Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2020/12~2021/2

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2020/12~2021/2

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2020/12~2021/2
Oracle Cloud Infrastructureの新機能の中から、主にIaaSに関する主要なアップデート情報を1機能1スライド程度でまとめてご紹介する資料です。
本資料は2020年12月~2021年2月の3ヶ月分の新機能について記載しています。
本資料の内容は作成時点での情報です。最新情報や詳細は必ずマニュアル等をご確認ください。
以下URLに本資料を解説した動画をアップしています。
https://videohub.oracle.com/media/1_zrg87pms

更新履歴:
2021/3/5: 初版Upload
2021/4/6: 日付の記載ミスを修正(2020→2021)

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure IaaS New Feature Updates : 2020.12 -

    2021.02 Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2020/12 ~ 2021/02 2021.3.5 日本オラクル株式会社 OCIソリューション部
  2. Safe harbor statement 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以 下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買 決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊 社の裁量により決定され、変更される可能性があります。 Copyright

    – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2
  3. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2020/12) Release Date Services 2020/12/01 Management

    Agent Oracle Linux 8 and Red Hat Linux 8 support for Management Agent 2020/12/01 Database ADBS- Multi DB Version Enhancements - Free Tier Version Selection 2020/12/01 Data Safe Oracle Data Safe now supports an on-premises Oracle Database via an on-premises connector 2020/12/01 OKE Support for Kubernetes version 1.18.10 2020/12/01 MySQL Database MySQL Inbound Replication is now available 2020/12/01 Data Safe Oracle Data Safe now supports Oracle Database 11.2.0.4 2020/12/02 MySQL Database MySQL Database Service Analytics Engine now supports MySQL.Analytics.VM.Standard.E3 2020/12/03 Functions Increased default total memory for concurrent function execution 2020/12/03 Database Exadata Cloud Service: Oracle Database 19c upgrade feature available 2020/12/04 Database Troubleshooting Data Guard on Exadata DB Systems 2020/12/08 Compute Live migration for compute VM instances 2020/12/08 Data Safe Oracle Data Safe: New Data Safe Activity report Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 3
  4. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2020/12) Release Date Services 2020/12/08 Database

    ORDS and SSL Certificate Rotation Available 2020/12/08 Data Safe Oracle Data Safe: Now available with a free trial 2020/12/08 Operations Insights Improved SQL Analysis and New API Endpoints 2020/12/09 Database Bare metal and virtual machine DB systems: Oracle Database 21c available for provisioning new DB systems 2020/12/09 MySQL Database MySQL DB System cold backups 2020/12/09 Database Exadata Cloud@Customer: Infrastructure Patching Automation 2020/12/10 Block Volume Auto-tune volume performance timing update 2020/12/15 Database Oracle APEX Application Development 2020/12/15 Database ADB-D on Exadata Cloud@Customer: Monitor Performance with Autonomous Database Metrics 2020/12/15 Resource Manager GitHub Support for Storing Terraform Configuration Files 2020/12/16 Data Catalog New release for Data Catalog 2020/12/16 Load Balancing Flexible Load Balancing 2020/12/18 Database, Vault Oracle Cloud Infrastructure Vault service integration with Exadata Cloud Service Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 4
  5. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2020/12) Release Date Services 2020/12/18 Compute

    CentOS 8 available as a platform image 2020/12/18 Compute Compute run command feature supported on Windows Server 2020/12/18 Roving Edge Infrastructure Oracle Roving Edge Infrastructure 2020/12/18 Cloud Guard New Release for Cloud Guard is now available 2020/12/23 Functions Restrict access to functions to requests from specific IP addresses Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 5
  6. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/1) Release Date Services 2021/1/5 Data

    Integration New Release for Data Integration 2021/1/13 Data Science Data Science now has conda environments in notebook sessions. 2021/1/14 MySQL Database MySQL Database Service is now available in all commercial regions 2021/1/15 Functions Required Functions permissions now included in a new policy template in Policy Builder 2021/1/19 Logging Analytics, Service Connector Hub Move Logging Data to the Logging Analytics Service 2021/1/21 MySQL Database MySQL Analytics Engine is renamed MySQL HeatWave 2021/1/21 Data Flow Metrics functionality is now available in Oracle Cloud Infrastructure Data Flow 2021/1/22 Logging Analytics January features 2021/1/26 Database ADB-D on Exadata Cloud@Customer: Access Control List (ACL) to Restrict Access to Autonomous Data Guard Enabled Autonomous Databases 2021/1/26 Vault Support for RSA and ECDSA asymmetric keys 2021/1/26 Block Volume Scheduled Backups for Volume Groups 2021/1/27 Resource Manager Target resources when running drift detection Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 6
  7. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/1) Release Date Services 2021/1/27 Database,

    Database Management Database Management available in Oracle Cloud Infrastructure Console 2021/1/27 Database, Database Management External Database service for Oracle Databases located outside of OCI Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 7
  8. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/2) Copyright – © 2021 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 8 Release Date Services 2021/2/1 MySQL Database MySQL Database Service automatic backups improvement 2021/2/2 Database Performance Hub: General layout and usability improvements 2021/2/2 Resource Manager Private templates now available for sharing Terraform configurations 2021/2/2 Object Storage Introducing Object Storage Infrequent Access tier 2021/2/5 Database ExaCS OS/DomU Patching Project 2021/2/9 OS Management List all currently available errata in the system 2021/2/9 Database One-off Patching for Dedicated Exadata Infrastructure 2021/2/9 Application Migration Migrate Oracle Java Cloud Service apps from Oracle Cloud@Customer 2021/2/9 Data Safe Oracle Data Safe now supports Oracle databases on compute instances in non-Oracle cloud environments 2021/2/9 Application Migration Migrate only the selected Integrations to the target Oracle Integration instance 2021/2/10 Data Catalog New release for Data Catalog 2021/2/10 Compute, Logging, Monitoring, OS Management Individually manage compute instance plugins using Oracle Cloud Agent
  9. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/2) Copyright – © 2021 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 9 Release Date Services 2021/2/16 Networking Policy-based Routing with Multiple Encryption Domains 2021/2/16 OKE Support for load balancers with a flexible shape to distribute traffic between Kubernetes worker nodes 2021/2/18 Registry Support for repositories in compartments 2021/2/18 Registry Registry API now available 2021/2/22 Resource Manager HashiCorp Terraform 0.14 now supported 2021/2/23 Cloud Advisor Support for Cloud Advisor recommendation customizations and overrides 2021/2/23 Cloud Advisor New Cloud Advisor recommendation implementation flows 2021/2/24 Database Virtual machine DB systems: assign a custom IP address during system provisioning 2021/2/24 Compute Export compute images to additional formats 2021/2/25 Block Volume Cross Region Incremental Volume Backup Copies
  10. Oracle Cloud Infrastructureは、物理ホストのメンテナンスの際に、可能であればVMインスタンスを中断せずに正常な ホストへライブ・マイグレーションするようになった。 • インフラ・メンテナンスのアプリケーションへの影響を最小限に抑えることが可能 • ライブ・マイグレーションができない場合は、従来通り、リブート・マイグレーションの機能によってお客様の任意のタイミン グで再起動を実施していただくことが可能 コンピュートのVMインスタンスのライブ・マイグレーション

    Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 10 VMインスタンス メンテナンス ライブ・ マイグレーション 物理ホスト 物理ホスト 2020/12/08
  11. • ブート・ボリュームやブロック・ボリュームがインスタンスにアタッチされているかどうかによって、Lower Cost / Balanced / Higher Performance の性能タイプを自動的に調整。 •

    利用されていないボリュームのコストを最小に抑えることが可能 • ボリュームに対して自動チューニングをONにすると、インスタンスにアタッチされている時は選択したデフォルトのパフォーマ ンスタイプに、デタッチされている時はLower Costに自動調整される • 注)Auto-tuneは、設定を行ったりインスタンスからデタッチしてから14日後にスタート。また、Auto-tuneを有効にしているボ リュームをアタッチする場合は、通常よりも時間がかかる。(アタッチ時にデフォルトタイプに変更してからアタッチするため) ボリューム・パフォーマンスの自動チューニングのタイミング変更 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 11 2020/12/10
  12. GitHub 構成ソース・プロバイダーによって、Terraform構成ファイルをGitLabのみでなくGitHubに格納することが可能に リソース・マネージャー 構成ファイルをGitHubに格納可能 Copyright – © 2021 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 12 2020/12/15
  13. 安定した性能と柔軟な拡張性を兼ね備えたロード・バランサー フレキシブル・ロードバランサーは、アプリケーションの負荷に応じて柔軟にスケール • 最小帯域幅分は常に確保されており、安定した性能を提供 • 最大帯域幅によって負荷ピーク時にもコストが上がりすぎないよう制御可能 最小帯域幅と最大帯域幅 • 10 Mbps

    ~ 8000 Mbpsの間でユーザーが設定 • 作成時もしくはあとから動的に変更可能 フレキシブル・ロードバランサー Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 13 Load Balancer Min 50Mbps Max 400Mbps メトリック 価格 Oracle Cloud Infrastructure - Load Balancer Base Load Balancer Hour ¥1.36 Oracle Cloud Infrastructure - Load Balancer Bandwidth Mbps per hour ¥0.012 100Mbpsの場合の価格例: ¥1.36 + ¥0.012 x 100 = ¥2.56 / hour テナンシー内で10Mbps分 1つをFree Tierとして利用可能 2020/12/16 ロードバランサーごとに、Base + Bandwidth x 利用帯域幅 例 負荷に応じて動的 にスケール
  14. 新規テナンシーではフレキシブル・ロードバランサーのみ作成可能。 既存のテナンシーでは、従来型のFixed shapeのロード・バランサーは今後12ヶ月は利 用可能で、ユーザー自身でフレキシブル・ロードバランサーにコンバートを行う。(最小と 最大を同じ数字で設定すれば、従来型のFixed shape LBと同じ意味になる。) 既存テナンシーで固定シェイプのロードバランサーからの変換 Copyright –

    © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 14 Fixed shapeからの更新画面 既存テナンシーでのロード・バランサー作成画面
  15. コンピュートのプラットフォーム・イメージとしてCentOS 8 が追加されました。 CentOS 8のプラットフォーム・イメージの提供 Copyright – © 2021 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 15 2020/12/18
  16. Oracle Cloud Agentを使用して、コンピュート・インスタンス上でコマンド実行することが可能に • SSH接続せずにインスタンス内のエージェントからコマンド発行 • 例えばネットワーク経由で接続できないようなトラブル時の調査に役立つ • 利用する場合にはOracle Cloud

    Agentがインストールされている必要がある • 動的グループの設定が必要 コンピュート・インスタンス内でのコマンド実行のWindows対応 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 16 • Oracle Autonomous Linux、Oracle Linux、CentOS、 Windows ServerのOracle提供イメージをベースにしたイメージ でのみ利用可能 • 全商用リージョンで対応 2020/12/18
  17. Oracle Roving Edge Infrastructureは、ネットワークに接続できないような遠隔地で、基本的なOracle Cloud Infrastructureのサービスを配置 Roving Edge Device (RED)

    • 強力なポータブルのサーバー。リモート環境で利用できるだけの高耐久性を備える。単体もしくは5~15個のREDでクラスター構成を 行うことも可能。 現時点では、以下のリージョンで利用可能。そのほかのリージョンは今後対応予定 • US-Gov-Ashburn-1 (RIC), US-Gov-Phoenix-1 (TUS), US-Langley-1 (LFI), US-Luke-1 (LUK) Oracle Roving Edge Infrastructure Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 17 https://www.oracle.com/cloud/roving-edge-infrastructure/ https://www.oracle.com/cloud/roving-edge-infrastructure/faq/ 2020/12/18
  18. これまでは、ボールトの暗号化アルゴリズムはAES対象キーだったが、RSA非対称キーやECDSA非対称キーの作成、管 理、利用が可能に。 [Vault] RSA、ECDSAの非対称キーのサポート Copyright – © 2021 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 18 2021/1/26
  19. • ポリシー・ベースのバックアップがボリューム・グループでも利用可能に。 • ブート・ボリュームやブロック・ボリュームをまとめて同時にバックアップしたい場合にもスケジューリング実行が可能。 • ボリューム・グループに対するバックアップ・ポリシーはOracle定義ポリシー(ブロンズ、シルバー、ゴールド)ではなく、カスタム・ポリシー の必要がある。 • ボリューム・グループ内のボリュームに対してのバックアップ・ポリシーと併用は不可。 [Block

    Volume] ボリューム・グループのスケジュール・バックアップ Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 19 2021/1/26 OCI Region Availability Domain 1 Object Storage バック アップ スケジュール バックアップ Boot Boot Boot ボリューム グループ Web Server AP Server 1 AP Server 2 Block Volume Block Volume Block Volume OCI Region Object Storage バック アップ
  20. リソース・マネージャーのドリフト検出時に、ターゲットのリソースを選択することが可能に。 [Resource Manager] ドリフト検出時のターゲット・リソース選択 Copyright – © 2021 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 20 2021/1/26
  21. リソース・マネージャーのプライベート・テンプレートによって、Terraformの構成を保存、共有可能。 あらかじめ構成ファイルをプライベート・テンプレートとして保存しておくことで、スタック作成時に選択することができる。 [Resource Manager] プライベート・テンプレートでTerraform構成の共有 Copyright – © 2021 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 21 2021/2/2
  22. • オブジェクト・ストレージの階層に「頻度の低いアクセス」層(Infrequent Access Tier)が追加 • 低頻度だが必要な際には即座にアクセスする必要があるデータに最適。バックアップやレプリケーション先など。 • 標準よりもストレージ単価が安い • アーカイブのようにリストア操作の必要はない

    • 最低保持期間は31日(アーカイブ層の場合は90日) • 最低保持期間内にオブジェクトを削除した場合、31日分のコストを日割り計算した金額がチャージ • アクセスする際には、Data Retrieval費用がかかる • 頻度の低いアクセス層は各オブジェクト単位で設定可能 • バケット単位のデフォルトの層は従来通り標準もしくはアーカイブを選択 • ライフサイクル管理にも対応 オブジェクト・ストレージの頻度の低いアクセス層(Infrequent Access Tier) Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 22 オブジェクト・ ストレージ バケット Standard Infrequent Archive Hot Cool Cold Metric ¥ Oracle Cloud Infrastructure - Infrequent Access - Storage Gigabyte Storage Capacity Per Month First 10 Gigabytes Storage Capacity Per Month Free tier Over 10 Gigabytes Storage Capacity Per Month ¥1.2 Oracle Cloud Infrastructure - Data Retrieval - Storage First 10 Gigabytes Storage Retrieved Per Month Free tier Over 10 Gigabytes Storage Retrieved Per Month ¥1.2 2021/2/2
  23. オブジェクト・ストレージ層 • バケットに対して設定するデフォルトのストレージ層は、「標準」か「アーカイブ」 • 標準バケットにオブジェクトをアップロードする際、「標準」「頻度の低いアクセス」「アーカイブ」の3つの層から選択可能 • 後から変更も可能。ライフサイクル・ポリシー・ルールを設定すれば自動的に層を変更。 オブジェクト・ストレージのストレージ層について Copyright –

    © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 23 バケットのデフォルト設定が標 準の場合、オブジェクト単位で 異なる層を設定可能
  24. Oracle Cloud Agentは、コンピュート・インスタンスに対して、ロギング、モニタリング、OS管理サービス、コマンド実行、を利 用する際に必要となるプラグインが動作するエージェント。 Oracle提供イメージやOracle提供イメージをベースとしたカスタムイメージから起動したインスタンスでサポートされる。 これらの各プラグインを個別に有効化/無効化することができるようになった。 Oracle Cloud Agentで個別のコンピュート・インスタンス・プラグインを管理可能に Copyright

    – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 24 プラグインの種類 • コンピュート・インスタンス・モニタリング • インスタンスのヘルス状態やキャパシティ、性能に関するメトリック を生成し、モニタリング・サービスがこれらのメトリックを利用。 • コンピュート・インスタンスのコマンド実行 • トラブルシューティングなどの目的で、リモートからインスタンスにス クリプト実行。 • カスタム・ログ • ロギング・サービスでインスタンス上のカスタム・ログを取り込む。 • OS管理サービス・エージェント • インスタンスのOSパッチやアップデートを管理 2021/2/10
  25. VPN接続のIPSecトンネルで、複数の暗号化ドメイン(最大50個)を使ったポリシーベースのルーティングがサポートされ ました。 VPN接続:複数の暗号化ドメインでのポリシーベースのルーティング Copyright – © 2021 Oracle and/or its

    affiliates. All rights reserved. 25 2021/2/16
  26. リソース・マネージャーでHashiCorp Terraform 0.14をサポート。 このバージョンでは、 プラン出力のsensitive valuesや、簡潔なTerraformプラン出力、プロバイダの依存性ロックファイル を含む。 [Resource Manager] HashiCorp

    Terraform 0.14 をサポート Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 26 2021/2/22
  27. • クラウド・アドバイザーはコストの節約を最大化し、性能、セキュリティ、可用性を向上させるための推奨事項を提供 • これらの推奨事項のリストをカスタマイズすることが可能に。 • 例えばコンパートメントやタグを元に推奨をカスタマイズしたり、活用されていないコンピュート・インスタンスを特定す るロジックをカスタマイズし、推奨プロファイルを変更することが可能。 [Cloud Advisor] クラウド・アドバイザーの推奨のカスタマイズと上書きのサポート

    Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 27 2021/2/23
  28. • クラウド・アドバイザーで適用できる推奨事項が増えました。活用されていないインスタンスのサイズ縮小に加えて、以下 の推奨を適用できます。 • ライフサイクル・ルールの作成 • アタッチされていないブロック・ボリュームの削除 • アタッチされていないブート・ボリュームの削除 •

    Autonomous Data WarehouseとAutonomous Transaction Processingデータベースのサイズ縮小 • アイドル状態のコンピュート・インスタンスの停止 [Cloud Advisor] クラウド・アドバイザーの新しい推奨の適用フロー Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 28 2021/2/23
  29. これまでは、カスタムイメージをエクスポートする際はOCI用のイメージ(QCOW2イメージとOCIメタデータを含むファイル)と してしかエクスポートできなかったが、追加で以下のフォーマットも選択可能となった。 • QEMU Copy On Write (.qcow2) • Virtual

    Disk Image (.vdi) for Oracle VM VirtualBox • Virtual Hard Disk (.vhd) for Hyper-V • Virtual Machine Disk (.vmdk) コンピュート・イメージのエクスポートのフォーマット追加 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 29 2021/2/24
  30. これまで、ボリュームのバックアップを別リージョンにコピーする際、増分バックアップは宛先リージョンではフルバックアップとなっ ていたが、増分バックアップのままコピーすることが可能に。 これにより、リモートリージョン側でもバックアップサイズの最適化が可能 ボリュームの増分バックアップのクロス・リージョン・コピー Copyright – © 2021 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 30 2021/2/25
  31. • ただし以下のケースでは従来通りフルバックアップとしてコピーされる • ボリュームサイズが変更されてから最初に取得された増分バックアップの場合 • 別リージョンにコピーされてから、再度ソースリージョンにコピーしなおした(戻ってきた)場合 • 前回の増分バックアップが使用可能ではない状態でバックアップがコピーされた場合 • バックアップが順番にコピーされない場合

    ボリュームの増分バックアップのクロス・リージョン・コピー 続き Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 31
  32. Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights

    reserved. 32 その他のアップデート リリースノート以外のアップデート
  33. • ネットワーク・ソースとはIPアドレスのセットを定義したもの • パブリックIPアドレス、もしくはテナンシ内のVCNからのIPアドレスを設定可能 • 作成したネットワーク・ソースをポリシーまたはテナンシの認証設定で参照し、元のIPアドレスに基づいてアクセスを制御することが できる • 例:コンソールへのログインを特定のIPアドレス範囲(お客様ネットワークのパブリックIP)からのみに制限 •

    例:IAMポリシーでオブジェクト・ストレージへのアクセスを特定のIPアドレス範囲(VCN内IPの特定IPなど)からのみに制限 [IAM] ネットワーク・ソースの対応サービスが拡大 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 33 OCI リージョン コンピュート インスタンス allow group groupA to manage object-family in tenancy where request.networkSource.name=‘VCNCIDR' オブジェクト ストレージ コンソール VCN A 10.0.0.0/16 サービス ゲートウェイ VCN Aの 10.0.0.0/24 からのみ許可 192.0.2.0/24 からのみ許可 サブネット 10.0.0.0/24 192.0.2.2 対応サービス(2021/2/26時点) Analytics Cloud, API Gateway, Application Migration, Audit Blockchain Platform Cloud, Block Volume, Budgets Compute, Container Engine for Kubernetes Content and Experience, Data Flow, Data Safe Database, Digital Assistant, Events, IAM, Load Balancing Monitoring, MySQL Database, Notifications, Object Storage Operations Insights, OS Management, Resource Manager Service Limits, Streaming, Tagging, Unified Billing, WAF
  34. Oracle Cloud Developer ImageのAutonomous Linux版がリリースされました。 • https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/jump-start-an-oracle-autonomous-linux-cloud-developer- environment Autonomous Linuxによって管理タスクを軽減

    • Kspliceによるダウンタイムなしでのカーネルやユーザースペースのアップデートが可能。 Oracle Cloud Developer image (Autonomous Linux版) Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 34
  35. https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/notification-of-the-end-of-orderability-for-oci-e2-compute-shapes E2シェイプのEOO(End of Orderability=現リージョン内に存在するHWリソースを持ってHW拡張終了を予定) が発表されました。詳細はブログをご参照ください。 対象となるシェイプ • BM.StandardE2.64 • VM.StandardE2.1,

    VM.StandardE2.2, VM.StandardE2.4, VM.StandardE2.8 対象シェイプやインスタンス作成がサポートされなくなるというわけではありません。引き続きお客様の使用をサポートします。 既存容量が限られているリージョンにおいて、今後将来的に拡張できなくなる可能性があることを意味します。 今後の対応について • ユニバーサルクレジット(Flex契約)をご契約のお客様で、既存E2シェイプをご利用されているお客様 • ご利用いただいているE2シェイプは引き続きサポートされます • 容量が限られているリージョンにおいては今後E2シェイプを用いた拡張ができなくなる可能性があるため、他のシェイプ利用の計画を検討してください • ユニバーサルクレジット(Flex契約)をご契約のお客様で、新規にE2シェイプをご利用されようとされるお客様 • 容量が利用可能なリージョンにおいては、E2シェイプをご利用いただけます。 • 容量が限られているリージョンにおいては、他のシェイプ利用の計画を検討してください • それ以外のお客様 • 他のシェイプ利用の計画を検討してください。 Compute E2シェイプのEOO (End of Orderability) Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 35
  36. https://docs.cloud.oracle.com/en-us/iaas/Content/Compute/References/bring-your-own-license.htm#microsoftlicensing_topic-bring-your-own-license OCIはマイクロソフト社の「Listed Provider」の対象外のため 持ち込み先が「専用ホスト」であれば2019年10月1日以降も引き続き BYOL(Bring Your Own License=ライセンス持ち込み) が可能 •

    Listed Provider : Microsoft, Alibaba, Amazon, Google • 専用ホスト : OCIではベアメタルインスタンス(BM)、仮想マシン専用ホスト(DVH)が対象 • 参考 : MS社のページ - 専用ホスト クラウド サービスに関するマイクロソフト ライセンス条項の改定 • Windows Server OS をBYOLする際の注意点 • 併せてイメージの持ち込み(BYOI)も必要 →Oracle提供イメージ(SPLAのみ利用可)はBYOLでは不可 • BMに構成したKVM上 or 仮想マシン専用ホスト上(DVH)に、Windows Serverの仮想マシンを構成 →仮想マシン(VM)インスタンスは利用不可(専用ホストではないため) • TIPS : DVH上で稼働させる場合、VMインポート時に「Linux」としてインポートする(SPLA利用回避のため) • 既に別サーバーで利用中のライセンスを移動するには、ソフトウェア・アシュアランス契約(ライセンス・モビリティ)が必要 • Windows Client OS (8/10) をBYOLする際の注意点 • ソフトウェア・アシュアランス または Windows Virtual Desktop Access(VDA)ライセンスが必要 Windows OSライセンスのBYOL Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 36
  37. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/Content/Compute/References/microsoftlicensing.htm OCIのWindowsイメージにリモード・デクストップ・サービス(RDS)で同時に3ユーザー以上からアクセスさ せたい場合には、OCIのWindowsライセンスには含まれないので別途 RDS CAL ライセンスの調達が必 要 • Windows サーバーには、管理目的でリモート・デクストップ・サービス(RDS)のクライアント・アクセス・ライセンス(CAL)

    が2つ付属 • 同時に2ユーザーまでは接続可能 • 3ユーザー以上が同時に接続したい場合は、追加のCALライセンスが必要 • OCIではMicrosoft RDS Subscriber Access ライセンス(SAL)の販売はない • ユーザーは、自身が持つRDS CALを持ち込むか、新しく調達する必要がある Windowsイメージに付属するCALライセンス Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 37
  38. https://docs.cloud.oracle.com/en-us/iaas/Content/Compute/References/support_options_microsoft.htm OCIのWindowsイメージには、限定的なOSサポートのみが付属するので、フルサポートが必要な場合は別途 (Microsoft社などとの)サポート契約 が必要 • Oracleのサポート範囲は Windows OSが起動し、正しくネットワーク接続し、ストレージの正常な稼働が確認で きるまで •

    セットアップ完了後のMicrosoft製品のサポートは、お客様とMicrosoft社の契約に基づきMicrosoftサポートに問い 合わせてください • Oracle提供イメージ、またはBYOIしたイメージ、いずれから作成したインスタンスでも同じ OCIのWindowsイメージに付属するOSサポートの範囲 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 38 Under these conditions, Oracle Support can help verify that: • the operating system boots • the operating system connects to the network • attached storage connects and performs as expected If you encounter other issues with Microsoft Windows Server, work directly with Microsoft Support to resolve the issue. Microsoft Support provides assistance when you have an existing Premier Support agreement or when you pay for professional support.
  39. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/oci%e6%96%b0%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%83%8f%e3%82%a4%e3% 83%a9%e3%82%a4%e3%83%88 よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい方は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure

    新機能ハイライト Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 39
  40. Oracle Cloud Infrastructure 主要情報一覧 1 2 Oracleアーキテクチャ・センター https://docs.oracle.com/ja/solutions/ クラウド環境の検討や実装に役立つように設計されたリファレンス・アーキテクチャとソリューショ ン・プレイブックのカタログを多数掲載。ダウンロード、カスタマイズ、およびデプロイできるコードま

    たはスクリプトも含む。 リファレンス・アーキテクチャ、ソリューション・プレイブックを概説した下記ブログもご参照ください。 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/move-workload-to-oraclecloud 3 OCIサービスアップデート https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/4サービス・アップデート 毎月公開するOCIのサービス・アップデート情報をスライドで分かり易く説明。各サービスの詳 細なアップデート情報は、各サービスのドキュメントや下記「OCI活用資料集」をご覧ください。 4 5 OCIお客様活用事例 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/oracle-cloud-platformpaasiaas OCIを活用したお客様の事例のご紹介。データベースはもちろんのこと、アナリティックス、セキュ リティ、システム管理、コンテンツ管理、ブロックチェーン、チャットボットなど様々なサービスのお 客様事例をご紹介します。 OCI活用資料集 https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ OCIを使ってみたい! という方のための技術ドキュメント集。 OCIのサービス別技術資料をはじ め、PPTスライドを中心とした公開ドキュメントや、セミナーで使用した資料をアップロードしてい ます。 6 OCIセミナー情報 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_cloud_seminar 今後開催予定のウェビナー(含むハンズオントレーニング)についてご案内します。 ほぼ毎週 2回+ハンズオンを様々なテーマで開催中! オラクルエンジニア通信 https://bloegs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術資料、コラム、マニュアルなど、OCIに関するその他の情報は、「オラクルエンジニア通信」 よりお届けしています。 チュートリアル: OCI を使ってみよう https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/ OCIを使ってみよう! という人のためのチュートリアル集。各項ごとに画面ショットなどを交えなが らステップ・バイ・ステップで作業を進めて、OCIの機能についてひととおり学習することができるよ うになっています。 7 OCIドキュメント 各サービスのマニュアル。 https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/home.htm 8 Oracle Code Night https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/ オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)のDeveloper(開発 者)によるDeveloper(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナーのこと。 ほぼ毎週 様々なテーマで開催中! 9 Oracle Cloud Infrastructure 主要情報をまとめたポータル(以下1−9を含む) https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_oci_links Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal 40
  41. Thank you Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates.

    All rights reserved. 41
  42. None
  43. Our mission is to help people see data in new

    ways, discover insights, unlock endless possibilities.