レイトレ合宿7 レンダラー紹介 / Renderer Introduction, Ray Tracing Camp 7

367b44575446a2eccc58feea183c1475?s=47 shocker_0x15
September 07, 2019

レイトレ合宿7 レンダラー紹介 / Renderer Introduction, Ray Tracing Camp 7

レイトレ合宿7 ( https://sites.google.com/site/raytracingcamp7/ )で提出した作品のレンダリングに用いたレンダラーの紹介です。

NVIDIAのOptiXを活用したGPUレンダラーです。光輸送アルゴリズムとしてはPath Tracing with MISを使用、マテリアルシステムとしてシェーダーノードを使えるようにしていて、APIとしての整備も行いました。

367b44575446a2eccc58feea183c1475?s=128

shocker_0x15

September 07, 2019
Tweet

Transcript

  1. レイトレ合宿7 2019/09/07-08 https://sites.google.com/site/raytracingcamp7/ VLR @Shocker_0x15 エラーなくこんな絵が出てると良いな…

  2. 今回の技術的ポイント 去年のGPUレンダラーを機能強化 - OptiX-based Full-Featured Renderer - RTX ON!! まぁ本番環境はRTXでもRTコア無いけど

    - シェーダーノードシステム - スペクトラルレンダリング (今回未使用) - ライブラリっぽくAPI整備
  3. シェーダーノード システム ノードはなんか楽しい マテリアル、法線、アルファ をフレキシブルに UE4 Mat Base Color Roughness

    Metallic Image Texture base_color.png texcoords
  4. API整備 API設計から見える 「レンダラー実装のあるべき姿」 が見つかる…かもしれない

  5. ※動画でした

  6. Blender Substance Painter Adobe CC にまとめてくれ~

  7. 今後のタスク・挑戦 整備したAPIのもとCPUレンダラーとの統合 https://github.com/shocker-0x15/SLR Full-Featuredレンダラーとしての機能拡充 例: SSSやボリュームレンダリング 目下OptiX 7対応 CUDAと併せてフォトンマッピングとかも実装しやすいかも (次こそはコースティクスで遊ぼうかな)

    ファイルIOの高速化 レンダラー自体の機能とは違うかもしれないが