Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

Service Development at Cookpad 2015 summer internship

2da0f25da3bb542a8724475589ac79a3?s=47 Ryo Katsuma
September 07, 2015

Service Development at Cookpad 2015 summer internship

2da0f25da3bb542a8724475589ac79a3?s=128

Ryo Katsuma

September 07, 2015
Tweet

Transcript

  1. 技術職インターンシップ 投稿推進部 部長 勝間 亮 クックパッドにおけるサービス開発

  2. 自己紹介 • 勝間 亮 (かつま りょう) • 2009.05~ クックパッド •

    サービス開発エンジニア ‣ 検索, 投稿, 新規事業, 会員事業, … etc • 2014.05~ 投稿推進部 部長
  3. 今日の流れ • 9:30~11:20 クックパッドのサービス開発 • 11:20~11:30 ! • 11:30~13:00 個人ワーク

  4. 今日の目的 “クックパッドのサービス開発の
 考え方を理解する”

  5. 今日のゴール 「今日からウチの部でよろしく!」 に(なんとか)対応できる

  6. 今日からよろしく? • 開発フェーズと目的を理解 • 今、何をすべきかを判断 • 最小のコストで実現

  7. !! 注意 !!

  8. 注意 • コードは書きません • 頭を使って考えてください

  9. サービス開発の考え方

  10. サービス? • クックパッドのWebサービス/アプリ • 目に見えている、利用できるもの ‣ 検索, レシピ投稿… ‣ ユーザー登録,

    ログイン… ‣ メール, Push通知…
  11. 根底にある理解

  12. 根底にある理解 誰も正解は知らない

  13. 根底にある理解 • 誰も正解は知らない ‣ 僕も分からない ‣ 社長も分からない

  14. 根底にある理解 • 限られたリソースの中で多くのトライ ‣ 失敗から学ぶ

  15. 根底にある理解 • 可能なかぎりの工夫 ‣ フレームワーク ‣ 先人の知恵

  16. 大事にしている考え • アジャイルなものづくり • リーンスタートアップ • 技術に対するスタンス

  17. アジャイルなものづくり • インクリメンタル ‣ いきなり理想形をすべて形にしない ‣ 一度に全部作らない

  18. アジャイルなものづくり • イテレーティブ ‣ 最初は小さくつくる ‣ 継続的に改良しながら大きくする

  19. アジャイルなものづくり コアを形に コア完成 追加機能Aを形に コア完成 追加機能Aを完成 追加機能Bを形に

  20. リーンスタートアップ 引用: http://www.amazon.co.jp/dp/4822248976

  21. リーンスタートアップ • サービス開発のプロセス論 ‣ このやり方をやればOK ⇨ × • 失敗を前提 ‣

    いかに早く無駄なく成功に辿り着けるか ‣ クックパッドの考えとマッチ
  22. リーンスタートアップ 1. ユーザの欲求をもとに
 課題と解決策が持つ価値を設定 2. 解決策を形にして、
 実際に利用してもらい価値を検証 3. 利用データを見ながら方向性を見直 し

  23. リーンスタートアップ 1. ユーザの 課題 2. 解決策 実際 3. 利用 し

    価値仮説
  24. リーンスタートアップ 1. ユーザの 課題 2. 解決策 実際 3. 利用 し

    MVPと検証 価値仮説
  25. リーンスタートアップ 1. ユーザの 課題 2. 解決策 実際 3. 利用 し

    MVPと検証 価値仮説 BMLループ
  26. 技術に対するスタンス • ユーザーの課題解決 ‣ ↔ 面白そうだからやってみる
 (= 技術のための技術 ) •

    解くべき課題は何?を明確に
  27. 例)RxJava導入編

  28. 例)RxJava導入編

  29. 例)RxJava導入編

  30. 例)RxJava導入編

  31. 解くべき課題 • 例) 主婦の持つ課題 ‣ 今日何作ろう?が決まらない ‣ 同じものを作りたくない ‣ 毎日買物には行けない

  32. 解くべき課題 • 例) 主婦の持つ課題 ‣ 今日何作ろう?が決まらない ‣ 同じものを作りたくない ‣ 毎日買物には行けない

    • 解) 人気レシピを探せる検索
  33. サービス開発の考え方 まとめ

  34. サービス開発の考え方 • 正解は誰にも分からない • 多くのトライを打つことが合理的 • 技術はユーザーの課題解決のため

  35. Q & A

  36. サービス開発のフロー

  37. 開発フロー • 課題発見 • 価値仮説 • MVP • 効果検証

  38. 開発フロー ‣ 課題発見 • 価値仮説 • MVP • 効果検証

  39. 課題発見 • ユーザーインタビュー ‣ アンケートから感情を理解するのは困難 ‣ コストは高いが確実 • ターゲット層と直接話す ‣

    課題発見以外の場面でも
  40. インタビュー " #

  41. インタビュー ユーザーの声を聞くのではない #

  42. インタビュー 声の背後にある具体的な体験を聞く #$

  43. インタビュー • 知りたいのは声の背後にある具体的体験 ‣ ユーザの「声」は自身が体験を分析した結果 ‣ 分析が正しい保証はない ‣ 普遍的な意見なのかどうかもわからない •

    体験をきちんと理解/分析し直してこそプロ
  44. 実際やるといろいろ難しい

  45. ユーザの話 夕飯の献立はどうやって決めますか? だいたい家にあるもので検索して、その日の気 分でメインを決めます。そのあと合いそうな副 菜を探してだいたい3品くらい作ります。 # "

  46. ユーザの話は不完全 夕飯の献立はどうやって決めますか? だいたい家にあるもので検索して、その日の気 分でメインを決めます。(実は家族にこの間に LINEで相談してた) そのあと合いそうな副菜を 探してだいたい3品くらい作ります。(実は作り おきのおかずで1品はすませます) # "

  47. ユーザは例外には触れない 夕飯の献立はどうやって決めますか? だいたい家にあるもので検索して、その日の気 分でメインを決めます。そのあと合いそうな副 菜を探してだいたい3品くらい作ります。
 本当は家族が食べたいものをリクエストしてく れる日は一番さくっと決まるんですけどね。 # "

  48. 体験を聞き出すコツ

  49. 具体的なシーンを 「夕飯の献立はどうやって決めますか?」 「昨日の夕飯の献立はどうやって決めましたか?」

  50. 具体的なシーンを 「いまスマートフォンをお持ちですか?
  実際に使っているところを見せてもらえますか?」

  51. 教えを請う • 教えてほしい姿勢の人には丁寧に説明 ‣ 話してる最中に次の質問を考えるのはNG

  52. 根堀り 葉堀り • 最初の質問から理解しようと努める ‣ 自ずと次の質問が湧いてくるはず ‣ 理解できるまで疑問があれば素直に質問

  53. 理解したことを確認 • 理解した内容を直接確認してみる ‣ 一部の回答だけ聞いて分かった気にならない

  54. 記録のコツ

  55. 役割分担 • メインインタビュアー • 記録係 " %

  56. 全部書く • 何が重要かはその場で分からない ‣ 誰かによるフィルタ前の生データ • 手書きで残す ‣ 話し相手の横でPCに向かれると距離 %

  57. 課題の発見 • 「絶対に必要」とする課題は何? • 現在の解決策は何?

  58. 課題発見 • 「絶対に必要」とする課題は何? • 現在の解決策は何? これは解決すべき課題?

  59. ユーザー抽出 • クックパッドのデータから抽出 ‣ 地域 ‣ 年代 ‣ 利用データ •

    メールでインタビュー許諾
  60. インタビュイー どういう層のユーザーを向いているか

  61. インタビュイー 社内スタッフもベンチマーク

  62. 引用: http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115917/
 http://www.oreilly.co.jp/books/9784873117218/

  63. 開発フロー • 課題発見 ‣ 価値仮説 • MVP • 効果検証

  64. 方向性のまとめ • 課題と解決策の仮説をまとめる • 自社フレームワーク ‣ 価値仮説シート ‣ EOGS ‣

    ステートメントシート
  65. まとめる意義 • 自分たちの思考整理 • 開発中にメンバー間で考えがぶれる ‣ 「何で作ってんだっけ?」の方向性を正す ‣ 限られた時間の中で目的を見失うのは無駄

  66. 価値仮説シート • シンプルなフォーマット ‣ ユーザー ‣ 欲求 ‣ 課題 ‣

    価値
  67. 価値仮説シート • (ユーザー) ________ は • (欲求) _______ (し)たいが •

    (課題) _______ (でき)ないので • (特徴) _______ (こと)に価値がある
  68. None
  69. 例) 人気順検索 • (ユーザー) レシピをさがすユーザーは • (欲求) 今日のメニューを早く決めたいが • (課題)

    多くのレシピから決められないので • (特徴) 人気レシピを探せる検索に価値がある
  70. EOGS • 多くのキャストを考慮するとき ‣ のせる/さがす/クライアント/クックパッド • 欲求をベース ‣ 方向性をまとめるのに向いてる ‣

    例)レシピコンテスト
  71. None
  72. 200万レシピ

  73. ステートメントシート • やること/やらないことを明確化 ‣ シンプルな機能を実現できる ‣ 新規アプリ開発に向いている

  74. お料理アルバム

  75. お料理アルバム

  76. 使い分け • 価値仮説シートはまず書く ‣ シンプルなので一番書きやすい • アプリならステートメントシート • いろんなキャストが絡むとEOGS

  77. 価値仮説シート • (ユーザー) ________ は • (欲求) _______ (し)たいが •

    (課題) _______ (でき)ないので • (特徴) _______ (こと)に価値がある
  78. 開発フロー • 課題発見 • 価値仮説 ‣ MVP • 効果検証

  79. MVP • Minimum Viable Product • 価値仮説が正しいかを検証 • 検証を行える可能な限り小さいもの ‣

    実装しないものは最も優れたMVP ‣ 例) 手書きのチラシ
  80. None
  81. プロトタイプ • 最短で動くものを作る ‣ 実装せずにできるとベスト • Flinto/Prott ‣ 絵だけで動くものができる ‣

    スマホで実現したときの疑似体験
  82. Flinto

  83. Flinto

  84. Flinto

  85. デザインルール

  86. 小さくためす • 限定ユーザーを対象 ‣ スタッフのみ ‣ 特定のユーザーのみ • いきなり全体リリースはしない ‣

    イレーティブな開発 ‣ ツールで工夫
  87. 限定公開 • Web: Chanko • iOSアプリ: Test Flight • Androidアプリ:

    Deploy Gate
  88. Chanko • Webで限定公開する仕組み • Railsの内製プラグイン ‣ Staffだけ ‣ 特定条件のユーザーだけ https://speakerdeck.com/mrkn/chanko

  89. None
  90. 小さくためす • 実装しない工夫 • 少人数で試す工夫 • ツールを最大限活用

  91. 開発フロー • 課題発見 • 価値仮説 • MVP ‣ 効果検証

  92. 検証 • 検証すべき数字をあらかじめ決定 ‣ 利用ユーザー数 ‣ リテンション数 … etc •

    定量的な情報で仮説を判断
  93. なぜ効果検証? • MVPを答え合わせ ‣ このまま進む? ‣ 方向転換すべき? 引用: Lean Analytics

    
 http://www.oreilly.co.jp/books/9784873117119/
  94. BMLループ idea data Build Measure Learn product

  95. BMLループ idea data Build Measure Learn 価値仮説
 何を学びたいか考える 検証 答えあわせをする

    MVP 学びたいものをつくる product
  96. 指標 • 物事を客観的に評価、判断するもの • サイト状態を示す指標 ‣ PV, UU … •

    ユーザーの行動を示す指標 ‣ CTR, CVR, リテンション …
  97. PV • ページが表示された回数 • 広告のimpression(imp)もほぼ同義 • 100人が1回表示 = 1人が100回表示 "

    # 5 PV
  98. UU • 期間内にサイト利用したユーザー数 " # 2 UU

  99. CTR (Click Through Rate) • クリック回数 / 表示回数 click CTR

    50%
  100. CVR (Conversion Rate) • 最終評価に辿り着く=コンバージョン ‣ 商品購入, 投稿完了など • コンバージョン数をPV,

    UUで割ったもの ¥ 離脱 CVR 50%
  101. リテンション • 操作xを行ったユーザーがn日後に操作y • (ざっくり)ユーザーが定着をしているか 5/1 5/2 5/3 & &

    & & & & & " # ' ( 2日後のリテンション率 25%
  102. 意思決定 MVP 評価 リリース範囲を拡大 リリース内容見直し 戦略練り直し(Pivot)

  103. 引用: http://www.oreilly.co.jp/books/9784873117119/

  104. サービス開発のフロー まとめ

  105. 開発フローのまとめ • インタビューによる課題発見 • フレームワークで価値仮説をまとめ • ツールを使ったMVP • 指標の評価による仮説の検証