Webサービスを育てるための組織作りと文化作り / Proper problem

88f4e84b94fe07cddbd9e6479d689192?s=47 soudai sone
December 14, 2018

Webサービスを育てるための組織作りと文化作り / Proper problem

88f4e84b94fe07cddbd9e6479d689192?s=128

soudai sone

December 14, 2018
Tweet

Transcript

  1. Webサービスを育てるための 組織作りと文化作り

  2. What is it? Webサービスは誰が作るか?

  3. What is it? 人が作る

  4. What is it? “建築は大勢の人間が寄らんとできんわな。 そのためにも 「木を組むには人の心を組め」というのが、まず棟梁の 役割ですな。職人が50人おったら50人が私と同じ気持ち になってもらわんと、建物はできません。” -西岡常一(宮大工)-

  5. What is it? Webサービスを育てるのは 組織と文化

  6. What is it? マネージャがWebサービスを 育てるためにやってきたこと プレイヤー目線はPHPカンファレンス仙台で @ikkitang が話をしました https://speakerdeck.com/takahashiikki/phpconference-sendai2019-omicale

  7. あじぇんだ 1 自己紹介 2 Webサービスを育てる 3 組織と文化とチーム作り 4 試行錯誤の軌跡 5

    まとめ
  8. あじぇんだ 1 自己紹介 2 Webサービスを育てる 3 組織と文化とチーム作り 4 試行錯誤の軌跡 5

    まとめ
  9. 自己紹介 曽根 壮大(34歳) 株式会社オミカレ 副社長/CTO • 日本PostgreSQLユーザ会 勉強会分科会 座長 •

    3人の子供がいます • 技術的にはWeb/LL言語/RDBが好きです そ ね た け と も
  10. 自己紹介 曽根 壮大(34歳) 株式会社オミカレ 副社長/CTO • 日本PostgreSQLユーザ会 勉強会分科会 座長 •

    3人の子供がいます • 技術的にはWeb/LL言語/RDBが好きです そ ね た け と も
  11. 婚活といえばオミカレ https://party-calendar.net/

  12. 本を書きました https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4297104083/maple036-22/

  13. あじぇんだ 1 自己紹介 2 Webサービスを育てる 3 組織と文化とチーム作り 4 試行錯誤の軌跡 5

    まとめ
  14. Webサービスを育てる Webサービスは生き物

  15. Webサービスを育てる Webサービスは生き物 ↓ 常に変化するし、成長する

  16. Webサービスを育てる 変化→コードの変更など 成長→会員数の増加など

  17. Webサービスを育てる 如何に育てていくか

  18. Webサービスを育てる • 追加した機能がヒットする • 企画がユーザに喜ばれる • 利用者・売上が順調に増える • データ量がたまる …

    等 意図した成長
  19. Webサービスを育てる • SNSでバズる • 予想しない使われ方をする • 予想を超える速度で成長する • SEOの順位が突然変わる …等

    意図しない成長
  20. Webサービスを育てる 変化に強くなることが必要

  21. Webサービスを育てる • サービスの成長に伴う変化に対応する • 予想通りにはならないからこそ、準備が必要 • 障害対応を迅速に取れる体制とか高速にPDCA を回しながらリリース体制とか 変化に強くなる

  22. Webサービスを育てる 変化に強くなることが必要 ↓ システムと組織の両方

  23. Webサービスを育てる Webサービスを育てるには 変化に強い組織とシステムが必要

  24. あじぇんだ 1 自己紹介 2 Webサービスを育てる 3 組織と文化とチーム作り 4 試行錯誤の軌跡 5

    まとめ
  25. 組織と文化とチーム作り 変化に強い組織

  26. ここでの組織の定義 共通の目的を持った集まり

  27. ここでのチームの定義 目的を達成するための集まり

  28. 組織と文化とチーム作り 組織 チーム チーム

  29. 組織と文化とチーム作り 組織は意図的に作られる なぜならビジョンがあるから

  30. 組織と文化とチーム作り チームは目的ありきなので 偶発的な部分もある 例えば採用

  31. 組織と文化とチーム作り どんな組織を作りたいか?

  32. 組織と文化とチーム作り どんな組織を作りたいか? ↓ 組織がチームのカラーを決める

  33. 組織と文化とチーム作り どんな組織を作りたいか? ↓ 組織がチームのカラーを決める これが文化

  34. 組織と文化とチーム作り 組織 チーム チーム 文化がチームに 影響を与える サービス

  35. 組織と文化とチーム作り チームがサービスに影響を与える

  36. 組織と文化とチーム作り 組織 チーム チーム サービス チームがサービスを作るので影響もある

  37. 組織と文化とチーム作り チームがサービスに影響を与える ↓ コンウェイの法則

  38. コンウェイの法則 “組織の設計するシステムには、 その組織のコミュニケーション構造を そのまま反映した設計になる という制約がある”

  39. 組織と文化とチーム作り 良い組織が作れば 良い文化が生まれる

  40. 組織と文化とチーム作り 良い文化が形成されれば 良いチームが作れる

  41. 組織と文化とチーム作り 良いチームが生まれれば、 良いサービスを作れる

  42. あじぇんだ 1 自己紹介 2 Webサービスを育てる 3 組織と文化とチーム作り 4 試行錯誤の軌跡 5

    まとめ
  43. 試行錯誤の軌跡 良いサービスを作るには 良い組織が必要

  44. 試行錯誤の軌跡 組織は意図的に作る ↓ 決定権がある人が決めれる

  45. 組織と文化とチーム作り 組織 チーム チーム 自由度を上げる

  46. 組織と文化とチーム作り 組織 チーム チーム チームに 裁量を与える

  47. 組織と文化とチーム作り 組織 チーム チーム ボトムアップ

  48. 試行錯誤の軌跡 チームが自立すれば 文化を作れる

  49. 試行錯誤の軌跡 文化を作れれば 組織を変えれる

  50. 試行錯誤の軌跡 組織 チーム 主従では無く相関

  51. 試行錯誤の軌跡 マネージャは組織から プレイヤーは文化から

  52. 試行錯誤の軌跡 良い組織を作るには?

  53. 試行錯誤の軌跡 適切なサイズの問題を設定する

  54. 試行錯誤の軌跡 “適切な問題が生まれれば 自然と解決する人が生まれる” https://www.1101.com/umeda_iwata/2008-11-13.html

  55. 試行錯誤の軌跡 • 問題を適切なサイズに細分化する • 問題のサイズに適切な人をアサインする • 問題を解決できるように人を育てる 適切な問題のサイズの設定

  56. 試行錯誤の軌跡 • 問題を適切なサイズに細分化する • 問題のサイズに適切な人をアサインする • 問題を解決できるように人を育てる 適切な問題のサイズの設定

  57. 試行錯誤の軌跡 自分の限界は自分が決める

  58. 試行錯誤の軌跡 • 行動をした時(またはその最中) • 結果を振り返った時(失敗・成功問わず) • 自分の限界を超えた時 人が成長するタイミング

  59. 試行錯誤の軌跡 限界よりも少し大きな問題に チャレンジ出来る文化を作る

  60. 試行錯誤の軌跡 限界よりも少し大きな問題に チャレンジ出来る文化を作る 大きすぎると人が潰れる もちろん仕組みや制度も含む

  61. None
  62. 試行錯誤の軌跡

  63. 試行錯誤の軌跡 問題がチームや文化を作り、 そして組織を変える

  64. 組織と文化とチーム作り 組織 チーム チーム サービス 適切なチャレンジを 伴うサービス チームの成長を促せる

  65. 試行錯誤の軌跡 最良の問題を見つける

  66. None
  67. 試行錯誤の軌跡 最良の問題を見つける ↓ 裁量を持たせて実行させる

  68. 試行錯誤の軌跡 プレイヤーの本質は問題解決 マネージャの本質は問題提供

  69. None
  70. 試行錯誤の軌跡 適切な問題を用意して チャレンジを評価する

  71. None
  72. 試行錯誤の軌跡 適切な問題設定が出来れば Webサービスは育つ

  73. One more thing…

  74. One more thing 実際のちょっとした Howの話をします

  75. One more thing 必要なこと

  76. • チャレンジするための仕組み、つまり評価制度 – 責任を現場に押し付けない責任の明確化 • 適切な問題を設定するマネージメント – 適切なタスクの委譲 – 各人、チームに合わせた問題設定

    • 新しい問題、大きな問題を生み出すビジョンを作る – これは経営者の仕事とも言えるかもしれません • チームメイトを信頼すること – チームメイトが辛いと言ったらそれは辛いこと – 自分自身にとって簡単なことだとしても
  77. One more thing 適切な問題の判断基準って どうやって決めますか?

  78. One more thing 適切な問題を設定することはとても難しい

  79. • 適切な問題の設定の粒度調整や見積もりの質を上げる – そのために1on1などコミュニケーションをしっかり取る – 人の性質、得意不得意によって適切な問題の サイズや内容は変わる • 適切な問題が出来たかどうかを判断する –

    KPTやKPIを設定してしっかり振り返り、次回に活かす • 適切な問題を設定するための手法やツールは色々 – 自分たちの方法を模索しながらやっていくしかない
  80. One more thing 満足してる人に対しての問題設定

  81. • 新しい事をすることだけがチャレンジではない – 今のクオリティを上げて行くことチャレンジ – 単純な処理を1000件から1001件にチャレンジする – 一つの品質を上げる • 成功体験を与える

    – チャレンジしない=成功体験が足りない – 繰り返し、成功体験を与える – とにかく褒める
  82. None
  83. One more thing ちょっとしたTips

  84. One more thing 誰でも出来るけど 担当が決まっていない雑務

  85. One more thing 同じ人がアサインされがち ↓ 属人化になるし不公平

  86. One more thing Botに決めさせる

  87. One more thing • 朝会の司会などの定例業務 • 簡単なサポート対応など優先順位高い 割込タスク • みんなが嫌がるような面倒なタスク

    Botに決めさせるタスク例 もちろん@soudaiも含んでる
  88. One more thing やったら褒める

  89. One more thing やったら褒める ↓ 成功体験を与えるきっかけになる

  90. One more thing コミュニケーションの場を作る

  91. One more thing 毎週1時間のミーティングよりも 毎日5分の会話 ↓ 朝会でもなんでも良い ザイオンス効果

  92. One more thing 簡単な仕組みでも積み重ねが大事

  93. あじぇんだ 1 自己紹介 2 Webサービスを育てる 3 組織と文化とチーム作り 4 試行錯誤の軌跡 5

    まとめ
  94. まとめ 適切な問題とはなにかを常に考える 答えは常に変わる

  95. まとめ 売上かもしれないし 技術負債の返却かもしれないし 新しい技術のチャレンジかもしれない

  96. まとめ チャレンジしてますか? あなたにとって適切な問題は何ですか?

  97. まとめ チームにとって 組織にとって プロダクトにとって

  98. まとめ 適切な問題を解決するのは プレイヤーです

  99. まとめ マネージャーは仕組みで プレイヤーは技術で 問題を解決していきましょう

  100. ご清聴ありがとうございました