Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

やさしいチームトポロジー

Naoya
November 07, 2023

 やさしいチームトポロジー

チームトポロジーという本が言いたいことをざっくり知る。
特に、4つのチームタイプ、3つのインタラクションモードについて知り、今後のチーム間コミュニケーションに活かす。

Naoya

November 07, 2023
Tweet

More Decks by Naoya

Other Decks in Programming

Transcript

  1. やさしい
    チームトポロジー
    社内勉強会

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    @nakir323
    マネージャー
    Naoya Kimura
    担々麺、麻婆豆腐、つけ麺、回鍋肉、
    青椒肉絲、カルボナーラ。

    View full-size slide

  3. 価値あるソフトウェアを
    すばやく届ける
    適応型組織設計
    Team Topologies
    https://www.amazon.co.jp/dp/4820729632

    View full-size slide

  4. チーム間コミュニケーションに関する言葉を知り、
    理解し、思考できるようになろう
    別チームとの協業を
    上手くいくようにする!
    本日の目的

    View full-size slide

  5. 序章
    Team Topologiesは何が言いたいの?
    4つのチームタイプ
    3つのインタラクションモード
    ユースケース
    まとめ





    View full-size slide

  6. 序章
    Chapter1

    View full-size slide

  7. こんな経験
    ありませんか?

    View full-size slide

  8. ABそれぞれが想定していた役割が違う
    役割の認識が違うと色々な軋轢を生む
    「本来これはAじゃなくてBがやるべきこ
    となのでは...?」
    「Aチーム、全然ドキュメント準備して
    ないじゃん...」
    別チームといい感じに
    協力しろと言われる
    Aチーム諸君、この件に
    ついてはBチームと一緒
    に進めてくれよな!

    View full-size slide

  9. これを無くしたい!

    View full-size slide

  10. 最終的には...

    View full-size slide

  11. ストリームアラインドのAチームと
    イネイブリングのBチームが
    ファシリテーションの形で関わる
    ことを期待しています!

    View full-size slide

  12. なるほどぉ!
    なるほどね!

    View full-size slide

  13. Team Topologies
    は何が言いたいの?
    Chapter2

    View full-size slide

  14. チームファーストで物事を考え
    4つのチームタイプと
    3つのインタラクションモードを
    使いつつ、
    組織を進化させていこう

    View full-size slide

  15. チームファーストで物事を考え
    4つのチームタイプ と
    3つのインタラクションモード を
    使いつつ、
    組織を進化させていこう

    View full-size slide

  16. チームを 4つのチームタイプにあ
    てはめ 、 3つのインタラクション
    モードを明示して チーム間コミ
    ュニケーションをすることで、
    スムーズに協業できる!

    View full-size slide

  17. 4つのチームタイプ
    Chapter3

    View full-size slide

  18. ストリームアラインドチーム
    要件定義から本番運用までに必要な能力一式を備えている
    1
    イネイブリングチーム
    特定のテクニカル/プロダクトドメインのスペシャリストから構成され、能力ギャップを埋めるのを助ける
    2
    コンプリケイテッド・サブシステムチーム
    スペシャリストの知識が必要となるパーツを開発、保守する
    3
    プラットフォームチーム
    内部サービスを提供し、ストリームアラインドチームが下位のサービスを開発する必要性をなくす
    4

    View full-size slide

  19. ストリームアラインドチーム
    要件定義から本番運用までに必要な能力一式を備えている
    1
    ストリームアラインドチームが基本の形。それ以外のチームはストリー
    ムアラインドチームの認知負荷を下げるのが主な目的。
    能力一式を備えている必要があるため、設計、コーディング、インフ
    ラ、セキュリティ、モニタリング、QA、UX等幅広い能力が求められる。
    積極的かつ定期的に、支援を受ける他のチームタイプと連携する

    View full-size slide

  20. イネイブリングチーム
    特定のテクニカル/プロダクトドメインのスペシャリストから構成され、能力ギャップを埋めるのを助ける
    2
    複数のストリームアラインドチームを横断的に支援し、適切なツール、
    プラクティス、フレームワークなどの調査、オプションの探索や提案を
    行う。これによってストリームアラインドチームは大きな労力なく能力
    を獲得し進化できる。
    知識移転は短期的/長期的どちらもある。
    ストリームアラインドチームのニーズを探索し、先んじて習得する。
    他のチームの支援にフォーカスすることで、良い関係性を築ける。

    View full-size slide

  21. コンプリケイテッド・サブシステムチーム
    スペシャリストの知識が必要となるパーツを開発、保守する
    3
    スペシャリストでなければ理解や変更が難しいような分野を担当する。
    複雑なサブシステムを含むシステムのストリームアラインドチームの認
    知負荷を削減する。
    例えば、動画処理コーデック、顔認識エンジン等
    このチームを作るかどうかを、共通部品としてくくり出せるかどうかで
    判断してはいけない。認知負荷を見て判断する。
    ストリームアラインドチームだけで担当する場合に比べて、明らかに速
    度や品質が向上する必要がある。

    View full-size slide

  22. プラットフォームチーム
    内部サービスを提供し、ストリームアラインドチームが下位のサービスを開発する必要性をなくす
    4
    社内でAPIのような形で提供され、ストリームアラインドチームは簡単に
    利用できる。
    インフラやネットワーク周りの機能を提供していることが多い。
    プラットフォームをプロダクトとして扱い、信頼性とユーザビリティに
    フォーカスする。

    View full-size slide

  23. 3つのインタラクション
    モード
    Chapter4

    View full-size slide

  24. コラボレーション
    他のチームと密接に協力し
    て作業する。
    1
    最小限のコラボレーション
    で何かを利用または提供す
    る。
    X-as-a-Service
    2
    他のチームを支援したり、
    支援を受けたりする。
    ファシリテーション
    3

    View full-size slide

  25. コラボ
    レーション
    他のチームと密接
    に協力して作業す
    る。
    1
    新しいものを素早く探索するのに向いている。
    2つの専門性にまたがる領域の探索など。
    例:ウェアラブルデバイスにおけるネットワー
    ク知識と服飾知識
    共同作業に対する高い意欲が必要。
    引き継ぎが少なく済むが、認知負荷が上がる可能性
    もある。
    コラボモードを2つ以上のチームと発動するのは非
    推奨。

    View full-size slide

  26. X-as-a-
    Service
    最小限のコラボレ
    ーションで何かを
    利用または提供す
    る。
    2
    とりあえず動くコンポーネントやAPI、プラットフ
    ォームが求められている場合に適している。
    他のチームから効果的に「サービス」として提供さ
    れるような場合。
    信頼性の高いサービスを提供する必要がある。
    また、明確なサービス境界も必要となる。

    View full-size slide

  27. ファシリテ
    ーション
    他のチームを支援
    したり、支援を受
    けたりする。
    3
    能力のギャップを感知し縮小する。
    イネイブリングチームが主に用いるモード。
    他のチームがより効果的に学習し、チーム共通の問
    題を発見し取り除く。
    チームごとのギャップや不整合を検知することがで
    きる。

    View full-size slide

  28. 各チームはどんなモード
    で仕事をするの?

    View full-size slide

  29. コラボレーション X-as-a-Service ファシリテーション
    ストリームアラインド
    イネイブリング
    コンプリケイテッド・
    サブシステム
    プラットフォーム
    1
    2
    3
    4
    1 2 3
    チームタイプごとのインタラクションモード
    ◎ ◎







    ◎…典型的 ◯…偶発的

    View full-size slide

  30. チームを 4つのチームタイプにあ
    てはめ 、 3つのインタラクション
    モードを明示して チーム間コミ
    ュニケーションをすることで、
    スムーズに協業できる!

    View full-size slide

  31. 質問タイムが始まった場合、あなたは
    本日の内容について質問をすることができる。
    質問タイム

    View full-size slide

  32. ユースケース
    Chapter5

    View full-size slide

  33. プ ロ ダ ク ト チ ー ム と 社 内 の 共 通 コ
    ン ポ ー ネ ン ト チ ー ム が 協 業 す る 場
    合 に 想 定 さ れ る チ ー ム タ イ プ と イ
    ン タ ラ ク シ ョ ン モ ー ド は ?
    Question

    View full-size slide

  34. Answer
    Answer
    プ ロ ダ ク ト チ ー ム
    ⇨ ◯ ◯ チ ー ム
    共 通 コ ン ポ ー ネ ン ト チ ー ム
    ⇨ ◯ ◯ チ ー ム
    モ ー ド
    ⇨ ◯ ◯

    View full-size slide

  35. Answer
    Answer
    プ ロ ダ ク ト チ ー ム
    ⇨ ス ト リ ー ム ア ラ イ ン ド チ ー ム
    共 通 コ ン ポ ー ネ ン ト チ ー ム
    ⇨ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム チ ー ム
    モ ー ド
    ⇨ X - a s - a - S e r v i c e

    View full-size slide

  36. プ ロ ダ ク ト チ ー ム が 習 得 の 難 し い
    コ ン テ ナ 技 術 を 、 既 に そ れ に 熟 達
    し た R & D チ ー ム に コ ー チ ン グ し て
    も ら う 場 合 に 想 定 さ れ る チ ー ム タ
    イ プ と イ ン タ ラ ク シ ョ ン モ ー ド
    は ?
    Question

    View full-size slide

  37. Answer
    Answer
    プ ロ ダ ク ト チ ー ム
    ⇨ ◯ ◯ チ ー ム
    R & D チ ー ム
    ⇨ ◯ ◯ チ ー ム
    モ ー ド
    ⇨ ◯ ◯

    View full-size slide

  38. Answer
    Answer
    プ ロ ダ ク ト チ ー ム
    ⇨ ス ト リ ー ム ア ラ イ ン ド チ ー ム
    R & D チ ー ム
    ⇨ イ ネ イ ブ リ ン グ チ ー ム
    モ ー ド
    ⇨ フ ァ シ リ テ ー シ ョ ン

    View full-size slide

  39. まとめ
    Chapter6

    View full-size slide

  40. チームタイプとインタラクションモードに名前をつ
    けることでチーム間コミュニケーションについて議
    論しやすくなる
    チームタイプとインタラクションモードの認識が合
    っていると、協業がスムーズになり、無駄な
    軋轢も
    減る
    これからは、何となく協業するのではなくて、お互
    いにどのように協業するのかを言語化し、理解し合
    ってから進めていきたいね

    View full-size slide

  41. 質問タイムが始まった場合、あなたは
    本日の内容について質問をすることができる。
    質問タイム

    View full-size slide