Agile UX Research

608638a6cfefbf0c2294a30e55634f6d?s=47 mihozono
September 14, 2019

Agile UX Research

UX MILK fest 2019 キーノート

608638a6cfefbf0c2294a30e55634f6d?s=128

mihozono

September 14, 2019
Tweet

Transcript

  1. Agile UX Research @mihozono

  2. 自己紹介
 松薗 美帆 @mihozono
 株式会社メルペイ
 デザインチーム/ リサーチャー
 
 ・ C

    文化人類学専攻
 ・リクルートでデジタルマーケティング/プロダクト マネージャーを経験 ち、タウンワーク リ サーチチームを立ち上げ
 ・メルペイ2人目 リサーチャーとして2019年1 月にジョイン
 ・ライフワーク 離島 フィールドワーク
 
 @mihozono
 https://note.mu/mihozono

  3. メルペイについて


  4. None
  5. メルペイ コンセプトムービー https://youtu.be/ b rgq425c 
 


  6. 信用を創造して、
 なめらかな社会を創る
 MISSION

  7. お客さま満足度
 o.1
 
 =2.0 (業界上位6社平均 -18.5)
 2019年6月 D研究所調べ https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1808.html 


  8. リサーチチームについて


  9. メルペイ デザイン組織
 Design Product Design Visual Design UX Research 『デザイン組織

    つくりかた』ピーター・メルホルツ/クリスティン・スキナー著 https://amzn.to/2l Cahr 
 

  10. リサーチチームが立ち上がった背景
 / / 事業で やデザイナーが リサーチを実践し効果を体感してき た流れを大きく受けている
 「6,000万DL メルカリがユーザビリティテストを大事にする理由」 https://mercan.mercari.com/articles/2018-02-15-113000/

    「UK版メルカリ 、僕ら 中で生きている」サービス立ち上げメンバー 今 https://mercan.mercari.com/articles/16432/ 

  11. 2017年11月
 
 が毎週 ペースで リ サーチを実行
 会社設立
 リサーチチーム 歴史
 現在に至る


    
 11月
 
 から引き継ぎ オペレーションを 設計・実施
 チーム設立
 6月
 
 社内でチーム立 ち上げを検討 末、採用を開始
 検討開始
 2018年1月
 
 リサーチ活用幅 拡大に取り組 む
 2人体制に
 
 メルペイ
 ローンチ
 2月
 

  12. Agile esearch


  13. hat?
 
 Agileなデザインプロセスを
 支える esearch


  14. ow?
 
 毎週90分×4名 
 リサーチを継続中


  15. サイクル
 Day
 3
 Day
 4
 Day
 5
 Day
 1
 Day


    2
 実査 案件募集
 対象者選定
 対象者確定
 リサーチ設計
 roduct
 Designer
 
 esearcher
 実査 レポート
 
 roduct
 Designer
 
 esearcher
 デザイン・プロトタイプ作成
 Week 1 Week 2 …以後繰り返し

  16. メリット
 インハウスかつ専任 ため事業背景や領 域、仕様理解が深く 質 高いリサーチ 設計実行ができる
 「リサーチしたい」と 思ってからリクルー ティングなど動き出す

    で なく、あらかじ め枠を用意しておく
 月初に1ヶ月分まとめ てリクルーティングす ることで、予算/人的 コストともに削減がで きる
 
 uality
 安い 役に立つ Cost
 安い Delivery

  17. 役割分担と連携
 ・デザインやプロトタイ プ 作成
 ・前回と 差分や検 証ポイント 整理
 ・ やエンジニアと

    コミュニケーション
 ・リクルーティング
 ・リサーチ設計
 ・実査
 ・レポーティング
 
 Engineer
 arketing
 Data Analyst
 BizDev
 C やキャンペーン 印象評価
 定量データと組み 合わせて分析
 新規事業や領域 ニーズ検証
 esearcher
 roduct Designer
 Product Team Other Team Hub 依頼
 依頼
 相互
 補完

  18. e C 場合


  19. e C
 electronic Know Your Customer
 C 銀行口座開設などで必要な本 人確認手続き 総称

    ことで、これ をオンラインで行なう仕組みが e C。日本で初めてメルペイがリ リース!
 

  20. None
  21. 2018年11月
 
 日本でも実施可 能になり急ピッ チで開発開始
 e C関連 法改正
 スケジュール
 4月


    
 リリース後にも お客さま 実機 でリサーチ継続
 リリース!!
 
 2019年1月
 
 in isionでプロト タイプを作成し 検証
 プロトタイプ
 リサーチ開始
 リリース前14週間にわたって
 56名に リサーチを実施
 3月
 
 より本番に近い インタラクション で 検証
 開発環境リ サーチ開始

  22. メルペイ「アプリでかんたん本人確認」 撮影方法 紹介 https://youtu.be/kh y vdos 
 


  23. e C 難しさ
 初めて 体験
 自撮りへ 心理的抵抗
 ステップが多い
 表面・裏面・厚み 3ステップがあり、さらに各プロセスにおいてなりすまし防止

    ためにウィンクする、顔を傾けるなど タスクがある 
 
 e Cが初めて 自撮りという方もいらっしゃる中、不慣れで恥ずかしいという感 情にどう寄り添うことが出来るか? 
 
 従来 本人確認と異なり、インカメラで自分 顔と免許証を同時に写し認証する ということを理解していただく必要がある 
 

  24. リサーチを繰り返す中で 改善
 初めて 体験
 自撮りへ 心理的抵抗
 ステップが多い
 細やかなガイドやインタラクションでお客さまをサポートする 
 


    「自撮り」で なくあくまで「認証」というコミュニケーション 
 
 イラストやデザインチームで製作した説明動画を通して 
 本人確認に入る前に全体 フローをご理解いただけるようにする 
 

  25. e C × Agile esearch 効用
 小さく早く失敗しリスクを回避できる も や定量データになる リサーチドリブンな意思決定サイクルができる

    ずるずると先延 しせず決めざるを得ない状況を作る 
 不確実性 高いも でもファクトベースで意思決定を積み重 ることができる 
 n=1も積み重なれ 定量データ 
 リリース前にある程度 突破率も予測することが出来る 
 
 
 じめ突破率1/4から始まり、あらゆる失敗や気付きを重 て 
 突破率4/4になるまで改善を繰り返してきた 

  26. よく聞かれること


  27. 初心者 方:どうやって始めたらいい?
 リサーチ 日にしてならず チームを巻き込んで効果を体感してもらおう 予算がなけれ まず社内でやってみよう 予算 捻出が厳しい場合 まず社内で0円リサーチ

    
 社員に呼びかけてご家族・ご友人を紹介してもらう も一つ 手 
 、デザイナー、エンジニアなどチームにも同席してもらい 
 自分とお客さまがいかに異なるかを把握することがスタート地点 
 
 
 文化が根付くに 時間がかかるも だと覚悟を決め、根気強くいきましょう 
 メルペイ メルカリ / / 流れで文化が醸成されていた が大きい 

  28. 実践者 方:アジャイルにしていくに ?
 とにかくルーティーンにしてしまう リサーチャーを仲間にしよう! 外部パートナー 力を借りる メルペイ 場合、リクルーティング リサーチ会社に依頼していたり

    
 ルーティーン業務 アシスタントにリモートでサポートしてもらっている 
 リサーチが文化になってきたら、そろそろ採用を考えてもいいタイミング 
 プロダクトを中立に、かつ横断的に見れる 専任 リサーチャーならで 
 
 隔週、月1など自社に合ったサイクルを作ることが大事! 
 リサーチ日を目標に動きやすくなるし、オペレーションもルーティーンになる 

  29. hanks!