Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AI搭載型クラウド電子カルテ 「エムスリーデジカル」 を支える技術とチーム / About the technology and team behind the 'M3 Digikar', electronic medical record system

AI搭載型クラウド電子カルテ 「エムスリーデジカル」 を支える技術とチーム / About the technology and team behind the 'M3 Digikar', electronic medical record system

RubyWorld Conference2022発表資料
https://2022.rubyworld-conf.org/ja/

YouTube: エムスリーエンジニアリンググループ デジカルチーム紹介
https://www.youtube.com/watch?v=vBD3l1wADYs

エムスリーテックブログ
https://www.m3tech.blog/

M3 Engineering

November 11, 2022
Tweet

More Decks by M3 Engineering

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 2,700req/secを捌く AI搭載型クラウド電子カルテ 「エムスリーデジカル」 を支える技術とチーム @RubyWorldConference 2022-11-11

  2. について

  3. 日本の医師のエムスリー会員率 エムスリーが事業展開している国の数 全世界で医師会員合計 15 カ国 (※) 600 万人以上 90 %以上

    エムスリー が展開する医療従事者向け情報 サイト「m3.com」は30万人を突破、日本 の医師の9割以上が会員。(※) 全世界の医師の 合計 50%以上 (※) 2021年6月時点 インターネットを活用し、 健康で楽しく長生きする人を 1人でも増やし、不必要な医療コストを 1円でも減らすこと Mission
  4. について

  5. 本日お話しすること • エムスリーデジカルとは • 技術的なチャレンジについて

  6. デジカルとは? 医師の診療をラクにする AI搭載クラウド型電子カルテ

  7. クリニックのあらゆる課題を解決し、 医師の「患者と向き合う時間」を最大化 ※2018年版「過労死等防止対策白書」より(複数回答) 膨大なカルテの記載と管理 をもっとラクに 勤務医の時間外労働の発生理由の57.1%※ が「診断書やカルテ等の書類作成」。デジ カルでは、管理、入力をラクにする機能を 次々開発しています。 従来の電子カルテは、医師のカスタムニーズ

    に応え誰も使いこなせない、煩雑なシステム となりがちでした。デジカルは、機能、使い 勝手、デザインにこだわり極限までシンプル かつ汎用的な電子カルテを開発しています。 オンプレミスの電子カルテでは従来数年に一度 のリプレースが必要でした。またその度に数百 万円のコストが発生していました。 デジカルはクラウドだからこそ、そうしたコス トはゼロです。 複雑すぎる電子カルテを 極限までシンプルに 医療業界の商慣習を テクノロジーで解決
  8. 導入施設数は、ハイペースで成長中 クラウド電カルでは圧倒的 No.1 会社 シェア 22.3% A社 20.6% B社 7.8%

    C社 6.4% D社 4.6% 導入件数シェア M3デジカル累計導入施設数 5,000 ※2022年 m3.com調べ
  9. チーム体制 PdM 2名 Eng 9名 ※2022年11月時点 QA 4名 Design 1名

    計16名
  10. チャレンジ実現のための仲間を求めています!

  11. 技術的なチャレンジについて

  12. 様々な技術・ツール Backend Frontend Native App Infrastructure Monitoring Others

  13. スケールの変化: 2015年~ ここ (1~100)

  14. スケールの変化: 2021年~ ここ (3000~more)

  15. !?

  16. スケールの変化: 2021年~ 新プロダクト 「デジスマ診療」と連携 Ruby on Railsで マイクロサービスを新設 医療機関を一定数で分割し 負荷を分散

    現在13シャード ピーク時2,700rps ※ ※Railsが受けるリクエスト数の全シャード総計
  17. 💪 まだまだスケールしていきます

  18. なので、

  19. 🙌 チームもスケール させたいです!!

  20. 電子カルテは安定運用が最も大切 そのための技 術 的なチャレンジが 沢山あります 機能開発 安定運用 開発スピード維持向上 ユーザの期待に応えるために さまざまなチャレンジがあります

    毎月新機能や機能改善をリリース 医 師 のインタビューや 観 察 を 元 に、他電子カルテにない価値創出 を目指しています 2015年のサービスローンチ以降、 技 術 スタックのアップデートも 随 時 行い開 発 者 体 験 向 上にも向き 合っています
  21. 「エムスリー テックブログ」で検索!

  22. 詳しく知りたい方は ぜひブースにお越し下さい! Rubyクイズ実施中!!

  23. Thank you

  24. もっと詳しく知りたい方へ • エムスリーデジカルチーム紹介資料 • 【YouTube】エムスリーエンジニアリンググループ電子カルテチーム紹介 • 3年半デプロイのなかったクラウド電子カルテ体験版をついに本番追従させた話 • クラウド電子カルテに頑張らないデザインシステムを導入する •

    Infrastructure as "型付き" Code - 急成長する事業のインフラ再構築 • 【Tech Talk 動画紹介】メタバースでプログラミング
  25. https://jobs.m3.com/engineer/ カジュアル面談・応募はこちら