NNOVATION PATH

Df24915d508e0f89ea1868c1b9819443?s=47 masashiokawa
September 05, 2018

NNOVATION PATH

Df24915d508e0f89ea1868c1b9819443?s=128

masashiokawa

September 05, 2018
Tweet

Transcript

  1. 1.

    1 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 1 2018年9月5日 INNOVATION PATH 横田幸信 (i.school、i.lab) i.school: http://ischool.or.jp i.lab: http://ilab-inc.jp yyokota@ischool.or.jp
  2. 2.

    2 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 横田 幸信 Yukinobu Yokota i.lab マネージング・ディレクター i.school ディレクター 早稲田大学ビジネススクール非常勤講師 九州大学理学部物理学科卒業、九州大学大学院理学府凝縮系科学専攻 修士課程修了、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課 程中途退学。修士課程修了後は、野村総合研究所にて経営コンサル ティング業務に携わる。 その後、イノベーション教育の世界的先駆機関である東京大学i.school では、2013年度よりディレクターとして活動全体のマネジメントを 行ってきた。イノベーション創出のためのプロセス設計とマネジメン ト方法を専門として、コンサルティング活動と実践的研究・教育活動 を行っている。 大学での研究活動とi.labのプロジェクトを通じて、発明者として34件 の特許をクライアントと共同で取得・出願している。 近著に「INNOVATION PATH」(日経BP社)がある。 Physics Innovation Design Business Engineering
  3. 3.

    3 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 大学・大学院での教育・研究 2009年、東京大学知の構造化センター内に「東京大学i.school」として設立 2017年より、一般社団法人i.schoolとしてリニューアル 「イノベーション人材」の育成  創造的課題に対して成果物を出せる  創造的課題のためにプロセスのデザインとマネジメントが出来る 「人間中心イノベーション」の提唱  人や社会の洞察に始まるイノベーション イノベーション教育組織、i.school
  4. 4.

    4 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. i.labのプロジェクト実績 未来の暮らしを見据えた研究ビジョンの探索(LIXIL) 社内ビジネスプランコンテストの企画運営支援(SCSK) 未来のモビリティーと交通インフラ(自動車メーカー) 技術の非連続進化が誘発する未来の潜在ニーズ(自動車関連企業メーカー) 新興国都市部における社会インフラのイノベーション(三菱重工業グループ) ICTを用いた未来の製品コンセプトと日常生活のデザイン(情報通信キャリア) スキンケア・ヘルスケアに関する新規事業開発(化粧品メーカー) 新規カテゴリーの商品開発(食品メーカー) 既存ブランドのユーザー視点でのリ・ブランディング(食品メーカー) 新規コンサルティングサービスの開発(三菱総合研究所) シナリオプランニングの研究活動実行支援(野村総合研究所) ・ ・ ・ 暮らし (家電、住設機器、 食品、ヘルスケア等) 先端技術 (シンクタンク、情報通 信、行政・研究機関、化 学・材料) 社会インフラ (自動車・交通、産業機械 等) イノベーションコンサルティング企業、i.lab
  5. 5.

    5 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. i.labは、近年注目を集めているイノベーティブな新規事業開発のためのコンサルティングを対象としています。プロジェクト のマネジメントをするだけではなく、クライアントとともにアイデアを創出するプロセスを大切にしています i.labのコンサルティング業界での位置付け 1. i.labについて デザインコンサル (IDEO、designit等) 戦略 マネジメント オペレーション 製品・サービス コミュニケーション 既存事業 新規事業 戦略コンサル (マッキンゼー、BCG等) 広告代理店 (電通、博報堂等) IT系コンサル (Accenture、IBM等) デザイン 事務所 事業開発系 戦略コンサル (Dream Incubator等) i.lab
  6. 6.

    6 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. Innovation 実践 x 理論
  7. 7.

    7 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. i.labは、イノベーション・コンサルティング分野においても、特に「0」から「1」を生み出す「創出」のフェーズに重きを 置いています。近年は、「1」から「10」までを範囲とする依頼も増えています 1. i.labについて イノベーションスクール/ デザインスクール 技術経営(MOT)/工学系教育/ アントレプレナーシップ教育 ビジネススクール(MBA) 1 アイデア 10 市場投入 100 普及 0 情報 創出 実現 拡大 イノベーションコンサル/ デザイン系コンサル 事業開発に強みのある 国内外戦略ファーム 外資系戦略系ファーム i.labのコンサルティング業界での位置付け
  8. 8.

    8 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. Innovation ?
  9. 9.

    9 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. Innovation Bibles
  10. 10.

    10 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 10 50 Innovations 150 People
  11. 11.

    11 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 11 GT ARTS, Inc Jon Osborne 2 Funky The Department for Culture, Media and Sport 「イノベーション」は、技術革新の有無にはよらない。 人や社会を不可逆的に変化させる、新しい価値を提供することが本質。
  12. 12.

    12 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. ▶ アイデアの本質は、既に存在していた目的と手段の情報の間に、新しい関係 性を見いだすこと。 ▶ アイデアを生み出す思考は、情報処理プロセスと捉えられる。 ・炭素の線に電気を流すと光る 手段 (機能、形状、仕組み) 目的 (価値、課題) ・暗い場所を明るくする 電球
  13. 13.

    13 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 13 My Innovation Bible
  14. 14.

    14 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 14 もしお求めの場合は、現代バージョンになってます。
  15. 15.

    15 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. INNOVATION PATH 〜成果を出すイノベーション・プロジェクトの進め方〜 横田幸信著 2016年7月15日発売 日経BP社 1. イノベーションの新潮流をつかめ 2. イノベーションを起こす人材に育つ・育てるために 3. 既存事業とはコンセプトの異なるアイデアを生み出す ためには 4. アイデアを収束させ、品質を高めていくには 5. イノベーション・プロジェクトの設計とマネジメント 事例 6. イノベーション・プロジェクトで成果を出すために INNOVATION PATH 〜成果を出すイノベーション・プロジェクトの進め方〜 横田幸信著 2016年7月15日発売 日経BP社 1. イノベーションの新潮流をつかめ 2. イノベーションを起こす人材に育つ・育てるために 3. 既存事業とはコンセプトの異なるアイデアを生み出す ためには 4. アイデアを収束させ、品質を高めていくには 5. イノベーション・プロジェクトの設計とマネジメント 事例 6. イノベーション・プロジェクトで成果を出すために
  16. 16.

    16 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 16 Innovation How
  17. 17.

    17 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 17 情報 イノベーション 企業 人材 業務プロセス 経営システム
  18. 18.

    18 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 18 プロセスの話
  19. 19.

    19 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 19 問い:良いアイデアを生み出すプロセス・方法は存在するか?
  20. 20.

    20 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 20 問い:良いアイデアを生み出すプロセス・方法は存在するか? 私見:打率をあげるプロセス・方法は存在する
  21. 21.

    21 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 21 『ぼくは天才ではありません。なぜかというと、自分がど うしてヒットを打てるかを説明できるからです。』 『自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなけ ればならない。』
  22. 22.

    22 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 22 0 分散した情報 1 アイデア アイデアを生み出す思考を、 情報処理プロセスと捉える
  23. 23.

    23 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 人間 技術 社会 市場 アイデア 23 プロセスの一般化
  24. 24.

    24 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 人間 技術 社会 市場 アイデア 4. 人間 1. 技術 2. 市場 3. 社会 24 プロセスの一般化
  25. 25.

    25 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 1. 技術起点アプローチ • この基礎技術を使って、どのような製品開発がで きそうか? • 今後どのような技術領域がホットなのか? • 基礎技術の用途探索、特定技術の開発展望分析 (技術ロードマップ作成) • By R&D系の事業開発部門、技術系の戦略コンサ ル・シンクタンク、ビジネススクール(MOT系) • 成長性・話題性のある新興製品・サービス分野 の探索、既存成熟製品・サービス分析(Break the Bias、ブルーオーシャン戦略) • By 経営企画系の事業開発部門、戦略コンサル・ シンクタンク、ビジネススクール(MBA系) • 未来洞察、シナリオプランニング、社会課題の特 定、国際機関のレポート調査、特定の社会テーマ の専門家ヒアリング • By シンクタンク、NPO・NGO、国際開発機関、ビ ジネススクール(エグゼクティブMBA系) • 生活者インタビュー、行動観察調査 • By デザインリサーチ部門、デザインコンサル 2. 市場起点アプローチ • どの市場が今後拡大するのか? • どの地域・消費者層が今後有望か? • 敢えて競合製品とは異なる価値や体験は他にない か? 3. 社会起点アプローチ • 現在注目を集めている社会課題は何か? • 未来を見据えた際に、これから顕在化してくる社 会課題は何か? 4. 人間起点アプローチ • この製品・サービスを使っている人が感じている 本質的な価値はどこにあるのか? • ニーズとしては顕在化していないが、可能性のあ る無消費の機会はないか? 25
  26. 26.

    26 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 26 一長一短がある アプローチ + ー 技術起点 当たれば大きく、自社 優位性を確保しやすい 近年は打率低い お金と時間の投資規模 が大きい 市場起点 有望性は論理的に皆で 納得可能 具体的アイデアがある ようで実はない 他社も似たようなこと を考えている 社会起点 課題は明確かつ共感は 得られやすい 解決策の適用範囲が局 所的/部分的になりがち 人間起点 面白みがあり印象的な アイデアになりやすい 自社の強みが活かせて いる気がしない 事業スケールが小さく 思える
  27. 27.

    27 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 27 結局、人のやることなので、「統一理論」はない。 状況に応じて各方法論を分解・統合し使いこなす。
  28. 28.

    28 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 28 一方で、「定石」はある
  29. 29.

    29 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 29 手段系情 報 目的系情報 ! 手段系情報と目的系情報の 掛け合わせでアイデア発想
  30. 30.

    30 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 機会領域 アイデア 時間T 高い 低い 情報の 抽象度 抽象度の高い「機会領域」を設定し てからアイデアを出す
  31. 31.

    31 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 31 • 万能なものは存在しないので、プロセス自体をデザインする意思が、ま ずは大事。 • 「機会領域」と「目的と手段の関係性」は定石として知っておくと良い。 • プロジェクトやワークショップなどの機会を持って徐々に作りこむ。 プロセスの話の要点
  32. 32.

    32 2018 i.lab, Inc. All Rights Reserved. This material shall

    be the sole and exclusive property of i.lab, Inc. and shall not be used for any other purpose nor disclosed to any other party without i.lab’s written consent. 乾杯いきますか ?