Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

EDIT概要資料@PLAID

755ac6e09cca0a46485ff24157f03aa1?s=47 PLAID
PRO
March 23, 2022

 EDIT概要資料@PLAID

755ac6e09cca0a46485ff24157f03aa1?s=128

PLAID
PRO

March 23, 2022
Tweet

More Decks by PLAID

Other Decks in Business

Transcript

  1. EDIT ֓ཁࢿྉ ϒϥϯυମݧઃܭͷઐ໳νʔϜ

  2. 2 |    © PLAID, Inc    |    Con fi dential 株式会社プレイド 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX

    10F 設⽴:2011年10⽉ 従業員:240名(2021年12⽉末時点) 資本⾦:2,671,035,278円 沿⾰ 2011年10⽉ 2015年3⽉ 2018年3⽉ 2018年4⽉ 2019年11⽉ 2020年5⽉ 2020年12⽉ 2021年9⽉ 創業 CXプラットフォーム「KARTE」正式版を提供開始 「KARTE for App」を提供を開始 既存投資家を中⼼に7社から総額27億円の資⾦調達を実施 Googleからの資⾦調達を実施 Emotion Techへの出資と戦略的パートナーシップの締結 東証マザーズ上場 Emotion Techのグループ参画
  3. Maximize t h

  4. 4 © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential PLAIDについて 顧客中⼼の企業活動を カスタマーデータの 活動⽀援を通じて実現する 適切な顧客体験の実現には、カスタマーデータを⽤いた 解像度の⾼い顧客理解が必要不可⽋と考えています。

    コア・バリューである解像度の⾼い顧客理解を可能とする独 ⾃のリアルタイム解析基盤および蓄積されたカスタマーデー タを軸に、顧客中⼼の企業活動を⽀援していく。
  5. 5 © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential 顧客体験と価値設計の専⾨チーム Experience Design and Invent Team

  6. 6 © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential メンバー紹介 [経歴] 学⽣時代にデザインシンキングを学んだのち、新卒で博報堂に⼊社。⽣活者起点のブランディング・ 商品開発を経験。2015年にSEEDATA(博報堂グループ会社)を⽴ち上げ、取締役に就任。 主に⼤企業の商品・サービス開発、事業開発、顧客起点での戦略設計などを担当。 [現在]

    2021年よりPLAIDにジョインし、クライアント企業の顧客戦略の設計や、KARTEを活⽤したビジネ スグロースに従事。 藤井 陽平 CXプランナー/戦略家 宮下 巧⼤ CXプランナー/建築家 [経歴] 東京藝術⼤学にて建築のデザインを学んだのち、新卒で建築設計事務所に勤務。住宅〜商業〜公共 など幅広い建築のデザインを経験。また、設計業務の傍ら医療系スタートアップに参画し、サービ スデザインやブランディングも⾏う。 [現在] Issue採⽤をきっかけに2020年よりPLAIDにジョインし、データを活⽤したリアルでの顧客体験の 設計をおこない、KARTEの可能性を広げるプロジェクトに従事。 6
  7. 7 © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential 1.ɹ 2. サービス利⽤の瞬間を中⼼に据えて、全体の体験を編集する。 体験設計と価値発⾒。 →ブランドが持つ固有性=価値の探索から始める。価値を活かすための体験を考える →利⽤するという体験そのものは変えない。その前後の体験を編集し、利⽤の瞬間を⾼める。

    Experience Design Experience Invent E D I T
  8. Brand Activation PDCA CYCLE + Experience Design オンライン・オフラインの⾏動を広く捉えた 全体の顧客体験を設計 8

    © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential EDITのアプローチ インサイトの発⾒ ブランド価値の整理 顧客体験の設計 発⾒したブランドの魅⼒的な価値を、⽣活者に伝わるような施策に変換し、デジタルを⽤いて実装します。 コンテンツ開発 コミュニケーション開発 サービス開発 顧客体験の実装 KARTEを⽤いた 顧客体験アクションの実装 実⾏したアクションの効果を計測し アクションを改善するサイクル OUTPUT INPUT CONCEPT
  9. 9 © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential 体験設計の考え⽅ SQUARE EXPERIENCE 4つのポイントを中⼼に 顧客価値をリデザインする High

    Point EX First Contact EX Pre EX Post EX (T) (事前体験) (事後体験) (最⾼体験) (初回体験) CORE (体験価値) 1.中⼼になるブランド価値の発⾒ 2.価値を伝達する体験デザイン
  10. 10 © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential データによって        を解消する ポップアップのブラックボックス 【 商業施設 三井不動産

  11. 11 © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential プロジェクト実績 ポップアップ体験後の購⼊促進 (ポップアップ施設のビジネス価値を可視化) 【 商業施設 三井不動産

    】 Post EX 
 (オンライン) ポップアップストアの体験設計・事業検証のPJ。 ポップアップの体験開発だけでなく、出店プロダクトのサイト流⼊設計まで実装し ポップアップ出店後のビジネスリードがどれくらい獲得できたかを可視化。 これまでブラックボックスだったポップアップ後の効果検証の仕組みを実現。 CORE First Contact EX 
 (リアル) High Point EX 
 (リアル)
  12. 12 ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹCon fi dential データによって        を最⼤化する 飲⾷の体験時間 【

    外⾷業界 sio 】
  13. 13 © PLAID Inc.ɹ|ɹConfidential プロジェクト実績 飲⾷の体験時間を拡張する (2時間→2年間に伸ばすトライ) 【 外⾷業界 sio

    】 飲⾷店の来店前後の体験をオンラインで設計し、 料理を楽しみ味わえる体験を拡張する。 来店前に、料理をもっと楽しめる情報体験を設計。 来店後に、飲⾷体験をいつでも思い出せる⾏動体験を設計。 Pre EX (オンライン) Post EX 
 (オンライン) CORE