アジャイルな受託開発を3年間やってみて

 アジャイルな受託開発を3年間やってみて

私のチームで実践しているスクラム開発の方法と、サービス・チームの状況に合わせて、どのように仕組みを調整してきたかをご紹介します。
2019/07/06のBattle Conference Under30での発表資料です。

F0493f5bcb4cc9fdccc54ae3e8ab6bd0?s=128

Kentaro Matsumoto

July 06, 2019
Tweet