$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Alexaで365スケジュール読み上げ機能をAutomateで作る

MiyakeMito
January 16, 2022

 Alexaで365スケジュール読み上げ機能をAutomateで作る

MiyakeMito

January 16, 2022
Tweet

More Decks by MiyakeMito

Other Decks in Technology

Transcript

  1. おうじゃさんといっしょ ハンズオン企画 Alexaで365スケジュール読み上げ機能を Automateで作る

  2. Miyake Mito https://www.icsoft.jp/ @MiTo60448639 https://qiita.com/MiyakeMito 最近ずっとMVP

  3. アジェンダ Alexa で Exchange Online のスケジュールを 読み上げる スキル を みんなで作ろう!

    一人も脱落させないからね!
  4. 本日の内容 ▪ Alexaで365スケジュール読み上げ機能をAutomateで作る https://qiita.com/MiyakeMito/items/76024fb14f6ebf148643 マークのところは上記記事を参照です

  5. しくみ ① Alexaスキルを作成し、AutomateへリクエストをPosting ② Automateフローでカレンダスケジュールを取得 ③ スキルに取得したスケジュールを読み上げるよう応答

  6. ALEXA スキル を作成する

  7. Alexa スキル? Alexaとは Echo などの Amazonスマートスピーカーとユーザーとの間を取り持つエンジン Alexaスキル そのAlexaが提供するさまざまな機能 おすすめのスキル ・「Alexa、NHKニュース

    開いて」 ・「Alexa、ビストロミュージック 開いて」 ・「Alexa、快眠アシスト 開いて」 ・・・etc.
  8. Alexa スキルを作ろう! ① Amazon 開発者アカウントを作成する https://developer.amazon.com/alexa/console/ask/ ② スキルの作成 カスタム -

    ユーザー定義のプロビショニング- スクラッチで作成 ③ スキルの設定 スキルの呼び出し名 ④ 保存してビルド
  9. POWER AUTOMATE でスケジュールを取得

  10. Alexaとの送受信部分を作ろう! ① HTTP要求の受信時 要求本文のJSONスキーマ ② 応答 ヘッダー 本文 ③ HTTP

    POST の URLをAlexaスキルの エンドポイントに貼付け “HTTPS” を選択 “証明機関が発行したワイルドカード証明書を~” を選択
  11. Alexaとの送受信をテストしよう! ① Alexaシミュレータ ステージを「開発中」に変更 要求本文のJSONスキーマ ② スキルの呼び出し名を入力すると・・・

  12. ここで Automate の設定変更 設定 ⇒すべての Power Automate 設定を表示 試験的な機能 をオン

  13. スケジュールを取得しよう! ① イベントのカレンダービューの取得(v3) カレンダーID:予定表 開始時刻:utcNow() 終了時刻:addDays(utcNow(),1) 並び替え順:start/dateTime

  14. データを整形しよう、の前に!! Apply to each は極力撲滅! ・・・遅いからね

  15. データを整形しよう、の前に!! JSON配列の 全レコードから特定のカラム を取得する場合は 選択 ⇒ 結合 [開始]に含まれるカラムは item()?[‘カラム名’] で取得できる

  16. データを整形しよう、の前に!! JSON配列の 特定のレコードから特定のカラム を取得する場合は JSON解析してKeyを指定する

  17. データを整形しよう、の前に!! https://lab.syncer.jp/Tool/JSON-Viewer/ で解析して「Path」 object[2]['subject'] outputs(‘Action')?['value']? triggerBody()?['events']? [2]?['subject'] OR

  18. データを整形しよう! ① 選択 開始:イベントカレンダービューの取得の「Value」 マップ左:イベントカレンダービューの「開始時刻」※要編集 マップ右:イベントカレンダービューの取得の「件名」 ② 参加(結合) 結合する配列:①選択の出力 次を使用して結合:と

    ③ 応答を修正 本文:[結合の出力]を、②結合の出力
  19. 注意!! Alexaスキルとの通信部分は 有償ライセンスが必要です 期限なし無償の学習/開発用(個人向けプラン)がおすすめ Power Apps Community Plan https://powerapps.microsoft.com/ja-jp

  20. まとめ Alexa スキル と Power Automate の 組み合わせは強力です! ぜひ便利なスキルを作ってください

  21. ありがとうございました