある場合も、参照関係の扱いに
    は注意が必要です。
    リストに定義できる参照列/ユーザーまたはグループ列は 12 が上限です。うち 2
    はシステムで使用しているため、ユーザーが追加できるのは 10 までになります。

    View full-size slide

  17. Power Apps での 5,000 件問題
    SharePoint REST API では、インデックスを作成した列でも、結果が 5,000 件
    を超えるとエラーになるという制限があります。ただし Power Apps は
    SharePoint REST API を使用していないため、そのような問題は発生しません。
    SharePoint に設定できるインデックスの数は最大 20 個です。インデックスを設
    定できる列の種類にも制限があるため注意が必要です。

    View full-size slide

  18. SharePoint でインデックスを作成できる列
    インデックスを作成できる列 インデックスを作成できない列
    1 行テキスト 複数行テキスト
    選択肢 選択肢(複数選択)
    数値 集計値
    通貨 ハイパーリンクまたは画像
    日付と時刻 ユーザーまたはグループ(複数選択)
    ユーザーまたはグループ 外部データ
    管理されたメタデータ カスタム列
    はい/いいえ
    参照

    View full-size slide

  19. DEMO
    SharePoint リストを使った Power Apps アプリ サンプル

    View full-size slide

  20. Power Automate の SharePoint コネクタ
    Power Automate の SharePoint コネクタは用意されているものだけでも多くの
    作業を行うことができます。アクションが用意されていない場合でも "SharePoint
    に HTTP 要求を送信します" を使って SharePoint REST API を実行できます。
    13
    トリガー
    47
    アクション

    View full-size slide

  21. Power Automate + SharePoint における問題
    Power Apps から Power Automate を呼び出す場合、アクションは Power Apps
    を実行しているアカウントで実行されます。そのため、いわゆる "権限の昇格" を
    行うことができません。
    有償プランであれば汎用の HTTP アクションを使ってアプリケーションのアクセ
    ス許可で SharePoint REST API を呼び出すという回避策が取れます。しかし
    Office 365 のプランでは HTTP アクションを使用できません。

    View full-size slide

  22. Power Apps と Power Automate を分離する
    SharePoint の "アイテムが作成または変更されたとき" のトリガーを使用すること
    で、Power Apps と Power Automate の実行ユーザーを分けることができます。
    トリガーの条件を指定することで、任意の値が設定されたときのみに Power
    Automate を実行することが可能です。

    View full-size slide

  23. Power Automate の API 要求の制限について
    Power Automate はユーザーが 24 時間以内に実行できる API 要求の数に制限が
    あります。Office 365 の場合は 2,000 が上限です。
    API 要求としてカウントされるのは以下の操作です。
    コネクタへのすべての API リクエスト
    HTTP アクション
    変数の初期化や合成などの組み込みアクション
    ただし制限を超えたからすぐにブロックされるわけではありません。また超過して
    いるかどうかを確認する方法は現時点では提供されていません。(まだ?)
    SharePoint コネクタには 60 秒間に 600 回までという制限があります。

    View full-size slide

  24. まとめ
    あれ?意外にいろいろできちゃうんじゃない?

    View full-size slide

  25. だが待ってほしい
    いわゆる市民開発者として社内のアプリを作る程度であれば Power Apps/Power
    Automate/SharePoint の組み合わせは十分に使えます。しかしシステム開発とし
    て顧客にアプリを提供するには機能以外にも考えることがたくさんあります。
    アプリの開発方法
    アプリのテスト方法
    アプリの運用方法
    全体として本当にそれが最適解なのか?ということを考えてほしいと思います。

    View full-size slide

  26. ご清聴ありがとうございました。
    質問はありますか?

    View full-size slide