Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ふりかえりは僕らのチームの改善サイクル / kaizen-cycle

shinden
August 18, 2018

ふりかえりは僕らのチームの改善サイクル / kaizen-cycle

ふりかえりを上手くやるための観点
実際の改善したことのサンプルなど

shinden

August 18, 2018
Tweet

More Decks by shinden

Other Decks in Technology

Transcript

  1. カイゼン・ジャーニー・カンファレンス
    ふりかえりは
    僕らのチームの改善サイクル
    CyberAgent, Inc. All Rights Reserved
    2018/08/18
    新田 智啓 (shinden tomohiro)
    1

    View full-size slide

  2. ● 株式会社サイバーエージェント
    アドテク本部アドテクスタジオ
    LIVEDSP開発責任者 (開発チームマネージャ)
    スクラムマスタ認定 期間切れにより失効済み
    ● 経歴
    中小SIerからサイバーエージェントへ 2014年に中途入社
    入社後はエンジニアとしてプログラムをバリバリ書いたあと
    開発チームのマネジメントの開発責任者を担当
    プロダクトの立ち上げ、チームのエンジニア文化改革、
    技術リードの技術責任者などをプロダクトを移りながら経験
    Profile
    2

    View full-size slide

  3. Profile
    ● マネジメント経験としてのチームサイズ
    ○ エンジニアチームの 0 → 1 立ち上げ
    ○ 5〜10弱人のチーム編成が多かった
    ● マネジメント範囲
    ○ 技術側から何を作るべきか提案するプロジェクトマネジメント
    ○ タスクを上手く回すプロジェクトマネジメント
    ○ キャリア相談、モチベーション維持などピープルマネジメント
    ○ 事業の次の展開を考慮したアーキテクチャ設計や
    技術負債リスク把握などのシステムマネジメント
    3

    View full-size slide

  4. アドテクって?
    ● Webページの広告画像や検索結果で出てくる広告テキストなど
    ● 秒間10万リクエストも当たり前の前提
    ● そのログを集計するだけでもビッグデータ
    ● 機械学習(AI)などを使って、マッチした広告を選ぶ
    ● 邪魔な感じで出てくる広告は実は評価されない
    ● 利用技術
    ○ AWS - Kinesis、ECS、DynamoDB、Redshift、CloudFormation、など
    ○ GCP - PubSub、BigQuery、k8s、GCR、GAE、など
    など
    一部紹介記事 https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/12746/
    4

    View full-size slide

  5. アドテクって? カオスマップ
    5

    View full-size slide

  6. チームの進め方
    ● スクラムベースですが厳格にやりませんでした
    ● ガントチャート使いました
    ● スクラムマスタ専任は居ません
    ● マネージャはいました (僕です)
    ● チームには大きな権限と責任が与えられていました
    ● すでにアジャイルすることに向いている環境
    そのようなチームの中でのふりかえりに関する話
    6

    View full-size slide

  7. index
    ● ふりかえりとは
    ● 僕らのKPTの運用
    ● KPTが上手く回らないとき対処例
    ● 改善チャレンジしたサンプル
    ● まとめ
    7

    View full-size slide

  8. ふりかえりとは
    チームカイゼンのサイクル

    土台
    はじめの一歩
    8

    View full-size slide

  9. チームカイゼンの
    はじまりの仕組み
    はじめの一歩
    9

    View full-size slide

  10. 振り返り手法
    ● KPT (KPTA,KPT2など
    )
    (+ ドット、カラードット → 優先順位、感情)
    色々なKPT 参照 https://www.slideshare.net/nemorine/kpt-52662413
    ● YWT
    ● タイムライン
    ● セレブレーショングリッド (Management 3.0)
    ● 感情にフォーカスしたふりかえり
    同僚の考えた振り返り http://t-and-p.hatenablog.com/entry/good-bad-fact-emo
    ● など
    10

    View full-size slide

  11. 振り返り手法
    ふりかえり手法は色々ある
    チームに合った振り返り手法を
    実行する!
    どんどんカスタマイズする!
    11

    View full-size slide

  12. 振り返り目的
    僕らの振り返りの目的
    チームのカイゼン
    12

    View full-size slide

  13. ふりかえりの意義
    ● 場を設定する
     定期的に行われることで確実に振り返る
    ● 情報を共有する
     考えていることの情報をチームに行き渡らせる
    ● アイデアを集める
     ディスカッションしてより良い方法を見つける
    ● 実行することを決める
     実行アクションの合意を取る
    13

    View full-size slide

  14. ふりかえり とは
    なぜ全員で
    ふりかえりするのか?
    14

    View full-size slide

  15. ふりかえり とは
    全員が揃っていないと
    出来ないことがある
    15

    View full-size slide

  16. ● 一定期間毎の場の設定 → サイクル定義
    ● 情報を共有      → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    これらを一度に実行出来る効率的な会
    16

    View full-size slide

  17. ● 一定期間毎の場の設定 → サイクル定義
    ● 情報を共有      → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    チームの全員で作る
    改善アイデアの実行サイクル
    17

    View full-size slide

  18. ふりかえり とは
    実行に対する合意が必要
    それは
    カイゼン = 変化
    であるから
    18

    View full-size slide

  19. 変化を恐れるのは
    普通の反応
    チャレンジの許容が出来る
    変化のサイズとチームで
    はじめる
    チームではじめる
    19

    View full-size slide

  20. チームではじめる
    People don’t resist change.
    They resist being changed.
    人は変化に抵抗するのではなく
    変えられようとすることに抵抗する
    20

    View full-size slide

  21. チームではじめる
    Don’t change things; run experiments
    変えるのではなく実験しよう
    小さく実験してみて失敗したら戻せばいいし
    成功したら続けばいい
    21

    View full-size slide

  22. チームではじめる
    頭で理解していても
    感情が納得していないと上手くいかない
    自分たちで変わったんだ
    と言う意識が重要
    22

    View full-size slide

  23. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    チームの全員で作る
    改善アイデアの実行サイクル
    23

    View full-size slide

  24. 僕らのKPT運用
    僕らのKPT運用
    24

    View full-size slide

  25. KPTテンプレ
    Try
    ・やること(試すこと)
    次のアクション議題
    行動決定事項
    Problem
    ・問題になっている事
    ・気になっている事
    課題解決
    リスク情報の共有
    Keep
    ・良かった事
    ・続けたい事
    みんなでお祝いする
    ハッピーの共有
    25

    View full-size slide

  26. KPTテンプレ
    Try
    ・やりたいこと
    ・やるべきこと
    次のアクション議題
    行動決定事項
    Problem
    ・問題になっている事
    ・気になっている事
    課題解決
    リスク情報の共有
    Keep
    ・良かった事
    ・続けたい事
    みんなでお祝いする
    ハッピーの共有
    思いや考えも
    知りたい
    26

    View full-size slide

  27. KPTテンプレ
    Try
    ・やりたいこと
    ・やるべきこと
    次のアクション議題
    行動決定事項
    Problem
    ・問題になっている事
    ・気になっている事
    課題解決
    リスク情報の共有
    Keep
    ・良かった事
    ・続けたい事
    みんなでお祝いする
    ハッピーの共有
    全然優先度が違う
    27

    View full-size slide

  28. 僕らのKPT運用
    TODOとTRYを分ける
    (やるべきこと と やりたいことを分ける)
    なぜTODOと呼んでいるかと言うと
    個人的に普通にソースコードには
    @TODOって書くので呼びやすかったから
    (本来KPTAと呼ばれる手法でActionと呼ぶ)
    28

    View full-size slide

  29. 僕らのKPT運用
    Try
    ・やりたいことだけを上
    げる
    ・チャレンジや気持ちだ
    けでOK
    ・改善アイデア出しの
    ハードルを下げる
    Problem
    ・Tryに移動しない
    ・TODOが付いていない
    ものはアクションしない
    Keep
    ・Tryに移動しない
    ・続けたくてチェックが必
    要なものにTODOをつけ

    やるべきことは
    どの場所であっても
    @TODOをつける
    ミッション化する
    29

    View full-size slide

  30. ● 議事録を取る
    ○ 参加していない人にも情報共有
    ○ 次回の振り返りのときに確認する
    ● KPTに慣れたハイレベルなチームの場合にはSlackに直
    接投稿して議事録化している
    (KPTに慣れていないチームではオススメしない)
    ○ 記入内容が直接議事録になる
    ○ リアクションのアイコンを使うことで意見を喋らなくても
    興味関心がわかる
    ○ アイコンだけでTODOにしたり出来る
    僕らのKPT運用
    30

    View full-size slide

  31. 僕らのKPT運用
    ● Problemは全てのチケットに対してコメントする
    (議事録に書く)
    課題に対してなんのリアクションも
    しないことはありえない!
    31

    View full-size slide

  32. 僕らのKPT運用
    ● Problemは全てのチケットに対してコメントする
    ○ TODOにする
    TODOにしたものは主担当を1人決める。
    2人以上にするときには注意する。
    (責任意識の分散で失敗しやすくなる)
    ○ 状況把握し、問題認識を共有する
    ■ 今、対応出来ない理由の説明など
    ○ 別の課題リストに転記する (パーキングロット)
    ■ 別リストに書き、認識を共有する
    32

    View full-size slide

  33. 僕らのKPT運用
    ● Problemは全てのチケットに対してコメントする
    (議事録に書く)
    課題に対してなんのリアクションも
    しないことはありえない!
    33
    全てにコメントがあるか議事録を確認する。 TODOアクションで無くても良い。
    言及されているか、コメントがあるかの確認。 納得感が持てる形になっているか。

    View full-size slide

  34. 僕らのKPT運用
    2回目以降のKPT
    ● 議事録の前回TODOの進捗を確認
    ○ 主担当に聞く。進捗がゼロの場合はPloblem!
    ○ コストサイズが問題のときは小さくする方法や別の担
    当者を割り当てるなどの対策をする
    ● TODO以外は前回の内容を引き継がない
    ○ 新しい嬉しかったことがあるはず
    ○ 新しい問題があるはず
    ○ 新しい改善アイデアがあるはず
    ○ 同じ内容を書いてはいけないと言うことではない
    34
    永久に新しいカイゼン

    ポイントを探す!

    View full-size slide

  35. 僕らのKPT運用
    この進め方はあくまで
    僕らのチームと事業スピードの
    バランスによるもの
    自分のチームはどんなスタイルが合うかを考え
    それぞれのスタイルを探すこと
    35

    View full-size slide

  36. うまくいかないKPT対応
    KPTが
    上手く回らないとき対処例
    ユースケース紹介
    36

    View full-size slide

  37. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    チームの全員で作る
    改善アイデアの実行サイクル
    37

    View full-size slide

  38. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    1つでも上手く行っていないと
    改善サイクルはまわらない
    38

    View full-size slide

  39. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    チームの全員で作る
    改善アイデアの実行サイクル
    39

    View full-size slide

  40. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 定期的な設定がされていない
    → 3ヶ月先まで今すぐ予定を設定して下さい
    ● KPTの予定がキャンセルされる
    → みんなが忙しくない時間を予定する
    ● 全員が集まらない
    → KPTの意義を伝える。チームを小さくする
    うまくいかないKPTへの対応
    KPTの周りはじめは
    ファシリテーターを積極的に買って出る (推進)
    上手く回りだしたら積極的に任せる (自分化させる)
    40

    View full-size slide

  41. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    チームの全員で作る
    改善アイデアの実行サイクル
    41

    View full-size slide

  42. チケットが出ないときは基本的に煽りスタイル
    (あくまで僕個人のスタイルです)
    逆にProblemで同じチケットが何度も出るときは対応不足。TODO化や別リストに
    して見える化をする。もしくは方針説明を果たす
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● Keepが少ない
    → 「楽しいことない?喜んだ人は居ない?事業やめたほうが良い?」と煽り
    ます
    ● Problemが少ない
    → 「もう悪いところない?負債ゼロ?」と煽ります
    ● Tryが少ない
    → 「もう改善するところない?最高の状態?」と煽ります
    うまくいかないKPTへの対応
    42

    View full-size slide

  43. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    チームの全員で作る
    改善アイデアの実行サイクル
    43

    View full-size slide

  44. 個々の関心が強い場所や強みとなっている場所に
    あわせてアイデアを引き出す
    アイデアは責任と分離していることを明確にして
    発言への安心感を作る
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● アイデアが出ず話し合いにならない
    → もっと何かありそうじゃない?誰かを指名して意見を聞く
    ● 批判的な意見が強い
    → 課題バックログを別に作り、リストに追加する。
     追加するときに、どういう状態になったら実行するかを明確にする。
     見える化しておくことでチームで共通認識があると安心できる。
    うまくいかないKPTへの対応
    44

    View full-size slide

  45. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    チームの全員で作る
    改善アイデアの実行サイクル
    45

    View full-size slide

  46. 実行するとみんなの居る場で決めているので
    あとから言う文句は聞く必要なし
    アイデアを出すことに比べ、行動はコストが高いので
    建設的な意見であるべき
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ● 実行されない
    → タスクサイズは次のKPTまでに動けるサイズになっているか?完成させ
    ることではなく、動き出す形にすることをここでのゴールにする
    → 主担当を変えるのも良い方法です
    ● やることだらけになってしまった
    → コストが合わないなら気軽にやめてしまって良いです
    うまくいかないKPTへの対応
    46

    View full-size slide

  47. ● 場を設定する     → サイクル定義
    ● 情報を共有する    → 思いの共有
    ● アイデアを集める   → 発想の融合
    ● 実行することを決める → 実行の合意
    ふりかえりの意義
    チームの全員で作る
    改善アイデアの実行サイクル
    47

    View full-size slide

  48. ● カイゼンサイクル → 実行サイクル
    ● TODOが実行されない
    → 前回TODOをふりかえって下さい。議事録は書いていますか?
      チームの中で1人だけでも気がつけば出来ます。
    ● 良くなっている感じがしない
    → あったことをただ並べてるだけになっていないか?
    チームをカイゼンすると言うテーマを意識し、実行する
    ● やっている意味がわからない
    → 振り返りの違うプラクティスを試しても良いかもしれません
    うまくいかないKPTへの対応
    48

    View full-size slide

  49. うまくいかないKPTへの対応
    うまく回り出すまでは
    ファシリテーション力が
    問われる
    49

    View full-size slide

  50. うまくいかないKPTへの対応
    1人で解決案を出すのが難しいときは
    カイゼンの関心がある人を
    1人か2人集めて
    ふりかえり会のふりかえり会を
    実施するのも良い
    50

    View full-size slide

  51. うまくいかないKPTへの対応
    プロジェクトを上手く進めることに
    フォーカスするのではなく
    カイゼン方法を出すことや
    カイゼン課題を出すことに
    フォーカスを当てたKPT
    51

    View full-size slide

  52. 改善(&失敗)サンプル
    僕らKPT実行サンプル
    52

    View full-size slide

  53. あらゆるカイゼン策を実験してみる
    短期のボトルネック解決の改善や
    長期にチームの土台になる改善まで
    改善(&失敗)サンプル
    53

    View full-size slide

  54. とは言え
    リソースは有限
    実行にはコストが掛かる
    コストを小さく、メリットが大きくなるやり方を考える
    理想だけでは実行できない
    リスク/コストが小さくなるように実行
    改善(&失敗)サンプル
    54

    View full-size slide

  55. ○ ベロシティ計測を追加
    ○ ベロシティ計測の終了
    ○ プランニングポーカー時間の設定
    ○ スプリント単位でのタスク管理の終了
    ○ バックログ管理方法の変更
    ○ カンバンのReview列の追加
    ○ ペアプロ
    ○ インフラ構成ミーティングの設定
    ○ Doneの定義の再確認の設定
    ○ 朝会時間の変更
    ○ 算数勉強会の開催 (機械学習数学)
    ○ Scala勉強会開催、関数型勉強会の開催
    改善(&失敗)サンプル
    55

    View full-size slide

  56. ○ データで見る会議の設定
    ○ プランニングポーカー時間の設定
    ○ 集中タイムの設定 (Noミーティング時間)
    ○ Gitリポジトリ戦略の課題解決の会議設定
    ○ 自己紹介で分析サイトの結果を追加
    ○ シャッフルランチの開催
    ○ シャッフルランチの停止
    ○ 朝会に居なかった人はslackでやることを報告
    ○ 朝会の議事録を3行でslack連絡
    ○ 週1フレックス - 朝会などの会議時間も変更
    ○ エアコンの風よけを手配
    ○ 扇風機購入
    改善(&失敗)サンプル
    56

    View full-size slide

  57. ○ 週1発表会の設定
    ○ 分報
    ○ ニコニコカレンダー
    ○ 2フェーズKPT (プロダクト全員 、エンジニアonlyの2回行う)
    ○ モブプロ、ペアプロ
    ○ 全体アーキテクチャを書いてみる会
    ○ 仕様説明会の設定
    ○ 週1朝ストレッチ、 週1瞑想
    ○ 感謝会
    ○ SlackBot-KPT
    ○ ビジネスビジョンの説明の会議設定
    ○ 体重測定 体重計→IFTTT→Datadog & Slack
    改善(&失敗)サンプル
    57

    View full-size slide

  58. 正直いっぱい失敗してる!
    回数を数えられないくらい!
    それでも、チームがどんどん
    カイゼンしてる!
    改善(&失敗)サンプル
    58

    View full-size slide

  59. アジャイルで行こう
    アジャイルプラクティスはただ実行するものではなく
    アジャイルになるための一つの方法に過ぎない
    Don’t just do agile.
    Be agile.
    59

    View full-size slide

  60. アジャイルで行こう
    アジャイルトランスフォーメーションは
    アジャイルプラクティスのインストールでは無い
    Don’t just do agile.
    Be agile.
    60

    View full-size slide

  61. アジャイルで行こう
    組織の改革を意識するチームであることが必要
    Don’t just do agile.
    Be agile.
    61

    View full-size slide

  62. まわせ!改善サイクル!
    ふりかえりで小さく1歩ずつ進む
    カイゼンジャーニー
    チーム全員で
    チームを常にカイゼンさせよう!
    終わり
    62

    View full-size slide