Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

KPTに慣れたチームがよりよい振り返りを行うために、K/P/Tのそれぞれにフォーカスをあてた考察

 KPTに慣れたチームがよりよい振り返りを行うために、K/P/Tのそれぞれにフォーカスをあてた考察

Masahiro Sato

October 01, 2022
Tweet

More Decks by Masahiro Sato

Other Decks in Technology

Transcript

  1. KPTに慣れたチームが、よりよい振り返りを行うために、
    K / P / T のそれぞれにフォーカスをあてた考察
    (それぞれは、何でないかの考察も添えて)
    佐藤 正大(@m3hiro3 | 株式会社ビットキー)
    2022/10/01 - XP祭り2022

    View full-size slide

  2. 佐藤 正大
    株式会社ビットキー
    - Manager of VPoE Office
    - Manager of bitkey platform
    佐藤 正大、写真
    @m3hiro3 | まさひろさん

    View full-size slide

  3. 佐藤 正大、写真
    佐藤 正大
    株式会社ビットキー
    ↑農業IoTスタートアップで PO 兼 SM
    ↑マーケティングSaaS スタートアップで
     大規模スクラムに我流で挑戦
    ↑SIer でウォーターフォールな開発

    View full-size slide

  4. 佐藤 正大、写真
    スクラムマスター、アジャイルコーチ的に、
    組織設計やファシリテーションをしてきた
    経験をベースに、”ふりかえり”の お話しします。
    佐藤 正大
    株式会社ビットキー
    ↑農業IoTスタートアップで PO 兼 SM
    ↑マーケティングSaaS スタートアップで
     大規模スクラムに我流で挑戦
    ↑SIer でウォーターフォールな開発

    View full-size slide

  5. 私の個人的な想いとして、上記をよく考えます。
    毎日の朝会 / デイリースクラム、毎週の振り返り / レトロスペクティ
    ブなどを、ポジティブに楽しく活発にすることは、生産性や効率を高
    め、企業や個人・プロダクトの優位性を高めると思っています。
    頻度の高いイベントこそ楽しく

    View full-size slide

  6. KPTに慣れたチームが、よりよい振り返りを行うために、
    K / P / T のそれぞれにフォーカスをあてた考察
    (それぞれは、何でないかの考察も添えて)
    佐藤 正大(@m3hiro3 | 株式会社ビットキー)
    2022/10/01 - XP祭り2022

    View full-size slide

  7. お話の前提
    1) ネガティブ状況の改善ではなく、
    ポジティブ状況をよりよくするTPISかも
    #0
    「みんなが下を向いて、沈黙している会議」
    「憂鬱・空気悪い会議」というシーンではなく、
    「活発なんだがネクストアクションがはっきりしない」
    「想いはあるけど言語化しきれず」というシーンに、
    効果がある事例をお話ししていると思います。

    View full-size slide

  8. お話の前提
    私自身が、振り返りをファシリテートする立場に
    なりやすいからこそ、KPTをよく使ってるだけかも。
    世の中には、KPT以外にたくさんのフレームワーク、
    振り返りのための視点があると思います。
    2) KPTがよく使われている
    というのは、私の思い込みかも(汗)
    #0

    View full-size slide

  9. 3) “何でないかの考察”
    というのは、必ずしもそうでないかも
    お話の前提
    ふりかえりは、チームのためのもの
    どんな形であっても、チームに必要なものを
    あくまで、”区別するといいかも”というご提案です
    #0

    View full-size slide

  10. 目線合わせ
    そもそも
    レトロスペクティブ
    とは?

    View full-size slide

  11. 私たちがレトロスペクティブと言うとき、それは「仕事が一
    段落したあとにチームのメンバーが集まり、チームのやり方
    やチームワークを検査し、適応する特別なミーティング
    (序文)
    プロジェクト終了時に、プロジェクトの経験から何かを学
    び、次回の改善計画を立てるために開かれる会
    (訳者ふりかえり)
    ちなみに、
    レトロスペクティブの訳語には、「ふりかえり」が使われる
    ことが多い。「振り返り」と「ふりかえり」の違いは、前者
    は一般動詞、後者は本書のテーマであるレトロスペクティブ
    を指している。
    (訳者ふりかえり)

    View full-size slide

  12. レトロスペクティブの構成
    1. 場を設定する
    2. データを収集する
    3. アイデアを出す
    4. 何をすべきか決定する
    5. レトロスペクティブを終了する
    本書において、KPTは ”4.何をすべきか決定する” の手法とし
    て紹介されています。
    同時に、KPT以外の手法(スキーム / 短い話題)もたくさん
    紹介されており、チームが飽きてしまうことを防いだり、豊
    かなアイデアを出したりするために、手法を変えていくこと
    が推奨されています。
    👉 ただ、本発表では、あえてKPTにフォーカスをあてます

    View full-size slide

  13. フォーカスをあてることによって、”どのようなスキームを使用しても
    共通する本質”があるような気がしています。
    特に、「それは、何でないのか?」を考えることに、チームビルドや
    コミュニケーション、ファシリテーションのヒントがある気がしてい
    ます。
    あえてKPTにフォーカスを

    View full-size slide

  14. FOCUS
    Problem Try
    Keep

    View full-size slide

  15. Problem Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above

    View full-size slide

  16. FOCUS - Keep

    View full-size slide

  17. FOCUS
    Problem Try
    Keep

    View full-size slide

  18. Keepとは?
    - 続けること
    - 続けるべきこと
    - 続けると、ハッピーな効果を得られるアクション
    - ”XXXを続けるべきだ”、と主張されたこと
    - ”XXXを続けるべきだ”、とチームメンバーから主張されたこと

    View full-size slide

  19. Keepとは?(コンテクストを考察する)
    - ”XXXを続けるべきだ”、とチームメンバーから主張されたこと
    - なぜ、彼/彼女は、”XXXを続けるべきだ”と主張したのだろうか?
    - それは、「いままで、やっていないこと」をやってみた可能性が高い
    - それは、「自分のアタリマエだったが、新しい感謝・メリット」を感じた可能性が高い
    - つまり、新規性のある挑戦・新規性のある気づきである(可能性が高い)

    View full-size slide

  20. - なぜ、”新規性のある挑戦・新規性のある気づき”をチームに共有するのか?
    - それは、新規な挑戦や発見を賞賛されたいから
    - それは、それによるメリットを、もう一度 自分が獲得したいから
    - それは、それによるメリットを、他の人にも再現してほしいから
    - もしかしたら、そのメリットは、何かをきっかけになくなってしまうかもしれないから
    - つまり、チームに再現性をもたらすアイデアこそが、Keep
    - *チームにある再現性を、文化・価値観とよぶはず
    Keepとは?(より抽象的に捉える)

    View full-size slide

  21. - チームに再現性をもたらすアイデアが、Keep
    - 「XXXをしたら、ZZZという効果を得た。だから、”みんなも”XXXは継続するべきだ」
    - 新しい挑戦からの効果が、Keep
    - 「前回のTryをしたら、ZZZという効果を得た。だから、〜」
    - 新しい気づきが、Keep
    - 「普段、私はXXXをしているが、改めて、ZZZという効果に感動した。だから〜」
    Keepとは?(より具体的な文法に置き換える)

    View full-size slide

  22. - チームに再現性をもたらすアイデアが、Keep
    - 「XXXをしたら、ZZZという効果を得た。だから、”みんなも”XXXは継続するべきだ」
    - 新しい挑戦からの効果が、Keep
    - 「前回のTryをしたら、ZZZという効果を得た。だから、〜」
    - 新しい気づきが、Keep
    - 「普段、私はXXXをしているが、改めて、ZZZという効果に感動した。だから〜」
    Keepとは?(より具体的な文法に置き換える)
    💡ただ、「再現性をもたらすアイデア=Keepだ!だせ!」と言われても、なかなか出てこないもの…
     そんな時は、「なんか、このスプリントで新しいことしたかな?」と新規に着目すると意外にいい。

    View full-size slide

  23. なにか、新しいことしたっけ?

    View full-size slide

  24. Problem
    Keep Try
    FOCUS

    View full-size slide

  25. Problem
    Keep Try
    FOCUS
    新規性と再現性

    View full-size slide

  26. Problem Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    新規性と再現性

    View full-size slide

  27. Keepは、何でないのか?
    - “よかったこと”ではない
    - それは、Good
    - Goodというポジティブな結果の背景にある行動が、Keep
    - Goodが悪いことなのではく、Goodは別の機会にとっておくと効率よく話し合える
    - “因果の証明”ではない
    - XXXとZZZの因果の証明は、必ずしも必要はない
    - なぜなら、チームにとって再現性が生まれ、メリットを享受できればいいだけだから
    - なぜなら、「また来週(タイムボックス|スプリント|イテレーション)に、新しい気づき
    を獲得し、チームとして微修正ができればよいだけだから
    - 過剰な深堀りをする必要はない(もちろん、深堀るべきシーンも、その手法もある)

    View full-size slide

  28. Problem Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    新規性と再現性

    View full-size slide

  29. Problem Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    Good
    因果の証明
    新規性と再現性

    View full-size slide

  30. FOCUS - Problem

    View full-size slide

  31. Keep Try
    Problem
    FOCUS
    新規性と再現性

    View full-size slide

  32. - 問題点
    - 問題、課題であると、感じたこと
    - 感じているとは、そこに感情がある
    - 理想に対して、ギャップがある事実
    - ただし、常に理想が言語化されているわけではない
    - 理想の状態が、チームで一致していることは、稀なことの方が多い
    Problemとは?

    View full-size slide

  33. - なぜ、彼/彼女は、”問題だ!課題だ!”と主張したのだろうか?
    - 問題だ!課題だ!と主張された時、そこにはどんな気持ちがあるだろう?
    - 怒り、ぷんぷん
    - イライラ、ムカムカ
    - もやもや、納得のなさ
    - やるせなさ、諦め、どーせさ、結局さ
    - まとめるならば、不愉快さ
    - つまり、マイナスの感情こそが、問題の根源にある
    Problemとは?(コンテクストを考察する)

    View full-size slide

  34. - ”マイナスの感情をチーム・他人に共有すること”には、恐怖がある
    - それは、非難される可能性がある
    - それは、評価を下げる可能性がある
    - だからこそ、Problemの発信には、恐怖を伴う
    - (プレーヤー視点なら)言えないことはストレスフル、他のこともやりたくない
    - (マネージャー視点なら)言われないことは、チーム不和・組織リスクに直結する
    - つまり、個人のマイナスをどれほど吐露できるかの勝負が、Problem
    - *勝負の方法、吐露できるチーム状態の作り方は、他発表にお譲りする
    - *心理的安全性というキーワードが、大切になってくる
    - さらに、個人のマイナスを発生させた”事実”こそが、Problem
    - 自分の”気持ち”はうまく表現できないかもしれないが、”事実=状況説明”はできるはず
    Problemとは?(より抽象的に捉える)

    View full-size slide

  35. - 自分の感情こそが、Problem
    - 「Aは、<マイナスの感情>を引き起こした。Aは問題だ」
    - 言語化しきれないものこそが、Problem
    - 「Bというシーン、少なくとも私はイライラした・もやもやした」
    - 事実こそが、Problem
    - マイナスの感情を引き起こした事実・状況説明が、何より大事、具体的である方がいい
    Problemとは?(より具体的な文法に置き換える)

    View full-size slide

  36. - 自分の感情こそが、Problem
    - 「Aは、<マイナスの感情>を引き起こした。Aは問題だ」
    - 言語化しきれないものこそが、Problem
    - 「Bというシーン、少なくとも私はイライラした・もやもやした」
    - 事実こそが、Problem
    - マイナスの感情を引き起こした事実・状況説明が、何より大事、具体的である方がいい
    Problemとは?(より具体的な文法に置き換える)
    💡もちろんチームの雰囲気などにもよりますが、感情や事実を共有してくれた方に対して、
     「ナイス吐露!」「吐露み(とろみ)最高!」「よ、事実名人!」とか、声かけるといいです(笑)

    View full-size slide

  37. ナイス!吐露み(とろみ)!

    View full-size slide

  38. Keep Try
    Problem
    FOCUS
    新規性と再現性

    View full-size slide

  39. Keep Try
    Problem
    FOCUS
    新規性と再現性 感情と事実

    View full-size slide

  40. Problem
    Keep
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    Keep
    新規性と再現性
    Try
    Problem
    感情と事実

    View full-size slide

  41. - “推論”・“他人の気持ち”ではない
    - 自分の気持ちは事実の一種だが、他人の気持ちは事実ではない
    - 大きな主語で表現してはいけない(みんな言ってる、あっちのチームは、普通は〜)
    - 「Xの時、Yさんの発言に、イラッとしました」 ←事実
    - 「Xの時、Yさんの発言で、みんな困ってます」 ←推論
    - “曖昧な否定”ではない
    - “ドキュメントがない”だけではなく、その悪影響・マイナスな事実は何か?
    - “アジャイルじゃない”、“DDDじゃない”、抽象度の高さと、曖昧さを混同しない
    Problemは、何でないのか?

    View full-size slide

  42. Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    Good
    因果の証明
    新規性と再現性 感情と事実

    Problem
    感情と事実

    View full-size slide

  43. Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    曖昧な否定
    Good
    因果の証明
    推論・他人の気持ち
    新規性と再現性 感情と事実

    Problem
    感情と事実

    View full-size slide

  44. Keep Problem
    FOCUS
    新規性と再現性 感情と事実
    Try

    View full-size slide

  45. - 試してみること
    - 試したみたい、試してみようよと、チームに提案すること
    - 自分だけではなく、チームへの提案
    - 実際の行動は自分だけかもしれないけど、チームに効果があると思えること
    - 未実施から実施にしてみたいこと
    - 未実施だからこそ、やってみたい
    - 経験がないからこそ、やってみたい
    Tryとは?

    View full-size slide

  46. - ”試してみたい”に対する、”私たちの前提”は、何だろうか?
    - 私たちは、よりよくしたいと思っている
    - 今はない状態から、次はある希望へ
    - より幸福を獲得したい
    - 私たちは、よいアジャイルなチームでありたいと思っている
    - 透明性・検査・適応を大切にしたい
    - コミュニケーション・シンプリシティ・フィードバック・勇気・リスペクトを大切にしたい
    - タイムボックス(スプリント|イテレーション)を基準に行動する
    - そして、次回も、レトロスペクティブはある
    Tryとは?(コンテクストを考察する)

    View full-size slide

  47. - 次のタイムボックスにおけるアクションアイテム
    - 次のタイムボックスで、実行できる(終了後に検査できる)ことに意味がある
    - より具体的で、実行可能な大きさであることが、何より大切
    - SMARTの観点が参考になる|Specific(明確な)、Measurable(計測可能な)、
    Attainable(達成可能な)、Relevant(適切な)、Timely(適時適切な)
    - 全て着手できなくても、悲観する必要はない
    - チームに話すことができた、共有できただけ、解決する問題もある
    - そもそも問題でない、優先度が低いことも多い
    - 少なくとも、次の次のタイムボックスでは、問題の解像度は高まっているはず
    Tryとは?(より抽象的に捉える)

    View full-size slide

  48. - 具体的なアクションが、Try
    - 「(次のタイムボックスでできる大きさで)やってみる」
    - 軽量なアクションも、Try
    - 「XXについて、20分だけ議論する」「チケットを作る」「トイレに標語を貼る」
    - やらないことも、Try
    - Keepに取り上げられたけど、明示的にやらなくてもいい、チームの文化になったから
    - Problemに取り上げられたけど、”棚上げが最良”なときもある
    - 本当に問題なら、次のレトロスペクティブで取り上げられるはず
    Tryとは?(より具体的な文法に置き換える)

    View full-size slide

  49. - 具体的なアクションが、Try
    - 「(次のタイムボックスでできる大きさで)やってみる」
    - 軽量なアクションも、Try
    - 「XXについて、20分だけ議論する」「チケットを作る」「トイレに標語を貼る」
    - やらないことも、Try
    - Keepに取り上げられたけど、明示的にやらなくてもいい、チームの文化になったから
    - Problemに取り上げられたけど、”棚上げが最良”なときもある
    - 本当に問題なら、次のレトロスペクティブで取り上げられるはず
    Tryとは?(より具体的な文法に置き換える)
    💡因果を徹底的に分析したり、徹底議論をするタイミングやテーマもあると思います。むしろ、その
     分析や徹底議論の時間をとるアクションを Tryにするイメージがほどよいのではないかと思います。

    View full-size slide

  50. 棚上げが最良
    な、時もある

    View full-size slide

  51. Keep Problem
    FOCUS
    新規性と再現性 感情と事実
    Try

    View full-size slide

  52. Keep Problem
    FOCUS
    新規性と再現性
    Try
    軽量具体と棚上げ
    感情と事実

    View full-size slide

  53. Problem Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    新規性と再現性 感情と事実 軽量具体と棚上げ

    View full-size slide

  54. - タイムボックスを考慮しない大きさ
    - 次のタイムボックスで実行できるからこそ、検査と適応ができる
    - 立案されたけど、実行されないなら、現状と変化を起こせない
    - チームとして、実行を踏まえて、学習のサイクルが回ることが最も大切
    - 全てに対応しようとする
    - レトロスペクティブが、万能の解決策ではない
    - チームで何もせずとも、外部環境が変わり、問題でなくなることも大きくありえる
    - (もちろん、マネージャー/スクラムマスターは、外部環境にも気を払うべき)
    - ”チームとしては棚上げ”が最良の時もある
    - (むしろ、棚上げの良さ、不安を取り除くように、学習を促すといいかも)
    Tryは、何でないのか?

    View full-size slide

  55. Problem Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    曖昧な否定
    Good
    因果の証明
    推論・他人の気持ち
    新規性と再現性 感情と事実 軽量具体と棚上げ

    View full-size slide

  56. Problem Try
    Keep
    FOCUS
    None of the above
    曖昧な否定
    Good
    因果の証明
    推論・他人の気持ち
    過大アクション
    全対応・全解決思考
    新規性と再現性 感情と事実 軽量具体と棚上げ

    View full-size slide

  57. Problem Try
    Keep
    Overview
    None of the above
    曖昧な否定
    Good
    因果の証明
    推論・他人の気持ち
    過大アクション
    全対応・全解決思考
    新規性と再現性 感情と事実 軽量具体と棚上げ

    View full-size slide

  58. 立ち返り
    そもそも
    レトロスペクティブ
    とは?

    View full-size slide

  59. 私たちがレトロスペクティブと言うとき、それは「仕事が一
    段落したあとにチームのメンバーが集まり、チームのやり方
    やチームワークを検査し、適応する特別なミーティング
    (序文)

    View full-size slide

  60. 私たちがレトロスペクティブと言うとき、それは「仕事が一
    段落したあとにチームのメンバーが集まり、チームのやり方
    やチームワークを検査し、適応する特別なミーティング
    (序文)

    View full-size slide

  61. 私の個人的な想いとして、上記をよく考えます。
    毎日の朝会 / デイリースクラム、毎週の振り返り / レトロスペクティ
    ブなどを、ポジティブに楽しく活発にすることは、生産性や効率を高
    め、企業や個人・プロダクトの優位性を高めると思っています。
    頻度の高いイベントこそ楽しく

    View full-size slide

  62. 頻度の高いイベントこそ、特別なものに

    View full-size slide

  63. KPTに慣れたチームが、よりよい振り返りを行うために、
    K / P / T のそれぞれにフォーカスをあてた考察
    (それぞれは、何でないかの考察も添えて)
    佐藤 正大(@m3hiro3 | 株式会社ビットキー)
    2022/10/01 - XP祭り2022
    カジュアル面談・雑談・ワイワイ→ 

    View full-size slide