2013年1Q RC opening #TechLunch

2013年1Q RC opening #TechLunch

2013年1Q RC opening
2013/01/16 (水) 12:00-13:00 @ Livesense TechLunch
発表者:福田 絵里

E60aa4f80303f3f386898546ddb3686a?s=128

Livesense Inc.

April 18, 2014
Tweet

Transcript

  1. 2013 年 1Q RC

  2. 期間限定で始まります。

  3. 発表時間 : 20 分 -> 7 分 (or 15 分

    ) 発表人数 : 3 名 -> 4 名 資料フォーマット : スライド (pdf) 推奨。 confluence 、 cui 可。 発表内容 : 自由 発表順番 : 入社順
  4. そもそも RC って何のためにやるの?

  5. None
  6. 1. 知的好奇心の刺激

  7. 1. 知的好奇心の刺激 ・未踏の分野への好奇心、探究心 ・新しい技術を取り入れるモチベーションに ・創造力つく

  8. 2. チームメンバーを知る

  9. 2. チームメンバーを知る ・仕事で普段関わらないメンバーのことを知る ・競争心、仲間意識の醸成→モチベーション UP ・メンバーの精通分野・興味対象を知る→コミュニケー ション活性化 → デュアルシューティングやべー春日△

  10. 3. 情報発信力強化

  11. 3. 情報発信力強化 ・要点をまとめる力、論理力 ・分かりやすく伝える努力による恩恵 ・表現する、ということに対して深く考えるきっかけに 「相手は何を必要としているのか?」 「発表の目的は何なのか?」

  12. 4. 自分の興味のある分野 ( 業務外 ) への学習の正当化

  13. 4. 自分の興味のある分野 ( 業務外 ) への学習の正当化 ・開発部としては業務に依存しない総合的な技術力向上 はあたりまえ ・他部署、株主、自分へのちょっとした 後ろめたさの解消

    ・勉強会実施は会社としてアピールできること
  14. 5. 発表という経験

  15. 5. 発表という経験 ・発表の心理的抵抗を減らす ・場所や相手が変われば表現方法も変わる ・ものづくりエキスパートのエンジニアは、「もの」の 表現方法も多様に ・伝えるから使ってもらえる ・ちょっとした度胸

  16. 6. 技術力向上

  17. 6. 技術力向上 ・知識 ++ ・発表内容を自由にすることにより、 技術内容の幅に制限を付けない ・後から検索できるように発表資料という財産を 永久保存

  18. 7. 個々人による目的のカスタマイズ

  19. 7. 個々人による目的のカスタマイズ ・エンジニアとして成長したいが、なんとかエキスポと かの登壇者を目指しているわけではない ・勉強会の目的は個人に依存するため、制約を少なめに ・勉強会の体制は開発部の意見を参考に

  20. 8. 外部プレゼンス向上

  21. 8. 外部プレゼンス向上 ・外部とのコミュニケーション促進≠外部プレゼンス向 上 ・コミュニケーションを増やすには、外のエンジニアと 仲良く話すだけでよい ・プレゼンス向上には、プロダクトや自らの能力を適切 に伝えることが必要

  22. 9. 外部、という意識の希薄化

  23. 9. 外部、という意識の希薄化 ・外部勉強会への興味がます ・内外問わない勉強会への参加 ・多種多様なコミュニティへの貢献→プレゼンス向上に も繋がる ・ IT 勉強会の Google

    Calender
  24. None
  25. IT 勉強会カレンダー

  26. 10. 採用力強化

  27. 10. 採用力強化 ・同じチーム・同じ部署・他部署・他企業・他国との仲 間意識 ・信頼している場をのぞきにくる ・面白そう!熱い!自由!と思われるようなチームへ

  28. 11. 他部署との関わりあい

  29. 11. 他部署との関わりあい ・ゲスト登壇 (HR, 事業推進部 ) ・お互いを知る→信頼しあえるチームへ ・ HR の勉強会にも呼ばれたり?

  30. 12. 業務と勉強会の両立

  31. 12. 業務と勉強会の両立 ・業務時間を削りたくないために、 RC の資料作成が面 倒 ・日々の業務の中でも、「緊急でないが重要なタスク」 をこなすことが求められる ・一人一人が業務の重要性と勉強会の意義を考え、自分 なりにはらおちする→両立できる

  32. 13. 息抜き

  33. 13. 息抜き ・環境を変えるとアイディアがわく? ・参加する側も目的を持つ方が望ましいが、ぼーっとし ているだけでもよいかもしれない

  34. 14. モテる

  35. 14. モテる ・男女問わない ・コミュ力 ++ ・おしゃれ度 ++

  36. Fin.