Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

平成元年度に卒業した高専生が、令和元年の高専生に伝えたいこと

 平成元年度に卒業した高専生が、令和元年の高専生に伝えたいこと

2ec42cd8400b1e8e5ba125936c1d27e9?s=128

Satoru MIYAZAKI

August 17, 2019
Tweet

More Decks by Satoru MIYAZAKI

Other Decks in Education

Transcript

  1. 平成元年度に卒業した 高専生が、令和元年の 高専生に伝えたいこと 社会人になったら必要になること

  2. 自己紹介 宮﨑悟 みやざきさとる s_miyaza satoru.miyazaki.31 • 平成元年度: • NEC系SI子会社: •

    雇われSIer: • Prime Strategy: • 令和元年: 函館高専機械工学科卒業 UNIX/Windowsアプリ開発→SI→ISP用Linuxのお守り 金融系システムのセキュリティ設計 超高速WordPress仮想化マシンKUSANAGIの開発 フリーランス(函館在住) • コラム執筆 • KUSANAGIの開発(Prime Strategy社) • コンテナセキュリティの調査(Creationline社)
  3. 社会人になったら必要になること Documentation Communication Learning

  4. Documentation 文章を書くこと

  5. 高専生は長文を書くことに慣れている 文章を書くことに慣れているのは 大きなメリット 高専生は長いレポートに慣れている 最近は、SNSなど短文しか書けない 人もいる

  6. 次のステップに進むには(1) 構造化された文書を書く 論理的に文章の構造を考える 目次、見出し、箇条書きのように 文章を構造化する 場合によっては表・グラフを加える

  7. 次のステップに進むには(2) ページ数、文字数によって書くことを変える 1ページ以内/1200文字などページ数・ 文字数を指定されることがある 内容を要約する技術 何を伝えるかを考える 優先度を考える

  8. Communication 何かを伝えること

  9. 人は一人では何もできない だから人と人は繋がりを持つ →Communication 仕事はチームで行う(普通は) 同僚とのコミュニケーション 上司・部下とのコミュニケーション 顧客とのコミュニケーション  プレゼンテーション

  10. チームコミュニケーションに大切なこと  問題が発生したときは時系列にまとめる  5W1H(Who、When、Where、What、Why、How)を考える  論理的に考える  報告・連絡・相談 

    失敗は誰でもする!  自分で抱え込まない  報告・連絡・相談を受けやすい環境を作る  誰に聞けばいいか  自分が上司のときは、失敗を叱らず改善策を指示する
  11. 会議  会社によっていろいろな流儀がある  いい会議  予め資料を配布し、読んでいることを前提とする  会議のゴールを決める 何を決めるのか

    何を周知するのか  会議の振り返りを行う  時間内に終了する
  12. 顧客とのコミュニケーション  議事録を取って、相手に同意を求める 言った、言わないを回避 必要ならば写真撮影、録音する  カネを払わない客は、お客ではない 無理な要求は受けない 営業が無理な案件を取ってきたら、 営業に責任取らせる

  13. プレゼンテーション  何を話して何を話さないかを決める  大きい文字を使う  画面ではなく、観客の方をみる  大きい声で、ゆっくり話す 

    身振り手振り重要  時間を守る
  14. Learning 学ぶこと

  15. 技術者は一生勉強 新しい技術の台頭 知識の幅を広げる 知識と知識を結びつける

  16. 学び方  Webサイト  ググる技術(前提知識がないとググれない)  最新の知識を得ることができる  書籍 

    体系だった知識を得られる  すぐ買わないと無くなる  勉強会  いくつかの勉強会が開かれている  参加することで、同業種、他業種の人脈が増える
  17. 最後に  就職はスタートラインに立っただけ  社会人になってからのほうが学習量は増える  あとお金は大事なので、自分で勉強しよう