Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「勉強になった」で終わらせない、ストロングスタイルの勉強会

okuzawats
November 29, 2023

 「勉強になった」で終わらせない、ストロングスタイルの勉強会

社内勉強会のノウハウ、公開しちゃいます!LT会 https://yumenosora.connpass.com/event/300021/ での発表資料です。

okuzawats

November 29, 2023
Tweet

More Decks by okuzawats

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 「勉強になった」で終わらせない、ストロングスタイルの勉強会
    社内勉強会のノウハウ、公開しちゃいます!LT会(2023/11/29)
    奥澤 俊樹@Chatwork株式会社

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    ● 奥澤 俊樹(@okuzawats)
    ● Chatwork株式会社
    ○ 2022/09〜
    ● Androidアプリエンジニア
    ○ モバイルアプリケーションアーキテクト
    ○ Chatwork Android版アプリのアーキテクチャの改善と技術負債解消に取り組んでいます。

    View full-size slide

  3. 社内勉強会を開催した背景

    View full-size slide

  4. 何の勉強会を開催したか?
    概要
    「コードの読みやすさ」について学ぶ勉強会
    目的
    Chatwork Android版アプリは、10年を超える歴史のあるコードベースに、様々なバックグラウンドのメンバーがコミットしている中で、「コードの読みやすさ」について共通認識を育むことが今後の開発生産性の維持・向上につながると考えたため
    対象
    モバイルアプリ開発(特にAndroid)に関わるエンジニア(任意参加)

    View full-size slide

  5. 勉強会のきっかけ

    View full-size slide

  6. 勉強会のきっかけ

    View full-size slide

  7. 勉強会のきっかけ
    Chatwork Androidのリポジトリには生粋のAndroidアプリエンジニアもコミットするし、それ以外の多種多様なバックグラウンドを持ったエンジニアもコミットする。
    各チーム・各人が好きなようにコードを書いてしまうと、特に他チームが書いたコードを読むための時間が増えていき、開発速度が低下していく懸念がある。
    そのため、「コードの読みやすさ」についての認識を揃えた上で、コードベースの読みやすさを改善していきたい。

    View full-size slide

  8. ここまでのまとめ
    コードの読みやすさに関する課題を解決し、開発速度を維持・向上していくため、「コードの読みやすさ」に関する勉強会を開催した。

    View full-size slide

  9. 社内勉強会で何をやったのか

    View full-size slide

  10. 勉強会の内容
    「読みやすいコードのガイドライン」の著者・石川宗寿さんをお招きして、コードの読みやすさについての勉強会を開催しました - Chatwork Creator's Note
    https://creators-note.chatwork.com/entry/code-readability

    View full-size slide

  11. 勉強会の内容
    石川宗寿, (2022), “読みやすいコードのガイドライン 持続的なソフトウェア開発のために”, 技術評論社

    View full-size slide

  12. 社内勉強会のスケジュール

    View full-size slide

  13. 勉強会のスケジュール
    - 1週間に1回
    - 全4回
    - 1回あたり2時間
    - なるべく多くのメンバーが参加できるように配慮した結果、17:00〜19:00に開催した。
    - 合計8時間

    View full-size slide

  14. 勉強会のスケジュール

    前日まで
    特に準備は必要なし。勉強会の中で考える時間を設けたいため。

    当日
    Miroを使ってリアルタイムで感想・質問を共有。

    翌日
    学んだこと、実践したいこと(アクション)を各自書き出して、共有。

    View full-size slide

  15. 勉強会開催後のふりかえり

    終了後
    参加者を集めて、ふりかえり。1回目〜4回目の勉強会開催後に書いた「学んだこと、実践したいこと」を思い出しながら、各自が実践していきたいことを共有する。

    View full-size slide


  16. ふりかえり
    1回1回の勉強会、勉強会全体でふりかえり、理解の促進と記憶の定着を図っている。
    同様に、アクションの抽出も1回1回の勉強会と勉強会全体でそれぞれ行い、実践につながるようにしている。
    「勉強になった」で終わらせず、組織の目標達成に繋がって、はじめてゴール。

    View full-size slide

  17. 今後の展望
    実践から得られる知見を持ち寄ったり、新メンバー加入を経たりし
    ながら、同じテーマで勉強会自体もイテレーションしていけるとよ
    り実践的になると思ってます(まだ思ってるだけ)。

    View full-size slide

  18. 勉強会をやった結果

    View full-size slide

  19. 勉強会をやった結果
    - コードレビューやペアプロの時に、「読みやすさ」の観点からのフィードバックが増えた(ような気がする)。自分がコードレビューする時も「読みやすさ」の観点
    からレビューコメントを入れやすくなった。
    - スタイルガイドの整備が重要という認識が得られ、「スタイルガイドの整備」というアクションを抽出した(WIP)。
    - 大きなPull Requestがレビュー精度に与える影響を認識し、PRのサイズに気を配る用になった。Big PRには警告を出すようにした。

    View full-size slide

  20. まとめ
    - Chatwork Android版アプリに関わるチーム・メンバーが増えていく中で、開発生産性を維持・向上していくために「コードの読みやすさ」が課題になると感じ、勉
    強会を開催した。
    - 1回ごとに学んだことをふりかえり、記憶の定着と、アクションの抽出を図った。
    - 全4回の勉強会終了後に勉強会全体をふりかえり、さらなる記憶の定着と、個人・チームのアクションの抽出を図った。
    - 「勉強になった」で終わらせず、組織の目標達成につなげるような勉強会の設計を意識した。
    - 勉強会もイテレーションしていきたい(今後の展望)。
    - We Are Hiring! カジュアル面談で待ってます!

    View full-size slide

  21. 参考文献
    - 「読みやすいコードのガイドライン」の著者・石川宗寿さんをお招きして、コードの読みやすさについての勉強会を開催しました - Chatwork Creator's Note,
    https://creators-note.chatwork.com/entry/code-readability (最終アクセス日:2023/11/07)
    - 石川宗寿, (2022), “読みやすいコードのガイドライン 持続的なソフトウェア開発のために”, 技術評論社

    View full-size slide