Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

負荷計測入門 #TechLunch

負荷計測入門 #TechLunch

負荷計測入門
2013/03/13 (水) 12:00-13:00 @ Livesense TechLunch
発表者:渡邉 惇

E60aa4f80303f3f386898546ddb3686a?s=128

Livesense Inc.
PRO

April 21, 2014
Tweet

More Decks by Livesense Inc.

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 負荷計測入門 渡邉 惇

  2. 動機 ・サーバー機器リプレースに伴う見積り ・渡邉のローカルPCが定期的に重くなる ★OSで何が起きているのかを知りたい! ・ロードが15ですね・・・やばい・・・ ・〇〇バウンダリィ(boundary)だね ★??な状況を脱したい!

  3. 教科書 - 4章1項

  4. 負荷計測の基本 ★ボトルネックが何かを見極めること ①Load Averageを見る ②I/O負荷 or CPU負荷を見極める ③具体的にどのプロセスがボトルネックか特定

  5. ①Load Averageを見る top uptime sar -q → load average: 0.31, 0.36,

    0.34 ★1分、5分、15分のload averageの平均値 → これがコア数を超えてくるとやばい(らしい)
  6. Load Averageって何? ★処理を実行したくても、実行できなくて待たされ ているプロセスがどれくらいあるか? 例: CPUの実行権限が与えられるのを待っているプロセス → CPU負荷が高い ディスクI/Oが完了するのを待っているプロセス → I/O負荷が高い

  7. ②I/O負荷 or CPU負荷を見極める sar コマンドを打つ %user ユーザーアプリケーションが動作しているCPUモード %system カーネルが動作する際のCPUモード %iowait

    I/Oの待ち率 %user → CPU %iowait  → I/O ※sar -P -ALL  CPUのコアごとの値がわかる ※sar 1 10  リアルタイム計測
  8. CPU負荷 ① sar ユーザプログラムの処理がボトルネックなのか、システムプログ ラムが原因なのか見極める ★ %system と %user をチェック

    ② ps aux 見えるプロセスの状態やCPU使用時間などを見ながら、原因と なるプロセスを特定 ※より詳細に調査が必要な場合も
  9. I/O負荷 ① sar -r + vmstat ・スワップ発生 or ・プログラムからの入出力が多い を切り分け

    ② ps aux 特定のプロセスが極端にメモリを消費していないかをチェック
  10. I/O負荷 sar -r kbmemfree メモリの空き容量 kbmemuserd 物理メモリ量 %memused メモリ使用率 kbbuffers バッファとして使用中の物理メモリの容量

    kbcached キャッシュ用メモリとして使用中の物理メモリ容量 vmstat / sar -W スワップが発生しているかを確認
  11. ③ボトルネックの原因のプロセスを特定 ps aux %CPU %MEM あたりをチェックして、やばそうなプロセスを特定

  12. ちなみに 今まで、話したことは、ほぼ全てMuninで見れる よ! ということで、コマンドが出力する値を理解すると Muninの値がよく理解できるようになりそうです ★Munin便利なので、積極利用します(してます)

  13. 結論 ★少しだけ負荷計測が怖くなくなった ★I/O負荷計測周りがよくわかってない ★Muninの見方(ポイントがわかった) ★107とか入ってコマンド打ってみたいですね ★コマンドの中身も知っとくとよさげ

  14. 次回 Nginx入門 メディア分析系

  15. おまけ 渡邉のローカルPCが重い件 CPUでもI/Oでもないっぽい → グラフィック?? → 引き続き原因調査に努めます