$30 off During Our Annual Pro Sale. View details »

セコムのDX事例に学ぶ、DXプロジェクトの歩み方とカルチャーの作り方【SORACOM Discovery 2022】

セコムのDX事例に学ぶ、DXプロジェクトの歩み方とカルチャーの作り方【SORACOM Discovery 2022】

2022年7月6日 SORACOM Discovery 2022 ONLINE セッション資料です。

IoTを活用した多くのサービスが生まれている昨今、最新のテクノロジーを活用したDXによる顧客体験の向上はより身近なものとなりました。その一方、DXプロジェクトを推進するためには様々なテクノロジーをいかに活用していくかだけでなく、いかに良質な試行錯誤を繰り返せるかが成功の鍵を握ります。本セッションではセコムの事例を通して実践的なDXプロジェクトの進め方について議論します。本セッションを通してDXプロジェクトの歩み方だけでなく、求められる強いカルチャーの作り方のヒントをお届けします。

セコム株式会社 技術開発本部 開発センター センター開発3グループ
マネージャー 田中 拓朗
株式会社ソラコム シニアソリューションアーキテクト 須田 桂伍
株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 竹中 紳二

SORACOM
PRO

July 06, 2022
Tweet

More Decks by SORACOM

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 株式会社ソラコム Solutions Architect 須田 桂伍 セコムのDX事例に学ぶ、 DXプロジェクトの歩み方とカルチャーの作り方 セコム株式会社 技術開発本部 開発センター

    センター開発3グループ 田中 拓朗 様 株式会社ソラコム Solutions Architect 竹中 紳二
  2. 本日のハッシュタグ #Discovery2022 @SORACOM_PR fb.com/soracom.jp youtube.com/c/SORACOM_Japan

  3. はじめに 本セッションではセコム様の事例をもとにDXプロジェクトを推進す るためのポイントやそれを支えるチームやカルチャーの作り方につ いてご紹介していきます。 これからDXプロジェクトを開始するためのノウハウや大事なエッセ ンスをお伝えします。

  4. 田中 拓朗 様 セコム株式会社 技術開発本部 開発センター センター開発3グループ

  5. 自己紹介


  6. 自己紹介
 セコム株式会社  技術開発本部
 開発センター
 
 田中 拓朗
 
 経歴
  セコム㈱へ入社後、警備業務を経験したのち、大型物件向けシステムの開発に従事。
  2014年から1年間、グループ会社である韓国エスワンへ出向。


     帰国後は、大規模イベント向けの特注システムの開発、東京2020大会向けシステムの開発を担当。
  現在は、新商品開発におけるパブリッククラウドの活用推進を担当。

  7. セコム株式会社について


  8. 設立年月日
 1962年7月7日
 グループ会社数
 178社
 セコムグループ社員数
 64,421名 
 売上高(連結)
 1兆498億5,900万円
 経常利益(連結)


    1,531億8,600万円
 契約件数
 
 国内セキュリティ契約件数 約258万5,000件   <内訳>  法人(事業所)   約108万8,000件         家庭        約149万7,000件 海外セキュリティ契約件数 約101万9,000件 
 
 グループ総契約件数    約360万4,000件
 
 (2022年3月末現在)
 セコム株式会社
 • 1962年に日本警備保障(現セコム)が日本初の警備会社として創業 (セコム(株)を含む) 1978年に台湾に進出。現在では17の海外進 出先のうち、アジア、ヨーロッパ、オセアニアな どの13の国と地域でセキュリティ事業を展開 

  9. セコムグループの事業
 社会システム産業 9 「安全・安心・快適・便利」な社会の実現を目指して セキュリティ事業を中心に、防災事 業、メディカル事業、保険事業、地理空間情報サービス事業、BPO・ICT事業を展開

  10. セコムグループ2030年ビジョン


  11. 🄫2022 SECOM CO,LTD All right reserved. 2017年5月11日発表

  12. None
  13. None
  14. ソラコム様との共創
 
 (安否みまもりサービス)


  15. 15
 オープンに先端テクノロジーを取り込めるクラウド基盤を開発 あんしんプラットフォーム具現化の最初のステップ セコム みまもりクラウド

  16. ホームセキュリティの仕組みと、従来のみまもりサービス
 これまでは、異常時の駆け付けを軸にみまもりを提供 コントローラーが異常を判断し、セコムに通報 
 • 警備中の侵入検知
 • 特定のセンサーに一定時間検知が無い 


  17. セキュリティ用に設置したセンサーのデータだけでも、体調悪化の兆候を捉えられるケースがある ホームセキュリティを通して捉えているデータの一例
 新サービス開発の背景


  18. いつでもみまも り アプリ 新サービスを通して提供する内容
 18
 離れて住む家族をスマホからゆるやかにみまもる
 「いつでもみまもり」アプリでは、防犯センサーの検知回数をもとに、
 生活リズムや宅内の活動量がゆるやかにわかる


  19. SORACOM 
 IoT SIM 
 SORACOM Funnel セコム みまもりクラウド いつでもみまもりアプ

    リ 温湿度センサー (GPSマルチユニット)               
 利用したSORACOMサービス: SORACOM Air、SORACOM Funnel 利用したデバイス: SORACOM GPSマルチユニットSORACOM Edition 付加価値の提供
 温湿度センサーを追加することで、熱中症の予防に活用
 ソラコム様のサービス×クラウドで柔軟なサービス拡張を可能に

  20. SORACOM Professional Services

  21. IoTシステムの構築にむけて インターネット クラウド モノ

  22. IoTシステムの構築にむけて インターネット クラウド モノ センサー ゲートウェ イ
 デバイス 通信 データ収

    集 可視化
 分析 デバイス
 管理 省
 電力化 セキュリ ティ クラウド
 連携 遠隔
 管理 プロジェク トマネジメ ント
  23. IoTシステムの構築にむけて バッテリー的な制約? 規定のプロトコル? コスト キッティング? セキュリティ 通信量 アベイラビリティ スケーラビリティ 双方向性

  24. SORACOM Professional Services サービス活用支援 IoTシステム設計開発支援 プロジェクト推進支援 ソラコムサービスの効果的な活用及びシ ステムへの導入をご支援します アーキテクチャ設計やプロトタイピングを通じた システム設計開発をご支援します

    SORACOM Professional Services(以下PS)はソラコムサービス及びパートナーエコシステム を最大限に活用し、エンタープライズでのIoT活用をご支援するサービスです。 技術的な課題やタスクの整理によりお客様のプ ロジェクト推進をバックアップ致します
  25. ご提供メニュー ワークショップ 特定の技術トピックにしぼり短期間でクイックにプロト タイプの実装をおこない技術評価を行う コンサルティング 実際にお客様の案件に入り中長期にわたって一緒に 要件定義〜実装を進めていく

  26. 技術支援の内容

  27. システム設計開発支援 セコム様の新規デバイスの IoT 案件において、PoC システム開発を通して SORACOM / パブリッククラウドサービスの技術支援を実施しました。 課題の理解 アーキテクチャ設計

    PoC 開発 技術支援の 3 ステップ
  28. 課題の理解 オーダーメイドの技術支援 - 理想像と現状のギャップの在り処を見極める - 短期間で価値を生むために最終的なゴールを定義 - 優先的に取り組むべき課題に集中する スコープ -

    Protocol: UDP / MQTT - SORACOM: Beam/Funk/Unified Endpoint - Edge: 信頼性・再送制御のハンドリング
  29. 課題の理解 自走のための伴走 - スキルマップを考慮した適切な技術選定 - システム要件に合わせた開発技術のインプット - 手を動かし、伴走しつつクイックに動くものを実装する Programmi ng

    (C/C++/Pyt hon/Go/…) VCS (Git/Subver sion/Mercur ial/Perforce /…) RPC (REST/SO AP/gRPC/ GraphQL) Embedded (GPIO/SPI/ I2C/…) IaC (Terraform/ CFn/CDK/ …) Cloud (AWS/Azur e/GCP) Applied math (Optimizati on, Signal processing, …) Coding skill A さん Python/Go Git ◎ ◎ CDK △ AWS Signal Processing × B さん C/C++ × ◎ ◎ Terraform △ Azure Probabilisti c filters ◎
  30. 技術支援を実施した領域 技術領域 抽象度 デバイス アーキテクチャ コーディング ネットワーク クラウド パブリッククラウド プロトコル設計

    IaC パケットフォーマット 再送ロジック設計 デバイス開発パートナー選定 CI / CD 開発フロー 通信の最適化 SORACOM バイナリパーサ実装 ファームウェア開発
  31. アーキテクチャ設計 設計の前に - SORACOM x パブリッククラウドの連携ハンズオン - 技術の内製化のための支援

  32. アーキテクチャ設計 アーキテクチャ設計 - 推測ではなく計測: 通信試験を通してサービスを選定する - 構想と実装: 動くものを作って課題を抽出する

  33. PoC システム開発 プロダクション開発に繋げる PoC - ソフトウェアコンポーネント設計とユニットテスト - 開発フロー、CI/CDといったノウハウの提供 - 環境の移行・横展開を容易にするためのインフラのコード化(IaC)

    技術の内製化 - セコム様開発チームとの密な連携による共創 - ハンズオン・PoC システム構築を技術の内製化の足がかりとして使う - 勉強会を通した技術移転
  34. SORACOM の願い クラウド ⇒ 多くの Web サービス SORACOM ⇒ 多くの

    IoT システム 日本から、世界から、たくさんの IoT プレイヤーが生まれますように
  35. IoTの「つなぐ」を簡単に You Create. We Connect.